ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

星降る夜に 考察ドラマ最新感想 佐々木深夜は10年前に家族をなくしている!それが鈴と関係! 初回 第1話 第2話

www.youtube.com

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

2023年冬ドラマ

テレビ朝日で放送の「星降る夜に」の感想と考察です。

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

ゆきみや・すず

雪宮鈴(35)/ 吉高由里子

ひいらぎ・いっせい

柊一星(25)/ 北村匠海

さとう・はる

佐藤春(30)/ 千葉雄大

いぬやま・つるこ

犬山鶴子(50)/ 猫背椿

はちすか・しのぶ

蜂須賀志信(30)/ 長井短

だて・まりな

伊達麻里奈(25)/ 中村里帆

ほくと・さくら

北斗桜(17)/ 吉柳咲良

いぬやま・まさのり

チャーリー<犬山正憲>(23)/ 駒木根葵汰

ももの・たくろう

桃野拓郎(22)/ 若林拓也

はっとり・ひろみ

服部洋美(45)/ 宮澤美保

いわた・げんご

岩田源吾(50)/ ドロンズ石本

ひいらぎ・かね

柊カネ(70)/ 五十嵐由美子

はしもと・ひでお

橋本英雄(33)/ 寺澤英弥

まろかわ・さんぺい

麻呂川三平(63)/ 光石研

ほくと・ちあき

北斗千明(45)/ 水野美紀

ささき・しんや

佐々木深夜(45)/ ディーン・フジオカ


 


■スタッフ
脚 本
大石 静


音 楽
得田 真裕


ゼネラルプロデューサー
服部 宣之(テレビ朝日)


プロデューサー
貴島 彩理(テレビ朝日)
本郷 達也(MMJ)


監 督
深川 栄洋
山本 大輔


制 作
テレビ朝日 MMJ

 

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

 

こんにちは。

テレビ朝日のドラマ「星降る夜に」

 


★★★

今回は、第一話放送直後の感想についてお話ししていきたいと思います。

この動画を最後までみていただくと、初回で確認しておくべきポイントを知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

★★★

 


この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

 

★★

本編映像はTVerやTELASAでお楽しみください。

★★


それでは早速はじめていきます。

ーーーー

星降る夜にの第一話を観終わった直後にお話ししています。

もしかしたら間違っていることもあるかもしれないですが、ご容赦いただければ嬉しいです。

このドラマは「ラブストーリー」と聴いていましたが

単なる恋愛ドラマではない、というのが強く感じられた初回放送でしたね。

人間の生に関わる産婦人科医と、シに関わる遺品整理士の話

ということで、その両方に関わる色んな人の物語を描いてくれていました。

1時間のドラマだったのに、いろんな人の物語を見せてもらえたな、という気がしています。

今後も、生とシが描かれ、

そして吉高由里子さん演じる鈴や、ディーン・フジオカさん演じる深夜が抱える闇・・悲しみやつらいことを乗り越えていく話になるのかな?と思いました。

実はまだ明らかになっていない謎の要素もあって、色々想像させてくれる第一回でしたよね。

 

人は恋で生まれ変わる

教えてくれたのは10歳下のあなたでした

この言葉が、予告の時から何度も出てきているので、きっとこれから鈴は、北村匠海さん演じる一星との関わりで生まれ変わることができるってことですよね。

恋で生まれ変わる

ってことは、恋が成就することがこのドラマの終わりではない、ってことなのかもしれないなと思いました。

 

初回放送の前に公開されていた、放送の冒頭シーン、という動画では

開始から100秒ぐらい無音だったんですが、テレビ放送ではさすがに音楽が入っていましたね。

声は一切入らない。

ここは一星の目線での鈴が描かれていたと思います。

その後、鈴の目線での一星も描かれていましたよね。

同じシーンを別の人の目線から見せてくれるというのが不思議な感じがしました。

やっぱり声が聞こえない、という世界と聞こえている世界では感じ方が大きく違うな・・と思いましたよね。

鈴目線でも2人出会いが描かれていて、鈴目線だとかなり唐突にみえたキスも

一星目線だと、そんなに唐突に見えないから不思議な感じがしました。

令和の時代に、こんな唐突なキスありなのか・・という思いもありつつ

でも、こんな出会いもいいかも・・と思っていたら、次の瞬間、テントの中で倒れている鈴のシーンになって、そこから一星が悪態をついて去っていくんですが

このドラマって、静かなシーンだけじゃなくて

ドタバタ・ガヤガヤしているシーンもいっぱいあるんですよね。

その2つのシーンがあることで、静かなシーンがより強調されるようになっているなと思います。

 

出演者の方がビックリするぐらい全員個性的だったのも印象的です。

おそらく1人も、単なるモブキャラっぽい人がいないですよね。

みんな印象に残る人たちだったなと思います。

ガヤガヤしたシーンというのは、この個性的な人たちが戯れているシーンなんですよね。

本当にみんな印象的だったんですが、ぼくがとくに印象に残ったのは、マロニエ産婦人科医院の院長、麻呂川三平役の光石研さんですね。

最近は悪役でも見かけることがあったんですが、良い人の役でもけっこうしっかりした人の役が多かったのに、今回の院長の役は人が良さそうでいて、そして軽い、という、光石研さんのキャラとしてはあまり見かけないタイプの人かな?と思いました。

放送開始15分ぐらいに、マロニエ産婦人科の看板が出てきたんですが、

その看板がピンク色で、院長の顔写真が大映しになってるんですよね。

もし見逃した方はぜひ観てみてください。めちゃ面白かったです。

 

初回でまだ明かされていないことが大きく2つありますよね。

1つは、鈴が大学病院をやめた理由です。

お母さんへ電話で「わたし、訴えられちゃった」と言っていましたよね。

おそらく、危険な状態だった母子を受け入れた結果、

赤ちゃんは助かったけど、お母さんの方がおなくなりになった、ということがあったと想像されます。

それで、イゾクの方からきっと訴えられたんですよね。

処置がわるかったんじゃないか、ということだと思います。

一般的に、産婦人科医って訴訟を受けることが多いと聴いたことがあるんですが・・

実際どうなんですかね。

鈴が大学病院をやめたのは、この事件がきっかけになっているんでしょうか。

 

そしてもうひとつの明かされていないことが

ディーンフジオカさん演じる佐々木深夜の謎ですね。

途中で鈴から、なぜ30代後半に医学部に入って医師になったのか

という質問に対し、秘密です、と言っていました。

想像でしかないんですが、深夜は鈴が働いている病院だと知っていて

マロニエ産婦人科に来た可能性があるんじゃないかと思っています。

まだ詳しくはわかりませんが、途中で出てきた深夜のお墓参りのシーンで

お墓には平成25年3月と書かれており、立てたのが深夜と描かれていました。

そこには子供のお墓と思われるお地蔵さんも立っていたことを考えると

奥さんと子供をなくしているんじゃないかと思われるんですよね。

今からちょうど10年前だと思います。

そのころ、深夜は35歳ころ、鈴は25歳頃です。

このときに何があったかはまた考察していきたいと思いますが

おそらく鈴と関わる何かがあったことは間違い無いと思います。

 

 

ーーーー

ここからはおまけです。

 

最後のシーンの、鈴の

「お前のキス、大したことなかったけどな」

あれ、すごく良かったですよね。

 

手話での会話ってどうしても、必要最低限の会話しかしないようなイメージがあるんですが、

途中で出てきた、千葉雄大さん演じる佐藤春と柊一星のアダルトビデオに関する手話での会話など、リアルな会話・・という感じがしましたよね。

 

同じく手話が登場したドラマでしたが、2022年秋ドラマのサイレントとは、「星降る夜に」は、また違った魅力を持ったドラマだなと感じていますので、

このあとも楽しみに見ていきたいと思います!

 

ーーーー

今後もドラマについて気になることや気がついたことをお話しさせていただきます。

チャンネル登録をして次の動画を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼