ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最終話のヒントを村瀬プロデューサーが明かす!想が紬の声を取り戻す方法!最終回

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、サイレントの番組プロデューサー村瀬さんが明かした最終回のヒントについてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、最終回の内容を予想することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回もメタ考察的な内容になりますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

もしメタ考察は聞きたくない、という方は、ここで視聴をやめていただけると幸いです。

さて、今回お話しするのは、サイレントとは別の番組の話なんですが

TVerオリジナルで公開されている番組です。

最強の時間割 〜若者に本気で伝えたい授業〜

という番組なのですが、こちらに、サイレントのプロデューサー村瀬健さんが出演されていました。

この動画公開時点で、このTVerの番組は無料で公開されているので、

もし観ていない方はぜひ観ていただければと思います。

この番組は、村瀬さんがドラマプロデューサーの仕事について語る番組という内容なんですが

今、出演されている番組ということで、村瀬さんが担当されているドラマ「サイレント」についてたくさん語っていらっしゃいました。

ぜひすべての内容はTVerで番組をみていただきたいのですが

その中で、とくに気になったところを取り上げて考察させていただきたいと思います。

その気になった内容というのは、

サイレントの最終回についてなにかヒントはないか?と聞かれたときの村瀬さんのお話しです。

 

お話しされていた内容を取り上げながら考えていきたいと思います。

●サイレントはたくさん考察をしてもらっているがとくに狙って考察されるように作ってきたものではないです

●ただ、いくつかのことについては脚本家・生方美久さんが仕込んだものでした

●初期の頃に何でもなく言っていたセリフとか、何でもなく出ていたものが最終話でみんな、「ワ〜ッ」っていうと思います

●何個かあるんです

●1話からずっと観てきてくれた方へのプレゼントです

●友達と会ったら昔の話するじゃないですか?コレだいぶヒントかもしれない

●かつてしたことと今また同じことをする

●今はできること、できなことあるじゃないですか

●最終話でそういうがきます

●1話から3話をTVerで見返してみてください

これ、だいぶ面白いお話しをされているな〜と思いました。

実際、村瀬さんは

この話をする前に、「俺、今から言うことで台無しにしそう・・」とまで言われていました。

まあ、完全にネタバレされているわけではないので、全く台無しにはなっていないと思うんですけど

かなり色々想像できるヒントをいただけたなと思います。

そこで、ここからこのヒントを元にちょっと考えていきたいと思います。

これを考えることで、最終回の内容を予想することができそうです。

 

村瀬さんのおっしゃった「昔の話」「かつてと同じことをする」というのは、紬と想のことだと思いました。

その想像から、4つほど、初期の頃に登場したシーンを挙げたいと思います。

これらのシーンが最終回にも登場するかもしれません。

●放課後に2人でしていた紙を42回折ると月に到達するという話

●想が体育館で読んでいた作文

●2人でそれぞれ用意したのに同じものになってしまったクリスマスプレゼント

●第1話冒頭の駅前で話していた雪積もるといいね、の会話

ここから、それぞれのシーンについて考えてみたいと思います。

 

まず、

放課後に2人でしていた紙を42回折ると月に到達するという話

ですが、

まず、「月」がサイレントでは特別な意味を持っていますよね。

想が夜に出ている月を観て、晴れてるね、と紬へ言っていたのですが

実はこれは昔からよく言っていることで、それを知っていた湊斗が同じことを紬へ言っていました。

紬はもともと想が言っていたこととは知らないので、

想も湊斗も同じことを言うなんて仲いいなと言っていたんですが

湊斗は想のことを思い出しながらあえて言ってたんですよね。

月を観て「晴れてるね」と湊斗が言ったら、「そういうとこ好きだな」と紬が言うんですけど、紬は湊斗のことが好きと言っているつもりがこれは想のことを好きと言っていることになる、という、湊斗にとってつらい話になっていました。

月はそれぞれの思いを受けるもの・・という印象なんですが

そこから考えると、42回折ったら月に到達する話って、思いが届くまでにそれだけの苦労を伴うということを表しているようにも思います。

計算だと、二乗の二乗の二乗・・ということをして、とてつもない数になってようやく到達するものだったと思います。

この月の話は最終回ではさらっと、そういえばこういう話をしたね、というぐらいのことになるかもしれないんですけど、

月が何度も登場してきたことを考えると、月の話は最終回でも出てきそうな気がしています。

 

想が体育館で読んでいた作文です。

これはいろんなところで考察されていますが、おそらく最終回には登場しそうですよね。

最終話の次回予告映像で、紬のナレーションがありますが、その内容が

この想の「言葉」という題名の作文の内容と似ているんですよね。

人それぞれ違う考え方があって、違う生き方してきたんだから

わかりあえないことは絶対ある

それでも一緒にいたいと思う人と一緒にいるために言葉があるんだと思う

この作文「言葉」の内容を想があらためて読んで、自分の言っていたことを思い出す

そして、手話を言語として認識することで、「どうしても声を聞きたい」という気持ちから解放される・・という展開もありえそうですよね。

第1話で想が作文を読んでいるシーンがありますし、紬が保管していた想の作文の文章がみえる部分があるので、もしよかったら見返してみてください。

この作文は第8話でも登場していて、紬が持っていることを想は知りましたし、

最終回では、この作文の内容から、想も紬もなにかに気づく展開がありそうです。

この作文については考察するとかなり長くなりそうなので、ひとまずこれぐらいにさせていただきます。

 

これがありえそうだなと思っているんですが

それは、クリスマスプレゼントです。

高校時代のクリスマスに、2人はそれぞれでプレゼントを用意したのに

なぜか同じイヤホンの色違いだったんですよね。

最終回は放送が12月22日ですし、おそらくクリスマスの様子が描かれることが予想されます。

だから、プレゼントのやり取りというのがありそうに思うんですが、いかがでしょうか。

もしそうだとしたら、

きっとこの高校時代のことを思い出すようなことがあるのではないかと思います。

もしかしたらまたプレゼントがかぶってしまうのか・・

もしかぶるとしたらそのプレゼントってどんなものになりますかね??

もし思いついた人がいたらぜひ教えてください。

たぶん2人とも、今もこのイヤホンは持ってますよね。

 

そして、第一話冒頭の、駅から出て雪が降っていたシーンです。

シーッとまずは静かにするように言ってから

雪降ると静かだよね、という紬に

青羽の声うるさい、という想

もしかしたらこのシーンの前に紬があるきながら話していた

雪の中でサッカーしたらボールで大きい雪だるま作れる

という話も印象的でした。

このシーンは最終回で登場しそうなんですよね。

先日公開した動画で、この場所と同じ場所で最終回の撮影が行われているという情報をお話ししました。

もしご覧になっていない方はこの動画の概要欄に記載の再生リストから

「最終回のシーンを特定」とサムネイルに記載している画像をぜひご覧ください。

同じ場所で撮影している、ということは同じようなシーンが登場する可能性が高いと思います。

この駅は紬と想の学校に近い駅と思われるんですが

最終回でなぜこの駅に2人が行くことになるのか・・というところが疑問でした。

きっと2人とも実家から近い駅ではないんですよね。

でも、第10話の内容をみて、想像したんですが

もしかしたら

紬が想を連れて行くのかもしれないなと思いました。

第10話で想は、青羽の声が思い出せない、声が聞きたい

と言っていました。

これをかなえる方法は正直みつからないなと思っていたんですが

でも、雰囲気だけでも思い出してもらえる方法があるんじゃないかと思いました。

それは強く印象に残っているであろうことをもう一度体験してもらうことです。

駅前で

シーッとして、静かだねー

に対して、青羽の声うるさい

と言い、紬がもっと大きい声で静かだねー!と言ったところ

これを同じ場所で、同じように体験したら

その時の記憶が蘇ってくるのではないか

ということです。

声が聞こえると思えるほどに正確には思い出せないとしても、

声を聞いていた記憶は思い出せるんじゃないでしょうか。

これで「声を聞きたい」という気持ちを完全に叶えてあげられるとは思わないのですが

もしかしたらこういう方法もあるのかもしれないなと思いました。

この時の記憶を思い出せば、紬の声の雰囲気を思い出せる。

たしかに、「手話」は言語だから、紬の言葉を紬から伝えてもらうことはできると思うんですが、紬の声が好きだった想にとっては、声をなんとか取り戻したいという気持ちがあるんじゃないかと思います。

村瀬プロデューサーが言われる「かつてしたことと今また同じことをする」というのは、想の記憶を呼び起こすための事かもしれないなと思いましたが、いかがでしょうか。

ーーーー

今回はここまでとします。

最終回の次回予告の映像でどうしても気になっていることがあって・・

それは、

最終回の次回予告映像って今の時点で公開されているものは新しい映像はなくて

基本的に過去の映像しかないんですよね。

そこに紬のナレーションが流れるんですが

紬のナレーション以外で流れる声が2つだけあるんですよね。

それが

まずは、湊斗の「なんで俺に言ってくれなかったの」これは想と再会したあと、紬の家で湊斗が想へ言った言葉ですよね。

そしてもう一つが紬の声で

「戸川くんのこと・・好きだったよ」

なんです。

これは、湊斗と紬が電話で別れ話をしたときの内容です。

これ・・どちらも湊斗に関わるものなんですよね・・

なぜあえて、湊斗に関わるものだけが入っているのか

そして、紬の声で入っているのが、湊斗への言葉だけなのか・・

いろいろ想像できるんですが・・

ここではあえてふせさせていただこうと思います。

もし何かご意見あればコメント欄にお願いします。

 

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼