ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

夏休みにやることリストは #涼宮ハルヒの憂鬱 #エンドレスエイト で

夏休みを満喫する方法、考えてますか!?

とくに力を入れてほしいなと思うのは、世の中のお父さん、お母さんたちです。子供が夏休みにどんな体験ができるか、というのは親にかかっています。

 

昔と違って今は、子供が勝手に自然体験できる場所もないですし、そもそも危ないので許されませんよね。。親がどこにも連れて行かないと、子供は何も体験できないまま夏休みを終えることになります。

 

もし自分が子供の頃、親にあまり連れて行ってもらえなかったな・・とか、自然体験や夏っぽいことできてなかったな・・という人は、自分に子供ができたら、子供とそういう体験を目一杯楽しみましょう!!

 

 

ただ、じゃあ実際に夏休みを満喫しよう!と思っても

いったい何からすれば・・となるかもしれません。

 

別に何をやってもいいとは思うんですけどね(^_^;)だけど、夏らしいこと、夏だからこそやれること、をやってみたいですよね。

 

では、どういうことをやるべきか・・

 

夏休みにやることリストはアニメで学べ

ぼくはまさに上に書いたような状態で、今は子供と「夏らしいこと」を楽しもうと思っている父親なんですが、そんな僕が「夏にやること」として参考にしているリストがあります。

 

これを夏になると見返すように、リマインダーに登録しています(笑)

 

それはなにかというと、

こちらの人とほぼ全く同じ考えで(笑)

 

「涼宮ハルヒの憂鬱」 なんですよ!!え!?アニメオタクの話!?と驚かれるかもしれませんが・・(^_^;)

いやいや、なんというか、まさに上のツイートのとおりで、「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメ自体がどうとか、「エンドレスエイト」と言われた「ほぼ全く同じ話を8回連続で放送した」とか、そういうところを強く主張したいわけではなくて。

 

ただ、この「涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト」の話が、すごく「夏休みを楽しむための方法」を教えてくれるんですよね。

 

アニメ好きではない人は「この絵がちょっと・・」という人もいるかもしれませんが、もし「夏休みにやることリスト」を知りたいなら、一度みてみることをおすすめします。 

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

 
涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~

涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~

  • アーティスト: TVサントラ,アニメ・サントラ,涼宮ハルヒ(平野綾),長門有希(茅原実里),朝比奈みくる(後藤邑子),畑亜貴,安藤高弘
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/07/07
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 
エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える

エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える

 

 

まあ、、よくよく考えたら、そんなに難しいことは言ってないんですけどね(^_^;)

夏休みにやることいえば・・・?と想像していけばいずれは出てくるようなものなんですけど、そもそも夏休みをうまく満喫できていないで大人にまでなってしまった人は、そういう想像もうまくできないものなんですよね。

 

また、このアニメをみればわかると思うんですが、とにかく「夏休みを楽しむことが大事」という意識。

これこそが必要だと気づかせてくれます。

 

そして夏休みが終わったときにはきっと大事な思い出がたくさん残っているはずです。

 

涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト 夏休みの活動予定表

そこに出てくる「夏休みにやることリスト」はこんな感じです。

もしぼくと同じように「これから夏休み満喫を本気で頑張るぞ!」という人はメモをして、毎年夏の始まりに通知されるようにリマインダー設定しておきましょう(笑)

 

「活動予定表」や「夏休み中にしなきゃダメなこと」というタイトルで、涼宮ハルヒによってメモ書きされたものです。中にはメモ書きには入っていませんが、こういう行動をとっていた、というものもあります。

 

夏期合宿
プール
盆踊り
花火大会
バイト
バッティング練習
昆虫採集
肝試し
ハゼ釣り
ビーチバレー
天体観測
金魚すくい
映画のはしご
ボーリング
カラオケ
野鳥観測
その他
海水浴
公園で遊ぶ

夏休みの宿題

 

❉ここからは自分で考えたもの追加(夏にやることの備忘録として)

 

・カブトムシ採集

・セミの羽化観察

・ホタルみにいく(本当は5〜6月だけど、7月後半〜8月前半にみられるものもいる)

・早めの梨を買いに行く、梨の産地に

・ぶどう狩りにいく、秋のイメージあるが、種無しは夏ぐらいがメインらしい

・道の駅、海の駅にいく、海水浴などのついで

・うなぎ食べる

・流しそうめん

・スイカ割り

・野菜収穫体験

・キャンプ、コテージでの宿泊

・巨大なシャボン玉作り

・ひまわりなど、夏の花みる

 

❉自分で考えたものここまで

 

1つ1つみてみると、そう大したことではない気もするんですけど、暑い夏にみんなでやることに意味があるんだと思います!

たとえば「キャンプ」とかっていうとちょっとインドア派には難易度が上がりますが「夏季合宿」って言うと、家族旅行でどこかにいけば・・?という気もしますよね。友達家族と一緒とかだとよりいいかも。

 

とにかく、これを1つ1つやっていくだけで、夏が満喫できることは間違いありません!毎年同じことをやってもいいわけです。去年と今年はまた何かが違うはずですし。

 

「涼宮ハルヒの憂鬱」エンドレスエイトとは?

 

ちなみに涼宮ハルヒの憂鬱のエンドレスエイトは・・だいたいこんな感じの話です↓

 

エンドレスエイトとは?

夏合宿から帰ってきた後、キョンはしばらくハルヒ他SOS団メンバーと会うこともなく、平和な夏休みを過ごしていた。しかし夏休みも後半に差し掛かった頃、突然ハルヒから集合命令の電話。SOS団のメンバーに「夏休みを全力で遊ぶ!」と宣言。プール、盆踊り、花火大会、バイト、天体観測、バッティング練習、昆虫採取、肝試し…明日以降の超過密スケジュールを発表する。準備を始めるSOS団だったが、キョンはずっと謎の既視感と違和感に悩まされる。そんな中、長門が疲れているように見えたキョンは長門に声をかけたのだが、本音を話すことなくそのまま別れる。

そんなある日の深夜、キョンの携帯にみくるから連絡が来る。みくるの隣には古泉がいるようで、さらにみくるは泣きじゃくっていた。自転車を飛ばし、駅前に向かうキョン。そこにはハルヒ以外のSOS団メンバーが集まっていた。みくるや長門がキョンに伝える。

「夏休みが終わらない」

一体どういうことだ?

 

みくるの説明は要領を得ないが、「なぜか過去に戻れなくなった」と訴える。古泉は「時間がループしている」と説明する。どうやら8月31日の24時になると勝手に8月17日早朝に戻り、しかも長門以外はその間の記憶はなくなるという。そして長門によると、今回が15498回目のループだと語る。長門が疲れていたのもそのためであった。

ループの原因は、「ハルヒが深層意識で『夏休みにやり残したことがある』と思っている」と推測。それのせいで、8月31日になるとハルヒが無意識に時間を巻き戻しているという。だがその肝心のやり残したことが何なのかがわからず、実際過去のループでも様々なことを数千回に渡って試したものの、結局ループを抜け出せなかったとのこと。

今回のループでもハルヒが思い残すことがないように、全力でハードスケジュールをこなすSOS団メンバー。しかし夏休み最終日、それでもやはり不満そうなハルヒ。このままでは次もループに入るのは確実。解散を言い渡し、帰り始めるハルヒ。迷いに迷った末に、キョンは言葉を絞り出す。

エンドレスエイトとは (エンドレスエイトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

このエンドレスエイトは実は現在においてもアニメ界で「伝説的」なストーリーになっています。なぜなら・・

先述のように2009年版でアニメ化されたが、当初の視聴者の予想は原作の長さなどから1~2話程度で終わるというものだった。しかしこの予想は大幅に覆されることとなる。

1話目放送の翌週に、ほぼ同様の内容の2話目が放送されたのである。その翌週に、ほぼ同様の内容の3話目が放送された。しかしそれでも話が完結することなく、4話目、5話目と続けてほぼ同様の内容のストーリーを展開。

そして最終的に、「エンドレスエイト」のストーリー完結までに要した話数は8話。
要するに、8話連続ほぼ同様のストーリーが繰り返されたのである。

厳密には構成を分析すると、ループに気づかないまま終わる第1話目(アニメオリジナル展開)、ループにハルヒ以外のSOS団メンバーは気づくが何もできないまま終わる第2~7話目(アニメオリジナル展開)、ループに気づき、ループを脱出する原作どおりの第8話目の全3種がある。

なおストーリーこそほぼ同一であるが、決して使い回しではない。各話ごとに構図などが異なるため絵はほぼ全て書き直されており、アフレコもキャストのインタビューから各話ごとに収録が行われている。(録音台本はエンドレスエイト全体で3本とのこと。)また脚本や演出も細かく異なっており、言わば放送された全てが「新作」とも言うべきものである。「エンドレスはもうこりごりだ!」という人も、作画監督などによって異なる各話ごとの微妙な違いを探してみると意外な発見があるかもしれない。

同じ話を8週間連続で放送したんです(笑)まあ細かくいうと全く同じ話ではないんですが(笑)ぼくは再放送でみましたが、正直やっぱり苦痛です(笑)

しかしながら、アニメの登場人物たちも繰り返しているそのストーリーを同じように視聴者も体験するというのはすごく面白い試みで、相当たくさんの人の印象に残っていると思います。

 

まだ見たことがない人で、時間がある人は

「涼宮ハルヒの憂鬱」おすすめします。

 

ぼくも、この絵柄をみて最初は避けていたんですが・・サスペンス的な要素があり、タイムリープ(タイムスリップ?)したりとすごく引き込まれるストーリーです。

 

 

夏休みに時間がある人は

この「涼宮ハルヒの憂鬱」をみる、というのも良い時間の過ごし方かもしれません!

(子どもがいる人はぜひ、外へ遊びに連れて行ってあげてください) 

 

このブログへメール 削除依頼について