ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ 天国と地獄 真犯人は八巻(溝端淳平)である7つの理由。メタ考察。犯人予想ネタバレ。サイコな2人 高橋一生 綾瀬はるか

ドラマ「天国と地獄〜サイコな2人〜」をメタ考察で真犯人を予想したいと思います。

まず初めに結論を言うと、真犯人は八巻英雄(溝端淳平)です。

天国と地獄、綾瀬はるか、高橋一生、溝端淳平

ちなみに八巻さん、読み方は「ハチマキさん」ではありません(笑)「ヤマキ」です。でも、「山木」ではありません(笑)それで検索している人多いようでしたが。

 

ドラマの真剣な考察はいろんなYouTuberさんが一生懸命されているので、ぼくは全く違う方向からメタ考察で考えたいと思います。

まあ、そこまで一生懸命見ていないというのもありますが・・なので、その程度の理解度の人間の戯言だと思って読んでくださいね。もしかしたら「え?それはおかしくない?もうドラマ内で否定されてるところあったよ」という話があるかもしれませんが、それはご容赦を。

 

こちらの内容を動画でみていただくこともできます↓

www.youtube.com

 

メタ考察の意味とは?

一応、メタ考察ってどういう意味かを初めに書いておこうと思います。

それはドラマ内の登場人物には知り得ない情報から考察することです。

話の本筋やストーリー、物語の中で明かされるヒントから考えたものではなくて、出演者である俳優のことや制作の仕方など、「ドラマの作り」の方、高次の視点で見た考察です。

「高次の」って言うとかっこよく聞こえますが、要は「邪道」の考察の仕方です(笑)

 

八巻が真犯人である7つの理由

溝端淳平の使い方がおかしい

ポンコツキャラがハマっていてかわいい、なんて評価も聞こえてくる溝端淳平さんですが、溝端淳平さんって・・そんな「若手俳優」でしたっけ??

1989年生まれの30代です。

数々のテレビドラマに出演してきた溝端さんは、もはや「若手」俳優ではないと思うんですよね。

で、今回の「八巻」の役ですが、あまりにもポンコツな後輩役ですよね。

こういう役って通常は、「若手俳優の登竜門」的な感じで、「これから売り出すぞ」という若い男性俳優を起用するポジションだと思います。

そこに、いまさら「かわいい」を売りにする必要もない溝端淳平さんが出演されているということは・・

おそらく、単なるポンコツキャラではないんですよ八巻は。

僕の中では最終回か最終回の前週ぐらいで闇落ちする溝端さんが想像できます(笑)また、そういう悪い役がたぶん似合うし、うまいと思うんですよ。

真犯人として映える俳優が必要

高橋一生さんと綾瀬はるかさんが、2人で別の角度から真犯人に迫っていくわけですが、その真犯人を演じる俳優が・・あまりに格下だったら、ちょっと拍子抜けしないですか?

こちらでドラマの人物相関図がみられますが

人物相関図|TBSテレビ:日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』

この中で、真犯人役に耐えうる俳優はごくわずかだと思います。

北村一輝さんの河原(セクハラ)は言動や行動からおそらくすでに真犯人候補から外れていると思いますので、そうすると柄本佑さんか溝端淳平さんしかいないと思います。

柄本佑さんの陸だと、「初めから何かあやしいやつだったよねー」とあまり驚きがない。となると、筆頭候補は溝端さんになります。

それ以外にもいろんな俳優さん、女優さんが出ていますが、真犯人としては弱い。弱すぎる。

ちなみに、ぼくは「真犯人」と「殺人の実行犯」は別だと思っています。

おそらく殺人の実行犯は溝端淳平の八巻ではないのでは?と思います。

 

望月(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の入れ替わりに気づいた

 初めに気づいたのが八巻だったのですが・・現実世界でもし入れ替わりが起こっていたとしたら、絶対誰も気づけないと思うんですよ(笑)いや、もし変だなと思っても、「なんであの人変わったんだろう」とは思っても、「入れ替わった」と思うのはおかしすぎる。

本人から告白されて、それを信じる、というパターンでしか入れ替わりに気づくことはできないと思います。陸(柄本佑)はそうですよね。

そして、わざわざ「殺人犯ではないか」と思われる日高のところに1人で訪ねていってるんですよね。

いつも定時で帰りたがる

これは、八巻は周りにはわからない時間を過ごしているということだと思います。

早く帰って何をしているのか?

急に良い仕事をすることがある

本当のポンコツではなく、ここぞというところでそれなりの仕事をするんですよね。それって真犯人側としてなにかをコントロールするためのものではないのか?

日高のアメリカ時代の友人(九十九)を探し出したり、重要な証言を引き出したりなど。

3年前の未解決事件当時、どこにいたのか?という話のときに「八王子」と言っていたのはけっこう唐突感があって、それもあやしい。

ほかにも、タイミングよく情報をもってくる、ということがあったと思います。

また、けっこう1人で行動してるんですよね。刑事さんたちみんなバディで動いていると思うんですけど、望月が日高になってしまったからなのか?八巻は1人で行動していることが多いと思います。

ドラマのポスターに八巻が写っていない

 溝端淳平さんはかなりの主要登場人物だと思うんですけど、このポスターに顔がないんですよね。

もしラスボスでなければ、北村一輝さんではなく溝端淳平さんがここに写っているはずなのでは?と想像します。

名前が八巻英雄

下の名前が「英雄」なんですよね。ヒーロー。

でも、このドラマで良い名前の人は悪い人なんですよね。

日高を陥れようとした九十九の名前は「九十九聖(つくもきよし)」

英雄なんて言葉を当てるのには意味がありそうですよね。

 

こちらも考察の参考に↓

天国と地獄 メタ考察。殺人犯は東朔也。「朔」の意味は新月です。 高橋一生 綾瀬はるか - ひなぴし

八巻は多重人格かもしれない

「天国と地獄」では、多重人格では?と疑われる人が何人もいますが、八巻こそ多重人格かもしれません。

たしかに、真犯人として考えると、変なところで首をかしげたりする行動をしていて、「やっぱり犯人じゃなさそう」と思わせるシーンがあるんですよね。

でも、定時で帰ったあとに限ってもう一つの人格が現れているとしたら・・望月と日高の入れ替わりを指摘しにいったときは、悪い方の人格だったのではないでしょうか。

 

入れ替わりについて

このドラマにおける入れ替わりって、どうやって起こっているんでしょうか。

(1)自分で入れ替わりができる能力を持った人間がいる

(2)人を入れ替わりさせる能力を持った人間がいる

(3)偶然起こる入れ替わりの条件を認識してそれを利用している人間がいる

 

(3)は無理があると思うんですよね。自分が入れ替わるかもしれないし、人が入れ替わるかもしれない。また、どこで入れ替わりが起こるかもわからない。

とすると、(1)か(2)か?となるんですが、(1)と(2)は両方できてもおかしくないですよね。

 

望月と日高は階段から一緒に落ちて入れ替わっていましたが、そのあと同じことをしても入れ替わりは起こらず。

また、この手法ってありきたりですよね(笑)いろんなお話しで使い古された方法です。だからたぶん、階段から・・は関係ないんだと思います。

満月の日になにかをすると発動するようになっていた・・?

 

八巻は入れ替わりをさせることができる能力者なんじゃないでしょうか!ってそんなやつおるか!と怒られそうですが、まあ、入れ替わりが起こっている世界線ですので、そういう人がいても不思議ではないんじゃないかなと。。

 

望月と日高それぞれになにかを施し、時間で発動するようにしていた(満月?)

日高を操り、望月と接点をもたせて入れ替わりを施した(マスクを渡した)

入れ替わりしたことを察知してそれをうまく利用している者なのか

(これまでにもあったため。日高を以前から操っていて、誰かと過去に入れ替わったことがあったのだとすると、癖が他の人に感染ることをみていて、今回もそれで気づいた)

 

自分も入れ替わりができる、もしかしてずっと入れ替わりを続けていて無限に生きているとか・・?

 

八巻さんは数字の8、横にしたら∞ですよね・・

 

∅(空集合)は有限集合の1種だそうですが、有限でない集合を無限集合と呼ぶそうです。

 

ここ、「クウシュウゴウ」という名前に関係あるかな・・?

 

このドラマは人名にこだわりがあるようなので、こういう意味は持たされている気がします。

 

もしかしたら、八巻だけではなく、日高も入れ替わりの能力がある人間なのかもしれないですね。

日高はそれで、何らかの目的をもって望月と入れ替わった。

自分と同じ能力である「入れ替わり」を使っていたため、八巻は望月と日高の入れ替わりにすぐに気づいた。

 

日高が望月と自分の意思で入れ替わったとするならば、それは日高が目的とすることを達成するためには警察に入り込んだ方が都合が良いと考えたか、もしくは望月彩子のことを以前から(もしかしたら子供の頃から)知っていて、何らかのことから守ろうとしてのことなのか。

八巻の動機とそれを追う日高の目的は?

真犯人は八巻の前提で話しますが、八巻がラスボスだとして、殺人をどんどん行う理由はまだわかりません(もしかしたら実行犯は別にいて、マインドコントロールするなどして操っている可能性もありそう)明かされていない過去があるんじゃないでしょうか。

日高は殺人を隠すため、現場にいって掃除をしている。

ということは犯人をかばいたい、守りたいか、犯人に感謝するところがあるということではないか?ここもまだ理由はわからないです。

 

ポートピア連続殺人事件、アンフェアと結末ラストが同じ?

身近な人間が真犯人だった・・というもので有名なものといえば、「犯人はヤス」のポートピア連続殺人事件。

「犯人はヤマキ」になるのではないかなと(笑)

もう一つは、篠原涼子さん主演のドラマ「アンフェア」。こちらでは、初回から篠原さん演じる雪平とともに行動していた瑛太さん演じる安藤が真犯人でした。ドラマではアンフェアが印象的でしたね。

 

こちらも考察の参考に↓

天国と地獄 メタ考察。殺人犯は東朔也。「朔」の意味は新月です。 高橋一生 綾瀬はるか - ひなぴし

 

こちらの内容を動画でみていただくこともできます↓

www.youtube.com

このブログへメール 削除依頼