ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 湊斗が想から借りたCDと紬のメモの行方!想「紬いらない」の真相とは?第5話 第6話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、湊斗が想から借りたというCDと、紬のメモ、想が湊斗に言ったと言われる「紬いらない」について考察していきます。

この動画をみると、湊斗と想が過去にやり取りしたことの理解が進みます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第5話のフットサル場で。

古賀センに使用料金を安くしてもらったかわりに、湊斗と紬は、古賀センの仕事の手伝いをしていました。

フットサル場の備品のビブスを洗濯して干していました。

このシーン・・すごく切なかったのが

紬と湊斗は真ん中から左右に次々ビブスを干していくんですが

1つ干すごとに、2人の距離が離れていくんですよね。

別れ話をしたあとで、さらにその続きのような話しをしていて、

2人の距離がどんどん離れていくさまが描かれていて切なくなりました。

 

高3のとき・・と湊斗がふいに話し始めるのですが

想から借りたCDの話をしていました。

スピッツのアルバムを全部一気に、想から湊斗は借りたそうです。

歌詞カードをペラペラしてたら、パンダがごろごろした絵の書かれたメモ用紙がそこから出てきた、という話でした。

湊斗の前に想から借りていたのが紬だったようです。

そのメモ用紙は紬が想に宛てた手紙で

「佐倉くんとは音楽の趣味があうから嬉しい」

と、ここまで湊斗が思い出して言ったときに、紬から「やめて!」と怒られます。

紬はビブスで湊斗を殴っていましたが、これ、なんとなく、弟がいる女性あるあるかなと思いました。

ちょっと暴力的で、これぐらいなら男子からは許されるという範囲がわかっているのかなと。

女性姉妹とかの人はこういうことしなさそうなイメージがあるんですが、どうなんですかね?

そして、紬は「それ、歌詞カードに戻した?」と湊斗へ聞くんですが

湊斗は「捨てた」と返答していました。

その頃、もう紬のことが好きだった。

想より前から好きだった、と、捨てた理由を説明していました。

ここでふと思ったんですが・・

この時、湊斗が借りたCDは・・想へ返されたんだろうか?と。

 

ここで思い出したのが

第1話で、想の母・律子が、想の部屋と思われる場所でCDを出していたシーンです。

ベッドの下から箱を取り出すと、その中にはたくさんのCDが入っているようでした。

ここに、割れているCDがあって、

それを触りながら律子は想を思っているようだったので

おそらく過去にこのCDが割れた出来事があって、その出来事は律子と関係していることなんでしょう。

だから、律子はこのCDを取り出して、想のことを思い出したのだと思います。

100%確認できるわけではないのですが

この箱から見えているCDたちは、スピッツのアルバムではないように思います。

ジャケットが違う気がします。

 

CDラックも写るんですが、ここには1枚もCDがないんですよね。

おそらくほとんどのCDは、想が捨てたということを表しているんでしょう。

そして、どうしても捨てられなかったCDたちだけ、箱に入れてベッドの下に隠した。

 

だけど、おそらくですが

ここにスピッツのCDはなさそうです。

想はかなり、スピッツが好きだったと思うんですよね。

1人で何度も聞いていましたし、紬との思い出ででもあると思いますスピッツは。

だから、スピッツのCDは保管しておくのが自然です。

ですが、ここにはない。

 

じゃあ、想のスピッツのアルバムたちはどこにいったのか・・

というと、

これはおそらく

湊斗が想にかえしていない、ということかなと思います。

スピッツのアルバムは、想から借りたまま、湊斗がずっと持っているのではないでしょうか。

では、なぜ湊斗は、想にCDを返していないんでしょうか。

完全な想像になるんですが

もしかしたら、湊斗は想に返せなくなってしまったのかなと想像します。

 

返さなくていい、あげる

ということから思い返されるのが

古賀センと湊斗の会話です。

想がまだ見つかってないときに、湊斗が想のことを古賀センに話していたときですが

湊斗は想の大学まで様子をみにいった話をしていました。

そのとき、想が何を言っていたか?と古賀センが聞くと

湊斗は「紬いらないって。俺もう青羽いらないから、やるよって。あげるって」

「いらない、やるよ、あげる」って。

これって・・普通に考えたら、彼女のことをこんな風に表現することはないと思うんですよね。

この「いらない、やるよ。あげる」という言葉から単純に想像すると

想のモノを湊斗が持ってるような言葉に聞こえます。

つまり、この時の会話って、湊斗が想から借りていたCDの話だったんじゃないか?

と思われるんですよね。

 

湊斗は想に会いにいったときに

音信不通になっていた想に、まず何を話したらいいのか・・

と考えて、借りていたスピッツのアルバムのことを思い出し、それをきっかけに話そうとしたんじゃないでしょうか。

「借りてた、スピッツのアルバムCDどうしたらいい??」

この時、おそらく想は徐々に聞き取りづらくなってきていた時期だと思いますので、

何を言われたかすぐにはわからなかったのかなと思います。

もしかしたら、湊斗に、「自分は楽しそうに生活している」をアピールするため、あえて忙しそうにしながら湊斗の話を聞いたのかもしれません。

だから、なおさら何と言われたかすぐにはわからなかった。

湊斗は聞いたことにちゃんとした返答がもらえなかったので、

一番聴きたかったこと

「青羽のことどうするんだよ!?」というようなことを話しかけたのではないでしょうか。

この時も、想はもしかしたらあまりよく聞こえず

でも、ふと、湊斗へCDを貸していたことを思い出し、

湊斗はそのCDをどうしたらいいんだ?と聞きにきた、と判断した想は

「いらない、湊斗にやるよ。あげる」

と言ってしまったんじゃないでしょうか。

湊斗はまさか想の耳が聞こえづらいとは思っていないので

自分の聞いた「紬」のことに対して、「いらない、あげる」と言われて、ショックを受けたのかもしれません。

 

そして、湊斗は

古賀センへ言ったとおり、

想は自分の関係を切りたいんだ、と感じ、

そのままCDは返せなくなってしまった・・

そういうことなんじゃないでしょうか。

 

そして、湊斗は、紬の、想へ宛てた手紙が入ったCDを

想へ渡したくない、という気持ちもあったのかもしれません。

だからそのままそのCDは湊斗が持ったままになってしまった。

ちなみに、湊斗は「人の手紙を勝手に捨てるようなところある」と紬へ言っていましたが

きっと湊斗は捨ててないんじゃないか?と思います。

CD自体を持ったままなのだとしたら、メモもきっと捨ててないんじゃないでしょうか。

でも、この想のCDは紬に見つかるわけにはいかない。

だから、紬には見つからないところに、湊斗は隠していたんじゃないか、と思います。

 

大学時代に、湊斗が想を訪ねたシーンは

今後描かれるのではないか?と予想しています。

そのときに、このやり取り、

想は紬のことをいらないと言ったわけではないということ、

そして、湊斗はCDを借りっぱなしであることは描かれるのではないか?と思っています。

どうしても、想が「紬いらない、紬やるよ」とは言わないと思うんですよね。

もし湊斗に嫌われたいと思ったとしても、紬のことをモノ扱いするような発言をする必要はないですし。

そして、もしかして、紬の書いたメモを湊斗が捨てていないのだとしたら

このメモをあらためて紬が観ることがあるかもしれません。

今から、自分の高校時代の想への想いを書いたメモを紬がみたら

どう思うんでしょうか・・?

もしかしたらですが「こんな気持ちで付き合っていたのか」と恥ずかしくなり、

そして、また、今現在の想への想いを考え直すきっかけになるのかもしれないなと思います。

高校の時の、こんな思いを、そのまま今の自分にあてはめることができるんだろうか。

紬と想がうまくいってほしいと願う反面、

高校の時の2人のままではいられないよな、とも感じます。

初恋のような、キラキラした恋は高校時代で終わりにして、

これから想ともう一度、新しい関係を築いていこうと思えるのか、

それとも、初恋は初恋として、ちゃんと終わらせるために再会したんだと、考えるのか。

これから想と紬がどうなっていくのかは、まだわからないなと感じていますが、いかがでしょうか。

 

ーーーー

今回は、湊斗が借りていたCDと紬のメモ、想が言った「紬いらない」についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

このあと、大学時代に想と湊斗が会ったシーンが描かれると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼