ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

夕暮れに、手をつなぐ 考察ドラマ最新感想 音と空豆が接近!2人の恋はもう始まっている! 第2話 第3話

www.youtube.com

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

2023年冬ドラマ

TBS放送「夕暮れに、手をつなぐ」感想・考察

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

浅葱 空豆    …    広瀬すず
海野 音    …    永瀬 廉(King & Prince)
     
菅野 セイラ    …    田辺桃子
葉月 心    …    黒羽麻璃央
丹沢 千春    …    伊原六花
○    
雪平 爽介    …    川上洋平([Alexandros])
アリエル    …    内田理央
矢野 翔太    …    櫻井海音
○    
磯部 真紀子    …    松本若菜
浅葱 たまえ    …    茅島成美
丹沢 博    …    酒向 芳
久遠 徹    …    遠藤憲一
雪平 響子    …    夏木マリ


 


■スタッフ

脚本    …    
北川悦吏子


主題歌    …    
ヨルシカ「アルジャーノン」(ユニバーサル ミュージック)


エンディング曲    …    
King & Prince「Life goes on」(ユニバーサル ミュージック)


演出    …    
金井 紘
山内大典(共同テレビジョン)
淵上正人(共同テレビジョン)


プロデューサー    …    
植田博樹
関川友理
橋本芙美(共同テレビジョン)
久松大地(共同テレビジョン)


編成    …    
三浦 萌


制作協力    …    
共同テレビジョン


製作著作    …    
TBS

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

ーーーー

TBSドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」

 

ーーーー

いろいろ、表現が古いという感じのことを言われたりしてドラマに対して批判的な意見も目にするんですが、ぼくはここで話す以上は、面白いと思えるところを取り上げて話していこうと思っています。

ですので、もし批判的な意見を期待されている方はご視聴をやめていただいた方が良いと思いますのでよろしくおねがいします。

 

表現が古いとは言っても、ぼくは逆に、型にとらわれていない気がして、むしろ好意的に受け止めています。

今の時代に合わせた・・という作り方を全てのドラマがやってしまうと

きっと似通った内容にしかならない気がしていますので・・

このドラマの脚本家の北川悦吏子さんが書く世界は、けっこう毎回炎上してしまうことがあると想うんですが、あえて、今現在のリアルとは違う、

ドラマの中だけの世界を見せてくれることで楽しめるものがあるんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょうか。

 

今回は思いついたことをつらつらと話す感じになりますが、よかったらお付き合いください。

 

 

冒頭から蕎麦の豆知識が登場してましたよね。

ざる、もり、せいろの違い。

これ、たまに話題になることがあると思います。

切った麺をそのままのせたのがもり、

上に海苔がのってるのがざる

せいろに盛ってるのがせいろ

あと、豆知識ということではないんですが、テレビ局の話もしてましたよね。

NHKとTBSは入る、フジテレビは・・入ったり入らんかったり。

安住紳一郎とか兼近って名前も出てましたね。

 

音の実家は神戸ということで関西なまりが出ると説明されていたんで、

音を演じている永瀬廉さんが関西弁をしゃべれるのかな、と思いきや

永瀬廉さんのプロフィールを調べたら東京出身となっていました。

それで関西弁しゃべる役をあえてやるのか・・?と思ってたら、よくプロフィールを読んでいくと、高校1年まで大阪に住んでいたとありました。

じゃあ、関西弁はしゃべれるのかもしれないですね。

ただ、神戸の関西弁って大阪とは微妙にちがうんですよね。

だから、永瀬廉さんも練習して神戸の言葉を話されるのかもしれないですね。

 

蕎麦屋のシーンで登場した、蕎麦やの店主・丹沢博を演じている酒向芳さんが・・すごいですね。

今回はおでこをバチバチ叩かれる役なんですが

ドラマ「最愛」では息子をなくしてさまよっているお父さんを演じていましたし、

「リコカツ」では元自衛官を演じられていました。

すごく幅広く演技をされる人ですごいなーと思っています。

 

アフリカのナミブ砂漠の水飲み場に設置された定点カメラの映像

っていうのが出てきていましたが、これってYouTubeで観られるやつですよね。

ぼくはこれ、たまに観ているので、ちょっとうれしくなりました。

 

空豆と音の喧嘩のシーンは今後もありそうですね。

そういえば、空豆の身体能力の高さが強調されていたので、それは今後に何かつながる話のような気もします。

まあ、大人であんな喧嘩をすることはないですし、

そもそも子供同士でも男女でのあんな喧嘩ってなかなかないんですよね。

なんかちょっと憧れる感じじゃないですか?

あんな喧嘩・・ちょっとしてみたいような気もするんですよね。

まあ、美男美女でないと、ただ憎しみあっているようにしか見えないのかもしれないんですけどね。

この二人の相性がいいことがよくわかります。

まだ出会ってからそれほど経っていない二人だと思いますが

ああいう、ものを投げてふざけ合うって、それこそそれなりに信頼関係がないとできないと想うんですよね。

掃除をしたあと、縁側に二人で座って語るシーンは

本音を話している感じでしたね。

だから俺は恋愛とか、もうちょっといいかな〜と言っていた音ですが

そのあとすぐに、空豆の服装を褒めてました。

似合ってる、見違えた

これって、好きな人に言うような言葉ですよね。

普通はわざわざこんなことを言わない気がしますし、見違えたっていうのはあなたの魅力に気づきました、って意味ですもんね。

なごり雪の歌詞を空豆の歌みたいという音に

「春がきたら私もきれいになるんだろうか」という空豆・・

空豆自身は自分がかわいいという自覚もある人だったと想うので

ここで言っている「きれい」っていうのは、心がきれいとか洗練された人になるっていうような意味だったんですかね。

焚き火で焼いた焼き芋を二人で分けて食べるとか

たぶん、みんなやってみたいことですよね。。

付き合ってもいないし、今はお互いに好きとも言ってない二人が自然とそういう行動をとっているということに、恋の予感しかないんですけど

本人たちにはまだ自覚はないってことなんですかね。

 

空豆がバーベキューのシーンで音のことを「叱られて廊下に立たされてる中学生みたい」と言ってました。

これ、音自身も自覚ありそうで、あとから自分のことを同じように表現してましたよね。

 

デカフェくんって音が呼ばれてたんですが

デカフェって音の活動名義だったんですね。

デカフェって、本来カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたものですよね。

今の時点で音の作る音楽がそうなっているかはわからないんですが

何かを取り除いた感じ、それが音の作る音楽なんでしょうか。

 

音はイケメンだから・・モテますよね。

ズビダバのアリエルからせまられたと思ったら、カフェで電話番号を渡されるんですよね。

あなたに一目惚れしたの、電話くれない??

っていう誘いだったんですが

これは何かの罠のような感じもしますよね〜違いますかね。

相関図でも謎の美女となってますしね。

音自身も「からかわれたんだ」とは思っていたものの、最終的に電話するんですよね。

やっぱり音も気になってたってことなんですね。

なんとなく寂しいから電話しただけなのかなとも思ったんですけど、途中でも思い出してたシーンがありましたもんね。

謎の美女となってるので・・もしかして、音と何か昔から関わりがある人だったりするんでしょうか。

なんとなく、単純な恋愛関係になるわけではなさそうな気がしてます。

 

空豆は「何かを作ろうとする人は好かん」と言ってましたが、これって何か伏線がありましたっけ?

このあと空豆はデザイナーの道へ進むことになると想うので、自分も作る側の道に入っていくと想うんですが、

なぜ今の時点では作ろうとする人が嫌いなのか・・不思議ですね。

遠くの人を楽しませる人は、近くにいる人を悲しませる

と言ってました。

空豆は母親がトイレに行ったまま帰ってこなかったと言っていました。

捨てられたそうです。それと「何かを作ろうとする人が好きじゃない」ことはつながってるんですかね。

 

エレベータ代もウエディングドレス代も、翔太が負担すべきでは?と思ったんですが

 

 

川上洋平さん演じる、爽介は日本の若手起業家30人で紹介されるほどの人みたいです。

東京は冷たい・・と空豆が思ったときに、落とした書類を拾ってくれたのが爽介だったんですよね。

このことを爽介は忘れていた風だったのに、本当は覚えていた、そしてそれを話さなかった理由が「照れた」ということだったので

空豆の中でプラスポイントが加算されたんじゃないかと思います。

異業種交流会から、結局、爽介と空豆は一緒に出るんですよね。

これはこの二人に何かが起こるフラグ・・とおもってみてました。

爽介が空豆に声をかけて連れ出しているとき、音は出来上がった音楽を一番に空豆に聞かそうと探しにいくんですよね。でもいない。

すれ違いはじめてますね。

そして音はあの電話番号へ電話するという・・

 

そういえば、異業種交流会でマイクを持って話している人の言葉が面白かったです。

あれはあえて、それっぽい言葉を連呼させてたんですよね。

スタッフはリミットまで

アウトソーシングで固定費を最小化

プライシングやイールドマネジメントは

ソフトウェアで自動化

アジャイルな体制でインバウンドのビジネスポテンシャルを活かそうと全力で取り組んでいます

よくみると、意味が全くわからない文章だなと思います。

僕が理解できないだけなんですかね?

 

エンディング、第一話とは微妙に違っていたように思います。

このあともどう変わっていくか注目したいですね。

ーーーー

 

空豆が夢の種と出会い、空豆と音の2人がそれぞれの恋に進んでいく

第3話は1月31日放送予定です。

 

ーーーー

コメントにはできる限り返信します。

また、次回も感想を共有できると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼