ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 想の母・律子が隠していること!想に対しての罪とは? 第5話 第6話

www.youtube.com


2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、想の母・律子が隠していること、想に対しての罪について考察していきます。

この動画をみると、佐倉家の謎についてより理解しやすくなります。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

何回かぶりに、想のお姉さんが登場しました。

メタ考察にはなるんですが、想にお姉さんがいる理由を考えたいと思います。

仮に、耳が聞こえない想の家族関係を描く、というだけだったら、妹の萌と母・律子、父がいればそれで良い気がします。

しかも、萌には、紬の弟の光と同級生という設定まであるので

兄妹は萌だけで十分役割を果たせそうです。

また、萌は想のために手話を覚えたり、想のことを気にかけて会いにいったり、光とやり取りしたりと想のためにたくさん活動していますし、

また、紬に対してあまり良い感情を持たないなど、外の人に向けた家族の想いも萌が表現しています。

なのに、お姉さんがいる、というのはなぜなのか・・?

これはやっぱり、お姉さんがいる、ということに意味があるんじゃないか?と思いました。

完全な想像の話になりますが

やっぱりお姉さんと想は親が違うのではないか?と思います。

どういうことかというと、想は律子の連れ子。

つまり、律子が以前結婚していた人との間の子供。

そして、姉の華は、父の連れ子。

父が以前結婚していた人との間の子供。

母・律子と父は、お互いに1人ずつ子供がいる状態で再婚したということだったのかもしれません。

萌は2人の間の子かもしれませんね。

お姉さんと想はお父さんが違う、もしそうであれば、登場回数が少ないお姉さんが存在している意味が説明できる気がします。

 

もし、想だけお父さんが違う、

ということであれば、想が耳が聞こえなくなる病気になったことは

遺伝から、という説明がつくように思います。

律子の別れた夫が耳の聞こえない人だったとか。

しべつしたのか、何らかの理由でわかれたのかはわかりません。

もし別れた夫が耳の聞こえない人で、その人との間の子が想だとしたら、遺伝で病気になるという可能性は考えられそうです。

病院で医者から「遺伝の可能性がある」と言われたとき、律子は不自然に「いないです。ないです。聴いたことないです。」と否定していました。

あの否定の仕方はむしろ、何かを隠している感じだったので・・

もしかしたら、この時点では、想に「父親が違う」という説明をしていなかったから

想のいる前で医者から聞かれて「きいたことない」と答えてしまったのかもしれません。

想が小さい時に再婚していたとしたら、想には記憶は無いですもんね、きっと。

 

実は、律子も音が聞こえづらい症状がある人なのかもしれない、という考察をしていました。

それは、第2話で、想と耳が聞こえづらいという話をしていたときに、

2度も水道を流しっぱなしにするシーンがあったためです。

ですが、第5話では、姉の華と律子が会話するシーンで

律子は料理をしながら会話していました。

炒めものか何かをやりながらで鍋から音がなっている状態での会話だったので

これはかなり聞き取りづらい状態だと思います。

ですが、律子はとくに問題なく、華と会話ができていました。

ですので、律子自身の耳はとくに聞こえづらいということはなさそうです。

このドラマは別にサスペンスではないと思うので、「あえて隠す」ということはやってないと思います。

ですので、「もしかしたら萌と手話をやっていた父も実は耳が聞こえないのではないか?」というような考察もありましたが、そういうことはないんじゃないかと思います。

今いる父も、律子も、耳が聞こえない人ではない、あるとしたら、父親が別で、その父親のことを高校生だった想にはまだ律子が話していなかったから医者にも隠そうとした、そういうところかな、と思いました。

 

「水道流しっぱなし」については、律子の感情を表したものだったのかもしれないですね。

それに気づけ無いぐらい動揺しているということ、それと

水道流しっぱなしにしながら号泣しているシーンは、それほど泣いているということを表していたのかなと。

 

水の音は悲しみとよく一緒に使われます。

第5話では、フットサル場で湊斗から別れを切り出された紬の横に寄り添う真子。

この二人がいたのが川沿いで、川の流れる音がずっと辺りに響いていましたよね。

 

ここで、想の姉・華のことを考えてみたいと思います。

華は、すでに結婚して佐倉家を出ているそうです。

今回は、子供を連れて実家に戻ってきていた、とのことでした。

もしかしてですが・・

華は父親側の連れ子だったのだとしたら、律子とは、仲がわるいとは言わないまでも特別に仲が良いわけでもないので、たまにしか実家には戻ってこない、ということもあるのかな?と思いました。

だから、登場回数が少ないのかもしれません。

ここで華が言っていたのは

「想の人間関係がうまくいかないのって、萌のせいなの?」と言ってました。

そして、「ごめんね、お母さんは想の本音が聴きたいのにね」と。

ここから想像できるのは、

想の人間関係がうまくいかなくなっていることは律子のせいなんじゃないか、と華は思っているということです。

そして、そのことを、本当は想に言ってもらいたいんじゃないか、と華は言ってるんですよね。

ごめんね、私達ばっかしゃべって。

律子のせいで、想は人間関係がうまくいかなくなっている、ということを、律子自身もきっと認めているのではないかと思われます。

でも、それを優しい想は律子に言わない。というか、誰にも言わない。

だから、余計に律子は想のことが心配になる・・ということでしょう。

8年前からはずっと、律子が想に対してだけ気を配っていたと思われ、姉や妹はほったらかされたという気持ちがあるのかもしれないですが、姉の華も妹の萌もそれを恨むような感じはありません。

あくまで、想と、その想のことを考え続ける律子のことを心配しているようです。

やっぱりこの「サイレント」には、わるい人や歪んだ人は登場してこないな、という印象がありますね。

 

では、律子の何が、想の人間関係をゆがめてしまっているのか。

これも完全な想像にはなりますが・・

やはり、紬との付き合いに律子が口出ししたのではないか、と想像します。

 

第1話で、萌が湊斗に想の耳のことを話してしまい、想の連絡先を教えてしまうところがありました。

そのあと萌は律子と話して、「本当は言ってはいけない人に言ってしまった」と思い、

このあと、紬の弟・光に電話をするんですよね。

これは、光が紬の弟で、その紬と想、そして湊斗が同級生だったことから

湊斗のことを確認しようと電話した、

というふうに思っていたのですが、よく見返してみると、この時萌は、

湊斗のことよりも、紬のことを聴いているんですよね。

湊斗が紬と連絡を取っているか、ということを聴いていました。

そしたら光から、「姉ちゃんと湊斗くん、付き合ってるよ」と聞くんですよね。

ここで萌が紬のことを聴いたのは、おそらく、想のことが一番伝わってはいけない相手が紬だったから、だと思います。

つまり、律子が想に、絶対に連絡を取ってほしくない相手が紬だった、ということかなと思いました。

 

想に直接的に言ったのか、それとも遠回しにいったのかはわかりません。

ですが、律子は自分の産んだこどもが遺伝で耳が聞こえない子になってしまった・・ということに責任か後悔か、なんとも言えお感情になったのだと思います。

そして、耳が聞こえない想に、耳が聞こえる女性である紬と付き合うことを慎重に考えるように言ったのかもしれません。

そのあと、結婚して、子供ができたらどうなるのか・・

自分の経験から話す母・律子の言葉に、想は返す言葉がみつからず

また、紬を大事に思う気持ちもあって、想は紬との別れを決断したのかもしれません。

母・律子がしてしまったことは、想を紬と別れさせたこと

だったのかもしれません。

紬だけでなく、高校の同級生とつながることは、また紬ともつながってしまう可能性があるので、高校の同級生とは関係を断つように律子が促してしまった可能性がありそうです。

律子は自分が酷いことを言っていることを理解していると思います。

でも、想からはそれを責める言葉が全く出てきません。

本当は想がどう考えているのか聴きたい、そんなふうに律子は考えていると思いますが、母を悲しませたくない想は、きっとこれまで律子に思いを打ち明けることはなかったんでしょう。

 

想は湊斗に連絡先が知られた時も、とくに動じる感じはありませんでした。

紬と再会したときは、初めは動揺していましたが、すぐにコミュニケーションを取ろうと思い直していました。

これはやっぱり、もともと自分の意思で離れたからではないから、だと思います。

想は紬に、「自分の気持ちを言葉にする」と宣言していました。

これは紬に対してだけじゃなく、母・律子に対しても、ということなんじゃないでしょうか。

これまでの8年間、考えていたけど話せなかったこと

それをこれからは律子に対しても少しずつ話していくんじゃないか?そう想像しましたが、いかがでしょうか。

 

最後に、律子の役を演じている篠原涼子さんについて少しお話ししたいのですが

この「サイレント」は大御所俳優と呼ばれるような女優・俳優さんは出られてないんですよね。

キャスト一覧で、一番最後にクレジットされているのが篠原涼子さん

ということで、出演者の中で最もキャリアがあって、このドラマを支える立場であるのが篠原涼子さんということだと思います。

出演者が若い、ということもこのサイレントが若い視聴者に受けて、視聴率が高いことの理由の一つかなと思うんですが

ここで篠原涼子さんの年齢を調べてみたら・・49歳でした!

これはけっこうビックリだったんですが・・

「恋しさと せつなさと 心強さと」の発売が1995年だったので、

あれからもう27年も経ってるんですね・・

ダウンタウンのごっつええ感じに出演されていたのが懐かしいです。

最近、2023年発売のストリートファイター6のイメージソングとして「恋しさと せつなさと 心強さと2023」を発表されたということで、まだまだ若い層に向けた作品にもたくさん登場される篠原涼子さんですが・・

この「サイレント」では、20代後半の息子がいるお母さんの役を演じられています。

お姉さんはもしかしたら30代ですよね。

だから、篠原涼子さんが演じる律子はきっと50代の設定かと思います。

篠原涼子さんは49歳には見えないほど若い方なんですが・・

でも、ちゃんと役作りされてるのかな?とこの、お姉さんと話しながら料理をしているシーンで思いました。

ちょっと太ったような体型になっているんですよね。

これって、やっぱり役作りじゃないですかね。

このあとも、きっと、佐倉家のこと、律子と想の関係を描く回があると思いますので、50代を演じる篠原涼子さんには注目して見ていきたいと思います。

ーーーー

今回は、佐倉家の謎と律子についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

このあと、律子は想とどのように関わると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼