ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 奈々の手紙は読まれない!春尾の発言が奈々とのつながりを表す!第8話 第9話

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、

★★★

春尾がこれまでに発言したことが奈々とどう関係していたのかを考えたいと思います。

この動画をみていただくと、奈々が春尾に渡した手紙がどうなるのか、について知ることができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第8話の冒頭で、奈々が手話教室を訪ね、春尾と再会していました。

想と紬のことをみていたら春尾を思い出して・・ということでしたが、

なんで?と聞く春尾に奈々は答えず去ってしまいます。

春尾は紬から「手話するの疲れるって思ったことありますか?」と聞かれたときに

どうしたら良かったんですかねぇ・・とつぶやいて、春尾が過去を思い出すような形で、奈々と春尾の大学時代の回想シーンに入っていました。

そのシーンのあと、今後は奈々のシーンになり、奈々は春尾へ手紙を書いていました。

そして次のシーンでは奈々は春尾をもう一度訪ね、春尾は奈々へ、紬と想がうまくいくか?という質問をするんですよね。

それに奈々は、聞こえるとか聞こえないとか関係ないって想いたいから、うまくいくといいなって思ってると答えていました。

奈々が書いていた手紙はどうなったのかな・・と思いましたよね。

この春尾と会ったときには、まだ春尾の手元には手紙は届いていないんですよね。

そして、たぶん、後日ですよね。

春尾のもとへ奈々の手紙が届けられていました。

春尾のこれまでの発言が奈々とどうつながっていたのか、ということと

手紙のことについて、これから考えていきたいと思います。

 

奈々の発言をみてから、春尾のどの発言とつながっているかみていきます。

私といると無条件に良い人って思ってもらえるもんね

ヘラヘラ生きてる聴者からはさ

 

手話、耳が聞こえない。障害者。それに携わる仕事。
奉仕の心。やさしい。思いやりがある。
絶対いい人なんだろうなって思い込むんですよ。
ヘラヘラ生きてる聴者のみなさんは。

ここの春尾は、過去の自分に対する反省のような気持ちなんでしょうか。

奈々と居るときそういう気持ちではなかったのに、奈々にそうとらえられてしまった、これを避ける方法はあったんだろうか・・という自分への問いかけのようにも思いますね。

 

授業 サボるんじゃなかったな

 

すごく好きだけど両想いになれなかったり、

なれても別れてしまったり。

初めから出会わなければ良かったって

思いません?

この人に出会わなければ

こんなに悲しい思いしなくてすんだのにって

ここが一番グッときたんですが

奈々が言った「授業サボるんじゃなかったな」というのは、そもそも春尾と知り合わなければ、仲良くならなければ良かったな・・ということを言ってるんですよね。

一番初めからなかったことにしたかった

春尾自身も、そうやって自分を納得させようとしていたのかもしれません。

初めから出会わなかったと考えよう、と。

でも、奈々と出会ったことで春尾はかわり、なりたい仕事も見つけたわけで。

出会わなかったことになんて、できないんですよね。

 

名前呼んだら、振り返ったから

 

聴こえないなら振り返らないですよ

あたりまえじゃないですか

ここは、春尾が、奈々とのことを忘れようとしている、ってことですかね。

名前呼んだら振り返ってもらったことがある人の発言ではないんですよね。

でも、このシーンは、湊斗へのやさしさで、こういう風に言ったようにも思います。

そう考えたら、実はこんなことを言ってるけど、気持ちは逆・・ということもあるのかもしれません。

 

どう受け取るかはこっちが決めることだから

 

手話ができるってだけでわかった気になりたくないんです

どうしたって僕は聞こえるので、ろう者同士みたいに分かり合えないです

奈々のことをわかったつもりになっていた自分のことを反省しているんだと思います。

奈々の気持ちを考えずに先走った行動をしてしまった・・

でもぼくは、春尾がいくら考えてもどうにもできなかったんじゃないか?と思っています。

なぜなら、奈々が怒った理由というのは

本当は、手話をおもちゃのようにされていた、でも、聴者がわかったようなフリをすることでもなかったと思うんですよね。

奈々が怒ったのは、春尾と2人で過ごしたい、コミュニケーションを取りたい

という気持ちが一番だったのに、それを春尾がわかってくれていなかったことだと思いました。

これは聞こえる、聴こえない、ということは関係なくて

女性として、好きな男性に自分との時間を大事にしてほしい、という気持ちなんだと思います。

奈々は本当に伝えたいことを春尾へ言えてないんだなと思いました。

 

ここは想が言ったことですが

自分はろう者だから、聴者とはわかりあえないって

恋愛もうまくいかなかったって

 

ろう者の8割はろう者同士で結婚する、という話を春尾はしていました。

春尾も確実に、奈々のことが好きだったんですよね。

 

ということで、春尾の発言はすべて

奈々につながってるんですよね。

その春尾の発言はほぼすべてが紬へ向けられたものですが

春尾の過去と関係ない紬へこんな発言をしてしまう春尾は

きっと、奈々とのことが強烈に心に残っていて、吐き出さずにはいられない人ってことですよね。

だから、奈々の方から春尾を訪ねてきてくれたことはとても嬉しかったと思います。

こんなに奈々のことを思っていたのに自分から奈々のところへ行けなかったのは

自分から奈々のところへ行ってはいけない、と思っていたからではないでしょうか。

そしたら、奈々の方から訪ねてきてくれた。

奈々が春尾に会いに来た理由は、

想と紬の2人をみていたら、春尾のことを思い出したから、でした。

そして、その2人には、「聞こえる、聴こえないは関係ない。うまくいってほしい」と思っているということでした。

奈々は過去に、自分が春尾へ言ってしまったことを後悔しているんだなと思いました。

 

そして、奈々は手紙を書くんですよね。

この動画のサムネイルで「奈々の手紙は読まれない」と書いたんですが

これは正確には、視聴者には内容は明かされない、という意味でした。

これを少し説明したいのですが

メタ考察になるんですが

通常、ドラマで手紙のシーンが出てくると、

ただ文字を画面に映し続けることは難しいので、書いた人の声で読まれることが多いんですよね。

手紙を読んでいる人の頭の中では、その人が話しているように感じるためですよね。

でも、この手紙を書いている人は・・奈々なんです。

だから、声で話すということはないと思います。

だからといって、手話をしているところを聴者である春尾が想像することもなさそう・・

と考えると、

おそらくこの手紙の内容は視聴者には明かされないんじゃないか、と思いました。

何が書いてあるのかは、奈々と春尾にしかわからない

そういう風になるんじゃないですかね。

 

そういえば、過去にもあえて内容が伏せられているところがありました。

光と萌が会っていたシーンです。

ここで2人は何かを話したはずですが、その内容は視聴者には見せられませんでした。

なので、今回の奈々の手紙もこのようになるんじゃないか、と想像しています。

ただ、萌は、光と別れたあとに律子の車に乗り、

律子へ、誰と会って、どんな話をしたか、ということを簡単に話していました。

 

だから、春尾も、手紙の内容を誰かに話すんだと思います。

相手は・・紬ですかね。。

紬と想をみて、奈々は春尾に会いにきたと言っていましたので、きっかけになった紬へは話すのかもしれません。

そして、紬と想の関係は、まさに過去の春尾と奈々の関係に近いので

奈々からもらった手紙の内容から、紬へ新たなアドバイスをするのではないでしょうか。

 

明かされないかもしれない手紙の内容ですが

ぼくはこの手紙に書いてあることは「奈々の告白」だと思っています。

といっても、今、春尾のことが好き、ということではなくて

「好きだった」「好きだったからあんなことをしてしまった」

という話ではないでしょうか。

第8話では、紬が想と一緒にいる理由についてドラマでは描かれていたんですが

奈々は、春尾が奈々と一緒にいる理由について

勘違いをしてしまったがゆえに、春尾へつらいことを言ってしまったのだと思います。

春尾だって奈々と一緒にいたかっただけなのに

それを奈々は、仕事のためとか、他の人に手話を自慢するため・・

という風に感じてしまい、怒ってしまった。

奈々は春尾と一緒にいたかっただけだったのに、それが素直に表現できなかった、ということを手紙で伝えるんじゃないでしょうか。

まっすぐに気持ちを伝える紬から、奈々はそれを学んだのだと思います。

出会ってくれてありがとう。

素敵な時間を過ごしてくれて嬉しかった、という感謝の気持ちとともに

奈々は自分の本当の気持ちを春尾へ伝えるんだと思います。

 

奈々の春尾への気持ちは、この手紙を書くことで整理されると思います。

春尾はというと、この手紙を読むことで、整理される。

紬と想が奈々の気持ちを動かし、そして春尾を救ってくれることになるんですよね。

なんとなくですが

ここからすぐに、春尾と奈々の恋が始まるということはなさそうな気がしています。

2人はようやく、正しい視線で人と向き合えるようになった。

前をむいていきていけるようになったのかなと思います。

そして、紬と想をそれぞれ応援していく。

そうやって生きていく中で、もしかしたらまた、春尾と奈々の人生が交差するときがやってくるかもしれないですよね。

その時はきっと、新たな恋が始まるんだと思います。

 

 

ーーーー

今回はここまでとします。

第9話の次回予告で、想の姉・華が

お母さんの子供が耳聞こえないってことはさ、

私の子もありえるってことだよね!?

と言っているシーンがありました。

 

これについてですが、

姉の華が子を生むときに、想の耳のことで自分の子にも影響あると考える

という話は

ぼくは、2022年11月15日に公開した動画で話していました。

第6話のあとで、第7話の放送直前ですね。

このサムネイル画像の動画の13:45ぐらいからお話ししていますので

ぜひ、この動画の概要欄に記載しているサイレントの再生リストから

このサムネイル画像の動画を選んでご視聴くださいね。

 

内容をざっくりだけお話ししますと・・

★このドラマで想の姉ってあまり必要性が感じられない登場人物

想の兄弟という立場でいうと、妹の萌がいたらそれでことたりると思われますし、

そもそも華は登場回数も少ないので、なぜこのドラマにいるのか・・と考えるのですが

このあとの佐倉家にスポットがあたる回で重要な役割を果たすのかもしれない

★華はWEBサイトの人物紹介でこんな風に書かれています。

想の姉で、現在は結婚して実家を離れている井草華(いぐさ・はな)。今は2歳の息子・優生(ゆうき)を連れて、よく実家に顔を出している

2歳の息子がいる・・ということで、現在28歳らしいので、きっと結婚したのは3〜4年前ですよね。

★・・とすると、想の耳がほとんど聴こえなくなるころと結婚、妊娠時期が重なっていると思います。

華の結婚・妊娠にあたり、例えば想の存在が相手の家族からよく思われなかったとか・・そういう問題があったのかもしれませんね。

でも、今、結婚しているということなので、こういう問題があったのかも、というのは考えすぎかもしれません。

でも、想の耳が聴こえなくなったことの理由が母律子にも父にもいまいちわからないことなのだとしたら、華も子を生むときにかなり心配したかもしれないですね。

そのあたりで、想との間で何かわだかまりがあるのかもしれないな・・と思いました。

 

・・ということで、

以前から姉に注目していた、ということを少しアピールしてしまいましたが・・

もしよかったら、過去の動画も、再生リストからご確認くださいね。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼