ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

赤いナースコール 考察最新 同室患者は全員サツ人犯!全員、人体持ち去りサツ人事件の犯人説! 第2話放送直前 黒幕真犯人ネタバレメタ考察!

赤いナースコール真犯人黒幕ネタバレ考察

❉この記事はYouTubeでも観られます↓

www.youtube.com

2022年夏 テレビ東京系列で月曜23時台放送のドラマ

「赤いナースコール」

 

第2話まで視聴した段階の考察をお話しします。

 

第2話段階は・・とくに話が進展はしてないですよね。

まだ序盤ですので、「謎がばら撒かれる」だけの状態です。

どうでもいい謎だけがすぐに回収されますね。

 

医療器具の関係で、アリサがおばあちゃんと部屋を交代していたこととか。

すぐに回収された謎は、考察ポイントではないと思います。

 

 

「考察」できるほどの材料がないので、現時点では考察というよりも

「想像」に近い「予想」でしかありませんが

もし良かったら、僕の妄想にお付き合いください。

 

僕も他の考察系YouTuberさんと同じようなことは当然考えるのですが

僕が同じ話をしてもこの動画を観る価値がないですし(笑)

せっかくなので、できるだけ「違う話」をしていきたいと思います。

 

ですので、「終始一貫した説」ではなく、

あらゆる可能性の話をすることになります。よろしくお願いします。

 

今回はこの内容をお話しします。

動画の概要欄にも「目次」がありますので、活用してくださいね。

 

シ後の世界説、人体実験説

 

これは他のYouTuberさんが言っていることの検証・・というか、僕の考えを述べるのですが・・

今回のドラマは、これまでの「考察系ドラマ」と言われたものと同じ方法を取られるとは限らないと思っています。

 

例えば、

考察しようと思ったら、この世界で起こることは「現実的」なことに絞らないと、考察のしようがないですよね。

 

変なことが起こった!

この世界は現実世界とは違う

もしかしたら幽霊やお化けが出る話か・・?

 

という想像もできるんですけど、

「現実的でない」時点で、「何でもアリ」になっちゃうんですよね(笑)

だから考察は相当難しい・・というか、ほぼ不可能だと思います。

 

なぜなら、何か変なことが起こったことについて、あーじゃないかこーじゃないかと考えても、

最終的に

「特殊能力を持った宇宙人がやってきてこうしました」

とか

「タイムリープ能力をもった人間が全てやってました」

とすることもできてしまうからです(笑)

 

そうは言っても、今回のドラマはもしかしたら

そういうタブーをおかしてくるんじゃないか?と僕も予想してる部分はあるんですが・・

 

公式側が「考察ドラマです!」と大きく言っている以上は

物語の根幹の部分で「ホラー映画」のような「じつはしんでいた」みたいなことはないんじゃないか?と思っています。

 

どうですかね?

 

その考えでいくと・・「人体実験説」も・・ないんじゃないかなあと思うんですが・・どうでしょうか。

「人体実験」ができる科学力があるのであれば、何でもできそうな気がしますので(笑)

 

21歳と言い張る看護師、西垣。

 

西垣(浅田美代子)は本当に21歳なんじゃないですかね?

山根(ベッキー)は本当に21歳として扱っていますしね。

これこそ、今回のドラマがやろうとしてる「通常の考察ドラマと違うところ」ではないかと思っていて、

主人公の目線で映像が作られている

ではないでしょうか。

 

つまり、主人公の翔太朗(佐藤勝利)からは西垣が年老いて見えるので、ドラマの映像もそのようになっている。本当は21歳の若い女性だが、主人公や同室の患者たちからはなぜか年老いて見えている。

なぜなら、入院している患者たちの方がおかしいから、ではないでしょうか。

病院・院長があやしく描かれすぎ

病院に不信感をもっている患者たちや、翔太朗の目線からすると、「病院はおかしい」ということになってしまいそうです。

主人公・翔太朗の目線でドラマをみている視聴者たちもその目線なので、病院がおかしいとなってしまいますが・・

病院側がやってることの1つ1つをみると、「特別におかしい」ことはやってないと思うんですよね。

 

ただ、病院にも何らかの秘密はありそうです。

現実的なことで考えたら・・何かの不正とか、お金がらみのことでしょうか。

それを患者に知られるわけにはいかないので、それで事件を起こしている・・という可能性もなくはなさそう。

 

榎田院長はあまりにもあやしいんですよね。

メタ考察ですが、

第2話の時点であまりにも怪しすぎるので・・ラスボスではないと思います(笑)

 

だから、病院が大掛かりなことを行っていて、それが全ての元凶ということはないんでしょう。

 

でも、実際にあやしいところもあります。

滝中がしんで刑事が訪ねてきたところでも、病院に悪評が立つ可能性があるのに「なんとしても事件を解決してほしい」とは言ってない。

「古岡市人体一部持ち去り連続サツ人事件」と同一犯では?と、ちょっとそちらへ誘導したそうにしていたので・・

もしかしたら病院が滝中や患者を何らかの理由でころしていて、それを街で起こっている事件と同一犯と思わせようとしている、という可能性もありそうです。

 

院長の部屋で家族写真と思われるものが映りましたが・・

これ、もしヒントだったら、「あまりにもわかりやすい」ヒントじゃないですか(笑)

これは「あからさま」すぎるので、単なるミスリードではないかと僕は思っています。

ナースコールの謎

ナースコールは・・実は何もない、が僕の予想です(笑)

患者たちが病院に抱いている不信感を表しているだけのものではないでしょうか。

 

西垣へ翔太朗がナースコールのことを聞くと

「ゆっくりお話ししますね」みたいなことを言って、不敵に笑みを浮かべていました。

 

・・が、これって、

「あの部屋の患者さんが意味なく何度も押すので、ナースたちが困って、押させないようにしている」みたいなことなんじゃないか?と思っています。

もしかしたらあの患者たちは、実は身体にわるいところはどこにもなく、精神的におかしいだけ、なのかもしれません。

工藤刑事・犯人説

あんまり他では取り上げられていないようなので、僕は工藤刑事(池田鉄洋)について語っておこうと思います。

工藤刑事はおかしいんですよね。

・脚本家だから、という理由で翔太朗を人体持ち去り事件の犯人として疑う

・いきなり来てスマホを鳴らせといったら滝中がみつかった

など。

 

ちなみに「刑事はすでにしんでいる(亡霊だが成仏できずにずっと事件を追っている)」というような考察も見かけるのですが、これは無いと思っています。

 

なぜなら、まずは

第3話の予告で「捜査会議」に出てるようなシーンがありました。

「ただ座っているだけでは?」ということもできますが、もし亡霊として事件を追っているのだとしたら「昔の事件」を追っていると思われ、現在進行系の事件の捜査会議に出ている意味がわかりません。

まあ・・工藤刑事がこの事件でころされていたらその可能性もありえそうですが・・それであればある程度犯人に対する情報を知っていそうです。(自分がころされているので)

 

また、滝中の事件のあと、病院内にはたくさんの警察関係者がきて聞き込みなどの捜査を行っていました。

もし工藤がしんでるなら、工藤以外の刑事も翔太朗に聞き取りにくるはずで、「え?他の刑事さんに話しましたけど?」が発生すると思います。

工藤刑事たちだけじゃないんですよね、この事件に取り組んでいるのは。

ですので、「しんでる」はないと思います。

 

工藤はどうしても翔太朗を犯人にしたいようで

聞き取りを行ったあと、「(サイコパスに見えないから)サイコパスなんだ」というようなことを言っていました。

少なくとも「古岡市」の方の事件での、翔太朗が犯人かもしれない証拠が示されていないので、工藤は思い込みだけで捜査しているとしか思えません。

まあ・・もしかして、最終的に、「実は翔太朗が人体持ち去り事件を起こしてました」という話だったら(笑)ちょっと、それはないやろーと思ってしまいますけどね。

 

翔太朗の事故のことを調べている様子も・・工藤にはないんですよね。

翔太朗のことを疑うなら、まずは事故のことを調べそうなんですが・・なぜかそういうシーンは描かれない

工藤は翔太朗を犯人に仕立て上げたいようにしか見えないですね。

 

ちなみに、何度も言いますが(笑)

オープニングで「ナースコール」の映像にかぶせて名前が表示されているのは、工藤役の池田鉄洋さんです(笑)

患者5人が人体持ち去り事件5件の犯人説

工藤たち刑事が追っているのは

「古岡市人体一部持ち去り連続サツ人事件」です。

これは5件の連続事件のようです。

5件・・と考えたときに、ふと思うのは、

翔太朗と同室に入院する患者が5人ということです。

 

メタ考察ですが

古岡市の事件は病院の外で起こっていることであり

いわば「関係ない」事件だと思うんですよね。

 

だけど、ホワイトボードに詳細まで書いてわざわざ見せられているので

これは全く関係ない事件ではないはずです。

 

では、古岡市の事件と病院を結びつけようとしてお話を作るならどうしたら・・

と思いますが

 

もしかしたら、5件の事件は全部犯人が別で

その犯人たちが病院に集められている

という話なのかもしれません。

 

そういう形にでもしないと、外の世界の事件と病院の世界を結びつけるのは難しそう。

 

すみません、完全にメタ考察ですが、ぼくはそう思いました(笑)

 

ここからは妄想ですが・・たとえば・・

 

●「闇サイト」的なものがあり、そこに集う人たちがいる

●WEB上のやり取りのため、管理人のことは知らないし、そこに集う人同士も面識はないし、お互い知らない

●人をころすことを目的にしていて情報交換している

●このサイトでやり取りしているものの証として、事件を起こす際に人体の一部を持ち帰るという決まりを設けている

 

・・といったことがあったとして。

 

事件を起こしたあとの者に対し、闇サイトの管理人から「匿ってやるから来い」と言われ病院につれてこられた

 

もしかしたらそうではなく、騙されたり、強制的に病院へ連れてこられたのかもしれないですが・・

 

「人をころして人体の一部を持ち帰る」というサイコパスを集めて

そのサイコパスに裁きを与える、というサイコパス、

というのもありえたり・・しますかね・・?

 

 

かなり話が飛躍したのですが、

●入院する患者たちがおかしい

●その患者に対する病院側の扱いもおかしい

となると、患者たちが犯罪者なんじゃないか?という考察にたどりつきました。

 

事件が5件で、患者が5人ですからね・・

「連続事件」と言いながら、実際には同じ人間がやってないので、

犯人を絞り込むことができず警察も捕まえられないんじゃないかなと。。

福本莉子が前田敦子にそっくり

これは考察でも何でもないんですが・・

アリサ役の福本莉子さん、前田敦子さんにそっくりじゃないですか(笑)

今の前田敦子さん・・というよりは、もっと昔の、

垢抜けてない頃の前田敦子さんって感じですかね・・

 

なぜ、前田敦子さんそっくりの女優さんを起用したのかなと・・(笑)

 

 

・・ということで、今回は妄想盛りだくさんの内容になってしまいました。

みなさまの考察に、少しでもお役に立てましたら幸いです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼