ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

100万回言えばよかった 考察最新感想 相関図から犯人を特定!直木は恩人である犯人をかばう! 第2話 第3話

www.youtube.com

www.youtube.com

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

2023年冬ドラマ

TBSで放送の「100万回言えばよかった」の感想と考察です。

 

 

■出演者

 

役名 ー 俳優名・女優名

 

相馬 悠依    …    井上真央
鳥野 直木    …    佐藤 健
宋 夏英(ソン・ハヨン)    …    シム・ウンギョン
樋口 昌通    …    板倉俊之(インパルス)
田島 宏一    …    少路勇介
村中 望海   …    穂志もえか
広田 美貴子    …    桜 一花
           
魚住 叶恵    …    平岩 紙
広田 勝    …    春風亭昇太
池澤 英介    …    荒川良々
           
魚住 譲    …    松山ケンイチ

 

 

 

■スタッフ

脚 本

安達奈緒子

 

音 楽

河野 伸

 

プロデュース
磯山 晶
杉田彩佳


演出
金子文紀
山室大輔
古林淳太郎


編成
中西真央
吉藤芽衣


製作
TBSスパークル
TBS

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

TBSのドラマ「100万回言えばよかった」

 

ーーーー

サスペンス的なシリアスなところと、コメディタッチの楽しいパートのバランスが素晴らしいなと思います。

恋人がすでに幽霊になっていてあいたくてもあえないという状況はすごく切ない状況で、場合によってはかなり悲しい方に偏ってしまう可能性があると思うんですが

このドラマ「100万回言えばよかった」は悲しい、切ない、というだけじゃない世界なんですよね。

インパルスの板倉さん演じる樋口も前回まではかなりあやしいだけの人でしたが

今回は「生き返る方法、教えてやろうか」と真剣に言いつつ、でもそれは直木をだますために言ったもので、振り返った直木に「え?あるの??」って思っちゃったでしょ?と言ってました。

ここもすごく面白かったんですけど、

このドラマのバランスをうまく保っているのは、刑事の譲を演じている松山ケンイチさんだなと感じますね。

譲は井上真央さん演じる悠依に付き添っていますし、刑事だから事件解決のために動く立場で、普通に考えたら真面目に真剣に動くだけ・・になってしまってもしかたないんですが、

普通の人にはみえない幽霊がみえる、という特殊な役で、

その「見える」ということをコミカルに演じられていますよね。

悠依と直木の悲しいシーンにも必ず横にいますが、実際、ティッシュの箱をフードで顔を隠しながら悠依に渡していましたが、存在を消して2人の世界になるように努めている人なんですよね。

松山ケンイチさんってシリアスな役も演じられる俳優さんなんで

こんなコミカルな感じの役をうまく演じられているのはすごいなと感じますね。

 

さて、100万回言えばよかったの相関図をもう一度見返してみると

実は登場人物があんまり多くないんですよね。

今回、悠依と直木が昔お世話になっていた広田家のご夫婦が2人ともなくなっていることがわかったので

もう、そう考えたら残りの人はすごく少なくなります。

このドラマだと、「実は事件を追っている刑事が真犯人でした」というような突拍子もない結末はおそらく無いと思われるので・・そう考えてきたら、直木をころした可能性がある人はかなり限られてきますよね。

 

第2話の中では、悠依と直木が中学生の頃、広田家で一緒に過ごしていた

尾崎莉桜が疑われていました。

尾崎莉桜は・・相関図にはいないですよね。

これから登場する可能性もありそうですが

傷害での逮捕歴があるなど、あまりにも「それっぽい」んですよね。

犯人ぽすぎる人です。

ですので、もしかしたらですが

尾崎莉桜も実はすでにいない、ということも考えられそうな気がします。

第2話の最後で、悠依が莉桜からの連絡を受け、会うことになっていましたが

もしかしたらそれは莉桜になりすまそうとする誰かからの連絡かもしれません。

いや、悠依に会うつもりはなく、会いにきた莉桜を遠目から確認する目的で呼び出したとかでしょうか。

誰かが悠依に会いに来たっぽいですが

あれはもしかしたら、たまたま誰かに出くわした、そんなシーンかもしれないなと思いました。

 

そうやって、登場人物の中からあやしい人を絞り込んでいくと・・

ハチドリのオーナー・英介があやしくなりますね・・

そもそも、直木はハチドリでの子供食堂のあとから記憶を失っているとのことだったので、

店で何かがあったと考える方が自然ではないかと思います。

また、直木が仮にころされているとしたら、その身体を運ぶ必要もありますが

それは女性には難しいでしょう。

もし女性だったら協力者がいないと無理です。

だから、やっぱり英介があやしいですよね。

莉桜かもしくは高原涼香と英介は関係があった、一方的に好きだった

など、何かの理由があって

涼香をころしてしまった英介が、その発覚をおそれて直木も手にかけた・・とかでしょうか。

 

ただ、直木も第2話での会話にはあやしいところがありました。

莉桜のことは悠依も知っている人だったのに、なぜか悠依には一切言わずに1人で行動していました。

普通に会える感じだったら教えるつもりだった、と言っていましたが・・

ちょっとあやしいですよね。

あと、涼香の部屋に入って、部屋の中で何があったのか。

防犯カメラ映像によると7分ぐらいで出てきたようでしたが

その時のことも直木は忘れているんでしょうか。

翌日の子供食堂のことは覚えているので、涼香の部屋に入った時のことは覚えているんじゃないかと思ったんですけど、その時のことは話してなかったですよね?

これはなぜなんでしょうか。

まあ、この流れで、直木が犯人でした、となると悠依が直木を思って流す涙があまりにもかわいそうなものになってしまうので、直木が犯人というのは無いと思いますが

もしかしたら、直木は、自分を店のシェフにしてくれたオーナーの英介をかばってウソをつくとか、知らないフリをする、というようなこともあったりするのかもしれない、という気がしました。

 

そういえば、医師のソンハヨンが「ウソでしょ」と言っていましたが

あれはやっぱり、直木のことが見えているんでしょうね。

譲と、幽霊である樋口にしか見えないと思いきや

他にも見える人がいた・・という展開なんじゃないですかね?

もしソンハヨンに見えるなら、ハヨンは悠依のために色々考えてくれそうな気がします。

直木を感じることができる方法や、もしかしたら直木と話せる方法など。

基本的にはファンタジーの物語なので、リアルでは難しい技術もドラマ内では可能かもしれません。

それが脳神経内科の医師であるソンハヨンによって成し遂げられるのかもしれないですね。

 

ぼくはいくつかの疑問点について注目して観ていこうと思っているんですが

今のところはまだ答えになるものが見つかってないです。

その疑問点は4つで

1★どういう事件に巻き込まれたのか
2★なぜ直木は記憶がないのか
3★譲はなぜ直木だけ見えるのか
4★直木はなぜ成仏してないのか

 

第3話も楽しみに見ていきたいと思います。

ーーーー

次回以降もとても楽しみですね。

★★

直木の両親が登場する

第3話は1月27日放送予定です。

★★

ーーーー

コメントにはできる限り返信します。

また、次回も感想を共有できると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼