ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

#半分青い 小ネタ・元ネタ・面白いあらすじストーリーまとめ 7/9〜7/11「すがりたい!」

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」は脚本家・北川悦吏子さん渾身の一作だと思ってます。

 

ラブストーリーとしてもおそらく決定版だろうと思いますし、これまでのドラマで培ったあらゆる手法を駆使して面白い脚本を書かれていると思います。

 

今回の朝ドラは現代までつながる作品ということで、40代以上の人はとくに懐かしいと思うことがたくさん登場してきます。30代の人もそうですよね。

懐かしむようなことだけでなく小ネタが多数登場しています。その小ネタの元ネタを紹介したり、これからのストーリーの鍵となるポイントを紹介していきたいと思います。 

 

第15週は・・涼次(間宮祥太朗)と鈴愛(永野芽郁)がだんだん接近していき、ついには結婚します宣言をする週ですね(^_^;)

www.hinapishi.com

  

放送した回の情報を随時、追記していきますので、こまめにチェックしてくださいね。 

 

 第87回 2018年7月11日(水)小ネタ・元ネタ・どんな話あらすじ

 

運動会当日は雨

涼次のバイト最終日の運動会当日は雨。運動会は中止!

 

田辺密かに戻るが

ごめんなさいが言えずに、そのまままた去るという(笑)

 

東雲(しののめ)さんが言うまるくてきらきらしてくるくるするもの

答えは万華鏡でした。万華鏡セットが売ってるものの手作りが必要で、涼ちゃんが作ってあげました(笑)

そして、鈴愛も作って欲しいとおねだり・・

 

100円ショップはふくろう町にはない、隣の隣町のせきれい町にはある

この世界の岐阜県は・・鳥の名前なんですかね(笑)

 

2人きりの打ち上げ

ギターでまずは「ラブストーリーは突然に」

 これは関係ないですね(笑)

そのあと、土曜ワイドと火曜サスペンス劇場を間違える鈴愛(笑)

 このタイトルのドラマが土曜ワイドなのかどうか判別がつきませんが(笑)

 

そのあとに涼次が歌った歌が・・

 これ、ドラマ「ロングバケーション(ロンバケ)」の曲だったようです。北川悦吏子さんのセルフパロディ。

www.youtube.com

「そばにいてよ」という曲だそうです。ロンバケのセナのピアノメロディが使われている曲だそうです。

www.youtube.com

 

涼次「大丈夫、必ずまたあるき出します。ぼくたち前にしか目がついてないんで視界が開ける方に歩き出します」


14時間前

ぼくと一緒に雨に打たれませんか?!

大納言を出てみると外は雨。

鈴愛「左の耳が聴こえなくて、傘をさすと左側に降る雨の音が聴こえない。私の好きだった人は、両側に雨が降るのってどんな感じ?って聞いたら、傘に落ちる雨の音なんてそんな素敵じゃないから片方で十分だよって」

涼次「素敵な人です」

鈴愛「でも・・結婚しました」

 

そのあと、あ!そうだ!という涼次は雨の中に出ていきます。

涼次「傘をさしたら片方だけど、ここにこうして空の下に立てば、両方雨降ります!ぼくと一緒に雨に打たれませんか!?」

 

そう誘うと鈴愛も雨の中へ。

「雨に唄えば」ダンス

 

そして、

涼次「好きです、鈴愛さん・・」

 

第86回 2018年7月10日(火)小ネタ・元ネタ・どんな話あらすじ 

100ショの極意で始まった

3種の神器。油性マジック・ハンディモップ・メジャー。メジャーは収納ボックスの寸法を計る。そして鈴木と佐藤のハンコは常にストック。レジが暇なときは包装用の新聞切り!これが100ショの極意!

 

大納言のうた

100ショの極意の裏で流れていたのが大納言の曲(笑)

 お店オリジナルのBGMってあったりしますよね(笑)

 

涼次には帽子作りの才能あり

涼次は三姉妹の甥っこ。涼次には帽子作りのセンスがある、三姉妹のお父さん・ゴンゾウさんの血を引いていると。ゴンゾウさんはかっこよかったらしいですからね。この流れでいくと・・いずれ映画をあきらめて、帽子の道にいくのかな・・涼次。。

 

漫画家だったんだからポップを書いてというお願いに

時間

鈴愛があまり乗り気でないのをみて、涼次が書くことに。ひどい(笑)

 

 

バランとおかずカップ

 バランというのは、こういうやつだそうです。

抗菌 山形バラン 140P P-2916

抗菌 山形バラン 140P P-2916

 

 そして、おかずカップはこちら

 

 

格言「嫁は流しの下からもらえ」

よく働くし、ということなんでしょうね。あとは「逆らわない」とか、そういう意味もあるんでしょうか。。まあ、今言うと相当批判されそうですけどね(笑)

 

シロガネーゼ

1998年頃に作られた造語だそうです。ミラノっ子を意味する「ミラネーゼ」を文字ってつくられたそうですよ。

 

田辺一郎なので、イッチ

田辺さんは急に出ていって、急に帰ってくるんですかね(笑)なんとなく涼次と鈴愛のことを気づいていそうな気もするので、自分もうらやましくなっちゃってたりするのか(笑)

 

大納言は全国チェーンの100円ショップらしい

雰囲気的には大手チェーンではない印象だったんですが、やってきた鈴愛の弟・草太が「岐阜にもある」といっていたので、全国チェーンのお店なんでしょう。フランチャイズですかね。

 

「なにいっとりゃーす」

アラビア語に聞こえる岐阜弁だそうです(笑)

ちなみに、なにいっとりゃーすをアラビア語に翻訳すると

f:id:AR30:20180710220905p:plain

アラビア語っぽいかどうかの判別はつきませんが(笑)名古屋弁っぽいですよね、この感じ。やっぱり近いからか。

 

第85回 2018年7月9日(月)小ネタ・元ネタ・どんな話あらすじ

涼次が鈴愛の耳が悪いことに気づく

おじさんからうるさく呼ばれ「どこに目がついてるの!」と言われる鈴愛。それをみて、耳が悪いとすぐに気づく涼次。これは・・気づかない人は気づかないですよね。


「美しい弦楽器のような通る声」でしゃべるとよく聞こえるそうです(笑)

 たしかに、いろんな弦楽器がありますからねー(笑)鈴愛が想像したのはどれなんでしょうか??というか、すでに涼次の声がそんなふうに聴こえているということで・・


風が柔らかくなるんだよ壁にあてると

あれ??と鈴愛は田辺に聞くと、「10月といえど、体動かしてると暑くなるでしょ?」という答え。でもそうではなくて、なぜ扇風機が壁の方を向いているのかが知りたかった鈴愛。すると「風がね、やわらかくなるんだよ、壁にあてると」と言われ、近づいて体感する鈴愛。

これ・・ラストに向けた伏線ぽいですよね。最終的にそよ風のような風を出すことができる扇風機を発明するのでは?と言われています。スズメ。そのヒントになるエピソードかもしれないですね。

 

www.hinapishi.com

 
下の名前を聞く流れから漫画家楡野スズメと知る

「一瞬に咲け」という漫画がとても好きで!という涼次。。楡野スズメがすげー好きで。「次回作キリンになって待ってるんで。あ、これも楡野スズメの漫画のセリフなんですけど」

 これで一気に涼次に落ちていく鈴愛・・(笑)初めて会った自分のファンと恋愛関係になるってある意味幸せかもしれないですね。

 

鈴愛の母・晴さんが「あの娘の10年何やったんやろ・・」といったあとにこの流れ。報われましたね。。

  

ここで抱き合ってしまいます。そりゃ好きになるわ・・鈴愛。

それにしても鈴愛、面食いですよね(笑)

 

このブログへメール 削除依頼について