読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

1個当たりが入った3個の箱のうちAを選んだあと、Cはハズレと明かされたら、Bに変えるかAのままにするか

ゲーム

スポンサーリンク

1個当たりの3個の箱のうちAを選んだあと、

Cはハズレと明かされたら、

Bに変えるかAのままにするか

 

 

さて、もう少しわかりやすく説明しましょう。

 

今あなたが目の前に3つの箱を用意されたとします。

 

A/B/Cの3つの箱の中に、1つ当たりが入った箱があります。

外からは見えません。

 

「私が1つの箱に当たりを入れました。

当たりが入っていると思う箱を1つ選びなさい」

 

と言われて、

 

例えば最初に

Aの箱を選んだとします。

 

そこで相手から

 

「Cはハズレです。もう一回選んで良いです。

Bに変えますか?Aのままにしますか?」

 

こう言われたとき、

あなたなら、どうしますか??

 

 

変えない?!

 

 

こうやって聞くということは・・

 

今Aの箱を選んでいるのに

ハズレが入っている箱へ誘導しようとしているのでは・・

 

ということは自分が今選んでいるAの箱が当たりで

Bの箱がハズレ・・

 

と考えて、

 

「いや、変えません。Aのままで!」

 

と言ってしまわないですか?!

 

 

 

実はこれ・・

間違いです(笑)

 

モンティ・ホール問題 テレビ番組から生まれた史上最も議論を呼んだ確率問題の紹介と解説

 

 

 

 

 

解説ですが。

 

 

例)Aが当たりだった場合

 

あなたが最初にAを選んだとすると、

相手は当たりが入っているのはAだと知っているので

そのあと「変える?」と聞くときに

BかCか、どちらかはハズレだと指定する場合

Bを選ぶ確率と、Cを選ぶ確率は同じです。

どちらも50%

「Bはハズレです。Cに変える?それともAのままにする?」

「Cはハズレです。Bに変える?それともAのままにする?」

どちらをハズレという可能性も同じです。

 

 

例)Bが当たりだった場合

 

あなたが最初にAがを選んだとすると

相手は当たりがBに入っているのを知っているので

そのあと「変える?」と聞くときに指定するのはCしかありません。

つまり、この場合は100%、Cはハズレと言います。

「Cはハズレです。Bに変える?それともAのままにする?」

当たり前ですよね、Aはあなたがすでに選んでいるので。

 

 

ということは。

 

 

Aを選んだあとに、「Cはハズレです」と

選択肢を1つ減らしてくれた場合は

 

 

Bが当たりである可能性が、2倍もあるということ。

 

相手がCをハズレだと教えてくれる確率は

Aが当たりの場合よりもBが当たりの場合の方が2倍も高いということ。

 

 

ということで・・

 

深読みしすぎずに、

こうやって再選択を提案された時には、

 

選ぶ箱を変えましょう(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+