ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 奈々の夢のシーン解説!第6話直後

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第6話放送直後で、感想と気付いたことをお話ししていきます。

直後に急ぎ話していますので誤りがある場合は申し訳ありません。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回は放送前に、制作側のTwitterを見ておいたのですが

まず、プロデューサーの村瀬さんからは

今夜の「#silent」6話は紬(川口春奈)と想(目黒蓮)、そして奈々(夏帆)の物語。ずしんと来ると思います。

というツイートがあったので、

紬と想の物語であると同時に、奈々のことが描かれるんだなという心づもりをしてみることにしていました。

 

そして、脚本の生方さんは

「想くんが最初に覚えた手話がわかります!」というツイートがありました。

 

この「最初に覚えた手話」は、「同じ」っていう言葉でしたよね。

同じ・・というこの手話ですが

今回の放送で何度も登場していたように思います。

そして、「同じ」という言葉が大事でありながら・・「違う」ということも強調された回でしたよね。

聴者とろう者は違う、そして想は聴者でもろう者でもない

だからわかりあえない

というような・・

すごく切なかったです。

 

放送開始からは想の過去が描かれていました。

大学に入り、少しずつ聞こえなくなっていくことの苦しみ

その苦しみの中で、聞こえる人からも、聞こえない人からも距離を取ることになってしまって

想は本当に孤独になっていました。

でも、そこで想を救ってくれたのが奈々で、

もし奈々がいなかったらきっと本当に孤独のままだったということ

すごく大事な人・・と描いたあとで

その後、紬と再会して・・紬と手話で話すことでまたこれまでとは違う世界を感じることができた想。

これが放送開始から本当に続けて描かれていて、短い時間でありながら、

想の心の移り変わりがよくわかってすごいなと思いました。

 

今回からようやく、紬と想がちゃんと向き合っていく

という話しだったと思いますが

そこでその2人がどんなふうに恋を進めていくのか、ということを単純に描くんじゃなくて

想も紬も、大切な時間を過ごしてきた、ということが描かれていて

人との出会いや時間というものの重みを感じられたと思います。

想は奈々と出会って孤独から救われたこと

そして紬も、光と湊斗との会話から、どれだけ湊斗から救われたのか

想と紬が離れていた時間もあっての、今の2人、ということが描かれていたと思います。

そういえば、光が言ってましたよね。

「この3年あっての姉ちゃんだから」

 

奈々が想を見かけたときに、カバンのチャックを開けて・・

という動作は、「また、わざとチャック開けて、近づくのかな・・」と思っていたら、携帯を出してのLINEでした。

そして、そのLINEの連絡を目の前で想から放置されるんですよね・・

紬と会ったことによって放置された、というのを奈々は目の前でみるんですよね。

これ、さっきの「チャック開けて近づくのかな?」という、おどけた行動とるのかなと思ったあとだったので、余計に切なくなりましたよね。

もうすでに、奈々はおどけた感じで想に近づけないんだという・・

 

好きな人のこと聞かれたときは好きなところ、

嫌いな人のこと聞かれたときは嫌いな所、

どちらでもない人だとプロフィール

と言われてた想は、奈々のことはプロフィールで紹介してたんですよね。

紬は春尾から聞かれて「好きな言葉をくれる人です」と好きなところを言っていました。

でも、想も実はこのあと、紬から奈々のことを「どんな人?」と聞かれて「大事な人」と言っていました。

短い時間の中ですが、想がちゃんと奈々のことをあらためて考えたんだなとわかるシーンでした。

 

奈々の夢のシーンがありましたよね。

想と電話をして、出会い、

楽しいおしゃべりをして・・

手をつないで歩いていく、というシーンですが

このシーンは「奈々にはできないこと」で、できていたんですよね。

まず、青いハンドバッグを持っていたんですが

ハンドバッグって・・おそらく奈々には持つことが難しいんだと思います。

なぜなら手話をするからです。

だからいつもリュックなのかなと思いました。

きっとこんなかわいいハンドバッグを持ってあるきたい、という気持ちはあるはず。

そして、もう一方の手で好きな人と手をつなぐ。

手をつなぐ・・のも、難しいですよね。

話しながら・・となると、手話をしながら歩くことになりますから

好きな人と歩くときも、手をつなぐことは難しそう。

そして、最も切ないなと思ったのは、当然なんですが

このシーンに声がないことです。

夢のシーンだから、しゃべっていてもいいのでは?と一瞬思ってしまいますが

そうなんですよね、奈々は生まれつき耳が聞こえないので、どんな声?というのがわからないんですよね。

だから声はわからない。わからないから夢にも声がない。

 

想は奈々と会って、奈々の気持ちを聞こうとしていました。

想は何を考えて、奈々の気持ちを聞こうとしたのか?

今回はその会話は途中で終わってしまいました。

奈々からどんな気持ちを聞くのか、そして想は奈々にどんな思いを持っているのか

次回以降も注目してみていきたいとおもいます。

 

ーーーー

今回は、第6話直後の感想についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

このあと、紬と奈々の間ではどんなやり取りがあると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼