ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

#テセウスの船 田村心( #竹内涼真 )= #仮面ライダードライブ 、佐野文吾( #鈴木亮平 )= #変態仮面

毎週日曜日21:00から放送 

TBS系ドラマ日曜劇場「テセウスの船」

 

いろんな考察もしながら、毎週楽しくドラマを観ています。

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

もうすぐ最終回なのですが・・ドラマを観ていて、主演の田村心役・竹内涼真さんと、その父親・佐野文吾役・鈴木亮平さんを見るたびに頭をよぎることがあります。。

 

「仮面ライダードライブと変態仮面だよなぁ・・」と(笑)

おそらく多くの人は知っていることだと思いますが、知らない人もいるかもしれませんのでご紹介したいと思います。

www.instagram.com

 

もし、心さんがドライブに、文吾が変態仮面に変身したら!

どうなるんでしょうね(笑)絶対にありえないことではありますが・・ちょっと想像してしまいます(笑)

 

田村心=竹内涼真=仮面ライダードライブ

2014年〜2015年に放送された仮面ライダーです。

 仮面ライダー俳優は若手俳優の登竜門的なものと言われたりしますが、ここ最近の仮面ライダー出身俳優の中では1,2を争うほど活躍しているのが竹内涼真さんだと思います。

もう少し前だと、菅田将暉さんとか佐藤健がとくに活躍されている俳優さんですね。

www.hinapishi.com

 

 

もし心さんがドライブだったら?

まず、こんなふうに変身するはずです。

 

タイムスリップが心さん個人の能力なのかどうかは不明ですが、もしそんな能力があるのだとしたら仮面ライダーになる力を持っていても不思議ではない気もします(笑)

 

ちなみに、仮面ライダードライブって警察官が主人公になった初めての仮面ライダーだったそうです。

もし心さんがドライブになることができるとしたら、親子で実は、警察官でした!ってことになると思います。

文吾からしたら変身した心さんをみて「おい!まじかよ心さん!」って思うでしょうね。

 

実は仮面ライダードライブでは、竹内涼真さんの「息子」が未来からやってくる話があるそうです。こちら↓

 

なんとなく、テセウスの船とつながってますね(笑)

 

単独での主演は、「仮面ライダードライブ」の次が「テセウスの船」ということで、ご自身でも運命的なものを感じられているのではないでしょうか。

 

 

そういえば竹内涼真さんでもうひとつ思い出すのは 「陸王」です。

「テセウスの船」を観ていて「陸王」を思い出したのはこのシーン。

 加藤みきおに誘い出されて1人で仙南キャンプ場へ行った文吾を追いかけたシーン。

文吾はパトカーで行ったのに、なぜか心さんは走っていってました(笑)

これ、実は長距離ランナーだった、ぐらいの設定がないと、かなり無理がある気がします(笑)

 

 

佐野文吾=鈴木亮平=変態仮面

いつ、文吾が変態仮面になってくれるんだろう・・そういう目でドラマをみてしまっている僕は、ドラマを楽しむ資格がないでしょうか(笑)

 

こちらの動画が素晴らしかったです。

 

「変態仮面」は元は漫画ですが、2013年に鈴木亮平さん主演で実写映画化され、2016年に続編も作られています。

正直、少なくとも見た目はかなりヤバいやつです。

HK/変態仮面

HK/変態仮面

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: Prime Video
 

 

もし文吾が変態仮面だったら

文吾「心さん・・隠しててすまん!実はおれ・・」と言いつつ

youtu.be

 

行動がすごいです。こちらの動画、ぜひ観てみてくださいね。

youtu.be

 

文吾がこうなったら・・と考えると想像できない気もしますが、中身は同じ鈴木亮平さんですので、こうなることもありえる!と思った方が良いとおもいます。

和子(榮倉奈々)はどんな反応をするのか・・?

慎吾や鈴は喜んでくれそうですけどね(笑)

 

ちなみに変態仮面のときの鈴木亮平さんの肉体が、こちらです。

 これなら、パンツかぶってたとしても、和子(榮倉奈々)も許してくれるかもしれません!!

 

 

 

鈴木亮平さん、他にも変身してるの、ありました(笑)

変態仮面以外にも、文吾は変身可能かもしれません。

 

 大河ドラマ「西郷どん」にも出演されていましたよね。

そのとき、坂本龍馬役で出演された小栗旬さんと撮った写真がこちらなんですが・・

 これ、変態仮面です(笑)

なぜこんなことになっているかというと、

映画「HK変態仮面」のとき、小栗旬さんが「脚本協力」という形で関わっておられたんですよね。

大河ドラマ出演の格好でこれですから、かなりの変態仮面推しだと思います。

「テセウスの船」最終回に、ぜひ変態仮面ネタをぶっこんでいただきたいと思います。

 

 

この変態仮面も「本気」であるがゆえに、これだけのクオリティになったのだと思います。

鈴木亮平さんは役作りがすごいと評判です。

 

ヤバいですよね(^_^;)

 

これだけ真剣に取り組んでいるからこそ、変態仮面も佐野文吾も、見る人を引き込む演技をされるのだと思います。

 

 

1つ1つの役が印象的だから、前の役を思い出してしまうのかもしれません。。

佐野文吾は最終回までに、あの警察官の格好を脱ぎ捨て、変態仮面に変身することは・・あるんでしょうか!?

 

 

この記事は、YouTubeでもご紹介しています。

www.youtube.com

 

このブログへメール 削除依頼について