ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最終回のクライマックス・ラストシーンを完全予想!最終話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、サイレント最終回のクライマックスシーンについてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、サイレント最終回のラストシーンについても予想することができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

前回の動画で最終回の展開予想を行ったので、もしご覧になっていない方は観ていただけると嬉しいです。

「最終回が完全予想できた」とサムネイル画像に書かれた動画です。

今回は、最終回のクライマックスシーン・・最も盛り上がるであろう部分と、ラストシーンについて予想していきたいと思います。

最終回についてはサイレントのプロデューサーである村瀬健さんが

放送序盤に出てきたセリフやモノが再登場する

ということを明かされていました。

そして、次回予告からわかっている、紬と想がおそらく卒業した高校へ行っていること、

そして、想が「紬の声を思い出せない」と言っていたこと等からこのあとの想像を深めていきたいと思います。

ーーーー

なお、この動画では犯人を当てます!というようなストーリーを正確に言い当てることは目的としていません。

そのため僕が話す内容が全て正しいとは思っていません。

僕が考えた物語の展開を共有させていただき、みんなの想像を膨らませてもらうことを目的としています。

ぜひ、自分はこう思う!ということをコメント欄に書き込んでくださいね。

ーーーー

おそらくクライマックスのシーンはここになるんじゃないか

と僕が思っている場所が、こちらです。

これは、第1話の冒頭、紬と想が待ち合わせをしていた駅ですね。

この駅については以前の動画で詳しくご紹介したのですが、

この駅は群馬県にある国定駅、という駅です。

もしご覧になっていない方はこの動画の概要欄に記載の再生リストから「最終回のシーンを特定」とサムネイルに記載している動画をぜひご覧ください。

その動画で詳しく話しています。

駅名はサイレントの中では登場していないので、場所が国定駅と同じ設定であるかは不明ですが

想と紬は朝、この駅で待ち合わせして学校へ向かっていました。

この駅で改札の外に出ているんですよね。

ですので、この駅が想と紬が通う高校の最寄り駅ということになると思います。

第1話では

駅から出た紬と想は、雪をみて、

シーッとまずは静かにするように言ってから

雪降ると静かだよね、という紬に

青羽の声うるさい、という想がいました。

このシーン、かなり印象的でしたよね。

ここで出てきた想の「うるさい」という言葉は、このあとも何度もいろんな人の口から出てくる重要なキーワードになっていました。

2人が幸せに過ごしていた時期の象徴のようなシーンで

このシーンのあと、

現代の紬が起きるシーンだったので、紬が昔を思い出していて夢をみているようなシーンになっていました。

紬が起きたとき、横には湊斗がいて、外は雨が降っていたので・・すごく切ないシーンだったんですが。。

この第1話の冒頭で登場した、この駅のシーンなんですが

ここでサイレントの撮影が行われていたという情報がTwitterを中心にSNSに投稿されていました。

川口春奈さん、目黒蓮さんを目撃したという情報もあったので

サイレントの撮影で間違いないかなと思います。

この情報が投稿された時期が今から少し前のことだったので、時期的に考えても、最終回の撮影をしていた頃と思われるんですよね。

 

最終回の次回予告映像では、紬と想が高校に来ているシーンがありました。

 

ですので、この、高校に近い駅のシーンも確実に最終回に登場すると思います。

ただ、

この駅のシーンは、次回予告の映像にはなかったんですよね・・

 

ここから考えると、

最終回に登場する、この駅のシーンというのは、非常に重要なシーンになると想像ができそうです。

この駅で重要なことがあるはず・・

駅でのロケ撮影っておそらく大変ですよね。

あえてここで撮影するってことは、大きい意味があることだと思います。

第1話の時は雪が降るシーンを撮っていたので、もし最終回でも雪が降るんだとすると・・

かなり大掛かりな撮影になっている可能性がありそうです。

村瀬プロデューサーが語る、序盤をみておくと良い

という話にもつながると思われ

おそらく、このサイレントという物語は、第1話で描かれた紬と想の雪の中での会話のシーンへ最終的に戻る話になるんじゃないでしょうか。

そして、このシーンが最も重要なシーン

サイレントのクライマックスのシーンになるんじゃないか、と予想します。

 

第10話のラストで、想は紬へ「青羽の声が思い出せない」と言っていました。

声が聞きたい、もう聞けないなら、また好きになんてならなきゃよかった

と言っていたんですが・・

これって、普通に考えたら、もうかなえてあげることができないことですよね。。

紬の声が聞きたい

でも、それが想の強い願いだと思います。

昔、紬の声が好きで、紬から大きい声で呼びかけてもらうために音楽は止めているのにイヤホンをつけていた想の、強い願いですよね。

 

人間が初めに忘れていってしまう記憶というのは聴覚に関わるものなんだそうです。

誰かに対する記憶だとしたら、その人の声から忘れていってしまうということでした。

これは個人差ある話のような気がしますけど、一般的にはそういうものなんじゃないでしょうか。

僕は想が紬の声を忘れてしまった理由は「人間誰しもそうだから」という理由ではないと思っています。

想が紬の声を忘れてしまったのだとしたら

それは意識的に忘れようとしたからではないか、と思いました。

紬と別れたあの時から、きっともう二度と紬には会わないと想は決めていたと思います。

だとしたら、紬との幸せな思い出を抱えていくことが辛い・・

と考えて、もしかしたらある時に、想は忘れよう、忘れようとしたんじゃないか、と思いました。

 

別れる前に想は紬へ「自分の名前を呼んでほしい」と言っていました。

この時はまだ別れることまでは考えてなかったと思うんですよね。

でも、「想くん」と呼んでもらえて、この声がずっと聞けなくなるんだったら・・

と思い、その後、紬との別れを決意し、そして、忘れようと考えたんじゃないかと思いました。

想は言っていました。

くだらない話や一緒にみたものは覚えてる

全てを忘れてるわけじゃないんですよね。

そしてくだらないことは逆に覚えている。

紬に対する記憶を意識的に消そうとしていたのかもしれませんよね。

だから、もしかしたらですが

想が紬の声を思い出せないのは心の問題かもしれないと思いました。

他のことは覚えているのなら、紬の声も完全に忘れてしまった、わけではなく、

思い出せない、だけなんじゃないかと思います。

忘れよう忘れようとしていたがゆえに、心の奥底に紬の声をしまってしまったんじゃないかと思いました。

もしかしたら何かがきっかけで、なんとなくでも思い出せるかもしれない

記憶が呼び起こされる時ってありますよね。

例えば、過去と同じような体験をしたとき。

そういえば、昔もこんなことあったな・・と思って、鮮明にその頃のことが蘇ってくる、みたいなことは経験したことがある人も多いんじゃないかと思います。

もしかしたら、想は最終回で、そういう経験をするんじゃないでしょうか。

 

高校の教室で紬と再会した想は、紬とよく話しをして、2人は気持ちが通じ合うのではないかと思います。

 

そして、帰る途中、駅で雪が降っていることに気づく紬が

静かだねー

雪降ると静かだよねー

ということを想に手話で伝えるのかもしれません。

もしかしたら「静か」という表現を使ってしまったことに紬はハッとしてしまうかもしれませんが、

「静か」という感覚は唯一、紬と共有できる音だと思うんですよね。

そして、その手話に合わせて紬が「静かだよねー」と言ったときに、

想は過去に2人でした会話を思い出すんじゃないでしょうか。

そして、想は紬へ「うるさい」と声で伝えるのかもしれません。

ふと、口にしてしまった感じで「うるさい」と言うのかもしれません。

あの時と同じように、青羽の声、うるさい、というのかもしれません。

その時にはもう、想の頭の中には過去にした紬との会話が蘇っていて

紬の「静かだねー」という声が聞こえているのかもしれないなと思いました。

 

そして、「シーィ」と言って、

2人でしばらく、静かな雪の世界を楽しむのかもしれません。

静寂というのは、聴者もろう者にも共通して感じられる感覚ですよね。

想が紬の声を思い出す・・というのは普通に考えたらかなえることができない願いだと思いますが

こういうことであればありえるんじゃないかと思いました。

もしかしたら鮮明に思い出せるわけではないかもしれませんが

同じ人と、同じ体験をすることで、その相手のことをしっかりと思い出す

ということはありそうな気がします。

もしここで少しでも紬の声を感じることができたなら

ここから想は、紬の声を抱いて歩いていく ことができるんじゃないでしょうか。

駅のシーンでおそらく第1話と同じようなやり取りをするところ

そしてそこで紬の声を思い出すところ

これが、サイレントのクライマックスとなるシーンではないか、と予想します。

 

そして、サイレントのラストシーンですが

それを考えるにあたって参考になるのがこちらでした。

こちらは、サイレントの撮影のクランクアップ時の写真です。

川口春奈さん、目黒蓮さんの撮影が終了したところの写真だと思います。

こちらの写真のお二人の服装を覚えておいていただけますでしょうか。

 

そして、こちらが、最終回の次回予告映像にあった

二人の写真です。

この写真を見比べると・・

おそらく同じ写真なんですよね。

だから、クランクアップのときと、この駅で出会うシーン

ここも第1話と同じシチュエーションですが

クランクアップの時と駅で出会うシーンはつながっていると思われます。

そして、駅で出会うシーンの紬をよーくみると、少し微笑んでいるように思います。

前回の動画では僕はこのシーンは「分かり合えない2人」ではないか、と考察していたんですが、おそらくここは2人がちゃんと待ち合わせをしていたシーンのようですね。

 

このクランクアップの様子を伝える記事では

すっかり夜のとばりが下り、クリスマスのイルミネーションが華やぐ中、並木道を紬と想が手話で話しながら2人で歩くシーン。

の撮影が、最終日に行われた、とあったので、おそらくさきほどの待ち合わせからの続きがそのようなシーンなんでしょう。

手話で話しながら歩いているということなので、二人仲良く過ごしていることが想像できます。

これが本当のラストシーンなのではないでしょうか。

もし二人が仲良く過ごしているところが描かれるのだとしたら

それはしばらく経過したあとの話かもしれないですね。

・・と言っても、二人の着ている服が今着ているものと同じなので

やっぱり今現在の話なのかもしれません。

 

そして、このシーンにつながるような形で

このサイレントのドラマ放送前に流されていたティザー映像と同じような様子が描かれるんじゃないでしょうか。

 

一生懸命に思いをうけとめ、気持ちを伝えてくれる人だった

 

今も変わらず、僕のことばを、まっすぐに見つめてくれる

 

好きな声で、好きな言葉をつむぐ人だった

 

わたしは今も、好きな言葉をもらっている

 

雪積もるといいね

という会話から、もしかしたら二人はこんな風に思うのかもしれません。

このティザー映像での想と紬の言葉は、少し未来に語られた言葉のように思います。

ラストシーンが数年先、という話になるのか

それとも、このティザー映像は、もっと将来を描いただけということだったのか・・

ここは放送を楽しみに待って確認したいですね。

ーーーー

今回はここまでとします。

 

過去にノートを使って、想が紬へ気持ちを伝えたシーンがありました。

この時想は

 

再会しなければよかったと思った

と言ったあとに

やっぱり再会できてよかったと思う、と書かれたページを紬へ見せてくれました。

 

第10話のラストで想は紬へ

「また好きになんてならなきゃよかった」

と言っていましたが

この時のノートのように、「やっぱり好きになってよかった」という風に変わることを願いたいなと思っています。

ーーーー

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼