ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 第10話のストーリー予想!紬が再会した相手と光の手話

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、公開された公式WEBサイトのあらすじから予想する第10話のストーリーについてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、第10話の物語を先取りしていただくことができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第10話のあらすじが、サイレントの公式WEBサイトでも公開されました。

そこで今回は、公式WEBサイトに掲載されたあらすじとテレビ情報誌に掲載された情報、そして、次回予告の動画の内容をすべてまとめて考えて、

第10話のストーリーを予想していきたいと思います。

あくまで想像ですので、全く違う展開になるかもしれませんがご容赦ください。

第10話の次回予告の動画をみると、想が自分の病気のことをネット検索して調べるシーンがあったり、湊斗が「また青羽に何も伝えないで勝手にいなくなるとか、絶対に許さないから」と言っているシーンがあって

どうやら、想が思い悩んでいることで、紬との関係がなかなか進展しない、ということが描かれるようです。

最終回は第11話と思われますので、第10話は最終回の1つ前の回です。

この回で想の問題が描かれて、最終話ではその問題が解決して、紬と想の2人が晴れて結ばれる物語になっていくことを期待したいですよね。

それでは、第10話のあらすじに入っていきたいと思います。

 

それでは、まず公開されているあらすじを読み上げて、そのあと僕の考え等をお話ししていければと思います。

(1)青羽紬(川口春奈)の部屋にCDを借りにきた佐倉想(目黒蓮)は、2人の距離が近づいていく中で、紬の笑顔を見るたびにうれしくなる反面、ふと紬の声が自分に聞こえてこないことを寂しく感じてしまう。

 

まず、以前に公開されていた情報と公式WEBサイトに掲載されている写真からの考察ですが

想は紬のかわりに光へ届け物をするようです。

次回予告動画をみると、紙の束のようだったので、何らかの書類を届けたんですかね。

ここで光が手話を披露するんじゃないか、と考察していたのですが

この写真をみると、スマホ画面を想へ見せているので

音声認識アプリを使っているようですね。

この時、想は光の傘を持ってあげるようです。

そしたら光は両手を使える状態になるので・・やっぱり、「ありがとう」の手話を光がやるかもしれないですね。

光は「手話覚えなくても大丈夫だよね」と紬へ言っていましたが、

想が紬にとって大事な人だという認識であれば、きっと光の方から想へ近づいていくはずで、だとしたら手話も少しは覚え始めるんじゃないか?という気がします。

そして、次に登場する人から、もしかしたら光は手話を教えてもらっているのかもしれないなという予想もできますよね・・

 

それは・・萌です。

萌はまた、東京へやってくるようです。

そして、紬と会っているようですが、タワーレコードの店内のようなので、働いている紬のところへ会いにくるみたいですね。

以前の情報で

「紬は職場のCDショップである人物と再会し、言葉を交わす」というのがありましたが、これは萌だったようです。

まあ、もしかしたらですが、律子も一緒に来ている、という可能性もありそうですよね。

律子が紬ちゃんと会っておきたい、と言って、それに付きそう形で萌も一緒に来たとか。

まだ正確にはわかりませんが

もしかしたら萌だけでなく、律子も来ている可能性がありそうだなと思いました。

律子は、想が、誰と付き合っているか教えてくれなかった、と想へ言っていました。

その都度、萌や華が教えてくれた、と言っていたので、

紬との付き合いも、萌が律子へ教えたんだと思います。

萌だけで来ている場合も、きっと律子の言葉を紬へ伝えるために来たんじゃないか、と思われますよね。

そして、もしかして・・ですが

萌が光と会っている可能性もありそうですよね。

萌と光が恋愛関係・・というよりは、もともとは兄と姉を思って、それぞれ自分の気持ちを相手にぶつけるだけの関係だった萌と光ですが、

今、紬と想がまた交際しようとしていることを知って、おそらくお互いの兄・姉の幸せのために協力しようとしているんじゃないか、と思われます。

ですので、もしかしたら、光は萌と会って、想のことを聴いたり、

簡単な手話を教えてもらっている、ということがありえそうですよね。

 

そして、このシーンですが

CDを借りるために紬の家に来た想が、自分の好きな髪型、ポニーテールにしてる紬をみて、紬へちょっかいをかけているところですね。

手で作業をしながらのため、紬は想へ手話で話すことができず

声で話すんですが

想は紬の笑顔を観られるのは嬉しい反面、こういったことの積み重ねで、紬の声が聞こえないこと、紬の言っていることがすべてはわからないことを寂しく思ってしまうようです。

紬は想について

「時々、すごい寂しそうな顔するんだよね。最近ずっと気になってた」

ということで、想が考えていることをなんとなく感じるようです。

そんな時、紬は、奈々と会うようです。

奈々から「聞こえる人」と一緒にいることに対する気持ち、を紬は聞いて、

紬なりに想の感じる寂しさと向き合うのかもしれません。

奈々は、手紙を読んだ春尾から連絡を受けて、2人で会うことになるようなので

奈々は想と紬の2人のことにアドバイスをしつつ、それが奈々と春尾の関係にも影響していくことになりそうですよね。

 

(2)横井真子(藤間爽子)から、どうして想と付き合わないのかを問われた紬は、そんな想の様子を心配し、なにか言いづらいことがあるのだろうから、呑気に付き合ってほしいなんて言えないと答えるのだった。

真子からなぜ想と付き合わないのか、と紬は聞かれるそうですが

もしかしたら真子は、光から聞かれたのかもしれません。

「姉ちゃんと佐倉くんってさ、なんで付き合わないの?」

これは、紬を幸せにし隊の会合でのことなんですかね?

光は紬へ直接聞くのではなく、紬から話を聞いていそうな真子に対して質問したのかもしれません。

それを受けて、真子が紬へ質問した、ということですかね。

ちなみに、紬を幸せにし隊の会合が開かれたのであれば当然、湊斗もそこにいて、一緒にその話を聞いていて、紬から答えを聞いたら、真子か光から湊斗は教えてもらうことになったのではないでしょうか。

想のことを心配している紬は「なにか言いづらいことがあるのだろうから、呑気に付き合ってほしいなんて言えない」と真子へ答えるんでしょう。

この言いづらいこと、というのが、

以前、紬の家で想がいった「言いたいことがあるから、もう少しだけ待ってて」と言っていた内容ではないか、と思うのですが、

この話はまた、別の動画でお話しできればと思います。

 

(3)そんな2人の事情を紬の弟・青羽光(板垣李光人)から聞いた戸川湊斗(鈴鹿央士)は、あることを伝えるために想を呼び出すことに…。

次回予告の動画の中で、湊斗の声で「また青羽に何も伝えないで勝手にいなくなるとか、絶対に許さないから」と言っているところがあるので

これを想へ伝えるのかな?とも思うのですが

これは想へ直接言う言葉ではないのかもしれないですよね。

光から、紬が付き合ってと言えない事情を聞いた湊斗は、もしかしたら想がまた、自分から離れていく可能性を考えて

光に対して「また青羽に何も伝えないで勝手にいなくなるとか、絶対に許さないから」許さないから、俺が想へ言いに行く、ということなのかもしれません。

湊斗が想へ言う言葉としてはちょっとキツめの言葉なので、想に対してはもう少し優しい表現で話すんじゃないでしょうか。

そして、湊斗は想へ話しにいった際に、想が何で悩んでいるか、ということを正確に知って、湊斗も想と一緒に、寄り添って一緒に考えるという行動を取りそうです。

紬は奈々から聞いたことを参考に想と向き合う。

想に対して、周りのいろんな人がいろんなかたちで寄り添うことで、

想は不安を乗り越える、これから紬と一緒に未来へ向かっていこうという気持ちになることができるようになるんじゃないか、と思いました。

 

ちなみに、第10話では、

このシーン、

想がタワーレコードにCDを買いにきて、紬のレジへ来たところを田畑が横からじっと観ていましたが、

この時の田畑の心境が明かされるそうです。

悪い人は出てこないサイレントの世界なので・・田畑も悪い人ではないはずで

どんなことを思っていたのか、注目してみたいと思います。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

 

第9話では、サブスクには無い良さがCDにはある、ということが描かれていましたが、

これまでのサイレントでは他にも同様の比較がありました。

 

検索すれば出るじゃん、歌詞という光に

歌詞カードを立ち読みしたという紬

 

ちょっとだけ友達から手紙もらいます?

LINEしません?普通

 

近づかないと一緒に聞けない有線イヤホンと

左右がバラバラのワイヤレスイヤホン

 

便利なものいっぱいあるけど

たくさん話したいなら手話をどんどん使った方がいい

 

デジタルとアナログの比較だと、デジタルの方が圧倒的に便利なんですよね。

デジタルを活用して便利に生活する中で、でもあえてゆっくりと味わう・楽しむ・感じることの良さがアナログにはありますよね。

デジタルでは味わえない、見る、読む、触れる、においを感じると言ったことや

モノとして存在することで、ケースにヒビが入るなど人がなにかを残すこともできる。

誰かと受け渡す時や初めて開封するときのドキドキ感もアナログなものならではですよね。

サイレントの物語では、デジタルツールを活用していてデジタルの便利さを実感しつつ、アナログなものを大事にしていきたいという想いを感じます。

デジタルとアナログの対比について、このあとも注目して観ていきたいなと思っています。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼