ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 真帆の電話相手、バタコが羽振りがいい理由、シチハゴジュウロクと真犯人は雫石説!第16話直前 ストーリー犯人考察最新予想

真犯人フラグ、雫石真犯人説

この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

日テレ系 毎週日曜日 22:30から放送中のドラマ

「真犯人フラグ」

第16話の直前考察を行いたいと思います。

 

今回は次のことをお話ししたいと思います。

 

★強羅「誰にしようかな」

★林ころしの犯人

★本木と橘の関係

★シチハゴジュウロクと二宮

★真帆の電話相手

★篤斗誘拐

★河村が好きなのは実は凌介説

★かがやきの世界はあやしくない

★雫石犯人説

★11年前の林と真帆のホテル写真

 

すべてが綺麗につながっている考察ではないかもしれませんが、ぜひお付き合いください。

強羅「誰にしようかな」

強羅が「誰にしようかな〜」と言っていた、林ころしの瞬間のフェイク動画について。

凌介、河村、橘、茉莉奈、日野、二宮でした。

この中に犯人がいるとしたら・・1人だけ異質な「茉莉奈」ですかね。

他の人の場合は「凌介を苦しめるため」という理由がありそうですが、茉莉奈にする場合は「等々力建設を脅す」という全く別の目的になると思います。

 

でもぼくは、この中には林ころしの犯人はいないと思っています。

なぜなら、もしこの中にいるなら「入れ替える」意味がないと思われるためです。

強羅は「誰にしようかな〜」と、正直、(誰を選んでも良い)感じでした。

もし誰を選んでもよくて、この中に本当の犯人がいるなら、そもそも入れ替えるためのフェイク動画を手配する意味もないためです。

林ころしの犯人

ロッジで林と会っていたのは強羅でしょう。

このロッジは強羅が借りたということでした。

強羅は変なところで律儀な人間と思われ、林に、「11年前の真帆と林がホテルの部屋にはいる写真」を撮った人間の調査結果を伝えたのだと思います。

 

その後、林にクルマに乗るように仕向け・・

車の後部座席にひそんでいた犯人によって首を切られてぜつめいしたんでしょう。

林のころされ方ですが、頸動脈を一撃!という攻撃で、おそらくプロの犯行ではないかと思われます。

しかし、強羅は「わたしはころしはしない」と言っていました。

ですので、他の人間にやらせたはずです。

 

やっているとしたら・・これをやって得をしたと考えられる人物。

・・バタコですかね・・?

ホスト遊びをするなど、めちゃめちゃ羽振りがいい感じでした。

まとまったお金が入ってきた、ということかと思います。

これは、林ころしの報酬だったのかもしれません。

 

バタコは菱田との格闘シーンでわかるように、さつじんスキルを持っているようでした。

もしかしたら、これを仕事としている人なのかもしれません。

 

なお、バタコがエリンギサンタ事件の「えのき姫」という風俗嬢ではないか、という考察があるようですが、ぼくはこれは無いと思っています。

 

メタ考察ですが・・

さすがに、香里奈さんが「元」とは言え、「風俗嬢」の役まではやらないんじゃないかなと・・(^_^;)

やってくれそうですか?

 

強羅とバタコの関係は「一方的に仕事をお願いされる」わけではなく

お互いに仕事をお願いする関係だったのではないでしょうか。

強羅に関しては、他につながっている人ともそのような関係を築いているように思われます。

秘密を共有して発覚しないようにしているんですかね?

 

バタコから強羅への依頼は、「ケイジュ」の扱いだったのではないかと思います。

やはり、なくなった子供を、誰にもバレずに冷凍して保管する、というのは通常は難しいと思います。

でも、葬儀屋が絡み、たとえば火葬場も抱き込んでうまくやれば可能な気が・・

強羅は「表」の仕事は葬儀屋なのではないでしょうか。

ぼくは本木は強羅の娘と想像しているので、その強羅が経営する葬儀屋で本木は働いていると思っています。

本木と橘の関係

二人の父親は強羅で、母親が違うと予想しています。

 

河村が、橘の母親すみれの店を訪ねていました。

息子さんにね、光莉さんも知らない協力者がいた可能性があるんです。女性の。

と河村が言うと、すみれは目線を落とし心当たりがある感じでした。

でも、そこでプロキシマ社員の金城が入ってきて、話は止まりましたが・・

すみれは知ってる感じでしたよね。

すみれに聞くってことは橘と親しい関係であると河村はにらんだのだと思います。

単なるストーカーではありません。

腹違いの兄妹説が・・現実味を帯びてきた気がしますね。。

 

この動画にいただいたコメントをご紹介します。

www.youtube.com

真犯人フラグ、鬼滅の刃

たしかに、鬼滅の刃も兄と妹の話なんですよね。主人公の側も、敵の側も。

もしかしたら真犯人フラグでもこの設定を取り入れている、という可能性はありそうな気がします!

素晴らしい考察ですね。

 

橘が凌介を貶める理由が今のところ見つからないので

凌介を貶めたいのは本木だけではないか、と思っています。

そうだとすると・・本木は強羅とつながり、真犯人側の依頼で凌介を貶める行動をとっているのではないか、と考えられます。

シチハゴジュウロクと二宮

二宮が黒ずくめの男に襲われた時に言われたのが

シチハゴジュウロク

でした。

 

この言葉の意味は想像するしかないのですが

この黒ずくめの男が、二宮の言うとおり林だったとしたら・・

林は、「プロジェクト」がダメになることを最もおそれていたように思います。

真帆失踪時も接待でアリバイがあったはずなのに、それを隠していたり。

 

ということで、この「シチハゴジュウロク」はプロジェクトに関わるキーワードで

これを二宮へ言うことで、二宮がプロジェクトの何かに気が付き、邪魔をしようとしているのではないかと確認した?と想像しました。

 

林と二宮は、病院で会ったときの反応が・・ちょっと知り合いっぽかったんですよね。

もう少しヒントがないと特定は難しそうです。

 

なお、「二宮が凌介のことを好き」と感じられる部分ですが

もしかすると「恋」ではなく、「父親」の姿を重ねている可能性もあるのかなと思いました。

「恋」の好きではなさそうな反応をすることが多いんですよね。

でも、特別な感情を持っていそうな。

自分の父親が凌介とよく似たところがあったんじゃないでしょうか。

さらに、凌介と同じく「疑うことを知らない」感じで誰かに騙されてしまって・・しんでしまったとか。

そこに強羅や等々力建設が関わっているという可能性もありそうですね。

真帆の「電話の相手」

明日、6時に直接部屋に行く

と真帆は言っていました。

 

これは菱田への電話ではないかと予想しています。

凌介への何らかのサプライズを計画していたのではないでしょうか。

第16話の予告ストーリーで「真帆が失踪前夜にかけていた電話について、驚きの新事実を知らされる凌介。その事実から凌介は、意外な推理を展開して、一同を驚かせる」とあるのですが、凌介はこのサプライズを言い当てるのではないかと想像します。

 

公式の「考察ガイド」において「悪いことをしていないのに悪く描かれている唯一の人」と言われているのは真帆だと思っています。

今いない人なので、想像でどんどん周りが悪く言っている状態です。

 

前日の夜に凌介が「日野のバーに行ってもいい?」と言ったとき、

真帆は「パート遅番だから篤斗のサッカー教室、迎えに行ってって言ったよね?」と言っていました。

 

このとき、篤斗は「いいよ俺1人で帰れるし」と言いましたが

真帆が「不審者出るって言うから」と言って、

結局凌介は、「じゃあ断っとくよ」と日野の店に行くことをあきらめました。

 

これ、「断る」必要はないと思うんですよね。

別に真帆が帰ってから行けばいいわけで。

真帆は断ることを否定していませんでした。

つまり、篤斗の迎えに行かせることで残業せずに帰ってきてもらいたいし、そのあとは家にいさせたいということかと思います。

なぜなら、凌介に何らかのサプライズを実行したいと思っていたからではないでしょうか。

 

篤斗は凌介に「シベツの映画みにいきたい」といいますが、「それは土日に行こうよ」と真帆。

帰ってきてもらわないと困るのかなと思いました。

 

なお、あとで、阿久津と落合が「サプライズ」の話をしていました。

これは真帆がサプライズを計画していたことを表しているのかなと。

 

真帆は直接菱田家を訪ねるべく帰ってきたはずです。

そこで真犯人から拉致された。

もしくは何らかの原因でころされてしまった。

 

真帆が「生きている」と思われるような偽装がこのあと何度も行われていると思いますが、本人が「いる」確証がないことばかりです。

なのに何度も「真帆はいる」と言いたいようなことを実行するのは・・

本当はしんでいるからではないでしょうか。

 

もしかすると菱田家の押入れにあるものは、真帆に攻撃した際の「凶器」や「血のついたもの」だったりするのかもしれません。

清明は・・その様子をみてしまった可能性もありそうです。

篤斗の誘拐

サッカー教室が雨で中止になったのは計画どおりではなく誤算だったのではないでしょうか。

本当はサッカー教室に来た篤斗をさらうはずだった。

ところが雨で中止になり、篤斗は来ない。

 

一方清明が何者かに連れ去られた。

そこで菱田は、篤斗をサッカー教室まで連れていき、篤斗を引き渡し、

かわりに清明を返してもらった

というようなことがあったのではないかなと。

この際、菱田は山田へ何らかの協力を依頼したのかもしれません。

 

河村が好きなのは実は凌介説

第15回で一番気になったと言っても過言ではなかったのがこのシーンなんですが

河村が一星に対して憤っていました。

一星が1つの誘拐事件であると誘導していた。

河村は

そのためにさんざんお前をもてあそんだんだぞ!おまえを!

と凌介に叫んでいました。

これ、凌介への愛にあふれてますよね(笑)

河村は、真帆が好きという以前に凌介のことがもっと好きなんじゃないか、と思いました。

かがやきの世界はあやしくない

ぷろびんが潜入して、かがやき教団の闇を暴こうとしていますが

かがやき教団はわるいことはやってない、というのが僕の予想です。

バタコがやっていたことを明らかにして、教団とは関係ないと主張したいんじゃないでしょうか。

そのために、中村充を掘り返しているのだと思われます。

雫石犯人説

こちらの動画のコメントを紹介させていただきます。

www.youtube.com

もうひとつご紹介します。

ヒント動画の文字はわかりづらい字になっており、

正確に何という字かはわからないのですが、

 

たしかに、「ts」にもみえますね。(Hだと言っている人もいます)

「o」に関してはそのあとの文字がみえないので、それは想像で「Offender」ではないかとのこと。

 

(T)ちはる

(S)しずくいし

(O)犯人

ですね。

 

雫石は、最近一緒に出演している、たまるさんにフラストレーションがたまっている様子でした。

たまるさんが無事であることをお祈りいたします・・

 

凌介は「犯人ぽく見える人が犯人とは限らない」って第1話で言ってるんですよね。

だから、考察でよく名前が上がる人じゃないんじゃないかと思っています。

 

よく思うことなんですが、

考察系YouTuberの方でオリジナルの「相関図」を作っていらっしゃる方がいます。

すごく細かく作られていてすごいなーと思うのですが

その相関図には雫石が入っていることは無いんじゃないかと思います。

でも・・公式のメインの相関図には、雫石がいるんですよ(笑)

これってやっぱり、おかしくないですか(笑)

真犯人フラグ 相関図

11年前の林と真帆のホテル写真

最後に、この写真について考察してみたいと思います。

11年前にこの写真を撮影することができた人・・ってなると

まず思い浮かぶのは、日野・河村だと思うんですよね。

だから、日野・河村を真犯人に挙げる人が多いのかなと。

 

ただ・・

日野や河村がこの写真を撮影したとして

もしこの二人だったら、真帆を部屋に招き入れる林を見て、

そのまま見過ごすでしょうか。

もしサッカー部の同窓会のメンバーではなかったとしても、

この現場をみたら、その場で「おいおい!」と声をかけて、割って入るんじゃないでしょうか。

真帆と日野、真帆と河村も、それぐらいのことができる間柄ではあるように思いました。

いや、仮にその場で声をかけられなかったとしても

そのあと真帆にすぐに連絡する、もしくは凌介と連絡を取るんじゃないかと。

真帆を嵌めたいなら、すぐにこの写真をネタに強請るんでしょうし。

 

こんな写真を撮影だけして11年も持ち続けているのは・・

ストーカーしかないんじゃないかと思います。

 

ストーカーだとしたら・・

やっぱり、雫石だと思うんですよね・・

 

ただ、ハッキリとした根拠は無いです(笑)

 

こちらの動画もぜひ観てみてくださいね。

www.youtube.com

こちらは、2021年10月に投稿した動画です↓

www.youtube.com

かなり初めの頃から、雫石を疑っています(笑)

 

※動画では、このあと、おまけ考察をしゃべっています。

ぜひ、動画をご覧ください。

www.youtube.com

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼