ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 最終回直後 感想・振り返りメタ考察 日野が一番の被害者!シベツ考察と真帆のしぼうは当たってた!ストーリー犯人考察最新予想

真犯人フラグ、最終話直後の感想とメタ考察

❉この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

 

2021年10月から2022年3月まで放送していたドラマ

「真犯人フラグ」

 

最終回が放送され、真犯人が明かされましたね・・

今回は、物語の紹介や、ストーリーに関する考察というよりも

ドラマの感想と、

僕がもともとやっていた「メタ考察」的なところから、「真犯人フラグ」について語っっていきたいと思います。

 

なお、最終回のネタバレがありますので、まだ観ていない人は、観てからこのあとをご覧ください。

 

 

一緒にドラマをみてきた方といろいろお話したいと思いますので

ぜひコメント欄に、コメントをよろしくおねがいします。

 

もしまだ最終回を観ていない、という方は、Huluでみるのをおすすめします。

「真犯人フラグ」をより深く知ることができる「アフターストーリー」も公開されています。

 

ドラマ全話を振り返って一気見できるのはフールー! 【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=G8792C-J298406J&p=E833311u

 

 

今回はこの内容をお話しします。

 

考察班は考えすぎだった

YouTubeの「真犯人フラグ考察」関連のチャンネルを観ている人ならわかると思いますが・・

日野を真犯人に推している人が非常に多かったですよね。

また、なぜか(笑)

根強い人気を誇っていた「山田」という真犯人候補もいました。

山田に関しては、ぼくはごめんなさい、

一環して、「ありえるとしても、菱田に近づきつつも本当は真帆が好き!という変態野郎でしかない」という立場で(笑)

真犯人とは欠片も思ったことはなかったです(笑)

なぜなら、「真犯人」と考えられる証拠が何もなかったからです。

 

山田を真犯人と思っていた人は・・

「脳内補完」がすごかったんじゃないか、と思います。

「こんなことをやってるんじゃないか」

「実はこんな関係があるんじゃないか」

と、空白部分を想像で埋める行為です。

いや、それはそれですごいことで、僕はそういうのもありだと思うんですが・・

やっぱり、事件を起こす動機になるものが何も描かれていなかったし、明確に何かをしているという描写もありませんでした。

 

これ、日野も全く同じなんですよね。

 

日野って・・何もなかったんですよ(笑)

日野は何もなさすぎて、あやしい。

という、完全に「考えすぎ」の思考に陥った結果、

考察している人の多くが、日野真犯人説になったのかなと思います。

 

たしかに、最終回まで誰が真犯人かわからない状態だとすると

やっぱり「視聴者に提示されていない何か」が理由で事件を起こしており

裏で暗躍していた人、暗躍する時間があった人が犯人であろう・・とは思っちゃいますよね。

 

結局、日野は何もやってない、

ただ、ワンオペで、自分の店をなんとか頑張って営業している人

というだけでした(笑)

 

今から思えば、日野が犯人でなさそうなヒントはいくつもあったんですよね。

それもメタ考察で。

 

●日野役の迫田孝也さんは放送開始直後から、あまりにも強く「俺は真犯人知らない」と言いすぎていた

●真犯人投票で順位が上がってくると、迫田さんは、今度は「どうしよう(俺が疑われる状態で大丈夫なのか)」という表情をみせるようになる

●真相編のメインビジュアルに目立った形で載っていない

●キャスト一覧の名前の記載でかなり下位におり、そもそも、真犯人にするようなキャラとして制作側からみられていなかったと考えられる

 

他にもいくつもあったと思いますが・・

最後には制作側が、「なんで日野を疑うんだろう?」という疑問に思うようになり

脚本家の高野水登さんのこのようなツイートになったのだと思います。

一番最後の真犯人投票で、日野が1位

それをみて「なんで?」と(笑)

 

ただ、それを楽しまれてか、おそらく日野をあやしく見せる演出が入ったぽいですね。

19話では凶器をもったようなシーンが入りましたし、

最終回でも、何度も「真犯人かも」と思わせるシーンがありました(笑)

 

最後は制作側に遊ばれてしまいましたね(笑)

考察班の多くは「考えすぎ」だったようです(笑)

 

テレビドラマはそんなにひねらない

これまでのテレビドラマの考察ものは、

結局、最終的にはそれほどひねらない、ストレートな話であることが多かったように思います。

 

なぜなら、そんなにひねってしまうと

ドラマ視聴者に伝わらないからだと思います。

 

今回の「真犯人フラグ」はそれでも相当、「考察班」寄りに作られていたほうで

 

実際にドラマをみている人はそこまで考察している人ではないですから

難しいトリックを使ったり、過去のあの時のこのシーンが・・とか言われても、たぶんわからないんですよね。

そういう人にもわかるように作るとなると・・

それほど「ひねる」ものは作れないと思います。

 

今回の真犯人・河村が真犯人であること

動機や、真帆のころしかたなど・・正直、2時間ドラマっぽいなとちょっと思いました(笑)

それを6ヶ月かけて肉付けして見せてもらった、感じかなと。

 

考察系ドラマはかんがえ過ぎたら真犯人を当てることはできない

これは肝に銘じた方が良さそうです(笑)

 

ただ、僕は「考えすぎる」のもありだと思っていて

そうやってみんなで、あーでもないこーでもないと言い合うことが楽しいかなと思います。

 

当てたい!という人は・・

あまりひねって考えずに、ストレートに一番真犯人ぽいなと感じる直感を信じて考察するのが良いかなと思います。

 

結局、真相編のメインビジュアルにいる人が真犯人でしたからね。

制作側が「この人たちをあやしく見せますよ」というメッセージだったんですよね(笑)

日野や山田、雫石をそんな風に見せる意思は感じられませんね(笑)

 

登場人物考察

物語については僕なんかより、もっと他のYouTuberさんが細かく考察してくれると思いますのでとくに言うつもりはなかったのですが、言いたいと思ったことだけお話しします。

山田はやっぱり単なる変態野郎だった

山田は菱田のもとにかけより、「このあと・・!」と詰め寄っていましたが

菱田から「そういうところですよ」と言われ

清明からは「コーチ、ハウス!」と言われ、「ワン!!」と叫んでいました(笑)

やっぱり単なる変態野郎でしたね。

山田が真犯人と思っていた考察さんは、とくに「考えすぎ」だったのかなーと思いますねー

二宮が真帆に何かしようとする意味がわからない

二宮は・・事件をややこしくしただけの人でしたね・・(笑)

二宮がなぜ真帆に近づいて何かをしようとしていたのかは・・よくわかりませんでした。

恨むべきは林であり、真帆は被害者ですよね。

まあ、二宮からしたらそうは思えないのかもしれないですけど、ちょっと真帆に何かしようと考えるというのは無理があるなと思いました。

 

林を良いやつっぽくする意味は何?

林が最期、腕時計を触り・・二宮の姉の名前を呼んでいたのが・・

なんで最期にちょっと、林を良い人そうに見せるのか・・謎でしたね。

林は完全に悪人だと思います。

 

橘は本当は悪いやつだと思う

光莉をあんなめに遭わせた橘が、そのまま光莉と付き合ってるって

それを許す凌介もどうかと思いますが、

普通に考えたら、自分からはなれて行くべきなんじゃないの!?と思いました。

そもそも、高校生と付き合ってる時点で相当やばいと思いますので。

 

日野がこのドラマの一番の被害者です

たしかに、ころされている人もいるので・・それをさしおいてどうかとは思いますが・・

このドラマの一番の被害者は、日野っちだと思います(笑)

「何もやってない」のに、考察班からは犯人扱いですよ(笑)

みんなが観てない、日野があやしいと思われている時間は、基本的に、店をワンオペで切り盛りしていただけ。

自分の店を捜査会議の場所として提供。

しまいには、真犯人・河村に「邪魔だ」と言わんばかりに、日野がもってきたアイスピックで刺されるという(笑)

 

ちなみに、河村が独白した

大学の旧講堂で集まったシーン。

 

二宮も、凌介に隠れてやっていたことを告白していました。

至上の時メンバーとして考えると、ここに橘も入るのですが

日野以外、全員敵

なんですよね(笑)凌介にとって。

日野だけです。本当の意味で凌介の味方は。

 

そんな日野が疑われ、怪我をして・・

何も悪いことをやってないのに、

一番の被害者じゃないか!?と僕は思いました(笑)

河村の行動は理解に苦しむ

河村については・・たぶんHuluオリジナルストーリーで

その心情が明かされるのだと思います。

 

現在、「アフターストーリー(前編)」が公開されていますが、ここでは、河村の細かい事件への関わりが語られていました。

「事件の総括」として河村本人が書いた手記が「週刊追求」に掲載されている、という体で公開されています。

 

「アフターストーリー(後編)」では、河村の心情が語られるそうです。

 

心情が語られないと・・正直、これまでどういう気持ちで凌介に協力していたのか

がスッキリしないですよね。

これが語られるとスッキリするのかもしれません。

 

ただ・・ぼくは正直、河村が事件を起こすには動機が弱いな・・とはちょっと思っています。

河村は真帆への思いが強かったとは言え、

仕事を頑張って、有名雑誌の編集長にまでなったわけで。

このあとの出世も周囲からは予想されていました。

 

そんな男がいまさら・・

20年以上も前に抱いた恋心を、そのまま保ち続けて・・とは考えにくいのではと。

逆に、そこまで真帆を想っているなら、

林がホテルの部屋に連れ込もうとしているときに、

写真撮るだけで終わってるのがおかしくて。

普通に考えたら、殴りかかるところでしょう(笑)

真帆が自分の意思で、林と一緒にいると思ったんですかね・・?

そうだとすると、真帆に幻滅しますよね普通は。

ストーカーというわけでもないのに、この写真だけをずっと持ち続けている意味がよくわかりませんでした。

ここはアフターストーリーで語られるでしょうか。

真帆は予想どおりしんでいた

真帆についてはぼくはずっと「しんでいる」と考察していました。

 

なぜなら、真犯人が「生きている」偽装をしていたからです。

生きているなら偽装する意味ないですもんね。

 

ぼくは、バタコの家からなくなっていた、

ケイジュを冷凍していた冷凍庫を真犯人が回収し

それで真帆を冷凍している

と思っていたのですが

ここで出てきたんですね、エンバーミング。

宮沢りえさんは・・最終話付近で、ガッツリ出演することができなかったのではないでしょうか。

宮沢りえさんの出演は、やはりほとんどなかった

これに関しては、ぼくはずっと考察していたんですが

やっぱり、宮沢りえさんの出演はほとんど無かったですね(笑)

今は大河ドラマにガッツリ出演されていますし、昨年は舞台に出られていましたので。

「真犯人フラグ」は、頼まれて、無理やりにでも出演することになったのかな?と想像します。

 

正直、メインキャストと呼ぶのは苦しいですよね(笑)

回想シーンと最後のイタイでしか登場がなかったので。

ドラマ制作側がどうしても宮沢りえさんに出演してほしかった、ということなんでしょう。

 

凌介が過去を思い出すシーンで、この大学旧講堂で、真帆と凌介が出会うシーンがありました。

ここ・・西島秀俊さんと宮沢りえさんではない俳優さんでした(笑)

まあ、大学生まで演じるのは・・ということかもしれないですが

なんとなく、「宮沢りえさんの出演シーンを極力少なくする」配慮だったんじゃないか、と思いました。

 

河村と真帆が事件当日に会うシーン。

ここは相当前に撮影されたんじゃないですかね・・

河村役の田中哲司さんは、初めから犯人役であることは聞いていたと思いますし。

 

このシーンだけでしたね、宮沢りえさんがガッツリ演技されていたのは。。

でも、回想シーンでした(^_^;)

 

ということで、

宮沢りえさんにかなり配慮された、「少ない労力」での出演だったのかなと思います。

まあ、、河村とのシーンは首をしめられていたし、けっこう大変だったかもしれませんが・・

大河ドラマと民放ドラマ掛け持ちって、たぶん普通は無いですよね。

劇中アニメ「シベツ」の考察で、河村真犯人があたっていました

ぼくは基本的には「雫石真犯人説」を唱えていたのですが

最終話の前日にアップした動画で、劇中アニメ「シベツ!」に関する動画をアップしており、そこでは河村真犯人と言いました。

www.youtube.com

やっぱり、シベツの主人公・ヤクモは河村だったんですね・・

このシベツ考察の動画の内容はあたっていたように思いますので

ぜひまだご覧になっていない方は観ていただけると良いかと思います。

ぼくは雫石真犯人説を唱えていました

これも考えすぎでしたね(笑)

でも・・考えてみてください。

山田や、日野よりは、雫石が真犯人の可能性は・・ありましたよね??

なぜなら、雫石は、凌介を恨んでいたことがはっきりしたからです。

 

凌介が昔アルバイトをやっていたときのバイトの後輩・石塚くんが雫石の正体でした。

「雫石」が芸名であることもあたっていましたね(笑)

まあ、「真帆が好きな植物ハオルチアオブツーサの和名を芸名にした」ではなさそうですが。

アルバイトのとき、自分の彼女が凌介に勝手に惚れたことを根に持っていて

テレビのワイドショーで凌介のことを悪くいっていたそうです。

 

えっと・・やっぱり、雫石の方が日野や山田よりは動機がちゃんと描かれていますよね(笑)

 

ぼくは「凌介に対して明確に敵意を表しているのは雫石だけ」と思って、雫石犯人説を考察していました。

でも・・考えすぎでしたね(笑)

 

なお、みんなが「本当は真帆を勝手に妻と思い込んでいる」と考察していた日野奥さんが「たまるよしこ」さんでした笑

たまるさん、どう考えても、日野より稼いでいそうなのに、

日野に財布買ってくれって言うんですかね・・?

 

いや、それよりも、日野はヒモ疑惑がありますね・・(笑)

至上の時は、たまるさんが出資して開店している可能性がある気がします。

 

 

以上、最終回を視聴直後に急いで作成しました。

何か間違っていたらスミマセン。

 

「真犯人フラグ」についてももう少し動画をアップするかもしれませんが

一応一段落です。

 

今後も、2022年春以降のドラマやその他の考察を行っていく予定ですので

ぜひお付き合いいただければ幸いです。

 

今後もよろしくおねがいします!

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼