ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 湊斗「別れよう」は順番が逆で感動が強くなった!「再会しなければよかった」は誰の言葉? 第4話 第5話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は第5話の予告映像にあった「再会しなければ良かった」の文字について考察していきたいと思います。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第4話の放送は、最後に湊斗から紬へ「別れよう」という言葉が伝えられました。

すぐには状況が飲み込めない紬がいたんですよね

なぜ「別れよう」なんていうの?どういう理由で・・?と紬は思っていたと思います。

紬は知らないんですが実は、

湊斗が紬へ「別れよう」と言う前に、湊斗は想と時間を取ってじっくり話してたんですよね。

湊斗は想に「飲み物買いにいこう」と誘っていたんですけど、その時に紬のことをよろしく頼むという話を想にしていました。

ドラマ上では順番が逆になっていたんですよね。

視聴者が見せられた順番は

湊斗が紬へ「別れよう」と言ったあと、湊斗が想に話していた内容が見せられました。

本当は、想と湊斗が飲み物を買いにいき、そこで湊斗から想へ紬の話をして、そして戻ってきてから湊斗は紬へ「別れよう」と言ったんですよね。

ここ、あえて順番を逆にみせることによって、

視聴者も紬と同じ感覚を味わったと思います。

何の前触れもなくいきなり湊斗が「別れよう」と言ったように見えたと思います。

いきなり何を言ってるの??という感覚だったんですが

当然、紬もなぜ湊斗が「別れよう」と言ったのかわからないんです。

視聴者も湊斗が何を考えてこんなことを言っているのか「別れよう」と湊斗が言った瞬間はわかりませんでした。

紬と同じく・・え??なんで・・・??と思っているところで回想シーンとなって

湊斗と想が裏で話していたことが描かれるんですよね。

そうか、これが、湊斗が紬へ別れようと伝える前に行われていたことだったのか・・

とわかり、あとから湊斗の真意を知ることになって、強く感動を呼び起こされるんですよね。

ぼくたち視聴者が感動するのも、こういう映像の見せ方の工夫があるからなんだなーととても感心した・・というか、すごいなと思ったところでした。

 

さて、第4話は湊斗から想に話した内容が明かされ、

その後、湊斗と想の「選手交代」が行われて終了しました。

フットサルの選手交代は、湊斗が紬の元を去り、想が紬の元へ戻ってくる交代だと思うので・・

湊斗から想への、紬のパートナーのバトンタッチに見えましたよね。

 

余韻にひたっていたところで第5話の次回予告が流れたのですが

そこでみんなが目を引かれたのがこちらですよね。

「再会しなければよかったと思った」

こんなことを誰が言っているんだろう・・とみんな思ったと思います。

これはノートに書かれた文字のようでした。

 

そしてこのノートをめくっていたのが、想でした。

想の前には紬がいます。

この「再会しなければよかったと思った」と書いたのは誰なのか・・

について考えてみたいと思います。

ノートをめくっていたのが想なので、

想が誰かから受け取った手紙のようなものなのか・・?

と考えると、

想以外の誰かが書いて、想に見せたことになりますが

「再会」という言葉を使うとしたら、紬か湊斗ですよね。

まず、湊斗については、自分から「紬と元に戻ってほしい」と想に言っていたので、

「再会しなければ良かったと思った」と想に言うことはないと思います。

ではもうひとりの可能性で・・紬はというと・・

紬がもし、湊斗とは別れたくなかったのに別れることになってしまった

それは想のせいだ、という風に考える人なのだとしたら

「再会しなければ良かったと思った」と書いた手紙を想にわたす可能性もなくはないと思います。

でも・・これまでの紬をみていても、そんなにひどいことを言う人とは思えません。

湊斗と別れたのが「想と再会したから」と決めつけるのもあまりにも一方的ですし、それを想のせいだというのはあまりにもひどい話しだと思います。

ですので、この文字は、おそらく想が書いたものでしょう。

「再会しなければよかったと思った」と想がノートに書いた。

想がノートをめくっているのは、紬に見せるためだと思います。

テーブルの位置関係的にも、紬が読みやすい方向に置かれたノートだと思われます。

でも、これまで、想は紬と、

手話で会話したり、UDトークという音声認識アプリを使ったり、LINEでやり取りしたり・・と、いろいろな方法でコミュニケーションをとってきたんですが

なぜここに来て、筆談なのか・・?と疑問に思う人もいるかもしれません。

でも、これはおそらくですが

想が準備してきたもの

なのではないかと思います。

今回は、紬と会う前から、紬に何を話すか決めてきていたのではないでしょうか。

手話だと紬が理解できないこともあるかもしれない。

一方、紬が音声認識アプリを使い、想がメモアプリを使う方法でも会話はできますが

想がメモアプリに入力する時間は待ち時間になってしまいます。

もし想が話したいことが決まっているのであれば

それを文章にして持ってきた方が、早く紬に伝わるはずですし

また、伝わり方に間違いもないはずです。

ですので、「再会しなければよかったと思った」は想が紬へ伝えたい言葉でしょう。

でも、おそらくですが、この一言だけを紬へ伝えたいわけではないと思います。

ページをめくっていたので、何ページにもわたって、伝えたいことを書いていたんじゃないでしょうか。

完全な想像になりますが、

想はきっと紬のことを想い続けていたと思いますが

再会した紬は湊斗と付き合っていた。

湊斗は想の大親友。

そんな湊斗と付き合っていて、幸せそうな紬をみて

それで自分は納得できそうに思っていた。

それなのに、結果的に、想が、紬と湊斗と別れさせる原因になってしまった。

そんなことは自分も望んでいなかった。

もともと想は紬にも、湊斗にも一生姿を見せずに生きていこうと思っていたはずです。

それが偶然により再会してしまった。

「再会しなければよかったと思った」につながるのではないでしょうか。

おそらく紬も、どうしていいかわからなくなっている状態なんじゃないかと思います。

紬は、湊斗からは別れを告げられ、想からは再会しなければよかったと言われ・・

かなりつらい状況になりますよね。

でも僕は、ここで紬ががんばって事態を好転させるように動いていくのではないか?と予想しています。

みなさんはこのあと、どのようなストーリーになると思いますか?

 

ーーーー

今回は、第5話の予告映像から考察することをお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

想はこれからどう行動すると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼