ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 想と紬に別れの伏線!2人シーンに隠された秘密 第9話 第10話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、

★★★

今回は、紬と想の2人のシーンに隠されていたのでは?と思う表現についてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、紬と想が今後どうなっていくのか、について考察を進めていただくことができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第9話では、想と佐倉家のことが描かれていました。

過去の話、想の病気が発覚してからどんな風に佐倉家が過ごしてきたか・・が描かれていたのですが

想の母・律子が想と久しぶりに会い、

想が昔は遠ざけていた友達、湊斗と仲良く話しているところをみて

律子は想が変わったことを感じたんですよね。

そして、律子と想はちゃんと話しをして、気持ちを通じ合うことができました。

実家から帰ってきた想は、紬から

いい顔してるよ、と言われていました。

きっと想がずっと気になっていた律子との関係が改善して、律子の気持ちも想がちゃんと知ることができたからかと思います。

サイレントをみている視聴者としては、想の母・律子が、想と紬の関係を直接的に反対しているわけではない、ということがわかって安心できましたよね。

以前はみんな、律子には秘密があるかもしくは、律子が強く、想が聞こえる女性と交際することに反対している、という考察をしたりしていましたが・・それは完全に杞憂であったことがわかりましたよね。

ずっと懸念事項だった、佐倉家のことがちゃんと描かれて、さらに解決したように思えることが第9話で描かれたので、

このあとはいよいよ、紬と想のことが描かれていくと思います。

全11話ということが発表されました。

サイレントは全11話で、最終回は15分拡大になると発表されました。

サイレントは第1話と第8話、あと最終回が15分拡大ということで

3回、15分拡大があったんですよね。

かなりの話題になったから、ですよね。

最終回、少しでも長く観られることになって本当に嬉しいです。

あと2話で、紬と想がどのように描かれるのか、について考えていくのですが

みんなが望んでいる、想と紬のハッピーエンドに向かっていくにあたり

不安に思える要素がいくつか存在していると感じたので

今回はその部分に着目してお話ししていきたいと思います。

以前もお話ししたのですが、ぼくは想と紬が結ばれてほしくない、と思っているわけではないです。

そして、けっこうずっと湊斗推しだったので、湊斗に肩入れしすぎじゃないか、というご意見もいただくのですが、

第9話までみた感じだと、これから湊斗の元へ紬が戻るということは考えにくいと思うんですよね。

もし、、仮にですが、想と紬が結ばれない、となったとしても

その時は、想も、紬も、湊斗も、それぞれで生きていくことを選択することになるんじゃないか?と思っています。

ですので、湊斗に肩入れする話ではなくて、

想と紬がこのあと結ばれる話なんだとしたら、不安要素として考えられることについて、お話ししていければと思います。

ちなみに、第10話の次回予告で、想が自分の病気のことについて調べているような描写がありましたが、今回はその部分には触れずに、それ以外で不安に思う点のお話しをしていきます。

次回予告をみるだけでも相当不安要素があるんですが

第9話の中にもかなり不安な点があるんですよね・・。

ちょっとメタ考察を含んだ話になりますので、メタ考察を聞きたくない、という方は視聴をやめていただいた方がいいかもしれません。

よろしければこのあともお付き合いください。

 

まず、気になったのは・・こちらですね。

紬のバイトが終わって、バイト先から想と紬が一緒に歩いて帰っているシーンです。

ここで、月の話をしていたりしたのですが

この月の話については、また別の動画でお話しできればと思っていることがありますのでぜひ楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

ここで、想と紬は、紬がタワーレコードの正社員になるかもしれない、という話をしています。

まあ、これ自体、もし正社員になったら、異動があるよ、と言われていたので

異動による別れ・・ということも考えられなくはないんですが

ただ、想の仕事はおそらくリモートワークでも成り立つものではないかと思うので

想が紬へ付いていく形になれば遠距離恋愛にはならないと思うんですよね。

まあ、付いていくというレベルだと、もはや結婚を前提とした同棲・・というところまでを考えて、ということになりそうなので、

すぐにそこまで進展するかな、という心配はありますが

紬が就職して異動することが、紬と想の別れの原因にはならないと思っています。

ここで紬は「ずっとバイトじゃ、不安だから」

と言います。

そこで想が「ずっと」と手話をすると、紬も「ずっと」とやるんですが

この紬の「ずっと」という手話が、ちょっとわかりづらい手の形だったからなのか

想がなおしてくれるんですよね。

紬は手のひらを下に向けるような形で両手の指を結んでいたんですが

これを想は手のひらを相手に向けるような形にするように、想の手でなおしてくれました。

そして、紬は、想に対して正しい「ずっと」の手話を見せるんですが

これは紬が想に対して「ずっと一緒にいようね」と言っているように思えるところでした。

すごく素敵な、思いが伝わるシーンだったんですが、

かなり無粋な考察ですがちょっと気になったのは・・

 

こちらは番組のキービジュアルとして

放送開始前から公開されている画像なんですよね。

ここで紬がやっている手話が「ずっと」だと思います。

「ずっと」という手話を紬がやろうとしていて、それを手でなおしてあげようとしている想、

というような写真ですよね。

これってまさに今回の第9話のシーンそのままだと思います。

このキービジュアルのシーンで「ずっと」と紬がやろうとしているので

2人は最終的に「永遠」を約束するような関係になるんだろう、

という想像をされている方が多かったと思うんですが

これが第9話の時点で、このシーンが登場してしまった、ということがかなり心配になる事態なんですよね。

普通に考えたら、2人が永遠を誓うのはおそらく最終回だから

このキービジュアルのシーンが最終回に出てくるであろう、と思っていたんですが

これが今の時点で登場してしまったとなると・・

このあとがどうなってしまうのか、とても心配になりました。

最終回においても、今回教えてもらった、正しい「ずっと」の手話で

紬が想の思いに答えるシーンが出てくることを期待したいと思います。

思いますが・・最終回の2話前でキービジュアルのシーンが出てきてしまうというのは結構予想外でした。

あえてそういう裏切りをすることで最終回により大きな感動を呼び起こしてくれるような仕掛けがあるのかもしれないと期待したいなと言う風に思います。

 

そして気になったのがこのシーンです。

紬のバイトが終わるのを、裏口で待っていた想。

一人で歌詞カードを読んでいるのをみて、紬はいきなり呼びかけずに

遠目から様子をみていました。

初めは、椅子の端の方に座っていて、想とかなり距離があったんですが

そのあと想が気がついたので、想の横まで紬は動いて、想の真横に座りました。

近い距離で仲良く話していて、紬と想の距離が近づいているんだなと感じるシーンではあったんですが・・

この映像をみて、けっこう心配になっちゃったんですよね。。

というのも、

まず、2人の椅子は別々なんですよね。

近い距離なのに、同じ椅子には座ってないんです。

これがなにかを表している、と意地悪に考えるんだとしたら

「2人のいる場所は違うんだ」ということを表しているようにも思えてしまうんですよね。

紬と想は、それぞれ違う場所にいる

聴者とろう者という意味なのか・・は正確にはわからないんですが

2人は同じ場所にいるわけじゃない、ということが表されているようにも思えるんですよね。

そしてもうひとつ。

紬と想のうしろの壁ですが、壁に溝が入っているんですよね。

それが、紬と想の間にしっかりとあるんです。溝が・・。

これもさきほどの話しと同様に、意地悪に考察すると

2人の間には超えられない溝がある、という風にもとれる演出なんですよね。

もしこのあと、紬と想が仲良くなっていく展開なのだとしても

このように、「紬と想が2つに分かれている」と取れるような映像にしているということは

第9話時点ではやっぱり2人は完全に分かりあえているわけではない

まだ超えられていない大きな溝がある、ということが表されているように思います。

これが第10話で描かれていくんでしょうか。。

 

もう一つあるんですよね・・

2人が分かれていることを表すシーンです。

これは、想が月をみて「晴れてるね」というシーンですが

この時、紬と想の歩く道の真ん中に・・排水溝のようなものがあります。

 

こちらの方がわかりやすいですかね。

ちょうど2人を分けるような形で、2人が歩く道の真ん中に、ここでも溝があるんですよね。

 

ここで紬は、想から、正しい「ずっと」を教えてもらって

教えてもらった「ずっと」を想に向けてやることで

「ずっと一緒にいようね」という気持ちを想へ送ったと思うんですが

その「ずっと」の気持ちも、溝で分断されていた、と考えるとかなり切なくなりますよね。。

最後に去っていく2人の間にも、しっかり溝がありました。

まだ、今の時点では、

2人は同じ場所を歩くことができていない

何らかで分断されたまま・・・ということなんですかね。

ずっと想の実家や想の母が2人の壁になるのではと思っていましたが

第9話でそれは解決されたと思うので、おそらくそうではない。

となると、やっぱり最後の壁は、想自身の心になるんでしょうか。

紬の方は「一緒にいたいからいるだけ」と言っているので、溝は感じていないと思います。

想の方が一方的に思っていることなんですかね・・

最終回に向けて、溝がうまることを願いたいですね。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

 

想と紬がタワーレコード裏でイチャイチャしていたシーン・・

あの、湊斗が捨てたと言っていたのに実はもっていたメモを

想が紬に見せて、「ねえ、恥ずかしい捨てて!」と紬が想から奪い取ろうとしていましたが

これは、第8話の冒頭で描かれた紬の家でのシーン

紬が保管していた想の作文の話と逆でしたよね。

あのとき、想は「恥ずかしい」から捨てようとしていましたが

紬が捨てさせてくれませんでした。

今回、想はその仕返しをしているわけですよね。

だから、想がメモを紬へ返さないのは当たり前だと思います。

紬も想へ、作文を返してないですからね。

それにしても紬がつぶやいた「湊斗、あいつ・・」が面白すぎました(笑)

紬にとっては、元カレではあるものの、湊斗は自分のことを一番理解してくれる友達ということなのかもしれないですね。

湊斗はそう思われるとつらそうではありますが・・

「湊斗、あいつ・・」って、ほぼ、弟の光に言うのと同じテンションですよね。

想からしても、紬と湊斗の関係は相当仲が良いように映ると思うので

もしかしたら想は、やっぱり紬は湊斗と一緒にいたほうが幸せかも・・と思ってしまうのかもしれないですね。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼