ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 第7話直後!大きい音は危険回避できない可能性?奈々と湊斗が復縁する可能性 第8話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、サイレント第7話の放送直後で、感想・考察をお話しします。

この動画をみていただくと、第7話のポイントを確認していただくことができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回は、おおまかな内容をいうと、奈々の恋の終わりと

紬と想の恋の進展を描いた話だったように思いました。

紬と想の恋についてはいきなり進展するのではなく、

友達関係を経て、信頼しあえる仲となり、そして恋人関係になっていく

そういう過程が描かれていたんですかね。

 

来週11月24日は放送がおやすみで

第8話は12月1日、15分拡大で放送されるそうです。

 

僕の予想だと、最終回が12月22日のため全11話だと思うので

おそらく第8話・第9話で、今回も少しだけ登場した、想の母・律子と想の関係、佐倉家で何があったのか、について描かれるのではないかと思います。

 

あと、ちょっと予想外だったのは

今回で春尾と奈々の関係が明らかにならなかったことですね。

今回は「久しぶり」という会話しか交わしていないので

これだとまだ、元恋人だったり、どちらかが恋心をいだいていたのか

それとも、例えば春尾の元恋人の友人が奈々だった、という関係だったのか

それがまだハッキリしませんでした。

春尾は過去の話は必ず回収されると思います。

奈々と元恋人で復縁する・・というようなことがあるんでしょうか。。

でも、春尾の方はまだ、

そこまでの心持ちにはなってない気がするんですよね。。

そう考えると、奈々とは友人関係だったり・・するんですかね?

 

今回の話では、僕は、

奈々と湊斗を重ねるような描写が多かったように思ったのですが

いかがでしょうか。

奈々と想の関係が

湊斗と紬の関係を想像させるような感じだったんですよね。

想の貸してくれた本が奈々には面白くなかった・・

というのは

湊斗が好きな映画は紬には全然興味がなかった話とつながるように思いましたし

 

紬が奈々へ話した、今の佐倉くんがいるのは奈々さんのおかげ

という話も

前回、紬の弟・光が言ってましたよね。

紬を支えてくれたのは湊斗で、湊斗がいたから今の紬がいる

と言ってました。

 

また、奈々は「自己満足」で想へ手話を教えた、ということも言っていたと思うんですが

湊斗は今後、「自己満足で紬と別れた」と古賀センへ説明するシーンがあるそうです。

第7話のあらすじ、として事前に公表された内容に湊斗が古賀センへ「紬と別れたのは自己満足」と説明する、というものがあったのですが、今回の放送にはなかったですね。

これはカットされたのか、第8話にはいるのか・・ちょっと不明ですが

奈々の言葉と一致しているので気になりました。

 

ということで、

奈々と湊斗を重ねるような部分がとても多かったように思いました。

その上で、紬と想の恋の進展が描かれていたんですが

ぼくは奈々と湊斗の存在の大きさが強調されているようにも感じたんですよね。

紬にとっても、想にとっても、

湊斗と奈々は忘れることができないし、かけがえのない存在であることがよりハッキリしたように感じました。

今の時点では何の証拠もない話にはなるんですが

これだけ奈々と湊斗のことが強調されると、いつかまた

奈々は想と、湊斗は紬と、

それぞれ支え合う間柄として関係を修復していくのかな・・

もしかしてこの組み合わせでの恋人関係になる可能性もありえるのかな・・と感じてしまったんですが、いかがでしょうか。

これはぼくが今回感じた、というだけの話ですので、ぜひみなさんのご意見をお聞きできれば嬉しいです。

 

すごく気になったシーンは

ファミレスでの割れる音のシーンですね。

大きい音が鳴って紬はびっくりしていたんですが

想は全く気付いていませんでした。

このシーンだけをみると・・

ちょっと想像してしまうのが、想に危険がせまる可能性がある描写なのか?

ということですよね。

耳が聞こえないということは

耳で危険を回避することができないので、例えば交通事故に巻き込まれる可能性が聞こえる人と比べると高くなる可能性がありそうです。

このドラマ「サイレント」では、エピソード0で、紬の弟・光が車にひかれそうになるシーンがあったりしました。

また、第1話で想が道路を渡る際に、何度も左右を確認してから渡るシーンがありました。

紬と駅前で再会して、「待って」という紬を振り切って逃げようとしていた時ですね。

聞こえないから、聞こえる人とくらべてかなり注意している描写のように感じました。

大きい音がしても聞こえない描写は

危険を回避することが難しいことを表しているように感じるんですよね。。

ただ、ぼくはこの「サイレント」では、登場人物が

交通事故に遭ってしまったりして、取り返しがつかないようなことになることはない、と思っています。

というのも、もしそんなことが起こってしまったら

残された人は、自分で相手を選ぶことにはならず、「好きな人がいなくなったから、いた人を選ぶ」ということになってしまうと思うんですよね。

たとえば誰かがしんでしまったりしたら、残された人は、のこされた人同士でくっついて・・となっても、本当の幸せを目指していけるんだろうか、という気がしています。

だから、ぼくは交通事故にあって取り返しがつかなくなるようなことはないと思っているんですが・・

大きい音の描写はかなり気になりますね・・ここはみなさんのご意見もお聞きできればと思います。

 

想が声で話さない理由は、もしかしたら家族と関係があるのかもしれないですよね。

紬から「声が好き」と言われたから?とも想像していたんですけど

今回それを想が紬へ伝えようとしてたんですが、伝えていませんでした。

ここから考えると、紬が理由ではなさそうなんですよね。

そうすると・・このあと、第8話、第9話の家族との話の中で理由が明らかにされるのかもしれないなと思いました。

声だってめったに出さなくなっちゃって、と想の母・律子が言っていたので、

やっぱり家族と関わりがあるのかもしれません。

 

ーーーー

ということで、

最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

動画の感想や、ご自身の考察、

ドラマ自体の感想などどんなことでも大丈夫です。

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼