ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最終回で紬と湊斗が復縁する理由!想は奈々と結ばれる! 最終話 第8話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、紬が最終回で湊斗と復縁する可能性についてお話しします。

この動画をみていただくと、紬と湊斗の関係がもっと理解できるようになります。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

「紬と湊斗が復縁する理由」っていう衝撃的なタイトルをつけてしまったんですが

実際には僕は、紬と想が結ばれてほしいと思っていますし、最終回で紬と湊斗が結ばれる可能性は低いと思っています。

第6話・第7話をみると、第7話では湊斗は、紬と電話するシーンにしか登場せず、紬と想のことが描かれていたと思いますし、

第6話をみても、湊斗は紬と別れたことから切り替えて前を向こうとしている様が描かれているように思いました。

ですので、ここから湊斗と紬が復縁するというのは考えにくいんですが

ただ、ここまでの内容をみていて湊斗と紬の関係でどうしても気になるところあります。

その点についてお話ししていきたいと思います。

もしかしたら今回お話しするようなところが伏線になっていて、最終回で紬が湊斗を選ぶ、という可能性もありえるかもしれないですが

でも、基本的にはぼくは、想と紬が結ばれると思っている、ということは前提に聞いていただければ幸いです。

僕がこうなってほしい、と思っているという話ではないです。

ありえる可能性として考えるための材料を提供させていただくつもりで話しますので、その上で、紬や想、湊斗がどうなると思うか、ぜひコメント欄で教えてくださいね。

 

第7話で紬がスピッツのCDをみているシーンがありました。

このCDをみているシーンはいろんな考察ができそうなんですが、1つの可能性の話として聞いてください。

ここで見ているのはスピッツのアルバム「見っけ」というCDで、2019年発売です。

3年前なんですよね。

想の耳が完全に聞こえなくなった頃か・・このCDを想は聴けてないんだな・・と紬が思った可能性があるのと同時に

3年前というと、湊斗と付き合い始めた頃なんですよね。

この頃から湊斗と付き合い始めたんだな・・

そしてこのCDに入っている曲がちょっと気になるんですよね。

まず、「花と虫」というタイトルの曲です。

考えすぎかもしれないですが、想の名前は佐倉想で、植物のサクラソウと同じなんですよね。

だから花は想のこと。

そして虫の方は、てんとう虫ですかね、何度か登場していますよね。

あのてんとう虫はもともと湊斗のもとから飛んでいったものでした。

そう考えると、花と虫って実は想と湊斗のことを表しているんじゃないか?という気がしました。

あと、「見っけ」に入っている曲で気になるのは「優しいあの子」と「ありがとさん」という曲で、

まず「優しいあの子」についてはタイトルが湊斗のことを表していそうだと思うのと

この「優しいあの子」と「ありがとさん」の歌詞が紬から湊斗へのメッセージとも取れる内容だなと思いました。

この歌詞はここではご紹介しないんですが、もし気になった方はぜひ調べてみてくださいね。

 

続いて気になるシーンはこちらです。

第7話、紬の家のシーンで、紬が想に「しゃべらなくていいよ」というところですが

この時の「声好きだったけど」「それはホントだけど」という言い回しが

 

湊斗の言い回しに似てるんですよね。

こちらはフットサル場のロッカールームで湊斗が想へ気持ちを伝えるシーンですが

「想は違うからいいんだけど」「大丈夫なんだけど」と言ってました。

 

このシーンの紬をみていて思ったのは、それ以外のところもなんだか湊斗がしゃべるような言葉遣いだなということでした。

まるで湊斗がしゃべっているような感じ。

もしかしたら紬は、想から声でしゃべってもらったと言っていた湊斗のことをあえて真似たのかもしれないとも思ったのですが

3年も付き合っていたら紬は確実に湊斗から影響を受けていると思われ、湊斗の話し方に似てしまってきたのかなと感じました。

紬と湊斗のつながりの強さを感じるんですよね。

 

そして、このシーン。

これは真子と紬が一緒にいるとき、湊斗から真子へ電話がかかってきて

その電話で紬と湊斗が話すシーンです。

ここで僕が一番気になったのは、呼び方ですね・・

湊斗の方は、紬から想の声を聞いたことがあるかという質問をされたとき

「青羽のアパートで2人で話したとき」というふうに、「青羽」と呼んでいるんですが

紬の方はというと・・「湊斗と話すときってさ・・」という風に、

完全に「みなと」と呼んでるんですよね。

湊斗は紬との関係をハッキリさせるために「青羽」と呼んでいるんだと思いますが、

紬にとっては湊斗は別れたとしても親しい人、ということで「みなと」という呼び方なんだと思います。

あまりに自然なんでビックリしました。

一度は「戸川くん」という呼び方にしていたんですよね。

あの、湊斗と紬が、電話で別れ話をした時は、最後、紬は「戸川くん」と言ってました。

湊斗のことは「無意識に名前出ちゃう」と紬は言われていたので、それだけ強く紬の心に残っている人なんだなと感じますよね。

あと、この電話のシーンで真子が「結婚するんだ!?」と言ったときの紬の驚きの表情も気になりましたよね。

まあ、ついこの間まで付き合っていた人が急に結婚すると聞いたら誰でもビックリしてしまうとは思うんですけど、紬にとって湊斗は少なくとも「どうでもいい人」ではないんだなと思いました。

違うと聞いて、ちょっとホッとした感じでしたよね。

 

紬の気持ちも気になっています。

奈々を訪ねてカフェへ行ったときに、紬が奈々へ手話で伝えたことですが

この8年間

会いたいとかより、ただ元気かだけを心配していた

これがもし本心だとしたら、

湊斗と付き合っていた時はやっぱり湊斗のことが好きだったんだと思うんですよね。

想から「別れよう」と連絡がきたとき、紬が実家や大学を訪ねたりしたのかどうかはわからないのですが、もしあきらめていたのだとしたら

会いたいとかより、ただ元気かだけを心配していた

ということが本心だったんじゃないかと思います。

あんな形で別れを言ってくるなんて普通じゃないから心配だな・・とは思いながらも

もし追いかけていなかったのならあきらめていたのかもしれません。

湊斗と付き合いながらずっと想のことを想い続けていた・・ということではなかったんじゃないか、とも思うんですがいかがでしょうか。

ちなみに、紬からは想に対して、ちゃんとした形で「好きだよ」ということは伝えていないと思います。

第7話の紬の家のシーンで

「しゃべんなくても好きだから、大丈夫」と言って、好きとかいっちゃったけど、手話してないからセーフ、とごまかしていました。

このあと、想が紬を抱きしめるので、紬の気持ちは伝わったのかなとも思うのですが

でも言葉としては伝えていないんですよね。

そしてここで紬が言っている好きは「恋人としての好き」なのか「友達としての好き」なのかの判断が難しいなと思いました。

言葉でちゃんと伝えてない以上は、紬の本心がわからないなと僕は感じてしまいましたね・・

 

第7話は最後のシーンで、紬と想が抱き合うことになり

言葉を超えて気持ちが伝わる、ということが表されていたように思ったのですが

それを表現するためか、前半の方はとくに、紬と想の「わかりあえない」表現がとても多かったように思います。

「わかりあえないこと」を乗り越えられる関係性を、最後に抱き合うシーンで示していたようにも思うのですが

前半の方だけをみると、かなりわかりあえないところがある、ということの強調でもあるように思いました。

ここは、追いかけてきた想と紬が話すシーンなんですが、

奈々が泣いていたことを私のせいかもしれなくて・・説明しようとするんですがうまく表現できず、紬はなんていえばいいんだろ・・となっていました。

そして、想から「ろう者、聴者、中途失聴者、みんな違うからわかりあえないって言われた」と手話で伝えられるんですが、おそらくこれも紬は理解できていない。

という風に、今の時点では、わかってないことがとても多いんですよね。

 

ファミレスで想が会社の愚痴を言ったときも紬はわからず、

そして、会社の人から聞かれて想がつらいと思った「なんで声で話さないの?」というのと同じ質問を紬も想にしてしまうんですよね。

あまりにもタイミングが悪かったですし

また、ここでは食器が割れる音に紬は驚いていましたが想は何も気づかない、というシーンもありました。

このことは想も思うところがあったように感じましたよね。

同じことを共有することができない、というような感覚ですかね・・

 

紬がCDを手に取るところも

このCDの音楽は、想と気持ちを共有できないんだ・・

と紬が感じているシーンのようにも感じます。

 

・・ということで、第7話では本当に

紬と想の2人が「わかりあえない」「共有できない」ことがたくさん描かれていて

心配になる感じでした。

最後には言葉がなくても伝わった感じで、抱き合っていたのですが

でも、もしこれからもまだ「わかりあえない」「共有できない」という部分が現れるようであれば、紬と想の2人が親しい間柄になるのが難しいのではないか?という気がしています。

まあ、今後はどんどんわかりあえるようになっていく可能性もあるので

問題なくなっていくかもしれないんですが、心配されますよね。。

 

そして、もう一つ。

想が奈々に対してどんな気持ちを持っていたか

についても考えてみたいと思います。

これも1つの見方でしかないので、これが絶対に正解とは僕も思っていないのですが

こういう見方もあるんだと思って聞いていただければと思います。

想が奈々へ話したことで印象的だったのは、夢の話ですね。

奈々がみていたのと同じような、想と奈々がデートしているような夢の話を想もしていました。

夢の中で想は奈々と電話したり、両手に荷物を抱えて声で話したり・・

と言っていたので、想にとって、そういう行動を一緒にしたい相手が奈々だった

ということかなと思いました。

想は紬と別れ、同級生とも関係を絶ち

さらに、周囲の人ともできるだけ関係しないように生きてきた人だったので

奈々に対しても深い関係にならないように自分にブレーキをかけていたんではないかと思います。

まあ、奈々の夢の中では想と奈々は手をつないでいたそうなので、両手に荷物を抱えて声で話していた、という想の夢とはちょっと温度差があるようにも思うんですけどね。

でも、2人とも両手に荷物を抱えるようなデートって楽しそうですよね(笑)

 

想が紬へ言った、奈々の話も気になります。

奈々と出会わなければ生きてこられなかった、とまで想は言ってるんですよね。

そして、「音がなくなって悲しいだけじゃなかったのは奈々がいてくれたおかげ」という風に想は奈々のことを言っていたようですが

これは奈々の説明をするときに、好きなところを話しているんですよね。

好きな人の話しをするときは、好きなところを話してしまう、ということだと思います。

想はやっぱり、奈々のことが好きだったんじゃないでしょうか。

今現在がどうかはわからないんですが、少なくともこれまでは、奈々のことが好きだったんだろうと僕は思いました。

 

・・というふうに、紬の湊斗への思い、紬と想がわかりあえない描写、想の奈々への想い、というのをみてきて、

もしかしたら最終回で紬が湊斗を選び、想が奈々を選ぶ可能性もあるのではないか?

と少し感じました。

この可能性が高いとは思わないのですが

もしかしたら・・ありえなくもないと思うんですよね。

どう思いますか?

ぜひコメント欄でご意見をお聞かせください。

 

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

未公開シーンに、想と奈々の映像がありましたよね。

想が奈々に対して「落ち着く」と表現していたところがありました。

ここで想は「落ち着く」といって、そして「気を使わなくていいから」と言っていました。

これってまさに、紬と湊斗の関係と一緒なんですよね。

落ち着く相手で、気を使わなくていい。

紬も湊斗に対して、ほぼ同じことを言っていたと思います。

落ち着くし、気を使わなくていい相手。

紬も想も、お互いに、落ち着くし、気を使わなくていいという相手を振って

紬と想が結ばれるのか、

それとも、やっぱり、落ち着くし、気を使わなくていい、という相手のところへ戻るのか・・

最後にもう一度言いますが、

ぼくは紬と想が結ばれてほしくないと思っているわけではありません(笑)

紬と想が結ばれることを多くの視聴者がのぞんでいると思いますし

ぼくもそれで幸せな気持ちになることができると思います。

ただ、紬と湊斗、想と奈々が結ばれる世界線もきっとあると思っているんですよね。

ちょっとしたボタンの掛け違いで、きっと別の世界線へ移動するんじゃないかなと。

このドラマではどちらの世界線をみることができるんだろう・・

そんな期待をもちながら最終話まで、サイレントの世界を追いかけていきたいと思います!

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼