ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 湊斗は始めから別れる決断をしていた! 第4話 第5話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、湊斗がいつから、紬に別れを切り出すつもりだったのか。

想に紬のことを頼むと伝えるつもりだったか、について考察したいと思います。

この動画をみていただくと、湊斗の心情変化が理解できます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第4話のラストで湊斗は紬へ別れを切り出しました。

「別れてほしい」

「別れてほしい」

「別れよう」

なんで?と紬から聞かれて、湊斗は「好きな人がいるから」と答えました。

これは想が紬と別れるときに送ったメッセージ「好きな人がいる。別れたい。」とほぼ同じような言葉ですよね。

湊斗の「好きな人がいる」はいくつも可能性が考えられます。

まずは想のときと同じく、紬のことを指している場合。

そして今回の湊斗の場合は、想のことも指しているように思います。

湊斗は紬と想の2人とものことを考えて、別れを選んだので・・

つまり「好きな人がいるから」の好きな人は、紬と想の2人ということになります。

でも、もうひとつ可能性があるのは、「紬には好きな人がいる」という意味です。

湊斗は「好きな人がいるから」としか言ってないので、「誰に」好きな人がいるのかはハッキリ言ってないんですよね。

だから、これはもしかしたら、紬にも好きな人がいるでしょ?とだから別れるんだよ、という湊斗からのメッセージだったのかもしれません。

おそらく今回の湊斗の「好きな人がいるから」という言葉は、そういう複数の意味を含んだ言葉だったんじゃないでしょうか。

これ・・紬はこの意味を理解するんじゃないでしょうか。

想から一度、同じ言い回しで伝えられていますからね。

湊斗に好きな人ができたんじゃない。

自分や想のことを思ってくれてのことなんだ、と紬は理解できると思います。

 

湊斗は紬へ別れを告げる前に、

想へ、紬のことをお願いしていました。

もうこの時には、湊斗は完全に心は決まっていたんですよね。

「元に戻る」そう決意していた湊斗は、何も知らない想へいきなり話し始めてましたよね。

「紬、ちゃんと食べて寝てるかだけ、それだけは気にかけてね」

そしてこれまでのこと、どうしてこういう決断をしたかを想に語っていました。

 

見方によっては、湊斗が唐突に別れを思い立って紬に話したようにも見えたのですが

決してそうではなく、紬に話す前に、想へ話しをしていました。

では、想に話すのは急に思い立ったのかというと、実はそれも違っていて、

実は相当前から考えていたことがわかりました。

それをこのあとお話ししていきたいと思います。

なお、「紬と想を、高校時代に戻してあげたほうがいいのかな」と考えるだけなら、もしかしたらもっと前、湊斗が紬へ手話教室のチラシを渡したところからだったかもしれません。

でも、その時はまだ決心するようなところまではいってなかったと思います。

おそらく第4話の物語の中で決心して行動する様が描かれていたので、

第4話の中で、湊斗がどのようなことを考えて動いていたのかについて考察していきます。

 

まず、紬の家で、湊斗が想と話しているシーン。

最初は2人とも硬かったのですが、ビールを飲んでいることもあってか

楽しい話しにもなっていって、古賀センのフットサル場が卒業生のたまり場になっていることなどを話していました。

ここはただ、楽しい・・という感じではありますが

 

ここで想は、「みなと」と声をかけます。

ここで湊斗は感じるんですよね、「全然変わんない」

昔と変わらない想がここにいる、と感じたんですよね。

声をかけられその声を聞いたこともありますし、本当は話したくないのに、湊斗のことを思って声をかけてくれたという思いやり、そして楽しい話しができる。

それを感じて「全然変わんない」と思ったんですよね。

そして、この時におそらく湊斗は「元に戻ることができそうだ」と思ったのだと思います。

元に戻る、とは高校時代の関係に戻るということ。

つまり、想と紬が恋人関係になって、湊斗は友達として2人の側にいることです。

 

実はこの時から湊斗の計画はスタートしていました。

ここから湊斗は紬と自分のことを想に語り始めます。

「この3年ずっと一緒にいた、想の心配なんていらない

好きで一緒にいるから任せとけ、とまではいえないけど

今の紬も楽しそうだから心配しないで」

なんでこんなことを言ったのか、ですが、これは、想の反応をみていたのだと思います。

あえて湊斗と紬の話をして想がどんな反応をするのか

紬に対してどんな感情を持っているのか、湊斗は想の表情から読み取ろうとしたんですよね。

そして、その結果、湊斗は、想の紬への思いを感じとったので

紬の一方的な思いではなく、想の方も紬へ想いがあるからこの2人を元通りにしてあげたい、そう思った、ということですね。

 

そのあと、紬と一緒にいるときに

昔とぜんぜん変わらない想をみて、紬のことを一番に考えられると湊斗は言ってました。

つまり、紬のためにも「元通り」にすることを進めようと決心しているということですね。

 

もし別れても、別れたとしても

別れるまでに楽しいことがいっぱいあったら

それでいいのにね

そう、湊斗は紬へ言っていました。

これはもう、ほぼ・・湊斗の気持ちはそちらへ向かっているということなんですよね。。

ただ、まだ確定ではない状態だと思います。

「別れないのが一番いいけどね」という紬に

即答せずに、少し間をおいて、「そうだね・・」という湊斗はやっぱり自分の決めた方向へ進もうとしている様子です。

 

そして、湊斗は、奈々と想が一緒にいるところをみたので

奈々が想の彼女なのか確認します。

一緒にいたの彼女?

それに対し、想は「友達」と返答します。

想には彼女がいるわけではなさそう、湊斗は最終決心をしたんじゃないでしょうか。

 

湊斗は想をフットサルへ誘います。

古賀センのフットサル場です。

みんな元に戻れるなって

戻れたら俺は嬉しいなって。俺はね。

これは高校時代の同級生たち、サッカー部のメンバーのことだけじゃないんですよね。

きっと想・紬・湊斗の関係も含めて、「元に戻れる」と湊斗は言っていたのだと思います。

もう、フットサルの日に伝えると決めていたということなんですかね。

なぜここまで「元に戻る」ということを湊斗が言うのか、というのを考えてみたのですが

やっぱりその時代が湊斗にとっても、最も幸せだった時代だったからなんじゃないか、と思いました。

大好きな友達と大好きな人が一緒にいて、好きな仲間たちとサッカーをやって。

そんな時代に戻りたい、という気持ちが湊斗にはあったのかもしれないですね。

 

ということで、湊斗が紬へ別れを切り出すにいたった経緯を確認しましたが

今回湊斗が紬へ別れを切り出したらどのようなことが起こるかというと

実は、湊斗と想は同じ経験をすることになるんですよね。

どういう経験かというと、

好きな人が親友に振られる

という経験です。

昔は、想に紬が振られました。想の親友は湊斗です。

そして今は、湊斗に紬が振られました。湊斗の親友は想です。

そして、紬の気持ちを一切聞かないで一方的に振っているという点も

想と湊斗は全く同じですね。

想と湊斗は・・実は似たもの同士なのかもしれないですね。

ーーーー

今回は、湊斗の心情変化についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

湊斗はどうやったら救われると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼