ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 充さん(みちる)は橘一星、包丁女は橘母すみれ!第6話終了第7話直前 ストーリー犯人予想

充(みちる)は橘一星、包丁女は橘母すみれ

❉この記事は動画で観ることもできます↓

www.youtube.com

第6話で最も話題にのぼっているのは「充さん」ではないでしょうか。

「みつるさん」と読むのかな?と思いましたが、その前のシーンで「MICHIRU」というのが出てきていて、おそらく「みちる」と読むのではないか?という状況です。

「充さん(みちるさん)」と呼ばせていただこうと思います。

 

今回も、考察というよりも、踏み込んだストーリー予想のようになっていますので、粗いところはご容赦ください。

MICHIRUは偽名

まず、橘一星(佐野勇斗)が行った「株主・サロンメンバーへの説明ライブ配信」にコメントをしていた「MICHIRU」

このMICHIRUは、一星が光莉と付き合っていることを言ったときに「え」とコメントした人です。

このMICHIRUですが・・これについては本名や、直接自分を表す言葉ではないと思っています。

つまり、これを書いている人は「みちる」さんではないということです。

 

では、この「みちる」とは誰なのか・・?

これはあとで説明しますが、一星が「自分」だとわかるように、「みちる」と書いたのだと思います。

「みちる」という名前を使うのはこの人だ、と一星がわかる、ということです。

みちるとはるか

充「みちる」という名前と本木陽香(生駒里奈)の「はるか」から連想されることとして

「みちるとはるか」というセーラームーンのキャラクターがいるようです。

「天王(てんおう)はるか」と「海王(かいおう)みちる」です。

このセーラームーンについては、1995年発売の主題歌「私たちになりたくて」の作詞を秋元康さんが担当されたことで、今回のドラマ「真犯人フラグ」とのつながりを感じさせられます。

この秋元康さんも関わったセーラームーンに紐づけて、「みちるとはるか」という名前のキャラクターを真犯人フラグに登場させたのではないか、と考えられます。

橘一星のプロキシマと本木陽香

橘一星の会社「プロキシマ」

その名前の意味ですが、「プロキシマ・ケンタウリ」という星の名前からつけられたと考えられ、太陽系から最も近い恒星なんだそうです。

「一星」という風に、名前にも「星」が入っているので宇宙関係なんだろうなと思うのですが、もう一人宇宙関係の漢字が使われているのが本木陽香です。

プロキシマは太陽系から最も近い恒星ですから、見方によっては、本木陽香から最も近い位置にいる一星のようにもとらえられると思います。

本木陽香が「みちるとはるか」の「はるか」なら?

「みちるとはるか」から連想して、本木陽香のニックネームが「みちる」なのだ。

だから、「充さん」=「本木陽香」だ、とされている考察もあるようですが

「みちるとはるか」とは2人のことを表す言葉だと思うので、

ぼくは「はるか」は「本木陽香」なんじゃないかと思っています。

つまり、別に「みちる」がいるということ。

そのみちるとは・・橘一星ではないでしょうか。

ここにきて、やはり双子説が現実味を帯びてきた気がします。

年齢も同じですし、一星も陽香も美男美女なので。

海王みちると天王はるか

セーラームーンのこの2人はどちらも女の子のため、真犯人フラグでもどちらも女性なんじゃないか・・?という気もしなくはないです。

また、どちらかというと、天王はるかの方が男の子っぽい容姿をしています。

みちる=一星

はるか=本木

だと、やはり逆?のようにも感じてしまいますが・・

 

もしかしたら、橘一星は本当の名前が「みちる」なんじゃないでしょうか。

一星は偽名なのかもしれません。例えば、父親に付けられた名前が嫌で、別の名前を名乗っているとか・・。

橘一星の配信で、コメント欄に「MICHIRU」と書いたのは本木陽香

みちるが橘一星だったら、配信でコメント欄に「MICHIRU」と書いたのは誰なんだ、という話になると思いますが、これは本木陽香なんじゃないかと思っています。

本木陽香が「HARUKA」と書いたら完全に本名で書いていることになるわけで、それは避けたい。

でも、橘一星に「自分」だとわからせたい。

だから、橘の本来の名前である「みちる」と書いたのではないでしょうか。

この名前で書き込むのは本木陽香しかいないと、橘はすぐに気づくんじゃないかと思います。

光莉の映像を送ってきたのは本木陽香

光莉が拘束されている映像が送られてきていました。

橘一星の配信に対して「え」と書いていたMICHIRU(本木陽香)ですが、そのあとに送られてきたものであり、しかも今までどこにいるかもわからなかった光莉の姿を急にあらわしているので、

この映像は実は、橘一星へのアピールなのではないか?と考えられます。

一星の配信内容に怒った?陽香からの挑戦状のようなものではないでしょうか。

 

ちなみに、冷凍遺体のときと同じ「お探しのものです」のメッセージがついていましたが、冷凍遺体は望月が関わっており、望月と陽香がつながっていることが示されているのだと思います。

望月も陽香と同い年です。

望月と陽香は、実は目的は違うかもしれないですが、協力しあっているのかもしれないですね。

橘と陽香はつながっていない

橘と陽香は兄妹(姉弟?)の可能性がありますが、一枚岩というわけではないのではないでしょうか。

不倫疑い写真を撮影したのも一星ではない?

一星にとっても何が起こっているのかわからない部分があるのではないかと思います。

一星は顔出しして、配信までしており、会社経営の責任もあるので、簡単に犯罪を犯すようなことはしないと思います。

橘がみていた手紙

「ほんと・・くだらないよ」と言いながら、かなり真剣な目でみていた手紙ですが、この手紙は母親・すみれ(須藤理彩)のことが書かれているのではないか?と想像します。

実は、「すみれが良くないことをしている」というような内容だったのではないでしょうか。

包丁女は橘すみれ

これに関しては以前にも記事を作成しました。

www.hinapishi.com

この包丁女は、橘一星の母親・すみれではないか、と思います。

電話をかけてきた「充さん」は橘一星で、

手紙で届いたことを確認しようと電話してきたのではないでしょうか。

一星とすみれも一枚岩ではない気がしますね。

 

「充さん」と、「さん付け」されているところに少々違和感を感じますね。

Huluでの、すみれが一星の話をする感じからは、そんなに丁寧に一星のことを扱っているようには感じなかったのですが・・

 

まだまだ消化不良ですが・・

今回の考察は以上です!

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼