ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 初めての朝の回想は湊斗の回想ではない!紬が別れを決断した理由 第5話 第6話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、初めての朝の回想シーンと、紬が湊斗と別れを決断した理由について考察します。

この動画をみると、紬の気持ちを理解しやすくなります。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第5話では、湊斗が紬へ「ヘアピンを忘れてるよ」ということをきっかけに電話していました。

そこから紬が湊斗へ、紬がどんな気持ちで付き合っていたか、ということを湊斗へ話していました。

正直な気持ちを話した紬は涙を流し、

また、紬の気持ちを聞くことができた湊斗も泣いていました。

 

いよいよ電話を切るね、となったとき

ハンバーグを作りながらなので電話を切るボタンを押せない紬は、弟の光に切るボタンを押すように頼みます。

そして、湊斗は、紬との電話の場合は自分からは切らないようでした。

切られる方がさみしいからですよね。

おそらく湊斗はいつも、自分からは切らなかったんでしょう。

湊斗は、電話の向こうで紬と光が「電話を切って、湊斗は切らないから」「湊斗くんらしいや」という会話をしているのをずっと聴いていました。

これは、以前に紬が、想と電話しているときに、電話の向こうから家族の声が聞こえるのが嬉しいと言っていたのと同じですよね。

湊斗も、たぶん、光と紬の姉弟のやり取りを聴きながら、自分も家族になったような気持ちでいつも嬉しく聴いていたんだと思います。

 

そして、電話の向こうで光が電話を切ってくれたあと、

ベッドの脇にスマホをおいて、湊斗はそのまま眠りについたようでした。

おそらく紬との会話でおさえていた感情がどっと湧き出てきてかなり疲れたのだと思います。

そして、目を閉じ・・画面が暗くなって・・

 

そのままの体勢で、静かに目を開けると

そこには紬がいました。

起きたらそこに紬がいたからビックリした、ということ

そして紬は「頑張って、これからは湊斗と呼ぶ」という話をしていました。

「つむぎって呼ばれたいから頑張る」

 

そして湊斗が紬の前髪がハネていることを言うと

紬はたんぽぽの綿毛のようなヘアピンをつけて、髪を留めます。

「かわいいね、それ」と湊斗がいうと、紬は嬉しそうに「100均」と言ったんですが・・

 

このあと、湊斗が起きるシーンがありました。

その時、思い出のヘアピンはゴミ箱に入っており、

湊斗は「おなかへった」とつぶやきます。

湊斗も実は大事に思っていたヘアピンでしたが、紬から「捨てておいて」と言われたヘアピン。

もし紬がこれを「取りに行く」「置いておいて」と言ったら、湊斗はもう一度やり直したいと紬へ言うつもりだったのかもしれません。

ですが、紬から「そのヘアピンは捨てておいて」と言われ、紬はもう、新しい道へ進むことを決めたと確信した湊斗も、これで気持ちを切り替えることができたと思われます。

湊斗は切り替えるために、自分の手でヘアピンをゴミ箱に捨てていました。

そして、「おなかへった」は、紬とのやり取りを経て、日常へ戻っていくことができた、ということが描かれているのだと思いました。

このヘアピンがどういうものなのか?ということが描かれた回想シーンは

眠りについた湊斗がそのままの体勢で目覚めて描かれたので、「湊斗が思い出したこと」という風に考えてしまうんですが・・

 

実はこのシーン、湊斗が思い出した「回想シーン」というわけではなかったんですよね。

このシーンは、湊斗も思い出したが、同時に紬も思い出した、というシーンになっていました。

電話を切った直後の紬は、ふと何かを考えていた表情になっていました。

 

紬はハンバーグを焼いていたんですよね。

ハンバーグを焼きながら光へ話したのは、「お母さんが作るハンバーグは毎回動物だった」という話でした。

「今日のハンバーグかわいいね」とお父さんが褒めたことでお母さんはいつもハンバーグを作るときは動物の形にしていたということ。

「好きな人がいうかわいいはね、強いから威力が」

と、言ったあと

「中学生の時に買ったヘアピンも捨てられなくなる」

唐突にヘアピンの話をするんですよね。

これを光も「ふーん」と普通に聞くんですが、

このヘアピンは、湊斗から褒めてもらった、あのヘアピンのことですよね。

湊斗から「かわいい」と言われたことがとてもうれしくて、100均で買った安いヘアピンでありながら、紬は大事に使っていたということですよね。

実は、湊斗が夢の中で、紬と初めて朝を迎えた時の回想をみているとき

紬も同じことを思い出していたってことなんですよね。

だから、あの回想シーンは、湊斗一人がみていたものではなく

湊斗と紬の2人が思い出したもの、ということになりますね。

紬は「いらない」と言ったヘアピンでしたが、紬も色々な思いを捨て去って湊斗へ「いらない」と言ったということ。

ヘアピンを捨てるということで、紬が決断した、ということを表していたんですね。

 

ちなみに、このヘアピンはたんぽぽの綿毛のような見た目でしたが

たんぽぽの綿毛の花言葉は「別離」や「別れ」を表すそうです。

切ないですね・・

紬も、ハンバーグを焼き終わって、光に「食べちゃおう、おなか減った!」と言っていました。

紬も湊斗とのことに一つの区切りをつけることができて

日常へ戻っていっているということが「おなか減った」で表されていますね。

恋に悩む人なら食欲もないと思います。

お腹が減るということは、そういう悩みから解放されて日常へ戻ることができている、ということだと思います。

 

さて、紬もこれまで、こんなに湊斗のことが好きだったのに

なぜ紬は最終的に別れることを決断できたのでしょうか。

いつ、別れることを決断したんでしょうか。

紬が、湊斗の部屋に荷物を取りにきたときは、まだ、紬は「ギリ別れていない」と思っていました。

そして、別れたくない、と思っていたと思います。

でも、最後に、湊斗から「一人で持てる?」と聞かれて、「うん、持てる」と言ったときにはもう、紬は別れを決意したようにみえました。

何が紬を決意させたのか・・と考えるのですが

これはやっぱり、湊斗がこれまでとは違ったこと、だと思いました。

紬自身も言っていましたが、これまでの湊斗は何をするにも「紬の好きなように」とか「なんでもいい」という感じで、全て紬に合わせるようにしていましたよね。

その態度から考えたら、

本来、湊斗なら、「紬はどうしたいの?もし紬が別れたいというなら別れるよ」という態度を取るところだと思います。

でも実際はそうじゃなかった。

湊斗は「紬のしたいようにしていいよ」とは言ってくれず、

かたくなに「別れよう」と自分の考えを貫いて紬へ伝えてきました。

なんでも紬に譲ってきた湊斗が譲らなかったこと、

紬が別れたくない、とまで言っても考えを変えない湊斗をみて、紬は

これを拒むことはできない、受け入れなくてはいけない、と思ったのだと思います。

これまですべてを紬に合わせてきた湊斗が絶対に譲らなかったこと

それが紬が別れることを決意できた理由でしょう。

 

本当は2人とも別れたいとは思ってなかったと思うんですよね。

もっと言えば、想だって、湊斗と紬に別れてほしいとまでは思っていなかったと思います。

でも別れることになった

誰のせいでもないけど、そうせざるを得ない、そういう感情になってしまったということです。

そして実際に別れることになってしまった。

「誰のせいでもないのが一番厄介」という言葉が登場していましたが

お互いがお互いを想い合っているのに、誰のせいでもなくすれ違ってうまくいかない様を見せつけられて、みているこちらも本当に心が痛くなりましたよね。

よく考えてみると、

高校卒業後に、想と紬が別れたときは、本人たちの事情ではなく別れることになっていましたよね。

しかも、想から一方的に。

今回の湊斗と紬の間も同じような状況だと思います。

本人たちの事情ではない理由で、しかも湊斗から一方的に。

そう思うと、もしこのあと紬が想と恋人関係になることがあったとしても、やっぱり湊斗とのことはずっと残り続けるのではないか?という気がしますが、いかがでしょうか。

 

紬のこれからも心配になりますが

最後に、紬と湊斗が「一人で全部持てる?」「うん、持てる」という会話をしたシーンで、紬が持っていたかばんに書かれた文字について考察します。

this story makes me happy

と書かれているように見えます。

これは直訳すると、「この物語は私を幸せにする」ということだと思います。

だから、おそらく最後には、紬は幸せになってくれるだろうと期待したいと思います

 

ーーーー

今回は、紬と湊斗の初めての朝の回想シーンと、紬が湊斗との別れを決断した理由についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

紬が湊斗との別れを決めた理由は何だと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼