ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 第8話の次回予告!想の手話と字幕の意味が違う可能性がある!

 

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第8話の次回予告の映像で気になった点についてお話しします。

この動画をみていただくと、サイレントの次回予告に隠された真実を知っていただくことができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回の話を始めるにあたって、まず思い出してほしいことがあるんです。

それがこのシーンです。

これは前回、サイレント第7話の次回予告の映像なのですが

次回予告の中で奈々は、「振らなくていいよ」と手話でやったあと

想の顔が写って、「好きなふりしてた」と字幕が表示されました。

この次回予告をみたときは、みんな、

奈々が、想のことを好きなふりしてただけだから

振らなくていいよ

と言ったと思ったと思います。

ですが・・実際に放送された第7話では違っていたんですよ。

「好きなふりしてた」というのは、想から借りた本のことだったんですよね。

想が好きと言っている本だから奈々はその本を好きなふりしてた。

だけど、本当は興味なかった、という意味でした。

「振らなくていいよ」は予告で感じていたとおり、

奈々が想に対して、自分を振らなくていい、振った方は悪者みたいになるから

という意味でした。

本のことを「好きなふりしてた」というのは、想のことを「好きなふりしてた」というのとほぼ同じ意味に取ることはできるんですが

でも、次回予告を見た時に思っていた会話の流れと実際の放送は違っていたんですよね。

これは一般的なドラマでよくある手法だとは思います。

それによって、ドラマによっては「予告詐欺だ」と言われてしまうこともあるんですが

サイレントの場合、詐欺だとは思いません。

大きくみると同じ方向へ話が進んでいますしね。

想の本を、想が好きだから「好きなフリしてた」というのは、想のことを好きだという告白と同じですもんね。

そして、予告をしっかりみていた人間からすると、思ってたのと違うことで

ちょっとした驚きがありますよね。

放送をみたときに「そういう意味だったのか!」という気づきがあります。

だから、サイレントについては、次回予告も毎回しっかり確認したい、と思えるんですよね。

話を戻して、第7話の次回予告の「好きなフリしてた」のように

予告で感じている内容と実際の放送が違う場合がある、ということをまず前提においてこのあとの話を聞いていただけると嬉しいです。

 

そして、第8話の次回予告の映像をみてみます。

紬と想が一緒にいるシーンです。

このシーンについては以前の動画でもお話ししましたが

これは第7話の最後、紬と想が、紬の家で抱き合っていたシーンの続きだと思います。

2人とも着ている服が一緒です。

ここで想は紬へ「もう少しだけ待ってて」と伝えているようです。

この時の想の手話ですが、右手の4つの指をすべて曲げて、あごの下に持っていってますよね。

これはおそらく「待つ」という意味の手話だと思いますので

ここは間違いなく「もう少しだけ待ってて」と紬へ伝えて居るシーンだと思います。

 

そして、次のシーンが僕はすごく気になってました。

「聞かせたいことあるから」

この「聞かせたいこと」が何なのか・・みんな気になっていると思います。

ぼくは以前の動画で、「想が過去に録音した音声があるんじゃないか」と考察していますので、もしご覧になっていない方は、動画の概要欄に記載している「サイレント」再生リストから「聞かせたいこと解明」とサムネイルに書かれた動画をぜひ見てみてください。

今回はそれとは全く違う話しをさせていただきたいと思います。

「聞かせたいことあるから」

なんですが、この次回予告を初めてみたときからかなり気になっていました。

このシーン・・実は、「聞かせたいことがある」って想が言っているところじゃないんじゃないか・・?

想が伝えたいことと字幕で表示されていることが違うんじゃないか?となんとなくの直感でかんじていました。

すみません、僕は手話のことは理解できていないので、

これから話すことはあくまで想像です。

想像で話しているということを前提にお聞きいただければと思います。

ここでの想の手話ですが

右手の手のひらを顔の横あたりから前に押し出すように動かしているんですよね

そのあと、紬の方を指差します。

この手話の意味を考えてみたんですが

この

右手の手のひらを顔の横あたりから前に押し出す

動作は、「未来」や「将来」を表す動きではないかと思いました。

手のひらを後ろに動かすのは過去を表すんですよね。

それで、前に押し出すのはおそらく未来を表す表現だと思います。

そして、そのあと、紬の方を指差しているので

ここで想が伝えていることは

「紬の未来」や「紬との将来」のような意味かと思いました。

でも、よく見て下さい。

字幕は「聞かせたいことあるから」となっています。

このシーン、続けて字幕だけを読んでいくと

「もう少しだけ待ってて、聞かせたいことあるから」となり

紬に対して想は何かを聞かせたい

聞かせるまでもう少し待っててね

という意味になると思うんですが

手話表現の方で考えると

「待ってて」と「紬との将来」という意味のように思えます。

すみません、手話を理解しきれていない素人の僕がいうことなので話し半分で聞いていただければとは思いますが

なんとなく、字幕で表示されていることと、手話で表現されていることが違うように感じました。

でも、「聞かせたいことあるから」も字幕で画面表示されているので予告には映っていない映像で手話で表現されると思います。

 

とすると、ここでは

「待ってて」「紬との将来」「聞かせたいことあるから」

ということを言っていると思われるので

ここで想が紬へ伝えているのは

紬との将来のためにやりたいことがあるから待ってて

ということで、

その、紬との将来のために今やりたいこと、が「聞かせたいこと」なんじゃないかと思いました。

紬との将来の話・・・と考えると、

それは紬に対して何かを聞かせたいのではなく、

その聞かせたいことがある相手は、

想の母/律子なのではないかと思いました。

 

想は紬との将来を考えるのであれば、真剣に、丁寧に関係を築いていきたいと考えていると思います。

そうだとすると、ちゃんと周りから祝福されたいし、大事な人に紹介したい。

また、もっと先を考えて、いずれ結婚するということまで考えるなら、

親にも理解してもらうことが重要ですよね。

だから、想は

紬との将来をちゃんと考えたい

だから親にもきちんと話したい

まだ自分から話ができていないので、もう少しだけ待ってて

母親に聞かせたいことがあるから

 

想は、自分と紬のため、親にちゃんと話をしたいと思っていると思いますが

おそらくそれだけではなくて、

母・律子のためにちゃんと話したい、という思いもあると思います。

想のことを心配し続けている律子を安心させたい、という思いもあるんでしょう。

ただ、高校時代の同級生と関わることすら反対していた律子なので

紬との付き合いに関してはおそらく反対されることが考えられる。

どんな風に、どんなことを話せば良いのか、ということを想は考えているんだと思います。

それがちゃんとできるまで「待ってて」なのかなと思いました。

そして、それを聞いた紬も、自分の母親へ早く伝えた方が良いと思い、

紬は実家に帰り、母親へ想のことを話すのではないでしょうか。

紬は、想から「将来のことを考えたい」と言われ、自分も行動することにしたのだと思います。

紬の母親がどういう反応をするかはわかりませんが・・

想の母・律子については、「聞こえる人」と触れ合うこと自体を避けてほしいと思っているようでしたので、すぐに受け入れてくれることはないと思われるんですよね・・

これを想と紬の2人がどうやって乗り越えていくのか

これが最終回に向けた注目ポイントになりそうですね。

 

今回は、このシーンの想の手話表現が

「聞かせたいことあるから」ではなく「未来、将来」を表していると思われることから考えて、

紬との未来、将来を考えるために

「聞かせたい」相手というのは母・律子のことで

そして「待ってて」ほしいのは律子に理解してもらうこと

だと考察しました。

もしかしたらぼくの大きな勘違いかもしれないのですが、いかがでしたでしょうか。

どう思ったか、感想を聞かせていただけると嬉しいです。

 

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

動画の感想や、ご自身の考察、

ドラマ自体の感想などどんなことでも大丈夫です。

 

このチャンネルでは、チャンネル登録していただいた方に、今回の動画内容に関するアンケートを実施しています。

他の方がどんな風に考えているかアンケート結果を見ていただくこともできますので

ぜひチャンネル登録をよろしくおねがいします。

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼