ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最終回の最新次回予告映像から考察!別れの予感!?最終話の物語

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、TVer配信の特別番組で公開された最新の最終回次回予告映像についてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、最終回の物語について想像を膨らませていただくことができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

2022年12月21日の19時〜20時、TVerで配信された生放送のサイレント特別番組がありました。

その番組の最後で、最終回の次回予告映像が流れたのですが

その内容がこれまで公開されていたものに映像を加えられていましたので

その内容を中心に考えていきたいと思います。

今回は追加シーンを1つ1つみていって、どんなシーンなのか想像をめぐらせていきたいと思います。

 

まず、初めてみるシーンはこちらでした。

紬が何かをペンで書いているところでした。

これは第10話のラストシーンからの続きですよね。

想が好きになんてならなきゃよかったと紬へ言ったあとだと思うのですが

本来なら、紬は手話で想へ気持ちを伝えれば良いと思うんですが・・

文字を書いている理由はなんでしょうか。。

紬の手話に対する理解が追いついていないという可能性もあるんですが

 

机に付箋を貼っていってるんですよね。

これは・・正確にはわからないですが

もしかしたら、想が紬の方を向いてくれなくなってしまい

手話での会話が難しくなってしまったのかなと思いました。

そこで紬は文字を書いて、想が目を落としているテーブルに貼っていくことにした、ということかなと思います。

この付箋には「つらくなるなら」「それでも一緒にいたい」「ぜんぶ・・」なんとかと書かれているようです。

「それでも一緒にいたい」が一番最後にはられているようです。

あらすじには「紬は想へおもいを伝える」とあったのですが「一緒にいたい」ということを伝えるという意味なのか、それとも「好きです」と文字で伝えるのか・・どうでしょうか。

 

その付箋をみた想は・・座っていたソファから立ち上がり

紬の家から出ていってしまうようです。

 

次に初めてみるシーンはこちらです。

タワレコでの仕事中の紬ですが、そこに真子がきているようで

そこで真子に

「泣いて帰ってきたら、背中さすって」とお願いしていました。

 

真子は「わかった。さする練習しとく」と答えていました。

紬は「泣いて帰ってきたら」と言っていたので、これは何かをしにいく、どこかへ行くことを言っていると思うんですよね。

想像できるのは、卒業した高校へ行くシーンですかね。

そこで紬は想へもう一度自分の気持ちを伝えるつもりなのかもしれないですね。

まあでも、「泣いてかえってきたら、背中さすって」と言えるぐらいなので、紬は余裕がない状態というわけではないようです。

想は紬へ告白してましたもんね。

「好きになんてならなきゃよかった」これは告白の言葉だと思います。

もし好きでいてくれるんだったら、きっとだいじょうぶなはず、そういう思いが紬にはあるのかもしれないですね。

 

次は紬と紬の母・和泉のシーンです。

お別れするときこそね、全部相手に渡さないとだね

と言っていました。

「お別れ」というワードが出てるんですよね・・

おそらくですが、紬は和泉に全てを話しているわけではないと思うんですよね。

和泉は何かのたとえ話をしているんじゃないかと思いました。

でも、そのたとえ話をする理由はきっと、紬と想の関係を感じ取ったからだと思います。

和泉がいるということはここは実家なんでしょう。

やはり、紬は高校へ行くために実家に帰ったと思われます。

 

次は湊斗のシーンです。

拓実へ話していました。

2人が再会してなかったら、そしたら今頃って

と言っていたので、

湊斗が紬に対する気持ちを素直に話すところだと思います。

2人が再会してなかったら・・湊斗と同棲してたんですよね。。

同棲の話が進んでいる中、想と再会してその話がなくなってたと思います。

でも、想と再会してからの紬を湊斗はみていて、

きっと紬の中にはずっと想への思いがあり続けたんだ、ということがわかったと思います。

だから、もし再会してなかったら

そして仮に紬と湊斗が結ばれるようなことがあったとしたら

きっと紬は100%の幸せを感じられなかったはずだ・・

そう思うんじゃないですかね。

なので、2人が再会してなかったら自分が紬と一緒にいたはず

ということが言いたいんじゃなく

2人が再会してなかったら紬を不幸にしてしまっていたかもしれない

ということを湊斗は言っているんじゃないか?と思いました。

 

次はタワレコのバイトの休憩中っぽいシーンです。

お弁当食べてるから、っていうのもあるんですが

さっきの真子と会っていたシーンの紬の服と同じ服っぽいんですよね。

だから、真子と会ったあとのシーンなのではないかと思います。

そのため、このシーンはまだ実家に帰る前なんでしょう。

紬はおそらく同僚の田畑へ話しているようです。

耳聞こえないならこうだって決めつけた考え方しかできないほうがよっぽどかわいそうだよ

この前、田畑は想のことをかわいそうと言ってましたよね。

田畑を非難している言葉だとは思うんですが

でも、そう言いながら、もしかしたら紬は自分の中にもあった同じような気持ちに気づくのかもしれないですね。

知らず知らずのうちに、想にそういう風に接してしまっていたかもしれない、田畑との会話はそんなふうに考えるきっかけになるのかもしれません。

 

次は想が誰かと会っているシーンです。

男性っぽいんですが・・ぼくは服装から、これは湊斗ではないか?と思ったのですがいかがでしょうか。

 

想は手をにぎるんですよね。

湊斗が想に対して何かを言いに来て、その思いを受け取った想は、それを受け入れたことを示すために手をにぎるんじゃないでしょうか。

今、紬は実家に帰ってるから、想も地元へ戻って、そして2人が出会ったあの教室でもう一度話をして

紬と想を、地元の高校で会わせてくれるのは湊斗だと思います。

2人は別々に高校へ行くようです。

 

萌と光が2人で会うようです。

佐倉くんに教わればいいじゃん

そっちこそ紬ちゃんに教わればいいじゃん

これは・・何の話なんでしょうね??

手話・・?とも思ったんですが、萌は教えてもらわなくてもいいぐらい手話ができそうなので、何のことでしょう??

どちらにせよ、初回放送の時よりかなり親しくなってますよねこの二人。

 

春尾と同僚の澤口ですね。

最近わかってきたよ、春尾くんのいいところは

聞こえない人をかわいそうだと思ってないところだよね

春尾はどうやったら対等でいられるか、ということを常に考えてきた人なんじゃないかと思います。

奈々と再会して、春尾の心境に変化があったのかもしれないですね。

外を歩いているようなので、何かのイベントなんでしょうか。

奈々が花束を持っていたことと関係してるのかなとも思ったんですが、いかがでしょうか。

 

律子と紬です。

何かを楽しむことより、傷つかないことを優先してほしかったの

これは、これまでの律子の行動について話したところですよね。

でも、それはもともと想がそういう風にしたい、と言ったことからだったと思います。

このシーン、紬の服が高校の教室にいたシーンと同じなんですよね。

想と会ったあとのことなんですかね・・?

高校まで律子が迎えに来てくれたんでしょうか。

 

新しいシーンは以上です。

いかがですかね・・

少し流れがみえたような気もしますが・・わからないですね。

最終回を楽しみに待ちましょう!

ちなみに、高校の教室で待つ紬の手元には

「わたしたちの手話」という本がありました。

想へ思いを伝えるために一生懸命になっている紬の気持ちがわかりますよね。

ーーーー

今回はここまでとします。

 

なんとなくですが、

最終回のラストで紬と想が別れてしまうかどうかはわからないんですが

でも、最終回の中で一度は離れ離れになることになってしまいそうですよね。

今回公開された映像には別れを感じさせるものが多かったので

もしかして、サイレントの最終回に対するみんなの反応があまりにも「紬と想が結ばれるハッピーエンド」という方に傾いていたので、

最終回放送前に、少し心の準備をしておくように言われているような気がしてしまいました。

特別番組の中で川口春奈さんが最終回について「それぞれが選んだ道・・決めた道というか」という話をされていて、それもちょっと別れを感じさせるような話だな〜とちょっと思ってしまいました。

でも、サイレントらしい、あたたかい気持ちになることができる最終回と言われていたので、心して待つことにしましょう!

 

ーーーー

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼