ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 紬の髪留めがポワポワを表していた!湊斗の仕事が判明!第5話直後

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第5話放送直後の感想と考察をお話ししていきます。

放送後すぐに急いでお話ししているので間違いなどがあるかもしれませんがご容赦ください。

この動画をみると、第5話の気になるポイントなどについて確認することができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第5話は、湊斗と紬の別れを中心に描いた回だったのかなと思います。

それと同時に、湊と紬がどんな風に付き合ってきたかも描かれましたよね。

湊斗がどんな気持ちで紬と付き合っていたかは前回の第4話で描かれていましたが、今回の第5話では、紬の方の気持ちが明かされていました。

今観終わった直後の感覚で、言葉をあまり選ばずに感じたままをいうと・・

紬の想に対する気持ちは「恋」だった

そして、湊斗に対する気持ちは「愛」だった

みたいに感じたんですけど、いかがですかね・・?

まあ、それだけで片付くような単純なものではないと思うんですけど

まずはそんなことを感じました。

すごく軽い話でいったら

「付き合うならこんな人がいい」

「でも、結婚するならこんな人かな」

というような話にも感じました。

求めるものがおそらく違うんですよね。

付き合いたい人が与えてくれるものと、結婚したい人が与えてくれるもの

というような話を、紬の親友の真子が、湊斗に対してレストランで話してくれていたようにも思いましたね。

 

第5話の次回予告で話題になっていた「つむぎって呼ばれたいから頑張る」について、アンケートを取らせていただいていたんですけど、73%の人が「想に対するものだと思う」と回答されていました。

でも、結果は「湊斗」に対するものだったんですよね。

そして、これ、今の話だと思っていたら、実は過去の話だったということでとてもビックリしました。

この言葉が出たのは

紬が湊斗の家に初めて来た日の翌朝の話だったんですね。

紬が「みなと」と呼び捨てで名前を呼ぶことに決めたのは、自分も名前を「つむぎ」って呼んでもらいたいから、ということでした。

すごく幸せそうなシーンでしたけど、もしかしてこの時の紬の名前を呼んでもらいたい願望は、「想に呼んでもらいたかった」から来ていたのかもしれないなとちょっと切なくもなりましたね。

想と別れる前に、想から頼まれて「想くん」と紬は想のことを呼んだものの、紬は「つむぎ」とは想から呼んでもらえてなかったんですよね。

今でも想は「青羽」と呼んでいるので、たぶん紬が想から「つむぎ」と呼ばれたことはないだろうと思います。

湊斗はこの時に紬から、「つむぎって呼んでもらいたいから頑張る」という話を聞いたときにもやっぱり想の顔が思い浮かんでいたのかもしれないですよね。

それを思うと本当に、湊斗を思って切なくなります。

 

湊斗と紬は「ぬるっと」付き合い出した、と言っていたので

どちらから告白したとかではなく、

この日を境に付き合い始めた、ということだったんでしょうね。

 

そして、このとき、湊斗の横でベッドの上で、ふわふわの髪留めを紬は付けていました。

この「ふわふわ」と何度も出てきた「ポワポワ」という言葉がかかっているんじゃないか?と僕は思っています。

湊斗といるとポワポワだった紬ですが

この時、ベッドの上で「みなと」と呼ぶことに決めたときから、ふわふわの髪留めをつけて紬がポワポワになったんですよね。

 

そして・・今は、

このふわふわの髪留めを紬はつけることがなくなり、

最後はゴミ箱に捨てられていました。

紬はポワポワではなくなったってことですね・・

 

あと、

想の「再会しなければよかったと思った」は、

後ろ向きな言葉ではなく安心しました。

そのあとに「でも」と続いて

「青羽と湊斗にはわるいけど、再会できてよかったと思う」

ということで、想が紬へ伝えたかったことは

前向きな決意のようなものだったんですよね。

「ハンバーグ以外にして」という紬は

まあ、前の日に光と一緒に食べたのがハンバーグだったから、ハンバーグはやめようと言ったということもあるとは思いますが

ハンバーグは湊斗との思い出の食事なので

想と一緒に食べたくはない、という思いも現れていたのかもしれません。

紬は湊斗から、「想はポニーテールが好き」という情報を聞いて

一旦、ポニーテールにして想に会いにいこうとしていましたが

やっぱりやめて、髪はおろして想に会いにいっていました。

ここから、現時点では、紬は、想と「付き合いたい」のような気持ちにまでなっているわけではないということかなと思います。

 

このドラマの村瀬健プロデューサーが第5話について「僕たちが目指してきたことの集大成のような回」とおっしゃっていた記事を見かけました。

湊斗・紬・想それぞれの想いについては、もう少し時間を考えてから、また動画でお話しできればと思っています。

 

今回も対比や過去を思い返させるようなシーンは色々ありましたよね。

 

★湊斗が「無理」を何度も繰返したところ、分かれよう、無理しなくていいよ、俺がもう無理、というところですが、これは過去に湊斗が紬に言った「無理」の話と関連しているとか

 

★紬が朝起きたら、外が晴れているところは、第1話で紬が起きたとき雨が降っていたシーンとの対比だとか

 

★LINEしてくれればいいからのやり取りは、紬と想の立場が逆転していたとか

 

このあたりも、あらためて詳しくお話しできればと思います。

 

最後に、番組開始前に、湊斗役の鈴鹿央士さんが行っていたインスタライブでお話しされていたことをご紹介したいと思います。

湊はハヤマ?という大きめの家電メーカーの営業職についているそうです。

家の冷蔵庫はハヤマのモノだそうです。

鈴鹿央士さんが放送前のインスタライブで語られていました。

そういえば、脚本の生方さんが登場人物は1人につき、A4何枚かのプロフィールを作成されていると言われていました。

尊敬されているという坂元裕二さんも同じような手法をとられていると聞いたことがあります

 

ーーーー

今回は、第5話放送直後で、感想や考察をお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

想・紬・湊斗はこのあと、どのように生きていくと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼