ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 最終回のラストシーンは古賀センの目線だった!特別番組の終了画面のパンダの秘密!最終話終了後の速報!

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、サイレント最終回放送直後でまず伝えたいこと についてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、最終回の考察をご覧いただき、感想を共有していただくことができます。

なお、今回は最終話放送直後に急いで作成しているため誤りがあるかもしれませんがその点がご容赦ください。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

今回の最終回はまずじっくり視聴することに重点を置いていたので、この動画は考察というよりは感想寄りの話しになると思いますがご容赦ください。

最終回のネタバレをしますので、もしまだサイレントの最終回をみてないという人は最終回をみてからこのあとを観てくださいね。

このあと色々お話ししていきますが、急いで動画を作っている関係上、

今回はストーリーを全部追うことはできませんのでその点もご了承ください。

 

まず、何よりも最初に話したいと思った人のことがこの方のことです。

久しぶりに登場した、そう、みんな大好き、古賀センです。

最終回の予告映像で紬と想が卒業した高校で会う、というシーンがあって

あ〜リアルでは、卒業した高校に勝手に入ったりできないよなー

なんて思っていたら

なんと古賀センが話しをつけてくれていたんですよね。

そういう形で古賀センを見られるなんてうれしいな!とちょっとテンション上がってたんですが

実は古賀センの活躍はそれだけじゃなかったんですよね。

今回、最終回で登場したのはこのシーンだけだったんですけど、

このシーンで話していたことをちょっと振り返りたいと思います。

古賀センがしゃべっていたことです。

おまえらいつも放課後残ってずーっとしゃべってて

何いちゃついてんのかと思って、廊下でよく聞き耳立ててたんだけど

たいしたことないしょうもない話しかしてなくて

と言っていました。

この話は第2話で描かれていましたよね。

 

想と紬が、紙を42回折ると月まで到達するという話をしていたとき

廊下から見守る古賀センの姿がありました。

たしかに、たいしたことないしょうもない話しかしてなかったんですけど

この第2話のシーンの古賀センをみて・・ちょっと待てよと思いました。

これってもしかして・・

今回の最終回の本当の最後、ラストシーンってどんな感じだったか覚えていますか?

それを確認していただきたいんですが・・

 

紬と想が教室でいちゃついてましたよね。

この時は顔を近づけて何をするのかなと思ったら

耳元で何かをつぶやいていました。

これはいちゃついてたと思います。

でも、気になるのはそこじゃなくて、このいちゃつく二人の映され方です。

紬と想を映すカメラは・・廊下から撮られてるんですよね

わざわざ、教室の扉が右側に見切れているので、あえて廊下からだとわかるようになっています。

これって・・

 

そうなんです。

これは、古賀センの目線なんですよね!

 

まさか、ラストカットが古賀センの目線だとは思いませんでした。

古賀センは2人の近くにずっといたわけではないんですけど

想とは耳が聞こえなくなってからもずっと連絡をとっていた数少ない知り合いだったので

このサイレントというドラマは、古賀センが想を見守ってきた話

という風にもみえる話なのかな?と思いました。

いや〜まさか、最終回で、こんな形で古賀センが大活躍するとはおもいませんでした。

・・という風に、ぼくはこのラストシーンをとらえたんですけど

どう思いますか??

 

さて、すみません、古賀センの話をどうしても最初にしたかったので

ここから全体に対する感想をお話ししたいと思います。

最終回は本当にオールスター出演という感じでしたよね。

そして、ただ、顔を見せるだけ、というだけでなく、

これまでのストーリーと同じく、

紬と想の関係を中心に描きながら、それに影響されて変わっていく周りの人たちを描いていたな〜と感じました。

このサイレントというドラマは、初回からなんですけど、僕は恋愛ドラマというよりも実は群像劇みたいに感じていました。

湊斗をあてうまにしない、という話があったんですけど、

湊斗だけでなく、全員にしっかり人生があることが感じられる物語だったんですよね。

ただ、主人公たちの関係を描くためのコマとして周囲の人が存在しているのではなく、

むしろ、紬と想という二人によって変わっていく周りの人たちの方を描きたかったのかな、とさえ感じました。

紬と想の恋の物語のようで、実は真の目的はそこにはなかったんじゃないか、と感じたんですけど、いかがですかね?

最終回で、奈々や湊斗に割かれた時間もかなり多かったですよね。

最終回では、主人公・ヒロイン以外の話はほんの一瞬のカットで描かれることが多いように思います。

紬と想という二人によって変わっていく周りの人たちの方を描きたかった

そしてそれがかなりうまくいっていて、みんながいろんな人に感情移入してみることができるドラマだったなと思いました。

第1話のシーンは本当にたくさん出てきましたよね。

駅のシーン、教室のシーン、体育館、告白をした橋など。

それを見せてくれることで紬と想と一緒に見ているこちらも思い出に浸っているような感覚にさせてもらうことができました。

また、サイレントの特徴だった、音楽なし・声なしのシーンが最終回はとくに多かったです。

手話のシーンだけでなく、紬が文字を書くシーンや黒板に書くシーンなど。

でもそれが、視聴者をテレビ画面に集中させてくれる効果がありましたよね。

本当に一瞬も目が離せないドラマだったなという風に思いました。

速報の動画なのであまり考察らしいことはできていないですが

みなさんの感想をぜひコメント欄で教えてくださいね!

 

今回は速報で急いで作成したものだったので、あらためて、もっとよく考えた内容で、もう少しだけサイレントの動画アップする予定でいます。
それ以降も、ドラマについて今後も語っていきたいと思っています。
サイレントほどのドラマには何度も出会えるわけでは無いと思いますが
今後も良い作品は必ず現れると信じています。
ぜひ、ドラマを観ることになったら、YouTubeで僕のチャンネルもまたみていただけると嬉しいです。考察、感想お話ししていきます。
過去には二宮和也さん主演のマイファミリーや吉高由里子さん主演の最愛、もっと前だとテセウスの船とか、天国と地獄の考察もやってて、たくさん視聴していただいていました。
2023年の冬クールは、今のところ、吉高由里子さん主演の星降る夜にに注目しています。北村匠海さんが聴覚を持たない音のない世界を生きている人の役なんだそうです。
チャンネル登録は引き続き、よろしくお願いします。

ーーーー

今回はここまでとします。

 

最終回の放送日前日にTVerで配信されたサイレント特別番組の終了画面がこれだったんですよね。

「ご視聴ありがとうございました」の画像なんですが

パンダの絵が描かれていました。

それだけじゃなくて・・よくみたらカスミソウらしきものを持っていて・・

そしてパンダは雪だるまのような形をしています。

 

パンダはおそらく紬を表していると思うんですよね。

そして雪だるまは、紬が雪の中サッカーやったらボールで雪だるまできるね、と言っていたので想のことかなと。

まあ・・想を演じているのがSnowManの目黒蓮さんなので、その意味でも雪だるまは想のこと。

そしてその雪だるまパンダが持っているのが幸せの象徴である「カスミソウ」なんですよね。

だから、特別番組配信の時点で、ハッピーエンドになることが予告されてたってことですね。

 

特別番組みたときはけっこう不安になっていたんですが・・

まさかここにヒントが隠されていたとは・・いまさら気づきました!

 

まだ喉の調子がおかしいですが

もう少しサイレントについて話していきますので、お付き合いをよろしくおねがいします!

 

ーーーー

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼