ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 CDは音楽を受け渡せるもの!第2話の律子の送迎シーンと対比! 第9話直後

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、

★★★

第9話放送直後で感想などを速報でお話ししたいと思います。

放送後すぐに動画を作っているため誤りがあるかもしれませんがご容赦ください。

この動画をみていただくと、第9話直後の感想を共有することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回は佐倉家にスポットライトが当てられた回でしたね。

紬と別れたあとの想がどんな風に生きてきたのか、ということが描かれていたんですが

過去のシーンと現代のシーンがあまり境目なく描かれていたように思ったので

もしかしたら混乱した人もいるかもしれません。

僕も勘違いしているところもあるかもしれないので、もう一度よく見返したいなと思いました。

想がこの8年間をどうやって生きてきたか、ということが描かれるだけでなく

その想と家族がどう関わってきたのか、ということが描かれていましたよね。

 

一番印象的だったのがこのシーンです。

これは律子が車を運転して想を駅まで送るシーンですね。

駅名がたしか、高崎問屋町駅だったと思います。

佐倉家の最寄り駅が高崎問屋町なんですね。

この律子が車を運転して想を駅まで送るシーンは過去にもありました。

第2話ですね。

律子が大学へ行く想を送り届けるようなシーンだったんですが

そのときの想は律子に対して「ごめんね」と言って去っていったんですよね・・

律子はいってらっしゃい、と言って、

想の後ろ姿をみながら律子は泣いていました。

そして今回の第9話で、ほぼ全く同じシーンが登場したんですが

今回は想が「ありがとう」と言っていました。

律子はいってらっしゃいと言って、今回は笑顔で想を見送っていました。

想本人の気持ちと、想に関わる家族の気持ちが

悲しい気持ちから笑顔へ変わることができた、それがこのシーンで現れてましたよね。

湊斗と話す想を見かけた律子は

想の気持ちが変わってきたことを知って、そして想とちゃんと話をして

分かりあえた、ということかなと思います。

 

姉の華が子供の心配をするシーンはつらかったですよね。。

お母さんの子供が聴こえないってことはさ、私の子供もありえるってことだよね

これを華が律子へ伝えることはみんな予想していたと思います。

そんなことを言われた律子は相当つらい気持ちになるはず・・と律子を心配していたんですが

自分のことじゃないよ、自分の子供のことだよ

という華の言葉でハッとさせられました。

自分のことばっかりなの、想のことも考えなさい

と言っていた

律子もきっと同じだったんじゃないですかね。

 

ここから、次回予告の時点で想像していたこととの違いなどを考えていきたいと思います。

友達へ秘密にしてほしい、というのは想の願いだったんですよね。

律子が萌にも厳しく、知り合いに言ってはいけないと言い続けていたのもすべて、想の願いだったから、とわかりました。

想がなかなか会いにきてくれなかった律子はきっと

ずーっとこのときの想の印象のままだったんですよね。

だから過剰に心配していた。

お父さんに何かあるんじゃないか、とか、律子に秘密が・・というのはおそらく勘違いで、

律子の心配が強かったあまり、みているこちらが勝手にいろいろ想像してしまっていただけみたいですね。

 

湊斗が実家へ帰った理由ですが、

これは、紬がCDに挟んだメモを取りに帰った、ということでしたね。

CDはちゃんと返したけど、

紬のことが好きだった湊斗のちょっとした抵抗だったんでしょうか。

メモは捨てた、と紬には言っていましたが

本当は捨てるつもりで抜き取った湊斗は、でも、捨てることはできずに保管していた、ということなんだろうと思います。

湊斗が想の妹/萌をだますような形で想の連絡先を知ったことから

再会したわけですが

湊斗が行動したからこそ、想は今、救われたんですよね。

 

紬は音楽が好きであると同時に、その媒体であるCDが好きと言ってましたね。

そこにはやっぱり、CDを借りる・貸す、というような、音楽をやり取りする体験があったからかな?と思いました。

サブスクの音楽だと、人に渡したり、受け取ったりできないですもんね。

その曲の歌詞に込められた思いとともに相手に渡す

想も、歌詞が知りたくて新しいCDを買ってましたよね。

タワーレコードの「NO MUSIC NO LIFE」が、想にとってとてもつらいキャッチコピーだなと思っていたんですが、

今の想にもやっぱり音楽はなくてはならないもの、ということですよね。

 

奈々と春尾の関係についてはほとんど描かれませんでしたが

春尾はすでに手紙を読んだんですかね?

この、居酒屋で春尾と湊斗が会ったシーンでは

以前の春尾・湊斗と逆の関係のように思えて面白かったです。

紬と別れた湊斗がいて、紬は想と会っていて・・

三角関係だ!と気付いた春尾が立ち去ろうとしたことがありましたが

奈々のことに気付いた湊斗が、春尾・奈々・想の関係に気づく・・みたいな。

まあ、そこまで考えてないですかね、湊斗は。

 

月をみて、「晴れてるね」ということを以前は湊斗が言っていたんですが

湊斗自身がこれは想が言っていたことだ、と言ってましたよね。

だから、湊斗が紬へこの話をしたときは

想のことを意識して、あえて言ったことだった、ということになりますよね。

そして想は湊斗と同じように、同じ道を、同じ方向へあるきながら

同じことを言うんですが・・

ちょっとぼくが不安に思う部分があったんですよね。

 

ここで、想は、紬へ「ずっと」の手話を教えてあげるような形で

手を触って、ずっとの指の形と動かし方を教えていました。

これが不安だなと思ったんですが・・これについてはまた別の機会にお話しできればと思います。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

 

音にこだわるドラマだと思うので

例えば、想の姉・華が病院にいるシーンで病院の外から聞こえるセミの声とか・・

妙に印象に残りました。

夏ということを強調しているものかな?とは思うんですが

それ以外にも意味があったりするんですかね・・

少し考えてみたいと思います!

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼