ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

名古屋市長の「市議定数・報酬半減」条例案提出で議論が進んでくれれば

「名古屋市長、市議定数・報酬半減の条例案提出」:イザ! 「名古屋市長、市議定数・報酬半減の条例案提出」:イザ!



名古屋市長が出したそうです。


●市議会の議員を減らす


●議員の報酬を半減させる



みんな一度くらいは口に出したことあるんじゃないでしょうか。



議員ってこんなにいるの??



たしかに・・・


ぼくらにはわからない仕事があることも事実でしょう。



また、いろんな地域から人が出たほうが良い、これも事実でしょう。



しかし、できるだけ税金を効率的に使おうと言っているこの世の中ですから


こういう話があって当然だと思います。



「減ったらこれがやれなくなる」

みたいな話はあると思いますが、

それでも減らすというのが、事業仕分けだったように思います。


意味のないもの、意味はあっても効果が低いものは減らす、やめる。


資金が潤沢にあって使い道に困るぐらいなら良いですが

そうでないなら当然の話です。


そして、普通の会社だったら当然です。でないと倒産します。




この話って、普通に考えたら進まないはずですよね。


議員さんが自分で、自分たちの席を減らす、報酬を減らすなんて。



今回も可決は難しいでしょう。



しかし、こういう案が出ることでマスコミに取り上げられ


みんなが真剣に考えるきっかけにはなります。



そして、結果として動かざるを得なくなることも・・・あります。



内容が現実的かどうか等は別として


考えてみるのはありですよね。





もし良かったら、ブログランキングの応援をお願いしますm(_ _)m

 BS blog Ranking ブログランキング    

このブログへメール 削除依頼について