ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 紬の服の色で最終回の物語が判明!最終回の次回予告映像から考察!最終話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、新たに公開されたサイレント最終回の次回予告映像についてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、紬の服の色の変化から、最終回の内容を予想することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

2022年12月19日(月)の早朝に、最終回の次回予告、映像入が公開されました。

正直、次回予告を一度観ただけではどんな物語になるのか、なかなか想像がつかなかったんですが、何度か見るうちに気付いたことがありましたので、それをお話ししていきたいと思います。

ぼくが注目したポイントというのがあって

それは、紬の服の色です。

 

これは実は、以前にも僕がお話ししていたことなんですが

もしどんな話だったっけ?という方がいらっしゃったら

この動画の概要欄に掲載している「サイレント」の再生リストから

青い服を着た紬が写ったサムネイルの動画、「紬の青い服」という文字が書かれた、YouTubeショート動画をぜひ御覧ください。

その動画で詳しくお話ししています。

動画内容をごく簡単に説明すると、紬が青い服を着ているときは「想とわかりあえていないとき」「想との間でモヤモヤがあるとき」「想と話していても別のことを考えていそうなとき」そういう時に青い服を着ている傾向があります。

なぜ青い服なのか、についてはさきほどご紹介した動画で説明していますので、もしわからない方はぜひ「紬の青い服」と書かれたショート動画をご覧ください。

 

一応、僕がそう思っている、というだけなので違っている可能性もありますが

「想とわかりあえていないとき」紬は青い服を着ている、ということを覚えつつ、このあとを聞いていただけると幸いです。

最終回の次回予告を、紬の服の色で、青い服から青じゃない服へ並べていくと、ストーリーが予想できる、と僕は思いました。

 

第10話の最後、想は紬へ自分の気持ちを正直に話していました。

今まで自分のことを話さなかった想が自分のことを話したことはとても意味があることだと思いました。

そして、悲しい方法ではあるんですが、想はここで紬へ告白していたんですよね。

「また好きになんてならなきゃ良かった」

これは紬への愛の告白だと思います。

でも、同時に別れの言葉のようにも取れる悲しい言葉ですよね。

ただ僕は、想は、自分の気持ちを正直に紬へ伝えようと考えて想が話したことで

紬と決して離れたいと思っているわけではないと思いました。

想は自分の病気と遺伝のことも調べていましたよね。

あの行動は、紬との未来を考えているから行ったことだと思います。

だから、想が「話したいことがある」と言っていたのは、やはり自分の病気のこと、遺伝の可能性があるということかなと思いました。

想は紬と離れたいとは思っていなかったと思うんですが

でもこの時に、紬はきっと、想の言っていることから

「自分が一緒にいることが想を苦しめている」ととらえてしまったんじゃないでしょうか。

そして、紬の方から、想と距離を置くことを決めたのかもしれません。

想の観てる青羽って、高校生の紬ちゃんで止まってんだよね

という湊斗の言葉がありましたが

もしこの通りなら、想は、ここまで悲しいことを悲しい言葉のまま紬へ伝えても

気にせず一緒にいてくれる、と思ったのかもしれません。

だから想は思っていることをそのままの言葉で伝えてしまった。

でも、それを今の紬は、自分が近くにいたら想をもっと傷つけてしまう、という風にとらえてしまったのだと思います。

この時の紬の服は、青と白が混じったような服です。

以前よりだいぶ想と仲がよくなった紬でしたが

第10話はこのシーンに至るまでに、想がなにかを考えていそうだが、それがなにかわからない、という風に紬は思っていたので、このような中途半端な色の服なのかなと思いました。

このあと、紬は想から離れることを自分で決めるんだと思います。

 

次回予告が流れた映像と順番は違うのですが

次はこちらのシーンです。

第1話で想と紬が再会したときと同じ構図のこのシーンですが

このシーンの紬はどうやら、完全に青の服を着ているようです。

このシーンについてはもしかしたら、第1話と完全に逆のことが起こるんじゃないかと想像しました。

想は駅前で待っていたら紬に会えるかもしれないと待っていたら

紬が現れた・・・

想をみた紬が今度は逃げてしまうんじゃないでしょうか。

想は離れたいとは思ってなかったと思います。

紬は自分が想と一緒にいてはいけないと思い、出会うことすら避けるべき、と思って逃げるのかもしれません。

そして、追いつかれた紬は、第1話のシーンとは逆に、声で想に話してしまうのかもしれないですよね。

想は何を言われているかわからない・・

第1話だと、想が手話を使って、紬は何を言われているかわからなかったんですよね。

今回は紬が声で話してしまうのかもしれません。

そして2人は橋の両端、別の方へ去っていきます。

これで、想もショックを受けることになると思います。

こういうことがあったので、ここから想と紬は本格的に距離を置くことになってしまうんじゃないでしょうか。

 

想がカスミソウらしき花を持って歩くシーンと

紬がカスミソウと一緒に写っているシーンがあるのですが

これは紬が想からもらったもの、ではないんじゃないかと思いました。

紬の服の色は青です。

ここはそれぞれが、別々に過ごしている日々の様子ではないかと思います。

でも、奇跡的に、2人ともがカスミソウを誰かにもらった、とか。

誰から・・と考えると、

例えば、奈々から、ですかね?

奈々がカスミソウらしきものと写っているシーンがありました。

もしかしたら、想にも、紬にも、渡したのはどちらも奈々なのかもしれません。

そこで奈々が何らかの言葉を2人にかけるのではないでしょうか。

 

湊斗は光との会話で何に幸せ感じるの?と聞かれ

大きい花束かかえた人電車でみて

大切な人に渡しに行くか、もらったかどっちか

あ、いいな〜って と言っていました。

もらうか渡すかでも、渡す方が幸せでしょ?という光に、湊斗は答えなかったので

この時はもしかしたら、あげるばっかりじゃなく実はもらうほうになりたいのかな

と思ったんですが

この花束をかかえた人と会う状況が発生するんですよね。

花束をかかえた奈々と会います。

もしかして、奈々と湊斗が接近するんじゃないか、という風にもみえるんですが、それは完全にミスリードでしょう。

奈々は春尾とだって、そんなにすぐ接近するわけではないので。

 

そしてこのシーンは誰と湊斗が一緒にいるかわからないんですが

カバンの紐っぽいのとマフラーがバス停でのものと同じように見えるので

奈々と一緒にいるように思います。

湊斗は、奈々からお願いされて、誰かへのプレゼント選びに付き合っているんでしょうか。

春尾へのプレゼントかもしれないですね。

この時に湊斗は、やっぱり、人に幸せを与える人でいたいと思って

想と紬の後押しすることを頑張ろうと思ったんじゃないかと思います。

 

そして、湊斗が紬を訪ねていきます。

想の観てる青羽って、高校生の紬ちゃんで止まってんだよね

という言葉も湊斗から聞いた紬は、もう一度想と会うことを決断することになるんじゃないでしょうか。

この時の紬の服は青と白混じってますね。

この前に、奈々から声をかけられたこと、そして、湊斗から想と会うことを促されて心が変わり始めていることが現れていそうです。

ここまでは青い服だったのに、ここで青と白が混じったものに変わっています。

ここが重要なところです。

湊斗と会ったことで心情が変わっているんですよね。

紬は想へ手紙を書くと思います。

人それぞれ違う考え方があって、違う生き方してきたんだから

わかりあえないことは絶対ある。

それでも一緒にいたいと思う人と一緒にいるために言葉があるんだと思う。

これは、高校時代に想が書いた作文を引用して書かれたものだと思います。

 

湊斗は紬に協力して、紬の手紙を想へ渡し、

想を出身の高校へ呼び出すことにします。

湊斗が、想も高校へ行くことを後押しするんですよね。

そして高校の3年の時のクラスの教室へ行くと・・

 

そこには紬がいます。

ここでの二人の会話は・・すみません、想像が難しいんですが

この時の紬の服装をみてください。

完全に、青い服ではなくなってます!

ということで、このシーンで、二人は分かり合えるということが現れているんじゃないかと思います!

紬の服の色に注目してみて、順番を並び替えたら、こんな風な流れになったんですが

どう思いますか?

まあ、完全に妄想でしかないので、全く違う展開になるかもしれないのですが

僕にはこういうストーリーが見えてきたように思いました。

 

そして、ラストシーンにつながっていくと思うんですが

このラストシーンについては、また別の動画でお話しできたらと思っています。

ちなみに、次回予告映像に、奈々、春尾、光、萌、律子も出てきていますが

この人達については誰と誰が付き合うとかではなく、幸せな日常を取り戻した様が描かれていると思っています。

ここも、もし何か思いついたことがあったらご意見をお聞かせください。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

 

いつものことですが・・考えすぎかもしれない話を最後にさせてください。

湊斗が紬の家を訪ねたと思われるシーンで、

紬の家のドアにトナカイが付いているんですよね。

そのトナカイが湊斗と一緒に写っているんですが、これって、

湊斗はトナカイだ!っていうことを表していそうだなと思いました。

トナカイって魔法のチカラで空を飛ぶことができるからサンタのソリを引いているんだそうです。

湊斗がトナカイとなって紬サンタを連れ出し、空を飛べる、なのかな?というふうに感じました。

「青羽紬」という名前には「青い羽」という言葉が入っていて

これはスピッツの歌、「空も飛べるはず」を表していそうだなと思っているんですけど、

その歌詞に

君と出会った奇跡がこの胸にあふれてる

きっと今は自由に空も飛べるはず

というのがあります。

プレゼントをもった紬サンタを連れ出すトナカイ湊斗、そして、プレゼント受け取るのは想

ということなんじゃないですかね。

ちょっと妄想が過ぎますかね。

お許しください。

 

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼