ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最終話スピッツのCDにバッドエンドの伏線あり!メタ考察でハッピーエンドの可能性も考える!第10話 最終回

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、想がタワーレコードで購入したスピッツのCDに隠された伏線についてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、バッドエンドの可能性とハッピーエンドの可能性、どちらも確認することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第10話で、想の部屋のシーンが映りました。

想は「若年発症型両側性感音難聴 遺伝(じゃくねんはっしょうがたりょうそくせいかんおんなんちょう いでん)」というキーワードでネット検索をしていたんですよね。

このシーンでとても印象的だったのが、パソコンの横に置いてあったCDでした。

これは、第9話で、紬が働くタワーレコードを訪れた想が買っていたCDですよね。

スピッツの「見っけ」というアルバムです。

この「見っけ」がさりげなく置いてある、というだけでなくクローズアップして映されていました。

単に聞こえないことの辛さを表しているという可能性もあるんですが

もう少しこの「見っけ」のCDについて深堀りしてみたいなと思いました。

 

この「見っけ」というCDについては、

例えばタイトルの「見っけ」という言葉が、

紬が想を見つけたことを表しているようにも感じるタイトルなんですよね。

紬と想が再会するきっかけになったのは

駅のホームで電車から降りてくる想を、紬がたまたま見かけた、見つけたことがきっかけだったと思います。

だから「見っけ」というタイトルは、紬と想が再会したことにもつながるタイトルだなーと思います。

この「見っけ」が発売されたのが2019年で今から3年前、ちょうど想の耳が完全に聞こえなくなった頃なんですよね。

だからこのCDは、想は持っていなかったということです。

 

想は見っけを買ったあと、すぐに歌詞カードを読み始めていました。

まずは一番最初に収録されている「見っけ」というタイトルの曲の歌詞から読んでいたのですが

想は歌詞カードを読むことがもともと好きだと思いますし

また、今の想の音楽の楽しみ方は、歌詞を読む、という方法になるので

すべての曲の歌詞を読んだと思います。

その想と同じ気持ちで、この「見っけ」というアルバムの歌詞を観ていったところ

とても気になる曲があったんですよね。

それが3曲めに収録されている「ありがとさん」という曲です。

 

「ありがとさん」の歌詞を観ていきたいと思います。

すべての歌詞ではないですが、途中まで掲載しますね。

この歌詞を読んでみると・・想と紬の関係にあまりにも似ている気がしているんですが、いかがでしょうか。

とくに、想の立場からのことが書かれているように感じるんですよね。

冒頭の歌詞から読みます。

君と過ごした日々は やや短いかもしれないが
どんなに美しい宝より 貴いと言える

ここの部分はまさに紬と過ごした日々のことを言ってそうです。

高校時代の付き合いは短かったですがでも、どんな思い出より想にとって大事だったと思います。

そして今もまだ紬と再会してそんなに時間が経ってないですよね。

でも、「いたいから一緒にいるだけ」と言って一緒にいてくれる好きな人との時間というのはどんな宝よりも貴いと思います。

そして次。

お揃いの大きいマグで 薄い紅茶を飲みながら
似たようで違う夢の話 ぶつけ合ったね

この歌詞に該当しそうなところが・・こちらです。

 

これは第10話の紬の家のシーンです。

ここで使っているマグカップですが、これ、お互いの服の色とそっくりじゃないですか?

あまりに似ているので、これはおそらく意図的だと思います。

実はここで飲んでいるのはおそらくコーヒーで紅茶ではないんですが

お揃いのマグカップではないんですけど、お互いの服とお揃いのマグカップを使ってる

ということで歌詞との一致が・・みられるんですよね。

ここまでにも紬と想はいろんな会話を積み重ねてきていると思います。

それが、話ぶつけあったね、のところではないでしょうか。

 

そして、ここからが非常につらいんですが・・

続きの歌詞

あれもこれも 二人で 見ようって思ってた
こんなに早く サヨナラ まだ寒いけど

あれもこれも二人で見ようっていうのは、二人でいろんなところへ出かける約束したよね、という話を紬が想へしていました。

 

東京の大きいタワーレコードへは行けましたが・・それ以外のところへは行けていません。

まだ行けてないのに・・こんなに早くサヨナラ。

まだ寒いけど。

寒いこの冬の時期に別れを告げる、そういう風にとれる歌詞なんですよね。

もしこの歌詞通りに進むとなると、紬と想は結ばれない、バッドエンドになる、ということになります。

この歌詞で表現されていることと、紬と想の状況にかなり一致が観られるので

これはもしかしたら最終回のバッドエンドを予期した内容になってしまっているのかもしれないと思いましたが、いかがでしょうか。

そして続きの歌詞です。

ホロリ涙には含まれていないもの
せめて声にして投げるよ ありがとさん

「せめて声にして投げる」と聞くと、これは、想が紬へ声で伝えることがあるんじゃないか?と想像できて・・

その言葉が

「ありがとさん」

「ありがとう」という言葉なんじゃないか、という想像ができます。

色々考えられるんですよね。

もしかしたら想はやっぱり、もう一度紬との別れを決断する。

その時は「自分の話を聞いてくれてありがとう」というお礼を紬へ伝える。

「ありがとう」は想が声に出して伝えるのかもしれません。

ただ、もしこうなってしまったとしても、これはあくまで想の気持ちでこういう行動を取るかもしれない、ということで

紬がどういう気持ちになるかはわかりません。

お互いが納得した形での結果を出さなければ、また高校時代の時と同じことになってしまいますよね。

だから、もし想がこういう行動を取ってしまうのだとしたら、紬がこれに対して、どう反応するか・・ということになりますね。

このスピッツのCD「見っけ」に収録されている曲「ありがとさん」の歌詞から想像されるもので、この通りにサイレントの物語が進むのかはわからないのですが

かなりの一致があるようで、しかも一致しているとなるとバッドエンドが予想されるんですよね。

もしこのようなストーリーになったときは

2人は完全に別の道をあゆもうと考えるのか、それとも一度は距離と時間をおいて、その後再び人生が交わるところを待つのか・・

サイレントを観ている視聴者としては、ハッピーエンドを望む気持ちが強いですが

とにかく、2人が納得して出した答えを見届けたいな、と思いますよね。

 

ちょうどこのバッド・エンドを考えていたタイミングで、サイレントはハッピーエンドになるはずだ!というネットニュースの記事がありましたので、こちらをご紹介させていただきたいと思います。

これはこれでかなり信憑性が高そうと思いますので、

ハッピーエンドを信じている僕としてはこちらの内容を信じたいと思ってるんですが・・

どういう内容かというと

サイレントの番組プロデューサーである村瀬健さんが、ハッピーエンドを望んでいるはずだ、

という内容でした。

どういうことかというと、

村瀬さんが以前担当していたドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

有村架純さん、高良健吾さんが出演されていたドラマですが

このドラマでは村瀬さんはハッピーエンドにしたかったものの、このドラマの脚本を手がけられた坂元裕二さんの意向でハッピーエンドにならなかったそうです。

これはそういう噂があるということらしいので本当の話しかどうかはわかりません。

村瀬さんは、もし次に恋愛ドラマをやるときにはハッピーエンドにしたいとおっしゃっていたそうで、その「次に手掛けた恋愛ドラマ」がサイレントにあたるようです。

このサイレントでは、脚本を担当されているのが生方美久さんという方で、坂元裕二さんを尊敬されている方ではあるんですが、まだキャリアの浅い脚本家さんなので、プロデューサーの意向が反映されやすいのでは?ということでした。

まあ、このサイレントについては、村瀬さんが生方美久さんに声をかけて始まったと言われているので、大まかなところは村瀬さんの意向で決まっていても不思議ではないですよね。

ちなみに、サイレントのドラマ内で「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)の要素が登場していて、高良健吾さんが演じていたのが「曽田練」という役名だったのですが、その曽田練が、サイレントドラマ内の高校のシーン、座席表に名前があるんですよね。

だから、それだけ、いつ恋に対する思い入れが強かったことが現れていると思います。

あと、これだけ話題になったサイレントですから・・

もしかしたらもしかして、続編・・ということを考えたり、

最終回の視聴者の反応も気になるところですから、

紬と想が結ばれてほしい!と言っている人がSNS上でたくさんいる中、それを振り切ってバッドエンドにするということが考えにくいんじゃないか、という気もしています。

まあ、続編がもし決まっているとしたら

このドラマの終わりでは「別の道を歩む」という方向で終わらせて、その後が描かれたときに結ばれるところをもっていく・・ということも考えられなくはないですね。

ただ、とくに目黒蓮さんですが、他の出演者の人も、

スケジュールが簡単におさえられる人ではないので

おそらく相当先まですでにスケジュールが埋まっていると思います。

その状況で、今の時点で「続編」という話が可能なのか?という疑問もありますね・・

どう思いますか・・?

今回はバッドエンドとハッピーエンド、2つの可能性についてお話ししました。

どの可能性が高いと思うか、ぜひコメント欄で教えていただけると嬉しいです。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

 

想はまだ紬と交際もしていないのに、自分の病気の遺伝のことを調べていて、結婚を意識しているような描写だなと感じるところがありました。

病気のことを調べることは自然なことだとは思いますが、

このタイミングでなぜ、遺伝のことを調べたのかをちょっと考えてみたいと思います。

ちょっと唐突だったようにも感じたんですよね。

まだ紬へ「交際しよう」とも言ってないのに、もしかしたら結婚して、子供ができたら・・ということまで調べているようなところが。

部屋で検索する直前の想の行動を確認すると、

光へ書類を届けていたんですよね。

そこで光から「俺、スマホより重いもの持てないから一人で牛乳買いにいけない」と言われて、一緒に行くことになりました。

なりましたが、このシーンって描かれてないんですよね。

これ、光は何のために想と一緒に牛乳を買いにいったのかと考えると、おそらく話しをするためだと思います。

姉ちゃんのことをよろしく。弟がこうやって言うということはこのあとも末永く、という意味で、もしかしたら「早く幸せにしてやってほしい」というぐらいのことを光から想は言われたのかもしれません。

だとすると、想が紬との結婚を意識した行動をこのあと取ることが納得できるんですよね。

サイレントでは会話シーンをあえて見せないで想像させる、というところがこれまでにいくつかありました。

光と想の間でもきっと大事な会話がされていると思いますが、ここはあえて見せられずに、視聴者へ想像させるところかな、と思ったんですが、いかがでしょうか。

 

今後もドラマを見て気になることや気がついたことをお話しさせていただきますので、

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちくださいね。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼