ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 律子が隠していること!想の父は手話うまくない!第8話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、想の母・律子が隠していることと、佐倉家の秘密についてお話しします。

この動画をみていただくと、想の母・律子についての考察を深めていただくことができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

想の母・律子については登場した時から何かを隠している雰囲気がある

ということで、みんな色々想像していました。

耳が聞こえづらくなっているという想を連れて病院へ行ったシーン

第2話ですが

医者から「ご親族に難聴の方って・・遺伝性の病気の可能性もあるので」と言われたときに

「いないです。ないです。聞いたことないです。」

と、なぜか即座に、しかも不必要なほど強く否定していたということがあって

律子自身に何か隠したいことがあるんじゃないか、という想像がありました。

そこから、もしかしたらですが

3人兄弟で想だけ父親が違う、律子が不倫したことによって産まれたのが想だったのではないか、という予想をされる方が増えました。

ぼくも一時はその可能性も考えていました。

 

そしてもう一つは

家族で食事しているシーン

妹の萌が「お兄ちゃん」と呼びかけるんですが、想が反応せず

姉の華が「なんで萌、無視されてんの?」と聞いたシーンです。

ここは想の耳の様子がおかしいことが家族の前で初めて現れたシーンだったんですが

このとき、律子はすでに想の様子がおかしいことに気付いているようでした。

このシーンまでは想の耳がよくないことを律子に話す、律子が気づくようなシーンがなかったのに、いきなり律子が想の様子がおかしいことに気付いていたようだったので

もしかしたら律子は以前から想の耳がよくないこと、もしくは病気の可能性があることを知っていたのではないか

という想像がされました。

そこからみんなで考えていたのは、やはり想の父親が違う説で

律子が実は再婚で、想が連れ子、もしくは想と姉の華が連れ子だった

という話でした。

律子は何の前触れもなく、想の耳のことに気付いている様子だったことや

医者への返答の仕方がおかしいことから

律子が何かを隠している、ということを考察したりしていたのですが・・

 

先日公開された、第2話の未公開シーンの映像をみて

やはり、律子は何も隠していないのではないか、と思いました。

律子には秘密はない、ということです。

未公開シーンが公開されたことで、律子に対する疑惑が晴れたように感じていますのでそれをお話ししていきたいと思います。

このシーン、第2話に入るはずだった未公開シーンを考えてみたいのですが

このシーンは

自分の部屋でイヤホンをつけて音楽を聞いている想に対し、

急に横にきた律子が「想!」と呼びかけているところでした。

想は「勝手に入んないでよ」と言ったのですが

律子は「ちゃんとノックしたよ〜」と言い、

「ていうか、あんまり大きい音で聞くのやめなよ」

と言いながらイヤホンを自分の耳にあて、「ほら〜」「耳わるくなるよ」と想に言います。

「ご飯できてるからね〜」と言って、去っていく律子へ「うん」と想が言ったところでこのシーンは終わっていました。

 

このシーンですが、想は机に向かってイヤホンを耳につけているんですけど

想はイヤホンを何度もつけなおし、耳に押し当てるような動きをしてるんですよね。

おそらく聞こえづらくなっていたんだと思います。

そこに律子がやってきたのですが、このシーンで注目したのは、律子が想の耳のことをとくに心配している様子がない、ということです。

想が「勝手に入んないでよ」というんですが、軽い感じで「ちゃんとノックしたよ〜」というんですよね。

もし、想は遺伝的に耳が悪くなる可能性がある、とわかっているんだとしたら

この時点でもう、想の耳がおかしい可能性があると律子が気付いてもおかしくないのですが

この時、律子は気付いていない様子でした。

ということなので、

例えば想の父親が別の人で、その人からの遺伝で耳がわるくなる可能性がある、といったことはないんじゃないか、と想像できます。

このシーンが、放送ではカットされていたので、放送されたところだけをみると、律子は、初めから想には遺伝的な病気になる可能性があると知っているようにみえたんですよね。

 

そして、あとのシーンで、律子がやっぱり想の耳の様子がおかしいことに気づくことになる、その前触れになっているのがこちらのシーンですね。

「ていうか、あんまり大きい音で聞くのやめなよ」

と言い、イヤホンを自分の耳にあてて「ほら〜」「耳わるくなるよ」と言ったところです。

これも、もし、想は耳がわるくなるかもしれない人だ、と思っていたのなら、この時点で「病院へ行こう」という話になっていたと思います。

こんな軽い感じで言えないと思うんですよね。

「大きい音で聞くのやめなよ」ではなく、「大きい音じゃないと聞こえないの?」と聞くことになると思います。

そうなっていないんですよね。

でも、ここで

想は、ノックの音に気付いていない様子だった

ということと

イヤホンで聞いている音楽の音量が激しく大きかったこと

これを律子は知ったので、

もしかしたら想は耳の調子がよくないのかもしれない、ということは律子は感じていたのかもしれません。

 

その上で、だったので、

家族での食事のところで想は萌の声が聞こえない、ということが起こり、

想は耳がよくない、という確信に変わったのだと思います。

 

ということで、こうやって考えてくると、

律子は、隠したい何かがある・・不倫していたとか、

想の父親が違う人で実は再婚だった

ということではなく

ただ、単純に想の耳を心配していただけだった、というように思います。

今回、未公開シーンを見せてもらったことで、これが明らかになったように思いますが、いかがでしょうか。

もしかしたら律子は、自分の秘密を隠したいがために、想の行動を制限したり、

想がいろんな人と交流することをさせないようにしているんじゃないか

という事も言われたりしていましたが

おそらくそんなことはなく

きっと律子としては、それが想にとっては幸せだと思って行動している、想を守ろうとしてやっていることなんだろうと想像できますよね。

そして、もう一つ、

律子にとって、想の耳が聞こえなくなってしまったことは

「思いもよらないことだった」ので、簡単には受け入れられないことなのかもしれません。

きっと律子にとって想は自慢の息子だったと思うんですよね。

「助手席に載せたいんだもん」と言ってたりしてましたし。

そんな想がそのような病気を背負うことになってしまった。

律子は病気になったのは想を産んだ自分のせいだったのではないかという気持ちも感じたりする。

どうして病気になってしまったんだ、ということを考え出すと自分が壊れそうに感じてしまう律子は、現状をちゃんと受け入れて行動をせずに

ただ起こっていることに対する対処だけを考えて行動してきてしまっているのかもしれません。

 

そういえば、律子が手話を使うシーンは出てきていないんですよね。

というか、現代のシーンで想と律子が会話するシーンが一度もないと思うので

想と会わないから手話を使わない、ということも考えられるんですが

妹の萌と父親は手話を使うシーンがありましたよね。

 

サイレントのTVer独占・オリジナルドキュメンタリー

第2章“silent”の言語~手話~

で、萌の役を演じている桜田ひよりさんが言われていました。

「家族の中で一番初めに手話を覚えたのが萌ちゃん」

とのことでした。

これは、サイレントの公式WEBサイトにも記載されています。

 

一部で、実はお父さんはもともと手話ができる人だったのではないかといった考察をされている人もいらっしゃるようですが

それは明確に否定されています。

佐倉家の中で一番初めに手話を覚えたのは萌だった、そして、家族の中で萌が一番手話ができる、と公式WEBサイトにも書かれていますので

お父さんがもともと手話講師だった、というようなことはないですし、

律子ももともと手話ができる人ではなかったようです。

律子が想の病気を受け入れられず、前向きな対応ができないこととは違い、

萌は想の病気を早くに受け入れて、どうするのが良いかと考えて、

家族や、なんなら想よりも先に手話を覚えはじめたそうです。

萌は律子とは対照的なんですよね。

そう考えると、未だに現状を受け入れられない律子は

もしかしたら手話をまだちゃんと使えないのかもしれません。

まあ、手話が全くわからないということはないんじゃないかと思いますが

積極的に覚えようとはしていないのかもしれないですね。

お父さんについては、以前萌が想の部屋からCDを運んだときの反応のように、

「こうした方が良い」と考えることをやっていそうなので

お父さんは、萌が手話を覚えたのに影響されて、手話を勉強して

萌と内緒話ができる程度には手話が使えるようになったのだと思います。

自分の声で話すことに積極的でない想にとっては、手話は「第一言語」だと思います。

その第一言語を律子が使おうとしてくれないのだとしたら、想は律子との間に壁を感じますよね。

律子は何かを隠しているわけでも、秘密があるわけでもなく

想に対する想いが強すぎて現状が受け入れられない状態・・という風にぼくは考えましたが、いかがでしょうか。

ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです。

 

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

未公開シーンは、どれもカットするのが惜しいと思うようなシーンばっかりで

そしてこれを無料で公開してくれたことがすごくありがたいなとおもいました。

本来ならBlu-ray Discの特典映像とかですもんね。

 

第2章のドキュメンタリーでは奈々を演じている女優・夏帆さんがインタビューに答えられてて

本編では夏帆さんの声を聞くことがないので

夏帆さんの声が聴けた!というだけでもすごく嬉しい気持ちになりました。

夏帆さんの手話がすごいな〜と思ってみていたので、もしかして過去にも手話での演技経験があるんじゃないか?と思っていたんですが

手話での芝居は今回が初めてと明かされていました。

やっぱりすごいですね・・

 

あと、夏帆さんが

今回は台本が撮影前にできあがっていたわけではなかった

とおっしゃっていました。

ですので、放送しながら脚本が作られていったものと思います。

そうすると、やっぱり

視聴者の反応をみて変えたところや、主題歌の歌詞にあとから合わせたところがあったのかもしれないですよね。

 

あと、サイレントのトークイベントが開催されたそうなんですが、そこで気になった話をいくつか。

 

まず、真子役の藤間爽子さんがキャスティングされた理由について村瀬プロデューサーは

「もともと藤間爽子さんのことは知っていたが、「マイファミリー」をみて印象にのこったからオファーした」とのことでした。

二宮和也さん主演のドラマ「マイファミリー」に藤間爽子さんは重要な役で出演されていましたよね。

あと、キャスティングしたあとに、藤間爽子さんと川口春奈さんが本当に高校の同級生だったこと知った、とのことでした。

これは面白いですよね。

たまたま、本当の同級生を同級生役でキャスティングしてたんですよね。

 

もうひとつ、

真子と湊斗がくっつくという噂について、真子役の藤間爽子さんと湊斗役の鈴鹿央士さんが答えられていました。

「真子ちゃん的には、親友の元彼というのはどうなのか……そこはより複雑になりそう」と複雑な表情を見せた藤間。鈴鹿も「皆さんどう思います? ここがくっつくのってありだと思いますか?」と会場に尋ねると、期待をこめた拍手がわき起こった。

 

真子と湊斗・・のカップルはありえますかね??注目してみたいと思います。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com


 

このブログへメール 削除依頼