ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 想の手話「大事な人」は奈々のことで確定!第5話 第6話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第6話の予告で想がやっていた「大事な人」という手話について考察していきます。

この動画をみると、想と奈々の関係についてより理解が深まります。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

実は以前の動画では違うことを言ってしまっていました。

第6話の予告で、想が「すごく大事な人」という手話をしているシーンがありました。

次回予告の中で、想がこの手話をする前に、

紬が「電話来た人いるでしょ、どんな人?」と想に聴いていました。

電話来た人とは、奈々のことですね。

紬と想が一緒にいるときに、奈々から音声通話がかかってきていたので

後日、そのことを紬が想に聞いているという場面。

「電話来た人いるでしょ、どんな人?」

と紬が聞いたら、そのあとのシーンで

「すごく大事な人」と想が手話をするシーンが流れます。

ここについて、以前の動画で、

これは、奈々のことを大事な人といったわけではなくて

おそらく紬のことをそういったのではないか?と考察しました。

どんな人?と紬から聞かれた想は、紬へ奈々のことを「自分を支えてくれた人だ」と説明し、その上で、紬のことを「大事な人」と表現した、

というふうに考察していました。

 

こういうふうに考察した理由は

第5話で、紬が「紬って呼ばれたいから頑張る」というシーンについて

これが、第5話の予告をみた段階だと、紬が想へ言った言葉かな?と想像されるような感じになっていて、しかも、現在の話と思っていたら

実際には過去の話だった、ということがありました。

このシーンはかなり驚いたんですよね。

良い意味で、予告が裏切ってくれたなと感じていて、きっと同じような手法が6話以降でもあるんじゃないか?

そう思って、6話の予告をみていたので・・

 

奈々のことを聞かれたことに対して「大事な人」と答えたようにみえて、実は違うんじゃないか?と想像していたんですが・・

これは誤りだったようです。

ここで、想が「大事な人」と言っているのは奈々のことで、

「電話きた人いるでしょ、どんな人?」という紬の質問に、

それは奈々のことで、奈々は大事な人、と答えているみたいです。

 

これが確定したのは、サイレント公式WEBサイトの第6話の内容が書かれた部分ですが

第6話のサブタイトルが「音のない世界は悲しい世界じゃない。」というもので、

そのあらすじのところを読み上げますね。

音のない世界は悲しい世界じゃない。そう言って、不安だってことを言葉にできない苦しみから僕を連れ出してくれた大事な人。だからこそ、ちゃんと向き合いたい。

と書かれていました。

つまり、想は、奈々のことをかなり詳しく紬へ説明するようです。

きっと第6話は、だんだん耳が聞こえなくなっていく中で不安を感じる想が描かれ、

そしてそんな不安から想を救ってくれたのが奈々だった、ということが説明されるようです。

 

公式Twitterでも

第5話をご覧頂きありがとうございました❕

「すごく大事な人」

その言葉に揺れる紬と伝えたい想

第6話の予告編をご覧ください

と書かれていて、

きっと、想が奈々を大事な人と表現したことで、紬は不安に思うのだろうと思います。

でも、それでも、自分のことを支えてくれた人をちゃんと紬へ紹介したい

想はそんな風に思って、奈々のことを紬へ伝えるのではないでしょうか。

 

きっと想にとっては、奈々は本当に「大事な人」なんだと思います。

大学時代に奈々と出会っているとしたら、もしかしたら8年近い付き合いですよね。

耳が聞こえなくなっていく不安から自分を救ってくれた奈々にはとても感謝しているし、

また、想は交友関係をほとんど広げておらず、昔の知り合いとは縁を切ったような状態だったので、この8年間で「仲良くしてくれた」のは、奈々だけだったんじゃないかと思います。

これは、想が奈々以外の人には心を開かなかったからかな、と思いますが

でも、奈々とだけの交友で、これまで想がなんとかやってこれたのは、

本当に奈々が想の救いになっていたからかと思います。

 

奈々の方はおそらく、想と接していく中で

きっと想への恋心を持っていたんだと思います。

でも、それは「ひそかに抱いているもの」で、想に対して主張するものではなかったようです。

奈々は仲が良いろう者の友達にも、「想からは都合が良い人と思われているだけ」と説明していて恋心を明かしていませんでした。

ですが、想を見つけたら、カバンのふたを開けて近寄り、

ふたを閉めてもらっている感じは、やっぱり恋心を抱いている人の行動なのかな?と思いました。

まあ、奈々はもしかしたら、想が相手でなくても、相手を楽しませるためにこういう行動を取ることができる人なのかもしれないですが・・

 

でも、想が紬へイヤホンを返さないと・・と言ったときに、「きっとお金持ちだろうから返さなくていいよ」と言ったりと、やっぱり少し嫉妬してるのかなと感じるところがありました。

奈々と奈々のろう者の友人は「最近まで聞こえてたんでしょ?私達とは違うよ」という会話をしていましたが

想が奈々たち、生まれつき耳が聞こえない人の気持ちを完全には理解できない、ということと同時に、

奈々は奈々で、自分は生まれつき耳が聞こえないので、最近聞こえなくなった想の気持ちが完全にはわからないと思っていたのかもしれません。

もしかしたら、想がイヤホンを返すといった相手の女性・紬とは昔からの知り合いで、その女性の声を想は聞いたことがあるのかもしれない。

それってどんな感覚なんだろう・・?

奈々も、これまで、想の気持ちに踏み込むことはなかなかできなかったのかもしれません。

 

想は奈々とは仲良くしてもらっているものの

自分から紬へ別れを切り出し、また高校時代の友人とも連絡を断ってきた中で

おそらく誰とも深く付き合うことはしない

と決めていたのではないでしょうか。

だから、自分に優しくしてくれる女性である奈々に、想も恋心を抱いてもおかしくなかったと思いますが、

想の心はそんな準備ができていなかった。

なので、これまで奈々のことをそんな風にみたことがなかった、ということではないかと思いました。

でも、もしかしたら、このあと、紬から奈々のことを言われて

もしかしたら想は、奈々の気持ちと、そして自分が奈々に対して感じていることに気づくのかもしれません。

 

紬はおそらく、奈々の気持ちに気づくのだと思います。

奈々からの音声通話が切れたあと、奈々から想へ送られたメッセージをみた紬は、きっとそこに込められた奈々の想いに気付いたんじゃないでしょうか。

奈々の方は紬をみたことがありますが、紬は奈々をみたことがありません。

そして想に聞くんですよね。

音声通話をかけてきた、想のろう者の友達の女性ってどういう人なのか。

たぶん、その人は想のことを好きなんじゃないか?と想い、

「電話きた人いるでしょ、どんな人?」と、紬は想に聴きます。

そしたら、想から「大事な人」という説明をされて、

紬はそれをどうとらえたら良いのかわからなくなるのではないでしょうか。

「大事な人」と説明されたら、きっとその人こそ想にとって必要な人で、恋人になるべき人なのでは?と紬は思うとおもいます。

想が紬へどう説明するのかがわからないですが

もし想が奈々に対して、ちゃんと向き合ってこなかったということが紬にもわかったら、

きっと、紬も「奈々は一体どういう存在なのか、ハッキリさせよう」と言うんじゃないでしょうか。

これは、紬が、自分が想と恋人になりたいから、というよりも、

想にとって本当に大事なものが奈々なのだとしたら、奈々と恋人になってほしい、という想いもあると思います。

 

そして、湊斗もきっと、

想に、奈々のことをちゃんと考えるように伝えるのではないでしょうか。

湊斗と紬の2人から言われた想は、真剣に奈々と向き合うことを考えるのだと思います。

 

たぶん、ここまで、想は、奈々の存在を真剣に考えたことがなかったのではないでしょうか。

「大事な人」という表現で、恋人関係になるような気持ちを考えないようにしていたのかもしれません。

頻繁に食事に行ったりする間柄ですから、恋人であってもおかしくなかったんですよね。

これからは考えていること、考えてきたことを言葉にしようと思う

と想は言っていたので、

奈々に対しても、ちゃんと向き合って、自分の言葉で気持ちを伝えるのではないでしょうか。

その時、想がどんな気持ちを伝えるのか・・まだわからないですが

奈々もきっと、これまでも想の気持ちを聴きたかったと思います。

想が奈々へ、自分の気持ちをしっかりと伝え、想と奈々がわかりあえる

そうなることを願いたいですね・・

 

えっと・・唐突ですが

春尾先生は、もしかしたら

「気持ちを言葉にして、伝えることができなかった人」ということなんですかね・・?

春尾先生の過去も今後明かされると思いますので、注目したいと思います。

 

ーーーー

今回は、想が手話をしていた「大事な人」についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

このあと、想は奈々にどのように接していくと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼