ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 TVer独占 「第1章 紬から見るsilent」感想・考察 第6話 第7話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、TVerで独占配信されている「第1章 紬から見るsilent」について考察します。

この動画をみていただくと、TVerの配信内容から考察することを確認していただくことができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

11月17日の朝6時にサイレントのドキュメンタリーがTVerで独占配信されました。

今回は「第1章~紬から見る“silent”~」というものだったのですが、

さらにこのあと第2章、第3章の公開もあるそうです。

 

『silentドキュメンタリー』

第2章~“silent”の言語-手話-~ 11月24日(木)6時配信スタート! 

第3章~“silent”の世界観~ 12月1日(木)6時配信スタート!

 

今回はこの「第1章~紬から見る“silent”~」をみて、急ぎ、感想と考察をアップしています。

急いで動画にしているので誤りがあった場合は申し訳ありません。

 

動画の内容はぜひ、TVerで、ご自身でご覧くださいね。

それでは内容についてお話ししていきますが、内容をすべてお話しするわけではないので、ぜひご自身でご確認ください。

 

今回の内容はおおまかにいうと

川口春奈さんが紬を演じているシーンのメイキング映像と

川口春奈さんがどのような気持ちで紬を演じているか、ということを語る内容でした。

 

基本的には川口さんがどう考えているか

という内容なんですが

これをドラマスタッフが内容監修していると思うので

川口さんが話すことが紬の考えと、ほぼ同じと思って、僕は問題ないと思いました。

 

今回の内容を聞いて紬がどんなことを思っていたのか

という気持ちと理由を知ることができたと思っています。

また、川口さんがどんな風に演じているかということも聴けて、大変興味深かったです。

 

では川口さんが話していたことを1つ1つみていきたいと思います。

 

8年経過したら人は変わると思うので、

声のトーンを変えるようにしているそうです。

学生時代の紬を演じる時は、ワントーン、テンションを上げて撮影に挑んでいたとのことでした。

たしかに、高校時代の紬は、今より明るい印象でしたよね。

川口さん自身がお若いこともありましたが、高校生だなと感じましたし

また今との比較で、今は成長して大人になったことが感じられるなと思います。

 

また、紬は、まっすぐで、元気で、活発なキャラクターと表現されています。

学生時代はそれが今よりも強く現れていた、ということですよね。

この、まっすぐで、元気で、活発なキャラクターという部分は今も変わらず

想もその明るさに救われる描写が多いので、その部分は現代も変わらず持ち続けるようにしているそうです。

紬の良いところ、はたぶんそういうところなんですよね。

想は紬のことを「まっすぐ」と表現してましたもんね。

紬のそんなところを想は好きなんだと思います。

そこは高校時代から8年経っても変わっていないので、想は今でも紬のことを想うことができるんじゃないですかね。

 

そして、湊斗との関係についてですが

紬は湊斗にも、想にもどちらにも想いがある、でもその狭間で揺れている

という話をされていました。

想と再会したから湊斗にマイナスな感情を抱いたわけではなく

湊斗のことが好きで一緒にいる

でも、あんな別れ方をしてしまった想と再会したらやっぱり思うところがあって

手話を習ったり想を思う時間が増えた

湊斗に想いがありつつもどうしても想のことが頭をよぎる

自分でそれを意識しつつ、でも湊斗と明るい未来を生きていこうという気持ちもあって

紙一重の感情で、三角関係の中で紬の揺れる気持ちがあって・・

ということで、

紬の湊斗に対する想いも本物であることを強調されているように思いました。

湊斗よりも想の方がいい、という感情はたぶんなくて

湊斗にも、想にも惹かれる・・という状態だったということですかね・・

紬は両方から思われているとしたらかなり罪な女性ということにはなりますが

でも、こういう感情もリアルじゃないかな、という気がしますね。

 

どっちに対しても、愛があって、大切な人という思いがあって

どちらといるときもそれぞれ魅力がある紬がそこにいると感じているそうです。

湊斗といるときの紬はリラックスしている

想といる紬は一番かわいい、というだけじゃなく、紬の気持ちとして憧れのようなものも含むのでは、ということでした。

一見すると、湊斗に対しては、紬は対応が雑なようにも見えがちなんですけど

実際にはリラックスさせてくれる湊斗がいて、自然体の紬を湊斗の前では見せることができている、ということなのかな?と思いました。

僕は湊斗派なので、湊斗の肩をもちすぎですかね(笑)

 

涙をみせるシーンは、本当に信頼している人にしか涙は見せないだろうし

涙をみせる相手によって表情を変えたい、と意識して演技されているそうです。

苦しい涙、悲しい涙、いっぱいいっぱいになって流す涙・・

ご自身の経験から想像してやってらっしゃるそうですが

やはり、相手役の方から受けるパワーも大きいということでした。

川口春奈さんが涙を流されるシーンは印象的ですよね。

このあともきっと、紬が涙を流すシーンはあるんじゃないか、と想うので、

注目して観てみたいと思います!

 

すべてを紹介しきれず、今回はここまでです。

ぜひ本編をTVerで観てください!

紹介しきれなかったことや、メイキングもみることができます。

 

なお、第2章の“silent”の言語-手話-が少しだけ映像で流れたのですが

紬と奈々が映っていました。

もしかしたら、次回は奈々を演じる夏帆さんのインタビューがあったりするんですかね。

楽しみです。

 

最後に、今回の内容とは直接関係ないですが

想を演じている目黒蓮さんは、サイレントに出演しながら

今放送中の朝ドラ「舞いあがれ!」にも重要な役で出演されます。

おそらく、この動画を公開している週の翌週、11月21日から登場されると思います。

舞いあがれでは、福原遥さん演じる主人公と一緒に学ぶ人の役での出演で

当初は「嫌なやつ」の印象なんだそうです。

おそらくいずれは、ヒロインを支えるような人になるんじゃないかと思いますが・・

こちらは重要な役柄なので、セリフも多いと思います。

サイレントとはかなり違う印象の目黒蓮さんをみることができると思いますし、

注目です!

ーーーー

ということで、

最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

動画の感想や、ご自身の考察、

ドラマ自体の感想などどんなことでも大丈夫です。

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼