ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ「トモダチゲームR4」考察最新 「暴露すごろく」を解説!裏切り者を炙り出す3つの仕掛けを暴露! 第2話 ドラマネタバレメタ考察!

ドラマ「トモダチゲームR4」解説考察ネタバレ

❉この記事はYouTubeで観られます↓

www.youtube.com

2022年夏 テレビ朝日系列で土曜23時から放送のドラマ

トモダチゲームR4

 

ドラマ内のゲーム内容をわかりやすく解説します。

(なお、原作があるドラマですので、この内容は調べたら誰でもわかるものではあります)

 

なお、先のストーリーもネタバレも含みますのでご注意ください。

 

この動画の内容はブログでゆっくり読むこともできます。

概要欄にブログのリンクがありますのでぜひアクセスしてみてください。

 

今回はこの内容をお話しします。

動画の概要欄にも「目次」がありますので、活用してくださいね。

暴露すごろくとは?

 

このすごろくで勝つ最大のポイントは「友達の隠し事をたくさん暴露すること」

●サイコロではなく暴露ペーパーを使用

●ピリオドごとに匿名でメンバー誰かの秘密を暴露する

●暴露ペーパーの記入はBOX内で行う(一度BOXに入ると3分間は出られない)

●その後、秘密を発表し、暴露された内容で一番許せない人は誰かをアンケート投票

●そのアンケート結果で1位5マス、2位4マス・・5位1マス進む

●アンケートに回答するのは「視聴者」である「神様」

●最初にゴールした人が負け(誰かがゴールした時点でゲームクリア

●暴露は1度に何個書いてもOK

●嘘が書いたのがバレたら、強制的にTOPになる

 

暴露すごろく終了時に与えられるもの

 

暴露すごろくをクリアすると、チームに賞金200万円が与えられ、1人につき借金が40万減る。

 

初めにゴールした人にはペナルティとして借金100万円が追加。

 

ゴールせずに済んだプレイヤーには追加賞金で1人100万円が与えられる。

 

クリアしてゴールせずに済めば、一気に140万円の借金が減ることに。

 

しかも、ゴールしないでクリアした人は第3ゲームに参加しないでOK。一時帰宅も許される。

 

第1ピリオド

 

「みんな白紙で出してゴールすればいい」と美笠天智が提案。友情を守るため・・とみんなで合意するが・・

 

白紙で無いものが1枚

「沢良宜志法が好きなのは片切友一だ。そんな沢良宜志法は昔、美笠天智と付き合っていた」

 

結果、沢良宜志法に「許せないアンケート」が集中し、志法だけ5マス進み、あとのみんなは1マス進む。

 

志法と美笠天智は親同士が許嫁と言い出した関係で、付き合っているフリをしていたのが真相でした。

 

天智は今も志法が好きだと告白していましたが・・

この暴露は実は天智が書いたものだったようです。

第2ピリオド

 

次こそ白紙でだそう、という友一。

自分が出たあとに、志法にBOXに入るように促します。

そして結果・・

 

暴露が3つ

●四部誠は中2まで母親とお風呂に入っていた

●片切友一はまだファーストキスをしたことがない

●沢良宜志法は実は整形だ

 

1位 志法

2位 友一

3位 誠

5位 天智、ゆとり

 

志法が独走体制です。

今回も、志法の暴露を書いたのは天智でした。

 

この整形は美容整形ではなく、中学の時に負った傷を消しただけ、という本当の理由も天智は知っていました。

第3ピリオド

 

暴露は1つだが、かなり爆弾の暴露が出てきます。

「心木ゆとりは中学の時、援助交際をしていた」

 

これは知ってるのが志法しかいないということで、ゆとりは志法が暴露したと決めつけます。

そんなゆとりに友一は「告白した?」と思われるような他の人には聞こえない会話をしていました。

 

修学旅行費がなくなった経緯が語られますが・・

ここで「裏切り者」が明かされます。

その裏切り者とは、美笠天智でした。

修学旅行費200万を盗み、トモダチゲームへの参加申込をしたのは天智でした。

 

ゆとりの援交については、ゆとりと志法が話しているところを天智は立ち聞きしていたのでした。

 

「ゆとりは自分で自分の暴露を入れたのではないか」と、天智は志法へ言います。

ゆとりはそれによって友一との仲が深まったように見えるので・・疑念は深まりました。

 

アンケート結果はゆとりに票が集まり、ゆとりが1位で他は全員5位。

 

第4ピリオド

 

友一は天智に先に行くように促す。

天智は自分の暴露が1つもないのはおかしいと思い、自分に関することを書く。

そしてすぐにBOXを出ようとしますが、3分間は出られない。

外から志法と友一が争う声が聞こえます。

そして頬を打つ音も。

 

天智が外に出ると、志法がぶたれた様子。

「ゆとりは自分で自分の暴露を入れた」と天智から聞いたことを言ってしまったようでした。

 

次はゆとりがBOXに入ると宣言。

 

そして・・

最終的に暴露は2件。

 

(1)沢良宜志法はボクサーパンツを履いている

(2)実は美笠天智は年齢を偽っている

 

(1)はゆとりが書いたと思われ、

(2)は天智本人が書いた模様。

 

天智は自分が書いたとは言わず、これを知ってるのは志法だけと言い、みんなから志法が疑われるように仕向ける。

 

アンケート結果は

1位 志法

2位 天智

5位 あと3人

 

志法の独走は続きます。

スペシャルチャンス

 

志法が1人指名、指名された人は事務局が調べた特大の暴露が明かされる。

進むマスはアンケートで決定。

 

許せない100% 10マス

90%台 9マス

・・

10%台 1マス

10%未満 0マス

 

天智はここで指名されてしまうと、トモダチゲームへの参加申込したことが明かされるためピンチ。

 

ここで誠が自分を選んでくれ、やましいことは無い!と言い切って、志法は誠を選びます。

 

結果、政治家である父親の不正が暴露されました。

誠本人のことではないにも関わらず、アンケート結果は「許せない99%」になり、誠は9マス進むことになります。

 

すごろくの位置はこのようになりました。

 

「俺の大切な人を奪った志法を、トップでゴールさせないと」と天智。

大切な人とは父親のこと。

どうやら天智は、志法に恨みがあるようです。

 

第5ピリオド

 

今回の暴露は1つ。

「実は四部誠は過去に人をころしている」

 

誠は嘘だといいますが信じてもらえません。

 

天智は友一が、天智の計画をつぶそうとしていると思い始めます。

 

友一は「今の暴露でわかった。この中に関係を壊そうとしている裏切り者がいることが。

裏切り者のあぶり出し方がわかった」

と言います。

 

誰が何を書いたかわからないことがこのゲームではやっかいだ。

だが、誰が何を書いたかわかるようになったら?

次からはTOP以外の人間は、自分自身に関する暴露を入れれば良い。

 

天智は「裏切り者に暴露を集中させTOPでゴールさせること」がベストの選択だと、志法を裏切り者に仕立てあげ暴露を集中させようとしますが

神様たちも喜んでるってことで、みんなそれでいい「よな」となりました。

第6ピリオド

 

暴露の数は絶対に4。一つでも欠けたらそいつが裏切り者だと友一は言いますが・・

 

暴露は全部で10個!

 

天智はこの作戦の穴に気づき、多数の暴露を記入していました。

暴露は1人で何個書いても良かったので、天智はいくつも書きました。

友一は「裏切り者は・・・わからない」と。

天智は志法への復讐にさらに燃えます。

 

第7ピリオドから第18ピリオドまではこのまま進行していきます。

 

第19ピリオド

第19ピリオド時点のすごろく位置はこちらです。

沢良宜志法がゴールの1マス手前にいます。

ということは、この回で特別なことがなければ志法が1位でゴールすることがほぼ確定している状態です。

 

裏切り者が名乗り出る方法を思いついた

と再度友一が言います。

 

嘘を書いたら強制的にTOPになる

というルールをうまく使い

「このトモダチゲームに参加を申し込んだのは自分だ」と全員で書き、

裏切り者以外全員で第3ゲームへ行こう、という話でした。

 

事務局は誰が申込者かわかっているはずだから本当かどうか証明する必要はない。

 

そして、、

友一は天智に、初めにBOXに入るように促します。

裏切り者を炙り出す3つの仕掛け(ネタバレ)

このあと、次回以降のネタバレです。原作やアニメを元にした情報ですので、おそらく合っていると思われます。

 

嫌な人はここで動画を閉じてください。

 

 

事務局は、この5人のうち4人の変化に気づいていました。

 

これが何だったのか・・というと、

 

 

友一と天智の胸に、借金の金額が書かれた名札がついているんですが

誠の胸にも名札がついています。

でも、ゆとりと志法の胸にはついていません。

 

実は・・

友一は「信頼の証」として、志法・ゆとりから名札を預かっていたんですね。

 

 

「沢良宜志法が美笠天智と付き合っていた」が出た時点で友一は志法と行動を開始。

 

1つ目の仕掛け

友一は陰口ペーパーで指示を出していました。

第2ピリオドで「白紙で入れた」といった友一でしたが、実は志法への指示を書いてBOXに残し、次に志法がBOXへ入るようにしていました。

 

友一が志法を信じていいかどうかテストしていました。

友一が志法に出した指示は「昔話した2人だけの秘密を暴露しろ」

それで志法が書いたのが「片切友一はまだファーストキスをしたことがない」でした。

これが書けるのは志法だけで、このときに書かれた「志法が整形だ」は志法とは別の「本当の裏切り者」が書いたと確信。

 

他のみんなにも1人ずつテストをしていた友一。

 

ゆとりに対しては「沢良宜は味方だ。でも裏切り者を炙り出すため沢良宜と喧嘩を続けてくれ」と伝えていました。これは友一がゆとりにしか聞こえない声で話していたときに伝えたのだと思われます。

そしてゆとりにも自分しか知らない志法の秘密を出せと指示を出したところ、「沢良宜志法はボクサーパンツを履いている」の暴露を出します。

このとき「美笠天智は年齢を偽っている」という大きい暴露があったので、裏切り者は天智か誠に確定。

 

2つ目の仕掛け

天智はずっと志法や他のメンバーをみており、細かいやり取りをするスキがなかったのでは・・?と思われますが、

友一は暴露BOXに入っていく順番をさりげなくコントロールしており、

天智が暴露のためBOXに入る瞬間には3分間は天智は外で何が起こっているかわからない状態でした。

 

残る裏切り者候補は天智と誠だが、

スペシャルチャンスのときに誠は自分から、自分を選ぶように名乗り出ていました。

もし誠が裏切り者なら、それを暴露されてしまうと思われるここで名乗りでることはできるわけがない。

だから、誠ではなく、裏切り者は天智で確定した、ということでした。

 

つまり1人ずつ可能性をつぶしていって、最後に候補を1人に絞る「消去法」で特定したということです。

 

天智が裏切り者だと判明したのに公表しなかったのは、まだゲームが続くため、次々に暴露をいれられることを防ぐためだったようです。

 

最後のピリオドでは、初めに天智がBOXに入ったときに、他のメンバーには「白紙」で出すように指示します。

 

3つ目の仕掛け

ただ、1人で何個も暴露を書くことができるので、今言った方法では、結局、志法もゆとりも裏切り者ではない保証はなかったのですが・・

そのテストのときに並行して友一がやっていたのが

「みんなから名札を受け取っておくこと」でした。

 

自分がおまえを信頼するかわりに俺に名札を預けてくれ

 

と友一はみんなへ依頼。

 

心木が沢良宜も味方だと信じた理由も

友一が名札を預かっていたことを知ったからでした。

 

初めに沢良宜から名札を預かる際には、

もしかしたら一旦、自分の名札を沢良宜へ預けて相互に確認していたのかもしれません。

 

 

・・・ということで、

実は友一は当初から行動を開始していて、

天智が裏切り者とわかった状態で最終ピリオドを迎えていたわけですね。

 

次回は、第3ゲームに誰が行くのかが確定します。

このドラマ版は、アニメ版とは細かいところで設定が違っています。

 

大筋のストーリーは同じかなと感じるのですが

もしかしたら違う可能性もありそうです。

次回にも期待したいですね。

 

 

第3話で活躍してほしいのは、どの登場人物ですか?

ぜひコメント欄で教えてくださいね。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼