ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 湊斗の結末を鈴鹿央士が暴露!トークィーンズ 第9話 第10話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、

★★★

今回はトークィーンズというフジテレビのバラエティ番組に出演した、湊斗役の鈴鹿央士さんが語ったことについてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、湊斗が最終的にどうなるのか、について確認することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

サイレント第9話が放送された直後、そのサイレントの放送枠のあとの時間で放送されていたのが、フジテレビのバラエティ「トークィーンズ」という番組でした。

この番組に鈴鹿央士さんが出演され、サイレントや自分が演じている戸川湊斗について語っていらっしゃいました。

2022年12月1日と12月8日の放送の2回に渡って出演されたんですよね。

これから、トークィーンズで鈴鹿央士さんがサイレントについて語った部分についてお話ししていきますが、もしこの番組をみていない方がいたら

最新の回については、この動画公開からしばらくの間はTVerやFODで観られる可能性があるので、ぜひ見てみていただければと思います。

それでは、鈴鹿央士さんが湊斗について語ったシーンについてご紹介していきたいと思います。

 

まずはこちらのシーンです。

湊斗が想をさそって、高校の同級生たちとフットサルをすることになったところですね。

ここで湊斗は最後に、紬へ別れを切り出すんですよね。

「別れてほしい。別れよう。」と言って、そしてその理由は

「好きな人がいるから」でした。

このシーンに関してトークィーンズでは、3時のヒロインの福田さんが鈴鹿央士さんへ質問されていました。

なぜここで紬は、ハッキリと「私は湊斗のことが好き」と言わなかったのか。

それがあれば別れなくてすんだかもしれないのに・・

そして紬は振られた、みたいな感じでいるじゃないですか・・

と言ったところで、鈴鹿央士さんは

「振った方は悪者っぽくみえるし、湊斗は誰にも悪者になってほしくない」と言われていました。

「振った方は悪者っぽくみえる」というのは、奈々が想へ言っていた言葉ですよね。

奈々が想へ「振らなくていいよ、振った方って悪者みたいになるから」と言ってました。

それを引用する形で鈴鹿さんがおっしゃったんですよね。

誰にも悪者になってほしくない。

そして続けて

「もし紬と付き合い続けていて想が紬へアタックすることになったら想が悪者になってしまうし、それに紬が答えたら紬が悪者になってしまう」

だから、自分が悪者になろうと思った、ということでした。

想と紬がそういう関係になることは避けられないと思ったから、

そして2人がそう望んでいると思ったから

紬と想を悪者にしないために、自分が悪者になった、ということですよね。

湊斗があまりにも可愛そうですが・・

でも、見方を変えれば、

いずれやってくるとほぼわかっている別れがあって

その時に、紬や想のことを悪者にしてしまうことが目に見えているから

自分から身を引いた・・ということになるんですかね。

たぶん、紬のことに対して、想にはかなわない、と思うところが湊斗にはあったと思われますよね。

それはこのあとのところでお話しされていました。

 

そしてもう一つ、番組で湊斗の気持ちを鈴鹿さんへ聴いていたのがこのシーンでした。

フットサルが終わり、借りていたフットサル場の備品であるビブスの洗濯を湊斗と紬が手伝いながら別れ話をするシーンです。

ここでは紬は別れたくない、という意思表示をするんですが

湊斗が頑固だと言われるぐらいにかたくなに別れることを主張していました。

なぜそこまで強く主張したのか・・を鈴鹿さんへ聴かれていましたが、その回答は

高校時代に2人が付き合っているのを湊斗はずっと観ていて

そして今、再会した2人が良い関係で一緒にいるのをみた

キラキラした紬をみて

湊斗の前ではみせない、紬のキラキラした姿に、自分が紬を幸せにできる自信を持てなくなった

自分ができなかったこと、幸せにしてあげられなかったことを想はできると感じたんじゃないか

このようにおっしゃっていました。

これはサイレントの公式見解というわけではなく、おそらく湊斗を演じている鈴鹿央士さんの解釈だとは思います。

でも、その語り方が本当に湊斗そのままの印象で

トークィーンズメンバーの若槻千夏さんが「なんか、湊斗から聴いてるみたい」と涙ぐまれていたんですが、

よくわかるなーと思いました

本当に、そこに湊斗がいる、という感じの雰囲気だったんですよね。

他の雑誌のインタビューなんかでも鈴鹿央士さんが答えられているのを何度かみたんですが、

本当に鈴鹿央士さんは自分のことよりまずは相手のこと、ということを考えられる人のようで、まさに湊斗そのままだなと感じました。

あと、脚本の方での描かれ方も、湊斗を鈴鹿央士さんへ寄せていったところもあると、これも雑誌のインタビューで読んだことがあります。

鈴鹿さんはよく、「うん」という言葉を言われるようなんですけど

これが湊斗のセリフにも取り入れられたようで、湊斗はよく「うん、うん」というキャラクターになっていたり、

あと・・擬音語・・ですかね、

パンダがゴロゴロしてるやつ、のゴロゴロとか。

これも鈴鹿さんが普段からけっこう言われるようです。

鈴鹿央士さんが脚本に影響した部分があった・・みたいですね。

ちなみに、この擬音語については湊斗のセリフだけじゃなく

そのあと、キラキラ、ふわふわ、ぽわぽわ、などなど

重要なキーワードとして出てきてますよね。

だから、全てが鈴鹿央士さん由来というわけではなさそうですけど、

このドラマは、中心になる2人、

紬役の川口春奈さん、想役の目黒蓮さんが、本人たちに当て書きされていると言われているので、ドラマ開始後は、他の役についても演じられている俳優さんへ寄せられていった部分があったんじゃないか、と思いますよね。

ドラマ開始時にすべての脚本ができあがっていたわけではなかったということと、撮影しながら作られていったという話は何度か聴いたことがあります。

 

そして、番組の最後にすごく聞きたい質問がされていました。

サイレントの湊役のオファーがあったとき、どんなことを感じましたか?

という内容だったんですが、

そこでまず鈴鹿央士さんが言われたのが

「あ、また、恋が実らないのか・・」ということでした。

鈴鹿央士さんは、恋が実らない役の印象が強いですよね・・

直前で出演されていた六本木クラスもそういう役でしたよね。

そして、鈴鹿さんがこう言われているということは

おそらく湊斗の恋が実らない、で確定だと思いました。

だから、最終話で湊斗と紬が復縁する、というような流れにはならないと思います。

このドラマの脚本を担当されている生方美久さんは、同じ脚本家である坂元裕二さんを尊敬されていて、その坂元裕二と同じような手法で脚本に登場する人物の人物像をつくっていくと言われています。

それは、ドラマ内で明かされるかどうかは関係なく、その登場人物の背景を細かくまずは考えてそれをしっかりとまとめておく、ということなんだそうです。

以前のインタビューで

メインキャラクターはA4ペラ1、2枚くらい。プロフィールというか、過去にこんなことがあった、みたいな。人生の分岐になった出来事をつらつら書いている感じです

とおっしゃっていました。

だからもしかしたら鈴鹿央士さんはその内容を見せてもらっていて

それで、当初から「恋が実らない」ことは知ってらっしゃったのかもしれませんよね。

湊斗に幸せになってもらいたいという僕にとっては

紬と最後に復縁する、という可能性も捨てきれないと思っていたんですが

その可能性は限りなく低くなったみたいです。

鈴鹿さんは最後に

1シーン、1シーン、深いものの積み重ねなんで

1つ1つ、1カット1カットを丁寧に撮っていきたいと思っていた、と言われていました。

かなり丁寧に描かれていると思います。

紬の家で想と2人きりになった湊斗が、想に対して泣きながら思いをぶつけるシーンは

なかなか感情を高ぶらせるのが難しかったそうですが

ここは想の役の目黒蓮さんの協力もあって、良いシーンが撮影できた

とこれも、インタビューで語られていました。

川口春奈さん、目黒蓮さんと鈴鹿央士さんは同級生の役なんですけど、実際の年齢では1人だけかなり下なんですよね。

川口さん、目黒さんが先輩として鈴鹿さんを引っ張ってくれている、と鈴鹿さんが言われていて、そうやってみんなで丁寧に心情を描いているんだなーと、すごいなと思いましたね。

ちなみに、これも別のところでみたんですが

当初、サイレントへの出演オファーがあったとき、鈴鹿央士さんは断ろうと思っていたという話でした。

その理由は、もう一つ出演されていた「六本木クラス」があったから、ということだったと思います。

六本木クラスの撮影と期間が重なるということもあったのかもしれないですが

そもそも要求される役柄が大きく違うので、難しそうと考えられ、断る方向だったとのことでした。

でも、サイレントのその時点で出来上がっていた部分の内容を読めることになって、読んでみたら、これは出演したい、と思った

という話でした。

第1話のところの話だったんですかね・・

紬と想の別れから再会が描かれてかなり胸にくるものがありますし

また、湊斗役としては六本木クラスでの鈴鹿央士さんの役よりも重要な役だと、第1話の脚本を読めばわかりますもんね。

湊斗役を鈴鹿央士さんが引き受けてくれて良かったなと思いますね。

もし鈴鹿央士さんが引き受けていなかったら、湊斗はまた全然違うキャラクターになっていたかもしれないですね。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

 

トークィーンズに出演した鈴鹿央士さんは、サイレントに関することや

湊斗に関すること以外にも

「湊斗と鈴鹿央士はどれくらい似ているのか」という検証が行われて、

その中で、鈴鹿央士さん自身の恋愛観や過去の失恋の話などをされていました。

 

観ていて思ったのは、普通に話す鈴鹿央士さんがほぼそのまま湊斗のような人なんですよね。

 

川口春奈さん、目黒蓮さんが当て書きであることは話題になっていると思いますが

鈴鹿央士さんについても当て書きか、当初からそうだったわけではなくても

途中からでも、脚本が本人に寄せられていったんじゃないか?とも感じました。

 

もしくは、戸川湊斗というキャラクターを作ってみたら

鈴鹿央士さんのイメージに非常に近いキャラクターになったので、

鈴鹿央士さんへオファーしたとか。

 

当て書きって、脚本で書く登場人物を演じる本人に寄せていくってことだと思うんですが

必ずしも、本人と性格が似ているというわけではないと思うんですよね。

脚本家からみた俳優さんの印象に合わせて書くものだと思います。

 

たとえば、川口春奈さんは、川口春奈さんのYouTubeチャンネルをみたりすると

紬とは全く違う感じの人のように思うんですが・・

でも、紬をみたら、それがそのまま川口春奈さんであるようにも感じるんですよね。

 

だから鈴鹿央士さんについても

鈴鹿央士さんに対する脚本家さんの印象で、戸川湊斗という登場人物ができあがっっていったのかな?と感じました。

 

トークイーンズでの「鈴鹿央士はどれだけ戸川湊斗に近いか」という検証も

かなりの高い割合で、湊斗に近いという結果だったと思います。

 

もしトークイーンズを観ていない方で、観られる方はぜひ見てみてください。

この動画公開からしばらくの間は、FODやTVerで観られそうです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼