ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最速!第10話のあらすじ!春尾は自分から誘って奈々と2人で会う

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、

★★★

今回はサイレント第10話のあらすじについてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、第10話で春尾と奈々がどうなるのか、について確認することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第10話のあらすじが一部の媒体で公開されているようですので

速報的にお知らせしていきたいと思います。

また、あらすじの内容をもとに、僕のストーリー予想もお話ししていきたいと思います。

第10話については、次回予告の動画がすでにYouTube等で公開されていますが

今回ご紹介するのは文字で公開されたものです。

次回予告の動画をみると、第10話では想と紬の関係が中心に描かれることがわかりますよね。

想が自分の病気と遺伝についてネット検索している描写もあり・・

湊斗が「また青羽に何も伝えないでいなくなるとか、絶対にゆるさないから」

と言っているところもあったりして

病気のことを考えてなのか、想が紬との関係を前に進めることを難しいと思っていそうな描写が、第10話ではされるようです。

当然、こちらの、紬と想の関係についても考えていきたいのですが

今回、ぼくの動画では

第10話で描かれるであろう、春尾と奈々の関係についても考察してみたいと思います。

まずは、公開されたあらすじをご紹介します。

 

(1)想(目黒蓮)が紬(川口春奈)に代わって、大学にいる光(板垣李光人)の元に届け物をすることになる中、紬は職場のCDショップである人物と再会し、言葉を交わす。

 

紬から光へ渡すものを想が預かって、想が光の大学まで届けることになるようですね。

第9話で光は、手話できなくても大丈夫?と紬へ聴いてましたよね。

湊斗くんもできないもんね、でも仲良しだもんね

と言っていて、紬は大丈夫、と光へ言っていました。

だから想と大学で会う光は、手話で想と話す、ということはないと思います。

でも、もしかしたらですが

「ありがとう」ぐらいは光も手話を覚えているかもしれないですよね。

でも、あまりまだうまくない光は、手話をやったものの伝わっているか不安になる・・なんてこともあるかもしれません。

雨が降っていて傘を指しているんですよね。

だから手話も難しそうなんですけど、スマホを出して音声認識アプリを使う・・というのも簡単ではなさそうです。

音は・・雨音ぐらいなら、外でも大丈夫なんですかね?

でも、音声認識アプリも傘をさしながら片手で操作

自分のものを持ってきてくれた想へ、どうやってお礼を伝えるのか

ちょっと注目したいと思っています。

光と想が2人で会うシーンは以前にもありましたよね。

紬の家から帰った想が、コンビニで会った光へ

紬の家で湊斗と飲んだ分のビールを光へ返すんですよね。

その時、ビール1本を光は想へ返すんですが

「手話できないから、感じ取って」と言いながら

想の顔にビールを押し当てていました。

こことの対比がどのように描かれるのか、注目したいと思います。

そして、あらすじにもう一つある「紬は職場のCDショップである人物と再会」という部分ですが、これは誰と再会すると思いますか・・?

紬と再会と言われて、すぐに思いつく人がいなかったのですが

ここでもしかして、紬が以前勤めていた会社の人っていうのが出てくることになるんだろうか・・とちょっと想像しました。

湊斗が殴りたいと言っていた、紬の元上司です。

挨拶で身体さわる最低な人ですよね。

ちょっとあんまり再会したくない相手だと思うんですけど、もしこの人だったとしたら、紬はどんな風に対処するんでしょうか。

もしほかに思い当たる人がいたら、ぜひ教えていただきたいなと思います。

 

(2)一方、春尾(風間俊介)は、奈々(夏帆)がかつて自分といる時に感じていた本音を知ることに。

 

春尾は奈々からの手紙を読むようなんですよね。

この手紙の内容が視聴者に明かされるかは・・わかりません。

ぼくはこの手紙の内容は視聴者には明かされないんじゃないか、ということを過去の動画でお話ししていますので、もしご覧になっていない方はぜひ一度ご覧ください。

動画概要欄のサイレント再生リストから観ていただくことができます。

 

春尾は奈々の本音を知る、ということなんですが・・

奈々の本音、というのは

「とにかく、春尾と一緒に居たかった」というものじゃないかと思います。

自分にだけ向けてほしいと思っていたものを他の人と共有しようとしていたことが気に入らなかった、ということかなと思いました。

それを知った春尾は・・どうすると思いますか・・?

これは奈々の告白に等しいと思います。

あの頃、私は春尾さんのことが好きだった、という告白ですよね。

そして、ここからはちょっと先取り情報なんですが

奈々の手紙を読んだ春尾は、自分から奈々へ連絡をとって、もう一度2人で会うことになるようです。

春尾からどうやって奈々へ連絡を取るのかな・・と思うのですが

春尾はすでに、紬も、湊斗も、奈々のことを知っているということがわかっているので

紬か湊斗を経由して、想から、奈々の連絡先を聞くことになるんでしょうか。

まあ、それなら、紬はすでに、奈々の連絡先を知っていると思うので、紬から聞くのかもしれないですね。

春尾が奈々へ自分から連絡を取る、という行動はかなり前向きな行動だと思います。

これまでの春尾の言動からは想像がつかないようなものですよね。

奈々から言われた、「聞こえるとか、聴こえないとか、関係ないって思いたいから」

この言葉と奈々からの手紙が、春尾の心を動かしたのかもしれないですね。

そうやってもう一度奈々と会った春尾がどういうことを話すと思いますか??

やっぱりここは、「ぼくも、あのとき、桃野さんのことが好きだった」という話かなと思いました。

奈々の手紙もきっと「今も好きです」という内容ではないと思うので

春尾も「今も好きです」とまでは言わなくて、「あの頃、好きだった」という言い方なんじゃないですかね。

春尾と奈々は手話でしっかりとコミュニケーションが取れる間柄だと思います。

これから色々なことを話していって、ゆっくり仲が深まっていく関係になるんじゃないかと思いますが・・どう思いますか??

ぜひ、コメント欄でご意見をお聞かせください。

 

(3)その奈々と会った紬は、聞こえる人と一緒にいることに対する奈々の思いに触れ、時折、寂しそうな顔を見せる想を思う。

奈々と紬が会う、ということなんで、

もしかしたらですが、奈々へ「春尾が会いたがっている」ということを紬は直接伝えるのかもしれないですね。

 

それを伝えるだけであれば、LINEで連絡するだけでもいいと思うんですが

紬も奈々と話したいことがあったのかもしれません。

想がどんなことを考えているか、奈々へ相談するような流れになるんでしょうか。

まあ、、想のことがきっと好きだった奈々へそんな話を紬がするのはどうなんだ、という声も聴こえてきそうですが

奈々は紬のことを応援したいと言ってくれており、おそらくそれは紬にも伝わっているんじゃないかと思います。

だから、紬は想本人には聞きづらいことを奈々へ聴いてみるのかもしれません。

その中で、奈々は、過去に春尾と一緒にいたときのことを思い出しながら

聞こえる人とどんな気持ちで一緒にいたのか、どんな不安があるのか、という話しを紬へしてくれるんじゃないでしょうか。

そして紬は、想がたまに見せるさびしげな表情を思い出し、

想の悩みに寄り添いたい、そしてちゃんとその悩みを打ち明けてもらえる関係になりたい、そう思うのかもしれません。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

第10話の動画の次回予告に関する考察は、また別の機会に動画にしたいと思います。

昨日なんですが・・この動画を公開した日の前の日ですが

YouTubeを開くと「恋しさと せつなさと 心強さと2023」のミュージックビデオが表示されたんですよね。

2022年12月9日(金)に公開されたようです。

これって・・

サイレントで、しかも、篠原涼子さんが演じる律子が中心となる放送回に合わせて公開されたんじゃないか、と思いました(笑)

歌声はもちろん、昔と同じく力強い感じなんですが

一番すごいなと思ったのは、体型ですかね・・

実は、サイレントに出演されているときの篠原涼子さんは49歳の役で、成人した子もいて、孫もできるような役なので、体型もちょっと太った感じなんですよね。

これ、わざと太る役作りをされているんじゃないかと思っていたんですが

この「恋しさと せつなさと 心強さと2023」ミュージックビデオの篠原涼子さんは・・スレンダーなんですよね。

まあ、撮影時期がサイレントとはずれているのかもしれないですが

すごいなと思いました。

もし、1994年発売の方を知っている方はぜひ、見てみてほしいです。

いや、知らない方もみてほしいですね。

もう30年近く前なんですね・・すごい・・

まさかこの篠原涼子さんが、ダウンタウンのコント番組に出ていた、とは20代の人は知らないですよね・・

ちなみに、1994年発売の「恋しさと せつなさと 心強さと」という曲は

日本の女性ソロ歌手で初めてCDシングルの売上が200万枚を超えた曲

ということで、握手券とか無い時代にめちゃめちゃ売れたCDだったんで、

想のお父さんの部屋にでも、「恋しさと せつなさと 心強さと」のCDシングルが置いてあったらいいな・・なんてちょっと想像してしまいました

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼