ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 第5話の名言・名セリフ・神シーンまとめ!第6話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第5話での名言・名セリフを中心にご紹介していきます。

この動画をみると、今後のストーリーへの伏線を確認することができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

このドラマ「サイレント」では、観る人の心に響くようなセリフや言い回しが、あらゆるところで登場しています。

ほとんどの会話シーンが「神シーン」と言えるんじゃないかと思うんですが

その中でも、とくにここは!というところと、今後の物語に影響しそうな言葉を取り上げてご紹介したいと思います。

それでは、第5話の初めの方から順番にご紹介します。

 

まずはこちらです。

湊斗が言ったセリフ。

無理しなくていいよ。

俺がもう無理。

俺が無理。

このまま紬と一緒にいたら無理になる。

これは第3話で、会社の仕事や人間関係で無理をしている紬へ湊斗が言った言葉とつながってますよね。

無理なことってあるんだよ。

無理してやったことって無理なことなんだよ。

無理するとホントに全部、無理になっちゃうんだよ。

こう、湊斗は言ってました。

本当に無理になる前に、湊斗は紬へ別れを告げたんですね。

大好きな紬と想に優しくできなくなることが一番イヤだ、そう思ったということですよね。

 

湊斗から別れを告げられ落ち込む紬に、寄り添う真子。

川が流れる音だけが響くこのシーンですが

水の音が、心の涙を表しているように感じました。

 

そして、こちらのシーンですが

このシーン、第1話との対比になっているんですよね。

 

第1話では紬の家で、紬と湊斗が寝ていて、朝、外の雨音で目が覚めるんですよね。

これは心の景色というか、想がいない世界で、ずっとどんより雲がかかった状態・・というような感じかなと思います。

 

それが、湊斗から別れを言われた翌朝は・・晴れてるんですよね。

この時はまだ、紬は湊斗と別れたいとまで思っていなかったと思うんですが

でも、想と再会して、これから新しい関係を築いていく、その第一歩を踏み出した、ということで晴れたんですかね。

 

湊斗はキャリーバッグのことをゴロゴロと表現するんですけど

これ、普通に「ゴロゴロ」って言われたら、え?なにそれ??ってなると思うんですよね。

これは、これまでにも湊斗と紬がキャリーバッグのことをゴロゴロと表現するやり取りをしていた、ということかと思います。

ゴロゴロ・・?あの粘着テープがついた、服の汚れ取るやつ?とか、間違えそうですよね。

紬は完璧に言い当てていました。

 

誰のせいでもないことが一番やっかいなの

これは、このドラマのいたるところで発生していることかなと思いました。

想と紬が別れたこと

想が病気になったこと

湊斗と紬が別れたこと

自分たちは望んでいないのに、そうせざるを得ない結果がやってくること

そういうことがこのドラマではこのあとも出てくるんじゃないか、と感じます。

 

佐倉ダサいわ

これを想は初め、「ふざけている」ととってしまうんですが

でも、そこには深い意味が込められていたんですよね。

これに関しては別の動画で詳しく解説していますので、動画概要欄に記載のサイレント再生リストから過去動画でご確認ください。

簡単にいうと、

古賀センはあえてちょっとキツめの言葉で、想のやったことを責めて、

そして責めるだけではなく、想には気をつかうばかりでなく積極的にいけということ、

あと、話さないと理解しあえないよ、ということを伝えたんですよね。

短い言葉で。

 

オンナとして見ろよっていう

何かちょっと意識しろよっていう

ここの言葉から、もしかしたら湊斗と紬はプラトニックな関係だったのでは・・?

という考察もあるようですが

ぼくは、それは無いんじゃないかと思っています。

 

というのも、湊斗の回想で

紬と一緒にベッドで目覚めるシーン、

おそらくこれは初めて湊斗の家に紬がきたときのことだったと思いますが

ここで紬は「昨日の記憶ないの?」と言ってました。

これは、忘れないはずの出来事が昨日の夜にあった、ことを表していると思います。

紬は真子といろんな話をしていたと思いますが

もしプラトニックな関係であれば紬は真子にそのことを話していると思いますが

真子は紬と湊斗の関係を「特殊な関係」として扱っていないので

ぼくは、プラトニックな関係ではない、と思っています。

でも、そういう風に想像して見ることを否定しているわけではないです。

いろんな想像ができるドラマですので。

 

「自分のこと好きな人、好きになるとさ、片思いできないよね」

この言葉、初め聞いた時、一瞬理解できませんでした(笑)

ですが、2回目みてちゃんと理解できました。

相手が自分のことを好きなんだから、その人のことを好きになった時点で両思いということですよね。

もったいないよね、楽しいのに片思い。

いや・・楽しいんですかね、本当に。

苦しいことしか思い浮かばない気もするんですけど・・

青羽にはわからないか、って湊斗は言ってたんですけど

でも、想と付き合う前の紬は「片思い」だったんじゃないかと思います。

もしかして、想もその頃から紬のことが好きだったんですかね??

 

これってもう別れてんの?この今の状況

という質問に別れてるよと湊斗から言われ

「ギリ付き合ってんのかと思ってた」という紬へ

「ギリ別れてるよ」という湊斗。

この表現は面白いですよね・・

この言葉、また出てきそう・・

 

一人で全部持てる?

この言葉にはいろんな意味が込められていると、これも過去動画でお話ししました。

それを噛み締めてこのシーンをみると、

紬の「うん、もてる」も違って意味に聞こえてきますね。

 

湊斗と一緒にいた紬は、ぽわぽわと真子は表現しているんですが

紬もあとで同じことを言うんですよね。

きっと真子と紬の間でもそういう会話がされてたってことですよね。

そしてこのぽわぽわは、あとで紬がつけているヘアピンにかかった言葉だと思います。

 

想のお姉さんが言ったこと

想の人間関係がうまくいかないのって萌のせいなの?

本当はこういう本音を、想から言ってもらいたいんじゃないの?

ということだととらえました。

だから、きっと、想の人間関係がうまくいかないことに、母・律子がからんでいるなと感じますね。

 

このシーンは過去の逆ですよね。

以前は紬が会いたいと言ったら想の方がLINEでいいよと言っていました。

でも、想はこれから、ちゃんと思っていることを言葉にして

丁寧に伝えること、そうしていきたいと思って「会いたい」と言ってるんですよね。

やっぱり文字で送るだけだと、受け取った人がどんな表情をしているか見えないので

勘違いを産んでいるかもしれないんですよね。

 

100均のヘアピンと知ってて紬へ要るかどうか確認の電話をした湊斗ですが

この時、湊斗は、もし紬が取りに来ると言ったら、もう一度やり直すことも考えたんじゃないかと思いました。

たぶん、真子から紬がどれだけ湊斗のことを好きだったか、という話を聞いて、湊斗は少し自信を持ったんだと思います。

だから最後の確認として電話してみた。

ところがもう、この時には紬の方が決断してたんですよね。

即答で「捨てといて」と言われて。

でも、そのあと、紬本人からこの3年間の思いを聞くことができて

湊斗も気持ちに区切りをつけることができたようでした。

 

ぽわぽわしてた

というのは真子の言葉か、紬の言葉か

真子と紬の間で、湊斗と付き合う紬のことをそう表現していたってことですよね。

真子と全く同じ表現を紬がしていました。

 

以前、紬が

想と電話しているときに、たまに家族の声がうしろから聞こえるのが好きだった

と言っていましたが、その話とまさに同じで、湊斗もたぶん好きだったんでしょうね。

そして、ぼくが思ったのは、ここで紬は「湊斗」って言ってるんですよね。

さっき、湊斗本人と話しているときは「戸川くん」と言っていたんですが、光に対しては「みなと」と言ってます。

やっぱり湊斗は、もう、家族と同じレベルに近い人、ってことなんですよね。

 

紬って呼ばれたいから頑張る

という言葉は

もしかしたら想のことが頭にあったのかな?と想像してしまいました。

想から最後に「名前で呼んでほしい」と言われて「想くん」と呼んだのに

自分は「つむぎ」とは呼ばれていない。

だから、好きな人から名前で呼ばれたい、というのが紬の心にはあったのかな?と想像しました。

 

ぽわぽわのヘアピンをつけて、

この日から紬のぽわぽわは始まった、ということだと思いました。

 

このシーンは初めてみたときから「おお!」と思ったんですが

この2人を正面から撮影するのって、普通にやると無理なんですよね。

なぜならここはキッチンで、目の前は壁だからです。

これは目の前の壁を外して撮影してるんですよね。

ありえない構図での撮影は手間がかかると思うので、やっぱり丁寧に作られているんだなーと実感しました。

 

お母さんがハンバーグを動物の形にしていたのはお父さんからかわいいと言われたから

という話をして、好きな人が言うかわいいは威力が強いと言った紬は

中学の時に買ったヘアピンも捨てられなくなる

と言っていたんですが、これはまさに湊斗が回想していた綿毛のヘアピンのことなんですよね。

だから、さっきの回想シーンは湊斗が夢にみていただけでなく、紬も思い出していたことだ、ということがわかります。

 

湊斗はヘアピンをゴミ箱に捨て、おなか減ったと言って起きます。

その前のシーンでは、紬がおなか減ったと言ってハンバーグを食べようとしていました。

2人ともおなか減ってるんですよね。

これは2人とも、ちゃんと気持ちに整理がついたことを表していると思います。

もし気持ちが落ち着かなければ食欲はわかないですもんね。

気持ちをちゃんと落ち着けて2人は日常に戻っていった、そう描かれていると思いました。

 

想はちゃんと伝わっているか確認するため

紬と、会うことにこだわりました。

紬から「顔をみて話すのはつらい」とまで言われたのに諦めませんでした。

そして、言葉を丁寧に伝えるために、手書きの文字を用意してきていました。

青羽が俺のこと見てくれるなら、ちゃんと言葉にしたい

これからきっと、想の内面の話をしてくれるんだろうと思います。

 

紬は高校時代は、想に合わせよう、合わせようとしていましたよね。

スピッツ、知ってる、と言ってましたが、

明らかに知らない感じでした。

とにかく想に合わせようとしていたんですよね。

でも、これからはそうじゃなく、自分をしっかりと持って素の自分で付き合おうと思ったんじゃないかと思います。

想が好きと聞いたポニーテールにしようとしていましたが、自分の判断でやめて。

おなか空いたからどこかに食べに行こうと提案し、

そして、食べに行くものも、ハンバーグ以外にして

とちゃんと主張していました。

自分の気持ちをきちんと伝えていく、想の言葉を聞いて、よけいにそんなふうに思ったのかもしれないですね。

 

 

ーーーー

今回は、第5話の注目ポイントについてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

このあと、これまでに登場したセリフで、再度登場するセリフは何だと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼