ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

星降る夜に 考察最新感想 2023冬1月期クール大ヒットドラマになる理由5選!silentサイレントとの共通点! 初回 第1話

www.youtube.com

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

2023年冬ドラマ

テレビ朝日で放送の「星降る夜に」の感想と考察です。

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

ゆきみや・すず

雪宮鈴(35)/ 吉高由里子

ひいらぎ・いっせい

柊一星(25)/ 北村匠海

さとう・はる

佐藤春(30)/ 千葉雄大

いぬやま・つるこ

犬山鶴子(50)/ 猫背椿

はちすか・しのぶ

蜂須賀志信(30)/ 長井短

だて・まりな

伊達麻里奈(25)/ 中村里帆

ほくと・さくら

北斗桜(17)/ 吉柳咲良

いぬやま・まさのり

チャーリー<犬山正憲>(23)/ 駒木根葵汰

ももの・たくろう

桃野拓郎(22)/ 若林拓也

はっとり・ひろみ

服部洋美(45)/ 宮澤美保

いわた・げんご

岩田源吾(50)/ ドロンズ石本

ひいらぎ・かね

柊カネ(70)/ 五十嵐由美子

はしもと・ひでお

橋本英雄(33)/ 寺澤英弥

まろかわ・さんぺい

麻呂川三平(63)/ 光石研

ほくと・ちあき

北斗千明(45)/ 水野美紀

ささき・しんや

佐々木深夜(45)/ ディーン・フジオカ


 


■スタッフ
脚 本
大石 静


音 楽
得田 真裕


ゼネラルプロデューサー
服部 宣之(テレビ朝日)


プロデューサー
貴島 彩理(テレビ朝日)
本郷 達也(MMJ)


監 督
深川 栄洋
山本 大輔


制 作
テレビ朝日 MMJ

 

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

 

こんにちは。

テレビ朝日のドラマ「星降る夜に」

 


★★★

今回は、2023年1月期のドラマ「星降る夜に」が大ヒットすると考える理由についてお話ししていきたいと思います。

この動画をみていただくと、「星降る夜に」が大ヒットする理由と、川口春奈さんと目黒蓮さんが出演したドラマ「サイレント」との共通点を確認することができます。

★★★

 


この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやTELASAでお楽しみください。

 


それでは早速はじめていきます。

ーーーー

2022年の10月から12月は川口春奈さん主演のドラマ「サイレント」でたくさんの方に動画を視聴していただけました。

2023年もまたいろんなドラマについてお話ししていけたらと思っていますので、ぜひお付き合いをよろしくおねがいします。

僕の動画はメタ考察もたくさん含む内容になっており、他の方の動画とはちょっと毛色が違うと思いますので、「違った見方をする人もいるんだなー」という感じで楽しんでいただければと思っています。

さて、2023年の初めにお話ししたいのは、これから始まるドラマ、吉高由里子さん主演の「星降る夜に」についてです。

僕はこのドラマが発表された時から「ヒットするドラマになるんじゃないか?」と注目していましたので、その理由について大きく5つとりあげてご紹介していきたいと思います。

もし「星降る夜に」が大ヒットすれば、この動画をみていただいた方はきっと早くからこのドラマに注目していた!と人に自慢できるようになるんじゃないか?と思います。

ただ、まだ全く放送されていない状態での予想なので外れるかもしれません。

ですが、「ヒットしてほしい」という願望を込めた話として、とらえていただけると嬉しいです。

 

「星降る夜に」のあらすじや、登場人物紹介については

この動画ではあまり行いません。

もしドラマの内容を先取りして知りたい方は、ドラマの公式WEBサイトや、すでに公開されている予告映像等をご覧いただくことをおすすめします。

僕の今回の動画では、ドラマの外側から「星降る夜に」がヒットしそうと考える理由についてお話ししていきます。

今回とりあげたい、「星降る夜に」が大ヒットする理由の5つをまずは挙げさせていただきます。

1つ目は主演の吉高由里子さん

2つ目は相手役の北村匠海さん

3つ目は脚本の大石静さんと吉高由里子さんについて

4つ目は2022年秋ドラマ「サイレント」との関係

5つ目はサイレントとの意外な共通点

です。

それではさっそく、1つ目からお話ししていきたいと思います。

 

まずは、主演の吉高由里子さんです。

吉高由里子さんが主演というだけで僕はかなり期待してしまいます。

というのも、前回に吉高さんをドラマでみたのが、TBSドラマ「最愛」でした。

最愛では、高校生の役から30代の実業家の役までと幅広い役をやってらっしゃったんですが、一番印象的なのは泣いているシーンでした。

しんだお父さんの秘密と思われる血だらけの服を燃やしながら、火の前で泣いているシーンが・・すごかったです。

もし「最愛」を観ていない人はぜひ観てほしいです。

吉高由里子さんはバラエティ番組等で見せる天真爛漫な雰囲気からは想像できないような謎めいた、深みのある演技をされる俳優さんなんですよね。

その深みっていうのも、いろんな経験からくるものなのかなと想像しています。

演技とは直接関係ないかもしれないんですが、吉高由里子さんといえば2008年に公開された映画「蛇にピアス」での体当たり演技が結構有名ですよね。

この映画では全身はだかを披露されてるんですが、そこではだかを披露することに抵抗がなかった理由として、直前まで病院の集中治療室にいたことを挙げられていました。

「蛇にピアス」の主演にオーディションで決まったあとに交通事故で重症になり、一時は自分の名前も言えないほど記憶が飛んでいたこともあったそうです。

集中治療室では怪我も何もかも丸出しだったから、そのあと出演した「蛇にピアス」では裸に抵抗がなかったのかもしれない、とのことでした。

そのあと、2014年にはNHKの朝ドラ「花子とアン」で主演を演じられたのに、その後1年間、俳優としての目標を見失い休業されたそうです。

たしかに、あまりみかけない時期がありましたよね。

でも、そのあと、カムバックされて、今では大活躍ですよね。

あとでもお話ししますが、このあとには大河ドラマの主演にもなられるということで、朝ドラと大河ドラマの主演は、松嶋菜々子さん、宮崎あおいさん、井上真央さんに続いて史上4人目という快挙を成し遂げられる予定です。

「星降る夜に」は、そんな吉高由里子さんが出演されるというだけでかなり注目したいドラマだなと思います。

今回、「最愛」の時と違うな、と思うのは、「星降る夜に」の番組宣伝等の場所での吉高さんのコメントがちょっと変化球なところですかね。

ディーン・フジオカさんのことを「おディーン」と呼んでいるなど、真面目すぎないコメントをされているあたり、吉高さんが自由にされていることがうかがえて、「星降る夜に」での吉高さんの演技により期待できるなと思っています。

 

その吉高由里子さんの相手役となる北村匠海さんですが

実年齢で、吉高さんが34歳、北村さんが25歳なんですよね。

そしておそらく今回の役柄でも10歳ぐらいの年齢差がある役だと思います。

実は僕は、北村さんの演技についてはこれまであまり観たことないんです。

どちらかというと、歌手の印象が強いですね。

「猫」という曲が大ヒットしてますよね。

吉高さんが言ってたように思うんですが、「北村さんは金髪で歌っている人」っていうイメージだったけど、会ってみたらやさしい感じの人だったと言われていたのが印象的でした。

ちなみに、吉高さんは北村さんとの共演ということで「ひとまず猫練習だなぁ」と言われていたそうです。

北村さんはこれまで、ドラマではあんまり主演はないようなんですが

映画ではかなりの数、主演されているようです。

2017年の映画「君の膵臓をたべたい」で、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞されたそうなので、演技力に定評があるんだと思います。

北村さんは生まれつき聴覚を持たない方の役なので、手話も含め、どんな演技をされるか注目したいなと思いますね。

 

「星降る夜に」の脚本を担当されるのは大石静さんなんですが

大石静さんは2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」の脚本を担当されることが決まっています。

その「光る君へ」で主演の紫式部役を演じるのも・・吉高由里子さんなんですよね。

まあ、キャスティングは脚本家さんが1人で決めるものではないとは思うんですが

やっぱり何かのつながりがあるんじゃないかなと思います。

ちなみに、大石静さんの脚本ドラマでは、2020年のドラマ「知らなくていいコト」でも吉高由里子さんは主演されていました。

そしてさらに面白いことに、このドラマで相手役となっていた俳優・柄本佑さんも「光る君へ」に出演されることが決まっていて、藤原道長役ということだそうなので、「光る君へ」でも吉高由里子さんの相手役になるんじゃないかなと思います。

ということなので、かなり脚本家さんの影響が強いキャスティングなのではないか?と思ったんですが、調べてみたら、やっぱり「知らなくていいコト」のときの吉高由里子さんの印象から、大石静さんが「光る君へ」の主演に吉高さんを推薦されたようですね。

その大石静さんのドラマで吉高由里子さんが主演する「星降る夜に」は、きっと吉高さんを最大限に活かすような内容になるんじゃないか?と思います。

大石さんのドラマはラブストーリーに定評があるようなので、かなり期待できそうですよね。

これまでに舞台出身の無名俳優を抜擢してきて大石さんのドラマで有名になった人が多数いらっしゃるそうです。

具体的には内野聖陽(うちのせいよう)さん、佐々木蔵之介さん、堺雅人さん、長谷川博己さんなどなんですが、もしかしたら今回のドラマでも、そういった方が出てくる可能性もありえるので、脇役の方にも期待したいなと思います。

 

というふうに、「星降る夜に」がヒットしそうな理由を4つ紹介してきたんですが

最後に紹介するのが、2022年の秋ドラマとして大ヒットした「サイレント」とのつながりです。

サイレントと「星降る夜に」の共通点として、どちらも手話を使ったドラマ、ということが挙げられます。

耳が聞こえない方が主要登場人物にいるドラマということですね。

サイレントだと、目黒蓮さんや夏帆さんが演じられていました。

「星降る夜に」では、北村匠海さんが演じられるそうです。

一部では大ヒットしたドラマ「サイレント」と設定が似ているので真似たのでは・・という話もあるようですが、

脚本の大石静さんが、2021年4月期の「あのときキスしておけば」の脚本を書いているときに企画の話を受けたとおっしゃっていたので、ただ偶然に共通点があるドラマが続いてしまっただけと思われます。

まあ、テレビドラマは相当前から準備しておかないと、俳優さんのスケジュールもおさえられないので、さすがに直前のクールで放送していたドラマを真似ることはできないと思います。

「サイレント」の次のクールで「星の降る夜に」が放送されるわけですが

過去にも同様に、続けて放送されたことがありました。

1995年なんですが4月期に酒井法子さん、大沢たかおさんが出演した「星の金貨」が放送され、大ヒットしたあと

そのあとすぐの7月期には豊川悦司さん、常盤貴子さんが出演した「愛していると言ってくれ」がさらに大きくヒットしました。

この時と全く同じとは言えないとは思いますが、

「サイレント」で手話に関心が高まった状態で放送される「星降る夜に」についても、ヒットが期待できるのではないか?という気がしています。

「星降る夜に」が放送しながら制作されるタイプのドラマだとしたら、

良い意味で、サイレントの良いところを取り入れてくれる可能性もありそうです。

サイレントファンも注目してみてみるといいんじゃないか?というふうに思います。

そして、サイレントをみていた方にもう一つ注目していただきたいことがあるんですが

なんと、サイレントの劇伴(げきばん)、音楽を担当されていた方と同じ方が「星降る夜に」でも音楽を担当されます。

得田真裕さんという方で、他にはアンナチュラルやMIU404、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう、などを手がけられた方です。

こちらも全くサイレントと同じ、ということはないはずですが

でも、同じ方が音楽を手がけられるので、なんとなくサイレントと同じ雰囲気を感じられる作品になるかもしれないですよね。

サイレントはとても素敵なドラマでしたが、星降る夜にも同じく、素敵なドラマになることを期待したいと思います。

ーーーー

今回はここまでとします。

 

『星降る夜に』と『silent』の違いについて

こんな話がありました。

 

星降る夜にでは、サイレントとは全く違った形で耳が聞こえない人の恋愛を描く予定なんだそうです

 

『silent』は、キスシーンもないラブストーリーとして話題だったんですが

『星降る夜に』は、年齢10歳差の吉高と北村の出会いはいきなりキスから始まるんですよね。これは予告のシーンにもすでにあったと思います。

しかも、2人のベッドシーンもあるみたいです。

なので、『silent』とは全く違うかなりストレートなラブストーリーになりそうです。

そこに、一星の耳が聴こえないことがどう関連してくるんでしょうか。

サイレントで目黒蓮さんが演じた、佐倉想という青年の役と、北村匠海さんが演じる柊一星という青年の性格の違いにも注目していきたいですね。

ーーーー

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼