ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 想が過去に録音した音声データ!「聞かせたいこと」を解明!第8話の次回予告

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第8話の次回予告で想が紬へ伝えていた「聞かせたいこと」についてお話しします。

この動画をみていただくと、第8話のストーリーについての考察を深めていただくことができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回お話しする内容は、証拠になるようなものはほとんどないので

僕のストーリー予想のような話になりますが、よろしければお付き合いいただけると嬉しいです。

サイレントの次回予告では、毎回必ず、視聴者が気になるポイントが入っているのですが、

第8話の次回予告でみんなが最も気になったのはこのシーンではないでしょうか。

想が紬へ手話で伝えていました。

「もう少しだけ待ってて」

「聞かせたいことあるから」

 

このシーンですが、第7話のラストのシーンと見比べると

想と紬の服装が全く同じで、しかも、

第7話と同じ紬の家で、同じソファーに座った状態のため、

これは第7話のラストシーンからの続きのシーンだと思われます。

第7話のラストは、声で話そうとした想に対して

紬が話さなくていい、声以外も好きだからと声で伝えたら、

想が紬を抱き寄せた・・という感じでした。

このシーンで僕が気になっていたのは、光が帰ってくるんじゃないか、ということです。

一緒に住んでるはずなので、今紬と想が2人きりなのはたまたまで、本来は光がいるんじゃないかと思います。

ですがこの時には光がいなくて抱き合っている状態だったので・・

もしかしたら、このあと光が帰ってきてしまうのかもしれないですね。

想と紬の2人はビックリして離れる。

光は想と紬の様子をみて、状況を察知して、もし帰ってきてもすぐにまた出ていってしまうんじゃないでしょうか。

想と紬の2人は、ちょっと落ち着いてもう一度話をして

その時にした会話の一部が

「もう少しだけ待ってて」

「聞かせたいことあるから」

ではないかと思います。

 

多くの人が気づかれていると思いますが、

想が言った「もう少しだけ待ってて」という言葉は

このドラマ「サイレント」の主題歌、official髭男dismの曲「サブタイトル」の歌詞に

同じ言葉があるんですよね。

想像ではありますが、これは脚本を書かれている生方美久さんが

「サブタイトル」の歌詞に合わせてセリフを作ったんじゃないかと想像しますね。

サブタイトルの歌詞は登場人物のいろんな人にあてはまると感じるんですが

脚本の方から寄せているところもあるとなると、この感覚が間違いないんじゃないかと思いますよね。

 

さて、ここから、想が言っていることを詳しく考えてみたいと思います。

まず、「もう少しだけ待ってて」ですが

これはまだ準備ができていないことを表していると思います。

もし、何かを想が声で話すこと、なんだとしたら、

この場で一旦、紬へ声で話そうとしていたので、おそらく、単純に「想が声で話すこと」ではないと思います。

自分の準備がまだ整っていない何かがあるのか

それとも、他の人がやることや、何かの出来事を待つ必要があるのか

いろんなパターンが考えられますよね。

 

そして「聞かせたいことあるから」

ですがこれも色々考えられます。

普通に考えたら、紬へ聞かせたいことがある、という意味ですが

これまでもサイレントの次回予告は、映像から受ける印象そのままではないことが何度かありました。

そういう見方をすると

もしかしたら、誰かに聞かせたいことがあるから

例えば、想の母・律子や、紬の母へ「聞かせたいことがあるから」という言葉なのかもしれません。

 

想はまだ、律子へ紬の話はできていないようです。

ですが、律子から「次はいつかえってくるの?」という連絡がきているところをみると

おそらく律子へは紬の話が伝わってしまっているものと思われます。

これは・・萌の仕業ではないですかね。

それを萌本人から聞いた想が、萌に対して「まだ律子へは言ってほしくなかった。心配されるのが嫌だから」と言っているように思いました。

 

想が紬へ「もう少しだけ待ってて」と言っていたことですが

もう少しだけ待ったあとに、何があるんでしょうか?

これは・・正式に交際すること、なんですかね。

紬が想へ、ちゃんと「好きです。付き合ってください。」と言おうとしたら、「もう少しだけ待ってて」と言ったのかもしれません。

正式に交際するのをもう少しだけ待ってて、なのか

ちゃんと告白するまでもう少しだけ待っててなのか。

では、何を待てばいいのかというと・・

律子へちゃんと話をするまで待ってほしい、という意味なのかもしれません。

律子に許可を得る必要は本来ないはずですが

律子が必要以上に心配することを知っているし、またもう一つ思うのは

今後のことを考えたら、家族にちゃんと話しておいた方が良いと思ったからかもしれません。

もし結婚という話になったりしたら、やっぱり話さなければならないですしね。

今はまだ想は、律子へ話す準備ができていないから

もう少し待って、律子へ話しをしたい

という意味で「聞かせたいことがある」と言ったのかもしれないなと思いました。

 

もしかしたらそこには、律子へ話したいというだけでなく

紬の親、母にも話したいという気持ちもあるのかもしれません。

予告に少し映った紬の母親ですが、青羽和泉という名前で

森口瑤子さんが演じられるそうです。

この森口瑤子さんですが、なんと驚くことに、脚本家・坂元裕二さんと結婚されているそうです。

サイレントの脚本家・生方美久さんは坂元裕二さんを尊敬されていると聞きますし

サイレントの登場人物の描き方やセリフが坂元裕二さん脚本の作品に似ていると言われています。

こんなところでサイレントと坂元裕二さんにつながりができるのは、驚きですね。

 

・・と、ここまでは考察っぽい話をしてきたのですが

ここからは完全に妄想の話しをさせていただきたいと思います。

考えすぎ!と言っていただいていいので、お聞きいただけると嬉しいです。

僕がずっと気になっているシーンがあって、それがこちらです。

これは第1話で、想が紬へ告白したシーンですね。

好き、付き合って

と言ったところなんですが

このときに、紬が言ったことがずっとひっかかってるんですよね。

あ、チョット待って。録音。録音するから。

この発言がかなりひっかかってます。

このシーンをみたときから、「紬は今、想から告白されるとは思ってなかったはずなのに、急な対応でなぜ「録音」と言ったんだろうか」と思ってました。

このときから、この「録音」という話は伏線なんじゃないか、と思っていたんですが・・どうでしょうか。

急に録音しよう!って思い立たない気もしますし、

告白される音声を録音することって、一般的なことではないですよね。

なのに、ここであえて「録音」という言葉を使ったのは、「録音」に何か意味があるからではないか?と思いました。

 

ちょっと毛色が違う話ではあるのですが

第2話で落ち込む紬に飲み物を買ってきた湊斗は

コーヒーとココアどっちがいい?と紬に聞いたところ、コンポタと言われるんですよね。

でも、そこで湊斗はなぜかコンポタまで用意していました。

このシーン、ここだけ見た時はかなり違和感があったんですよね(笑)

湊斗はあまりに用意が良すぎるんですよね。

なぜ紬がコンポタと言うのがわかったのか不明でした。

これがお茶とかなら違和感ないんですけどね。

コンポタを買ってくるのはあまりに不自然。

このシーンだけをみていたときは湊斗のカバンには自動販売機の飲み物が全種類入ってんのか??というぐらいに疑問でした。

・・・と思っていたら、

のちのちに、コンポタには強い思い入れがあるものだということがわかるんですよね。

ファミレスのドリンクバーにはないコンポタを用意してくれと紬が湊斗へ言ったこともありました。

湊斗が紬のためにコンポタを買ってきたのは必然だったんですよね。

でも、第2話でみたときは誰にもそれはわかりませんでした。

ということなので、あえて違和感ある形で登場させたものを、あとから説明する、あとの話につながる

ということがサイレントではよく行われているように思います。

 

そこから僕が想像することなんですが

もしかしたら、想は何らかの録音データを持っているんじゃないか、と思いました。

その内容も完全な想像になりますが

高校を卒業して紬へ別れを告げたあと、だんだん耳の聞こえがよくない状態になっていく中で

でも、本当は今でも紬のことを想っている

というような内容を録音した

ということがあったんじゃないかと想像しました。

自分の声もだんだん聞こえなくなっていく中で、本当は声で紬への思いを伝えたい。

いつ伝えられるかわからないから録音しておく。

これは想が、紬のことをずっと想っていたという証拠になるようなもののため

想は紬へ聞かせたいと思ったのかもしれません。

これが、想が紬に「聞かせたいこと」なのかなと想像しました。

想は紬へ丁寧に自分の思いを伝えたいので、

この録音データも聞いてもらって、今の自分の気持ちも伝えたい

と思ったんじゃないでしょうか。

でも、録音はしたものの、結局その後、もう紬や湊斗たちとは会わないつもりで生きていくことに決めた想は、その録音データが入った端末を実家へ置いたままにしていたんじゃないでしょうか。

実家から遠ざかっている想の手元には録音データがない。

だから、その録音データを実家に取りに行くまで、もう少しだけ待ってて、という事かもしれないなと思いました。

実家に帰るということは、律子と紬の話もしなければならないので、それも含めてもう少し時間が必要なのかもしれません。

ただ、想は萌に対して、「部屋にあるものは自由にしていい」と言っていたらしいですよね。

萌が想の部屋から本を借りようとしていたときに萌が言っていました。

そうすると、その想の部屋に大事な録音データが置いてあるというのはちょっと話が合わなくなってしまうんですが・・

すみません、録音データがある、というのは完全な妄想ですので😅

そんな可能性もあるかもなと思っていただいても、絶対にないよ、と思っていただいても大丈夫です。

ただ、ぼくは、この「サイレント」では、あえて違和感を感じるような言葉をさらっと伏線のように入れて、それをあとから回収していく、そしてその回収のされ方が絶妙だなと思っています。

僕が考えた「録音データがあった」では、絶妙とは言えないと思いますので・・

僕の妄想ということでよろしくおねがいします。

 

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

動画の感想や、ご自身の考察、

ドラマ自体の感想などどんなことでも大丈夫です。

 

このチャンネルでは、チャンネル登録していただいた方に、今回の動画内容に関するアンケートを実施しています。

他の方がどんな風に考えているかアンケート結果を見ていただくこともできますので

ぜひチャンネル登録をよろしくおねがいします。

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼