ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 第5話の考察ポイントまとめ、第6話直前 ストーリー犯人予想

真犯人フラグ第5話考察

❉この記事は動画でもみられます↓

www.youtube.com

「真犯人フラグ」第5話の考察をしてみたいと思います。

脚本家・高野水登さん

その前に、この「真犯人フラグ」の脚本家・高野水登(たかのみなと)さんが注目されるツイートをされていました。

「真犯人は決まっている」

「第1話から、全てその結末に向けて書いている」そうです!

そうでなければ考察する意味があんまりない気がしますもんね・・

これから真犯人が変わってしまうことはないようなので、すでにかなり真相に近い考察をしている人もいるかもしれないですね。

サッカーボールについて

ボールには真帆が書いた「しべつ」のマークが入っているので、篤斗本人のものだと思います。

「サッカー経験者なら蹴り込むことも可能」と山田コーチが言ったそうですから、山田コーチが蹴り込んでいることはない。

ボールじゃなさそうなんですよね・・ガラス割ってるのは。

 

阿久津たちがサプライズの話をしているとき、後ろの1階に猫がいました。もしかしたら1階に猫おばさんが住んでたりするのかもしれません。

猫が凌介の家のベランダに来ていましたが、要は「他の階から凌介の家のベランダまで登ることができる」ということを表しているのかも。

そういえば、今回、部屋にいる凌介をベランダから窓越しに映しているシーンもあったんですよね。

同じ建物に住む菱田の部屋からなら凌介の家のベランダまでいけそう。

とすると、結局、凌介の家のベランダから窓を割り、ボールを投げ入れたと考えられます。

 

ボールは菱田か清明が持っていたもので、このまま持ち続けていたら疑われるから返したかった、とかではないでしょうか。

もしかして清明が、ちょっとしたいたずらでボールを盗んでしまっていたとか。

同じことはGPS端末でもありえそうです。

GPS端末を盗んでしまっていた清明は、篤斗に「ごめんなさい・・」なのかなと。GPS端末を篤斗が持っていれば、居場所がわかったかもしれないですもんね。

このGPS端末やボールを「清明が持っていない」と偽装するように、菱田は山田コーチに迫ったのかなと思います。それで清明に都合が悪いことを避ける証言を山田コーチはしているのではないかなと。山田コーチは菱田に気に入られたい一心で協力しているのでは・・

背が高い黒ずくめの男

ボールを蹴り入れたと思われるこの男は、身長から考えて林しかいないと思うんですが・・これは林が、工事を中止させるために何かできないか、と思いながらここまで来たが何もできずに帰った、という描写かと思いました。

林はサッカー経験者なので、凌介の部屋にボールを蹴り入れていたという可能性もありますが、でも、林がこのボールを手に入れられるとは思えないので・・

おそらく、蹴り込んでいないと思います。

また、そもそも、蹴り入れるのは無理だと思います(笑)直線でボールが勢いよく窓まで到達しないとガラスは割れませんが、ベランダには柵があるので窓ガラスに直線でボールが当たることは不可能です。山なりのボールではガラスは割れませんよね。

パン屋の橘

2つ買うのがおかしいという話もありますが・・トンネルいったときに光莉のスマホがみつかって怒ってましたからね・・さすがに光莉をどこかでかくまっている、というのはないんじゃないか?と思っています。まあ、2個買うこともあるんじゃないですかね。いつも光莉の分も橘が買ってあげてたからそれを続けているとか。

ポッキーゲーム??って何??とは思ったんですが、そのままの意味でとると、1つのパンを両端から2人で食べてたってことですかね(笑)そう考えたら、やっぱり仲の良いカップルだったのかなと思われますね。

二宮があやしい

今回はいたるところで二宮があやしくみえる回でした。

★アルティメットで大活躍

運動神経バツグンなのはこのあとで活きてきそうな設定ですよね。

もしかしたら、最終的にアクロバティックなさつじんをおかすことが可能ってことになっちゃうんですかね。あな番の黒島を思い出しますね・・

★二宮の生きがいは?

働いて結婚して、子供・・みたいな普通のものではない、とだけ語られました。では・・なんなんでしょうか。

★交差点で押された凌介を直後に助ける

これはむしろ、自分で押して、助けてるという可能性もありそうですよね。

助けにくるタイミングが良すぎるので。

タイミングが良いということでいうと、冷凍遺体を凌介が受け取った場所にも二宮は立ち会っていました。

この男は、凌介を追いかけてきたら目の前で突き飛ばされててびっくりした、という感じかなと思いました。

★心理学にくわしい

正義中毒の話が出ていました。

これまでにも、こういう話は何度か出ていた気がします。

大学でそういう勉強していたとかですかね?それにしてもあやしい描写だと思います。

阿久津の言うことは実は事件のヒント?

今回は「サプライズ」の話をしていました。

わからないってこわいだろ、ということを言ってましたが、これ、同じことを二宮も凌介に言ってましたよね。やっぱり二宮あやしい感じが(笑)

「サプライズ」から単純に連想するのは、真帆が凌介に「遅番」と嘘をついていたこと。あれは凌介にサプライズをするためについた嘘だった、ということかな?と思いました。

これまで阿久津は

「薬をそのまま飲むか水で飲むか(自分の常識を疑え)」

「しいたけ・菌の話(おまえも女に惑わされて、知らないうちに菌をうえつけられるような人間になるなよ)」

という話をしていました。

これって視聴者へのヒントなんじゃないですかね。

一部では阿久津が真帆や菱田と関係あるのでは?という考察もあるようですが、そうじゃなく、なんとなーく話していることが実は「この事件を解決するための考え方」だったりするのかなと。

「女に惑わされて菌をうえつけられ」てるのは山田コーチのことではないですかね。

冷凍遺体

身元が判明しないのは確実にその親か親が先にシんでいたらその兄弟が関わっていると思います。子供で、顔がはっきりわかっているので、親兄弟ならすぐにわかるはずですし、探しているはずです。身元が判明しない、というところに重要なヒントがありそうです。

等々力建材の社長と娘(林の婚約者)

林の婚約者は相当あやしい感じでした。もしかしたら何らかの事件を起こしている可能性もあるかもしれません。

仮に何かをやっているとしたら・・

光莉を拉致したのはこの等々力茉莉奈である、という可能性もありそうだなと。

林と光莉の関係を一方的に勘違いして嫉妬心があったとか。

自分と同じ「莉」の字が入った名前で憎さが増して・・みたいな。

そうすると、ローファー埋めたのも、電話したのもこの等々力茉莉奈ということになりますね。この場合は、真帆や篤斗の失踪とは全く別の事件ということになります。

今回登場した謎の男は、実は等々力建材の社員で、「プロジェクト」の進行を止めないために裏でいろいろ動いているやつ、ということもありそうですね。

あやしい部屋にはいるリストカット女性

どうも、凌介が借りているトランクルームっぽいですね。

河村「お前に個人的な恨みあるやつとか」

河村がこういったとき、凌介は「全く思い当たらない」と言っていました。

もしかしたら河村が「そういうとこやぞ!!」って思ってる可能性は否定できないなとも思ったのですが・・もし河村が凌介に対してそういう感情を持っているのなら、日野もおそらく持っていると思われるので、実は凌介は本人がわからないところでたくさん恨みを買っているのかもしれないですね。

ドライブレコーダーに映っていたのは菱田?

篤斗と手をつないで歩いていたのは菱田である可能性が高まりました。

もしそうだとするなら、なぜ一緒に歩いているのか・・

それはもしかしたら、凌介にサプライズをしようとしていた真帆が、菱田に篤斗をどこかへ連れて行くようにお願いしていた、とかではないでしょうか。

光莉も一緒かもしれません。

そのあと、真帆と合流するところまで送り届けて、菱田は帰った、とか。

菱田はもしかしたら凌介ではなく、真帆のことが好きで、真帆からの頼みごとなら隠し事もちゃんと守った上で受けてくれるのかもしれません。

そうすると、菱田家の押入れにあるのは真帆の写真が多数・・みたいなことの可能性もありそうです。

実は初めは凌介が好きだったが、途中から真帆に乗り換えたとか(笑)

パンダがいたり、いなかったり?

菱田が凌介の家にカメラか盗聴器をしかけている疑いがありますが、もしこのパンダがカメラだとして、菱田が仕掛けたとも限らないですよね。

最初の炊飯器の電源が入っていたのも、「真帆が一度帰ってきた」と思わせるために炊飯器の電源を入れたというだけで、真帆がきたとは限らない。誰か別人が家にきて、偽装した可能性があります。

真帆が連れ去られている以上、凌介の家の鍵は犯人が持っているでしょうから、犯人は凌介の家には入り放題なのではないかなと。

凌介の動きをいつも監視しているのかもしれないですね。

パンダがそうなのかはわかりませんが、菱田も確実に何かしかけてます(笑)でないと、凌介が帰宅した直後にたずねてきたりできないですもんね(笑)

大人を長期間、監禁することは無理では

真帆たちはいなくなってから相当な期間が経っていますが、子供であればまだしも、大人を、正常な状態で長期間監禁することはかなり難しいと思います。

となると、ある程度は自由がある状態なのではないか、と想像するのですが

その場合ありえるのは、例えば、篤斗・光莉・真帆がバラバラに拉致されていて、真帆には「篤斗に危害を加えられたくなければ言うことを聞け」というような方法でしょうか。一緒に監禁されている、という状態ではない気がします。

また、真帆が自分で出ていった説はないと思っています。

ここまで世間をさわがせてしまったら、真帆本人も子供たちも、もはや普通の生活には戻れないと思いますので。自分の意思で出ていったならとっくに出てきているはずです。

 

メタ考察でいうと、現時点であまりにあやしくみえる人は真犯人ではないと思います。そういう意味で、菱田朋子はおそらく黒幕ではない。

真犯人が本当にやりたいことは、真帆や篤斗、光莉の誘拐なのか、冷凍遺体を世に公表することなのか、何がなんでも凌介を苦しめたいのか。

まだ目的がよくわかりません。

「身近な人に犯人がいる」ことは間違いなさそうですが、単独犯なのか、複数犯なのか。

もし複数犯だった場合、阿久津・落合が話していた「フラッシュモブ」的に、周りにいる人ほとんどが加害者側だった、というようなオチもありえるんですかねー

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼