ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 月は2人の別離を表す?第9話次回予告を考察予想! 第8話 第9話

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第9話の次回予告にある想と紬のシーンを考えたいと思います。

この動画をみていただくと、「月」が表す意味について確認することができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第9話の次回予告の映像では、みんなが気になっているのは

想の過去と思われるシーンですよね。

だんだん聞こえにくくなっている頃の話のようだったので、

これはおそらく過去の回想シーンなのかなと思います。

好きな音楽がだんだん聞こえなくなり、律子へ話す自分の声もほとんど聞こえない

でも、まだ完全に聞こえないわけじゃないから

「耳聞こえない」っていうことを人から言われると、そういうことは聞こえてしまう・・

そしてそんな想を見守る家族が描かれるようです。

姉の萌が言っていると思われる「お母さんの子が耳聞こえないってことはさ、私の子もありえるってことだよね?」という言葉で心をえぐられそうになりますよね。

第9話はおそらく佐倉家と想のことを描くのが中心と思われるので、

第9話のことを考えるなら、この回想シーンに関わる部分を考える必要があるのですが、それはまた別の動画で考察させていただきたいと思っています。

 

今回は、第9話の次回予告の冒頭と、最後に流れた

想と紬が2人で歩いているところについて考察してみたいと思います。

このシーンの2人は仲良さそうに歩いていますよね。

 

このシーンをみて、あるツイートを思い出しました。

それは「サイレント」の番組プロデューサー村瀬さんのツイートです。

「#silent」第1話で紬(川口春奈)と湊斗(鈴鹿央士)が二人で歩いたあの道。再びこの場所でロケをしました。今度は誰と誰がこの道を歩いたのか…?想像しながら楽しみにしていて頂けたら嬉しいです。

ということでした。

 

村瀬さんのツイートはおそらくこのシーンのことを言っているんだろうと思うんですよね。

 

紬が湊斗と歩いたこの道を、今度は想と歩いているんですよね。

これ・・

もしかして、湊斗と紬が一緒に歩いていたときと

今回、想と紬が歩いているときでは、歩く方向が逆になってるんじゃないか・・?と想像してたりしたんですが

 

実は、全く同じ方向へ歩いているようなんですよね。

紬の後ろに、たぶん同じと思われる特徴的な街灯が映っています。

違う人と同じ道を歩いているので、なんとなくですが、別の道へ進んでいる・・ということで、逆方向へ歩いていたりしそうだな、と思って調べてみたら

おそらく同じ方向・・でした。

 

湊斗は紬へ、「晴れてるね」と言っていました。

月が出てるから、晴れていると。

そして、紬は湊斗に対し「そういうとこ好きだなー」と言っていました。

 

そして、今度は想が、夜の空を見上げて、「晴れてるね」と言っていました。

この「晴れてるね」は言葉まで湊斗と全く同じなんですよね。

おそらく月が出てるのをみて「晴れてるね」と言ったんだと思います。

紬は「夜に晴れてるって言う人いるんだ」と言ってましたが、「そういうとこ好きだなー」と言っていました。

想と湊斗は同じような感覚を持っていて、同じような言葉を紬へかけてあげることができる、ということなのかなと思いました。

どちらも同じく、紬にとって心地良い相手である

ということも表されていると思うんですが

それよりも、想と湊斗の2人はとにかく感覚的に近いものを持っている、ということが表されていそうですよね。

 

紬は「仲いいなー」とつぶやくんですが

これはおそらく、想と湊斗のことですよね。

そしてここから、想と紬は湊斗の話をするんじゃないでしょうか。

 

湊斗と紬がこの道を歩いていたときは

月が見えていて晴れている、という話をしたあとに、想の話をしていました。

 

この時、想を見かけたといっていた紬へ「会えたらどうするの?」と聞いた湊斗でしたが

「佐倉君の声が好きだったんだ。話したいっていうのはある」という紬の言葉を聞いて、耐えられなくなり、湊斗は泣いていました。

ここは、すでに想の耳のことを1人知ってしまっていた湊斗は、嫉妬でもなんでもなく、想のことをおもって泣いてしまったシーンだったんですよね。

湊斗はとにかく想のことをおもっていました。

 

そして、想もおそらく湊斗のことを想っていると思います。

紬から、「夜に月をみて、晴れている」と言ったのが湊斗と同じだよ、と言われた想は、紬へ湊斗への思いを語るんじゃないでしょうか。

湊斗が自分の実家を訪ねてきてくれて、それがきっかけで想と再会できたこと。

そのあと、高校時代の同級生たちと引き合わせてくれたこと。

自分から縁を切るような形で別れていたのに、受け入れてくれたこと。

あらゆる感謝を、想は湊斗に対して感じていると思います。

ちょっと期待したいのは、湊斗が一度大学時代に想を訪ねたことがある、と言っていたシーンの回想ですかね。

湊斗は想から「紬いらない、やるよ」って言われた、と言っていたのですが

その真相が、想の口から回想で描かれると嬉しいなと思いますが・・いかがでしょうか。

 

その流れで、湊斗とは「ずっと友達だ」ということを想は紬へ話すのではないでしょうか。

このずっと、は湊斗に向けたものだと思います。

 

そして、紬も「ずっと」としますが

これは湊斗との関係がずっと続くということを表しつつ

でも、想との関係も、ずっとだよ、ということを言っているんじゃないでしょうか。

たぶんですが、愛の告白は、想は想の方からしたいと想っていると思いますので

ここで紬が明確に、紬から告白する、ということはないと思います。

 

この「ずっと」については、番組のキービジュアルでも

紬が行っている手話になっていますので、きっとこのあとの物語で重要な意味を表す言葉になるんじゃないかと思いますね。

話は変わりますが

そういえば、サイレントの物語の中で、「月」は

この道を歩いていたとき以外にも登場しているんですよね。

 

それはこちらです。

これは第2話です。

さきほどの第1話で、紬と湊斗が月をみながら歩いたシーンの次の回ですね。

こちらは昼の月でした。

こちらも晴れていますよね。

 

そしてこの月をみながら想が紬へ

「紙を42回折ると月まで届く」という話をしていました。

小さいことも積み重ねれば大きくなる、ということを表しつつ

月まではかなりの距離がある、ということを表しているように思います。

高校時代の想と紬はこのあと、別れてしまうことになり、2人は離ればなれになるんですよね。

そういった2人の距離を表す意味もあったのかな?と思いました。

 

そう考えると、湊斗と紬が月を見ていたシーンを考えると

これから2人が離れていくことを表していた可能性も・・感じるんですよね。

これは考えすぎだと思いますが、月と言えばかぐや姫で、かぐや姫はいずれ、帰るべき場所である月へ帰ってしまう

紬は帰るべき場所である想の元へ帰ることになる・・という風にも取れてしまうような気がしました。

まあ、これは考えすぎだと思いますが、月はいろいろなことを想像させてくれますよね。

 

では、想と紬が、また一緒に月をみる意味はというと・・

2人の別れを表している、とは考えたくないですよね。。

ただ、月というと、どうしても「距離」を感じてしまうんですよね。

そういえば、紬にはタワーレコードで正社員になる話が持ち上がっていました。

その結果はまだわからないですが

もし正社員になったらいろんな場所への異動の可能性がある、と言われていました。

もしかしたら、紬は正社員になり東京を離れることになり、想とは遠距離恋愛になってしまう・・ということもありえるのかもしれないですね。

ただ、想の仕事はリモートでも可能な仕事と思われますので、

単に仕事が原因で遠距離にはならなくても済むような気もしますが・・

この道は「両想い」の2人があるく道、だと思うのですが

湊斗と同じ方向へ想と紬が歩いていっていることが若干不安になりました。

みなさんは、どんな風に感じますか??

想と紬が「ずっと」仲良く過ごしていくことを望みたいですね。

 

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

 

サイレントは出演されている俳優さんの演技が素晴らしいんですが

演技だけでなく、年齢的なこともすごいなと想ってみています。

 

一番よく言われているのは「若い役に無理がない」ことですよね。

川口春奈さんや目黒蓮さんの高校生役は全く違和感がなかったですが

 

やっぱり春尾先生役の風間俊介さんがすごかったです。

現在39歳だそうですが、大学生・・おそらく23歳ぐらいの役をやってらっしゃいましたよね。

完全に大学生にみえたのですごいなと思いました。

 

そして、その逆もすごいと思っているんですが

逆ですごいと思っているのは、鈴鹿央士さんです。

湊斗を演じている鈴鹿央士さんですが

鈴鹿央士さんは22歳なんですよね。

 

紬と想と湊斗は26歳の役で

川口春奈さんが実際には27歳、目黒蓮さんが25歳なんです。

この2人については1歳差なので、ほぼ年齢通りの役なんですが・・

鈴鹿央士さんは22歳です。

川口春奈さんとは5歳も違うんですよね。

でも、同級生として全く違和感ない感じに見えますよね。

これが素晴らしいと思いました。

 

少し前のドラマ・ドラゴン桜に出られていたときは高校生の役でしたからね・・

若い役を演じられるのもすごいですが、自分より上の年齢の役をやるのも相当難しいんじゃないかと思いました。

 

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼