ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ブラッシュアップライフ 考察ドラマ最新感想 主題歌が最終回結末ラストを表していた!伏線まとめと展開予想! 初回 第1話 第2話 第3話 最終話

www.youtube.com

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

2023年冬ドラマ

日テレ放送「ブラッシュアップライフ」感想・考察

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

近藤麻美(こんどう あさみ) / あーちん〈33〉
演 - 安藤サクラ


門倉夏希(かどくら なつき)/ なっち〈33〉
演 - 夏帆


米川美穂(よねかわ みほ)/ みーぽん 〈33〉
演 - 木南晴夏

田邊勝(たなべ まさる)
演 - 松坂桃李


黒木華


近藤寛(こんどう ひろし)
演 - 田中直樹


近藤遥(こんどう はるか)
演 - 志田未来


近藤久美子(こんどう くみこ)
演 - 中島ひろ子


福田俊介(ふくだ しゅんすけ)/ ふくちゃん
演 - 染谷将太[


田上静香(たがみ しずか)/ しーちゃん
演 - 市川由衣


丸山美佐(まるやま みさ)/ ごんちゃん
演 - 野呂佳代


島本加奈子(しまもと かなこ)/ ぺーたん
演 - うらじぬの


三田哲夫(みた てつお) / ミタコング
演 - 鈴木浩介

 

宮岡徹
演 - 野間口徹


受付係
演 - バカリズム


臼田あさ美


 


■スタッフ

脚本
バカリズム


演出
水野格
狩山俊輔


プロデューサー
小田玲奈
榊原真由子
柴田裕基(AX-ON)
鈴木香織(AX-ON)


チーフプロデューサー
三上絵里子


企画協力
マセキ芸能社


制作協力
AX-ON


製作著作
日本テレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

ーーーー

日テレドラマ「ブラッシュアップライフ」

 

ーーーー

バカリズムさんが脚本を書かれているんですが、とてもおもしろいです。

とくに、女子たちの会話が面白いですよね。

ぼくは男なんで、リアルな女子同士の会話がどんなものかは想像でしかないんですが

あ〜そういう会話するな〜という絶妙なところをついているんじゃないかなと思ってみています。

でも、絶妙に、「そこまでは言わないんじゃないか」というぐらいに、会話の返しがうまいんですよね。

かなり頭の回転が早い人にしかできない会話を、あーちん、なっち、みーぽんの3人はずっと続けています。

あえて、微妙な空気になりそうな一言をいうんですよね。

そしてそれをお互いに、「あーわかるわかる」と納得し合える間柄だから、この3人は仲が良いのかなと思いました。

会話はもちろん面白いんですが、このドラマはタイムリープを描いているんですよね。

人生をやり直す。

やり直すから、同じ場面が何度も登場するし、

そこまでに出てきた会話や行動がほとんど伏線になっていくんですよね。

第2話まで観てきただけでも、かなりきれいに伏線回収されていっていて、本当に面白いなと思いました。

このドラマ、たぶん考察できるドラマだと思うんですよね。

あの時のあれが、実はこんなふうにこのあと関わってくる

そんな想像ができそうです。

ですので、今回は、第1話と第2話をみて、このあと、何かに関わってきそう

と思う、伏線について話していけたらと思います。

実際には全く関係ない話しかもしれないですが、ぜひお付き合いください。

なお、ブラッシュアップライフの公式WEBサイトには「○周目の麻美」というページが用意されていて、それぞれどんなことをしたかが書かれています。

ということは、このあともきっと、人生を繰り返すと思うんですよね。

どんなふうにつながっていくか、想像しながら観てみたいと思います。

 

まず1つ目のポイントは「生徒会長の宇野真理ちゃん」です。

宇野真理ちゃんはパイロットを仕事にしているという話しでした。

勉強できて、スポーツできて、かわいい、さらに性格いい

あの子絶対人生2周目だよね、あったね宇野真理タイムリープ説ね

と言われていたんですが、おそらく本当に2周目なんじゃないですかね。

麻美が2周できてるってことは、他にもそういう人がいてもおかしくないんですよね。

2周目の麻美も宇野真理ちゃんには勉強で一度も勝てなかったと言ってたんですが・・

やっぱり宇野真理ちゃんあやしいです。

まあ、タイムリープ系の話で、タイムリープしてる人が複数いたら、収集つかなくなる可能性はあるんですが、もしかしたらバカリズムさんがそのあたりをうまくまとめてくれるかもしれないですね。

 

次に、バカリズムさん本人が出演しているシゴの案内所の受付でのことなんですが

ここで麻美は「希望の生命でないとしたら徳が不足している可能性がある」と言われていました。

ここはフカヨミなんですけど、逆に麻美本人が希望している生命に生まれ変わることになってる可能性もあるってことですよね。

つまり、オオアリクイになりたいというのが、実は麻美の希望という可能性はないのか?とちょっと思いました。

まあ、オオアリクイそのものになりたいとは思っていなかったとしても

あんなふうになりたい、と思ったことがあったとか。

このあと、徳を積むために麻美は生まれ変わるんですが

もしかすると、3周目もありそうで、3周目があるとするとやっぱり徳が足らなかったから、ということになりそうですよね。

実は一度目も徳が足りなかったわけではなく、麻美の希望の生物になることがかなっていたんだとしたら、このあといくら徳を積んでいったとしても、やはりオオアリクイへの生まれ変わりは変わらないんじゃないか?という気もしました。

 

そして受付でもう一つなんですが

このタイムリープには代償はないんですかね?

普通、こういうスーパー能力を使う場合は、何らかのリスクがあるものなんですよね。

受付のバカリズムさんはリスクや代償の話は一切せずに、麻美をまた同じ人生へ送り出していたんですが

もしかしたら後出しでリスクが説明されるんじゃないか?という気がしました。

やっぱり、生まれ変わるごとに、何か悪いことがあるんじゃないですかね。

もしかしたら2周目ぐらいではまだそれがわからないものの、3回4回と繰り返して初めて気づくような・・

そういう可能性はないですかね?

あと、同じような話で、転生できる回数に制限はないですかね?

ある程度繰り返した段階で、「次が最後です」と言われて、絶望するような展開もあるのかも・・と思いました。

 

あと、麻美は生まれ変わったとして、シの運命から逃れられるのか?という疑問もあります。

前回ここでシンダというところに出くわしたとして、それをなんとか回避したとしても

結局別の理由でシンデしまうような・・

運命っていうのはありそうですよね、生まれ変わったとしても。

昔、「命の数、有限説」っていうのを聴いたことがあって

1つの命が消えないと新しい命が生まれない

という話を聴いたことがあります。

もしそういうルールがこの世界にもあるとしたら、

麻美がシヌことは決まっていそうな気がしますね。

なんとなくですが、もしそうだとしたら、

シヌまでに、お世話になった人たちへ恩返しをしていく必要がありそうだなと思いました。

 

第2話の冒頭で、麻美がなっちとみーぽんに、生まれ変わりのネタバラシをしているようなシーンがあって、え!?話していいの?とビックリしたんですが

これ、結局、麻美の夢だったんですよね。

同じような話で、ふくちゃんが歌手になることを止めるために、カラオケで麻美が急に話しだしたのも

麻美の想像でしかない、というシーンがありました。

これ、映像をみているこちらは、途中までは「今起こっていること」として観ているんですけど、あとから「夢でした」「想像でした」とネタバレされる流れで・・

なるほど、これがありだったら、もしかしたら

今後も生まれ変わったと思ったら夢だった、みたいなこともあるのかもしれないと思いました。

あと、もしかしたらですが、麻美は夢と現実が混ざり始めているんじゃないか、という気がしていて、

もしそうだとしたら

麻美は今、2周目と思っているけど、本当はもっと繰り返していたり

あとは夢と思っていたことが、本当は別のタイミングで生まれ変わったときにやっていることだったりするのかも、と思いました。

あの、カラオケでふくちゃんに、歌手になるのはやめたほうがいい、と言ったのも

単なる想像ではなくて、別のタイミングで転生したときに本当に言うことがあるんじゃないか?そんな気がしました。

 

そして最後になってしまったんですが

第2話で最も気になったのが、ふくちゃんが歌っていた歌でした。

槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの」だったんですが

この歌詞が・・もしかしたら、このドラマの全て、麻美のこれからを表しているんじゃないか?と思いました。

もしよかったら、「僕が一番欲しかったもの」の歌詞をぜひ読んでみてほしいです。

読めば読むほど、これは生まれ変わる人のことを歌っているんじゃないか?と思うような歌詞なんですよね。

一部だけ歌詞を読み上げます。

「結局僕はそんなことを何度も繰り返し

最後には何もみつけられないまま

ここまで来た道を振り返ってみたら」

何度も繰り返し、というのが麻美の生まれ変わりと合致してるんですよね。

そして「最後には何もみつけられないまま」とあるので

繰り返すが結局うまくいかないのかなと。

「ここまで来た道を振り返ってみたら」

 

続きの歌詞です。

「僕のあげたものでたくさんの人が幸せそうに笑っていて

それを観た時の気持ちが

僕の探していたものだとわかった」

麻美は徳を積むためにいろんなことをやってるんですが

それはほとんど、人を幸せにすることだと思うんですよね。

でも、それをいくらやっても生まれ変わりがうまくいかない

それはなぜかというと

「それを観た時の気持ちが

僕の探していたものだとわかった」

つまり、麻美自身が、自分が徳を積むために行動するのではなく

関わる人を幸せへ導くことを幸せと思えること

それこそが麻美が得るべきものだった、ということかなと思いました。

だから、麻美がそれに気づけたときに、この生まれ変わりのタイムリープは終わるんじゃないでしょうか。

 

まあ、ただ、このドラマは一貫した主題歌というのは無いみたいで

初回はエンディングで「ポケベルが鳴らなくて」がかかっていましたし、

第2話は槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの」だったので、

単に第2話に関わる歌、というだけの可能性もあるんですが・・

どうなんですかね?

 

最後に、第2話の最後、2014年に麻美がお父さんにプレゼントした肩のマッサージ機が、第1話の冒頭でお父さんが「壊れた?」といって様子をみていたマッサージ機だったんですよね。

やっぱり、お父さんやお母さんへ何らかの感謝を伝えることが

麻美には必要な気がしますよね。

ーーーー

次回以降もとても楽しみですね。

★★

1周目でしんだ日が描かれる

第3話は1月22日放送予定です。

★★

ーーーー

コメントにはできる限り返信します。

また、次回も感想を共有できると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼