ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 4話エピソード0スピンオフからわかること!想の過去と光の想い 第4話 第5話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、サイレントのスピンオフ

4話エピソード0についてお話していきます。

この動画をみると、想・紬・湊と光の関係がより理解できるようになります。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

早朝に公開されたスピンオフをさっそく観たので内容の振り返りと、今回のスピンオフの内容からわかることをお話ししていきたいと思います。

今回は4分40秒程度の短い内容なので、見せ方や演出に工夫されているというよりは

想、紬、湊斗の話している内容にかなりたくさんの情報が詰め込まれているなと感じました。

まずはおおまかなあらすじをお話ししたいと思います。

今回の話は8年前の出来事です。

紬と想が仲良くデートしているところから始まりました。

2人は光の話をしていたんですが、想は光の話を湊斗からよく聴くと言ってました。

時間が遅いことに気付いた想は「弟、大丈夫?」と紬に聴きますが、

そんなに小さい子じゃないから大丈夫と紬は言います。6年生なんだそうです。

想は紬に電話しときなよ不安がるよと言いながら紬に帰るように促しますが、想と長く一緒にいたい紬はそれを断っていました。

この時点でもすでにかなり遅い時間だったようです。

一方青羽家では、不安に思った光が紬へ電話するも、紬の電話は電池切れでつながりません。

そして光は外に出てしまうんですが、そこでたまたま湊斗と会います。

湊斗へ近寄ろうと光は道路を横断しようとして転んでトラックにひかれそうになります。

そこを助けてくれたのが湊斗です。

助けた湊斗は紬に電話がつながらないので、一緒にいると思った想に電話をかけます。

湊斗は自分の家に光を連れてきていました。

そこに想と紬が来るのですが

そこで想が光に謝ります。

俺が引き止めて遅くなって・・ごめんね。

そして想が紬を家に送っていき、光は湊斗の家で何か食べてから帰ることになります。

光は湊斗へ、湊斗くんがよかった、姉ちゃんの彼氏、と言います。

それ、姉ちゃんに言っちゃダメだよ、と湊斗が光に言うところで終わりました。

 

ここから考察していきたいと思います。

まず、青羽家と戸川家はお母さん同士が友達で家が近いそうです。

紬と湊斗が知り合ったのは中学から、ということなので・・

湊斗は想よりもだいぶ早くから紬のことを知っていて、もしかしたら、だいぶ早くから紬のことが好きだったのかもしれないですね。

 

スマホを手にとって弟、大丈夫?と想が聴くところですが

これ、スマホで時間をみて、心配してるんですよね。

こういうところに気遣いできるのが想の優しさだなと感じるとともに、

もしかしたら想も同じような経験をしたことがあるんじゃないか?と思いました。

子供の頃に両親が家におらず、家で留守番していたことがあった。

そういう経験が自分にもあったから、光のことが気になったのかもしれないですね。

光がどう思っているかはわからないですが、想の方は光の気持ちがわかる人なんだろうと思いました。

想も紬と本当は一緒にいたいはずですしね。

高校生の男子でここまでの気遣いができる人はなかなかいないと思われ、想の優しさが現れていると同時に、きっと想も似たような経験をしていると想像できました。

 

紬やお母さんからのメッセージが書かれていて、光は日常的に家で待たされているということがわかりますよね。

もしかしたら、想と紬が付き合い始めてからはもっとその頻度が上がっているのかもしれません。

そして、パンダのメッセージカード。

この頃から紬はパンダが好きってことですね。

湊斗の家にパンダがあったのは紬の影響、ってことになりますね。

もしかしたら湊斗の家によく行く紬が、湊斗の家にもパンダをおいてもらったのかもしれないですね。

このあと紬に電話するもつながらず、外に出てみたらそこで湊斗に出会って、「湊斗くん!」ととてもうれしそうに駆け寄っていました。

以前から湊斗には優しくしてもらっていたんでしょうね。

お母さん同士が友達ということなので、家族で会ったりするなかで光と湊斗は知り合ったんでしょう。

 

お母さん、今日も帰るの夜中でしょ?

という湊斗の言葉がありました。

お父さんが早くになくなってから、家計を支えるためにお母さんはずっと働き詰めで、夜まで家にいない状況なんですよね。

だから紬が光のお母さんがわりで面倒をみていた。

でも、もしかしたらですが、想と付き合い始めてからの紬は、いつも帰宅が遅くなっていたんじゃないでしょうか。

想と紬の会話から、想は光の話を今回始めて紬から聞いた感じだったので、

これまでは紬が帰りたいというまでは夜遅くまで一緒に遊んでいたってことですよね。

だから、ここ最近、紬の様子が変わったことを光はよくわかっていたと思います。

 

そして、想が紬をかばう形で光に謝っていました。

お姉ちゃん帰ろうとしてたんだけど俺が引き止めちゃって・・

ここは・・本当なら紬が「それは違う」と言ってほしいところではありますが

でも、ここで紬と想が「俺が私が」と言い合うのもまた、光は気分が良くないでしょうから、それで紬は黙っていたのかもしれません。

でもこれで光は勘違いしたと思います。

想のせいで紬の行動がおかしくなっている、おそらく想と付き合い出したころから紬の帰りが遅くなり、光のことをみてくれなくなった

これは本当は紬がそうしてしまっていた、ということなんですが

想の優しさによって、光は勘違いしてしまったように思いますね。

 

湊斗くんがよかった、姉ちゃんの彼氏

そう言われた湊斗は、それ姉ちゃんには言っちゃダメだよ

これ・・湊斗はとても切ないですよね。

きっと紬のことが大好きな湊斗は自分こそ紬の彼氏にふさわしいと想う部分もあったはずですが

でも、大好きな紬が想と一緒にいたいと思っていること、そしてその相手も大好きな想であることから、

紬への思いは飲み込んだんですよね。

もし湊斗が自分のことしか考えない人間だったら、光を取り込んでいけば紬も手に入れることができる・・と考えそうですが、そうはしなかった

きっとこのあとも、光が中学に入ったあとも光と湊斗の関係は続くんでしょうから、湊斗が光に近づいて紬と仲良くなる・・ということはこのあともずっとしないんですよね。

 

おそらくですが、光が成長した段階で、逆に光の方が湊斗の気持ちに気づくのだと思います。

そして湊斗から言われたわけではないのに、光は紬へ湊斗のことをすすめるんじゃないでしょうか。

また、逆に想のことは一旦わるい感情を持ってしまっているので、きっと良いようには言わない。

ただ、光は成長する過程で、今度は想の方も紬を振り回していた人じゃないのかも?と気付いていた可能性もありそうですよね。

あのときの紬の言動をみていたら、紬の方の行動で、自分を置き去りにしてしまっていたのかも・・

と思っていたら、紬が想からひどい振られ方をした、と聞いて、やっぱり想が悪かったのか・・と思い・・

でもそのあと今度は、想が紬を振ることになったのはしかたない事情があった

ということを聞いて・・

光としては、何が真実か、よくわからなくなっているところもあるんじゃないかと思いました。

湊斗のことは大好きだし、湊斗と一緒にいる紬が一番幸せそう

とは思いつつ、でも想も実はわるい人ではなかったんじゃないか、その想と姉・紬が一緒にいたいならそれを応援したい気持ちもある

それが今の光の気持ちなんですかね・・?

 

ーーーー

今回は、サイレントのスピンオフドラマについてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

光は今後、どんな行動をとると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼