ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 想は紬の告白をわからないフリをした!待ってもらう理由とは? 第8話 第9話

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、想が紬へ言った「聞かせたいこと」を考えたいと思います。

この動画をみていただくと、なぜ紬に「もう少しだけ待って」もらうことが必要なのかを理解することができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

少し第7話の内容を振り返りたいと思います。

第7話のラストで、昔、想が書いてみんなの前で読んだ作文が紬の家にあると言われて

想は紬の家にやってきていました。

作文を探しにソファから立ち上がった紬の腕を想がつかんだときは、これから何が起こるんだろう!?とちょっとドキドキしたんですが

これは想が意を決して起こした行動だったんですよね。

この時、紬から「しゃべらなくていいよ」と想へ伝えるんですよね。

そして、紬は自分の考えていることを声に出して想へ話します。

この時、想から両腕をつかまれたままだったので、手話ができなかったんですよね。

紬は「声好きだったけど、声以外も好きだから。無理にしゃべらなくていいよ。しゃべらなくても、好きだから」

そして、想は紬を抱き寄せていました。

ここは・・おそらく、言葉はなかったものの、紬の考えていることが想へ伝わったのかなと感じたシーンでした。

ぼくはこのシーンを初めてみたときは、

やっぱり言葉でちゃんと紬から想へ伝えていないから、2人の間はわかりあえているようで、でも実はわかりあえていないところもあるんじゃないか、と思っていました。

でも、このシーンにつながる第8話の冒頭のシーンをみて、やっぱりこのシーンでは、気持は伝わったのかなと思いました。

第8話では、さらに紬の「いたくて一緒にいるだけなのに」という気持ちがなかなか想に伝わらない、ということが描かれていましたよね。

何もかもわかり合えないのではなく、1つ1つわかりあえていく2人、が描かれているような気がしています。

そして、もう一つ

この、紬が手話を使えず、声だけで想へ伝えたシーンですが

ここでは想が紬の唇から言葉をある程度は理解していそうだなと思いました。

すべての言葉はわからなかったとしても

「しゃべんなくても好きだから、大丈夫」という紬の言葉の

「好きだから、大丈夫」ぐらいはわかっていそうな気がします。

これって・・紬からの告白ですよね。

 

思い返すと高校時代、帰り道で、紬が想を後ろから追いかけて

「好きです。付き合ってください」と、紬から告白していましたよね。

この時は想は「ん?何??」と言ったんですが

紬はそれでごまかして「何聴いてんの?って言ったの」と言っていました。

これ、本当は想は聞こえていたと思うんですよね。

イヤホン外すとき、紬を愛おしくみるような笑顔なんですよね。

だから、聞こえていたけど、聞こえないふりをしていたんだと思います。

そして、数メートル歩いたところで、今度は想の方から「好き、付き合って」と告白します。

想はきっと、告白は自分の方からしたいと思っていたんですよね。

だから、先に紬から告白されたのは聞こえないことにしたんだと思います。

そして紬の方は、自分と全く同じタイミングで告白されたので、めちゃめちゃ嬉しかったと思います。

想は紬のことも考えて、自分から告白したんですよねきっと。

 

そして、今です。

今も、これは実は、紬が告白してるんですよね。

「しゃべんなくても好きだから、大丈夫」

でも、手話してないからセーフ

ってことで、想には聞こえてない、言ってないことにできると紬は思った

ということでしたが

これも実は、想にはわかっていたと思います。

紬が「好きだから、大丈夫」と言ったのは、想は唇の動きでわかったんじゃないでしょうか。

だけど、想は高校時代と同じくわからないフリをしたんだと思います。

それはなぜかといえば・・

やっぱり、高校時代と同じく、「自分から」言いたいから、ですよね。

自分の気持ちとして自分から言いたいし、紬のためにも自分から言ってあげたい。

だからこのシーンは、高校時代の告白シーンの繰返しのようなシーンになっているんじゃないか、と思いました。

 

紬はきっと、「付き合う」「交際する」ことに関しては

ちゃんと想と意思の確認をしたいんだと思います。

湊斗とは、ぬるっと付き合い始めたと言っていて、ちょっと曖昧だったんですよね。

想とはちゃんと始めたいと思っていると思います。

実家に帰る前、「佐倉君とのこと、お母さんから反対されたらどうする?そういう人と付き合うのはちょっと」と光から言われた紬は「付き合ってないから」と言っていました。

紬は、ちゃんと想と言葉を交わして、お互いの意思を確認したいんだと思います。

だから今の時点では「付き合ってない」と言ってるんですよね。

付き合う、交際する、というような言葉は交わしていない。

 

でも、紬は母・和泉に想の話をするんですよね。

言い訳のように「会わせるかまだ全然わかんないんだけど」とは言っていたんですが

「会ってもらう前に伝えておかないとって思って」と紬から和泉へ話します。

これはもはや、紬本人はほぼ交際していると認めている発言だと思います。

また、もっと言うと、単に付き合っている人っていうだけであれば、実家から離れて暮らしている紬が母親へ自分の交際相手のことをいちいち報告するのはおかしく

やっぱり将来を考えての行動だと思うんですよね。

いずれは母親へ会わせることになると思う。

結婚を考える相手かもしれない。

そう思って、お母さんへ話をしているんじゃないでしょうか。

だから、紬の気持ちとしては

もうすでに交際している、というぐらいの気持ちだと思うんですが・・

まだ、想との間で、意思の確認ができていない、だから

「付き合ってない」と言っているんだと思います。

 

そして、想は紬の気持ちにおそらく気付いているはずですし

自分も同じ気持ちだと思うので

自分から紬へ気持ちを伝えたい。

だから、想の「聞かせたいこと」は、やっぱり、紬への愛の告白だと思います。

そして、交際してほしい、付き合ってほしい

ということではないでしょうか。

これを想は、紬が好きと言ってくれた、自分の声で紬へ伝えたいのだと思います。

ただ、想は自分の声が聞こえていないので、相手に届いていないんじゃないかという不安があり、自分で感じ取れないことが怖い。

だから、声で伝えるのと同時に、手話でも紬へ伝えるのではないでしょうか。

今の想にとっては第一言語が手話だと思います。

自分の言葉で伝えるには、手話で伝えることも必要なんじゃないか、と思いました。

 

あと、ちょっと気になってるんですが

想から紬へ「かわいいね」とか「きれいだね」という言葉があまり伝えられていない気がしてます。

すみません、僕の見落としであれば教えていただきたいです。

本当はこれも想は伝えたいという気持ちがあるんじゃないか?という気がしますね。

湊斗は紬が新しいスカートを履いていることにも気づく人だったので

想もそこは頑張ってもらいたいですよね。

 

想が聞かせたいことを紬へ伝えるまで、もう少しだけ待ってもらう理由ですが

それには家族のことが関係しているように思いますがいかがでしょうか。

紬はもう母親へ伝えていましたが、

想の方も親へ伝える必要がありそうです。

想の母・律子は相当、想のことを心配していますし、

ましてや女性との交際となると、きっと将来のこと、結婚などまで考えたときに反対される可能性も考えると思います。

律子が反対するかどうかはわからないんですけどね、でも、少なくとも想は律子から反対される可能性があると思っていそうです。

だから、ちゃんと実家へ帰り、親へも話した上で、でないと紬へ愛の告白ができない、

将来のことが考えられないのであれば、紬へ愛の告白をするべきではない、と想は考えているのかもしれません。

母親を安心させたいという思いもあると思います。

どうやって、どういうタイミングで母へ話そうか・・と考えていたときに

紬が実家へ帰った話も聞いて、想は自分も踏み出そうと決意できたんじゃないでしょうか。

 

最後に、紬と想が、紬の家で食事しているシーンですが

ここで紬は、手話がわかってるのにわからないフリをしてましたよね。

この時の川口春奈さんの演技が素敵でした。

舌を出して、わかんないわ

と言っていて、あえて「嘘」とわかりやすい演技をされてるんですよね。

これはそういう演技を指示されたのかどうかはわからないですが、

想から「嘘」とわかりやすい感じだったので、すごいなと思いました。

手話での冗談って、紬にとっては難易度高いですもんね。

第一話の2人の再会のシーンで、橋の上で

想から手話で話され、何を言われているか全くわからなかった紬との対比で

手話の上達具合が描かれるっていうのもすごいなと思いました。

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

第9話は次回予告の映像をみると、回想シーンを描いているのかなと思ったんですが

昔の話を想が律子とする、という流れになるんですかね。

ちょっと気になっているのは

家族も手話できるの?と聞かれた想が

妹と母はできる

と答えていて、父親がそこには入っていなかったことです。

単純に、うまいのは妹と母親という意味かもしれないですが

もしかして父が違ったり・・?といろいろ想像してしまいますよね。

でも、僕は今のところは、想のお父さんが萌とは違う、という想像はしていないです。

これはまた別の動画でお話しできればと思います!

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼