ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 最終話直前 雫石犯人説!河村・日野・二宮・山田が犯人でない理由 ストーリー犯人考察最新予想

真犯人フラグ、雫石犯人説

❉この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

「真犯人フラグ」最終話直前考察です。

 

ぼくは昨年10月からずっと、雫石真犯人説を唱えてきました(笑)

正直、「雫石が真犯人だったら冷める」という意見があることも知ってますし、ぼくもそう思う部分もあります。

 

でも・・今まで、「仲間」だと思ってきたメンバーの中に真犯人がいることほど

悲しいことは無い気がします。

親友が犯罪者だったら・・事件が解決しても、ハッピーではないですよね。

 

僕の「雫石真犯人説」はそんな方のため、

日野にも、河村にも、二宮にも、

まして、真帆にも真犯人になってほしくない人の受け皿になることができたら幸いです。

 

今回はこの内容をお話しします。

 

真犯人がやっていること

●菱田家の押入れに脅迫文を書いた

●橘に怪文書を送りつけ操っていた

●林をころした

●真帆と失踪前日に電話していた(電話を渡していた)

これらが、真犯人がやっていることだろうと思います。

 

やったのは・・誰でしょうか・・?

 

なお、清明に「ハナシタラコロス」と聞かせたのは・・

もしかしたら篤斗にいじめを行っていた、上級生の差し金ではないか、と思いました。

教団関係者では?と言われていますが、教団がそこまでする理由がなさそうだからです。

本木は真犯人とつながっている

本木は橘一星を崇拝しており、一星に協力していたが途中から暴走した・・

ということでしたが、本当にそれだけでしょうか。

 

本木と凌介の不倫疑い写真。

あの写真を一星が撮っているとしたら、一星があやしい・・となっていたんですが、これは本木のお願いによって撮影されたものでした。

 

このあと、SNSへの投稿についても橘は「やめて」と言ったのに本木は投稿していました。

橘を「神」と崇める本木が・・なぜそんなことをしたんでしょうか。

 

もうひとつ、本木が撮影した「お父さんをころしてください」動画

これについては、橘は「自分がやらせた」と言っていません。

つまり、これも本木が自分でやった可能性があります。

凌介を貶める行動です。

 

強羅は橘を助けにいき、真犯人からのメッセージと思われるものを渡していました。

この、本木の家で監禁されていることを強羅はどうやって知ったんでしょうか。

 

これらは全て・・本木と真犯人がつながっていることを示していると思います。

本木は橘とつながりながら、真犯人ともつながっていた。

橘がやめて、と言ったことも本木は、やりました。

 

・・となると、本木には

橘以外にももうひとり、精神的な支えとなる人間がおり、

それが真犯人なんだろうと思います。

そして、橘が嫌がったことまで本木はやっているので、真犯人に対しての方が、より依存している状態なんじゃないでしょうか。

 

本木は光莉の家出直後に、一星のところに現れました。

「手伝わせて」と言ってましたが・・

そもそもは、「陰から支える」という立場で良かったんじゃなかったでしたっけ?

 

本木はそう思っていたが、

本木を利用する真犯人から、指示を受けて、本木はやってきたのだと思います。

 

・・となると、群馬のトンネル近くに真帆の指輪を落としたのも

真犯人の指示を受けた本木でしょう。

 

真犯人が行った「真帆がいる」ように偽装していることについては

全て本木の仕業ではないでしょうか。

●真帆の指輪

●しし座流星群の写真

●光莉の美容室の予約

ちなみに、群馬の廃墟の場所も、橘が選んだわけではなく

本木が橘へ提案していました。

「しし座流星群」の写真を撮影するため、あの場所にする必要があった、ということかと思います。

●真帆の指輪

●しし座流星群の写真

●光莉の美容室の予約

これは全部、本木が真犯人の命令でやったことだと思います。

本木とつながる真犯人とは?

本木が第一話で凌介に近づいた時に発した言葉。

「らっきょう、どうしました?持って帰りました?」

らっきょうは・・本木が自分を落ち着かせるために食べていましたよね。

これは・・真犯人が本木に、「心を落ち着かせるにはらっきょうを食べたほうがいい」と与えたものではないでしょうか。

そして、本木は真犯人のことを「先生」と呼んでいるのではないか。

 

その先生とは・・

立慶大の教授である、

雫石千春

です。

 

ちなみに、本木と橘の関係を暴露したSakuraというアカウントの主も立慶大に進んだ人のようです。

 

先生と生徒

という関係なら、一方的に依存するような関係であってもおかしくないと思います。

 

依存してきた本木を、雫石はうまく利用していたのではないでしょうか。

真帆の好きな場所は立慶大の旧講堂

第19話のラストで、二宮の元へ向かう河村

それを追う凌介と日野が着いた場所は

真帆が好きだった

という、大学の「旧講堂」です。

 

真帆・凌介たちがそういうということは・・・この場所は立慶大の旧講堂でしょう。

雫石にとっては・・「ホーム」じゃないでしょうか(笑)

 

雫石は立慶大の教授で、生徒だったかは不明ですが・・

立慶大に通う学生だったとしたら、年齢的に真帆や凌介たちと在学期間が1年重なっていた可能性があるんです。

雫石は凌介のこと、知ってるとテレビのスタッフに言ってた気がします。

 

旧講堂に集まった至上の時メンバー

ここで、

二宮は橘から託された小説を使い、真犯人をあぶり出そうとしていると思います。

 

二宮の位置から・・凌介・日野が見えているんですよね(笑)

 

二宮は二人が来ることも想定済み。

ここで真犯人がボロを出すことを狙っていると思います。

 

おそらく、ここに集まった至上の時メンバーの中に真犯人がいる・・

そう思って行動しているんでしょう。

 

お互いがお互いをあやしく思っていることが明らかになり・・

思っていることをストレートにぶつけあって・・

 

でも、実はそれぞれ理由があって行動していただけで何もあやしくなかった・・

 

となって、最終的にたどりつくのが雫石なのではないか

と予想しています。

 

真犯人は、二宮がその小説を公表することが気に食わないと思います。

もしくは公表されると困ることが書いてあるのか。

だから、この小説を書いていると思われる二宮を始末しにきたのではないでしょうか。

 

 

「犯人はすぐ近くにいる人」というのがミスリードで、

実は「近くない」ような人が真犯人なんじゃないかと。

 

まあ、例えば、日野や河村のように「すぐ近くにいる人」が犯人の方が驚きは大きい気がしますが(笑)

 

でも・・「おまえ・・誰だ・・?」って言うような、20世紀少年的なラストって可能性も・・あり得ると思うんですよね。

雫石が真犯人である理由

ここで雫石が真犯人である理由をあらためて振り返ってみたいと思います。

ガンガンメタ考察してますので、ご了承ください。

これまでの動画で言ってきたことの振り返りですので、もし詳しいことを知りたい場合は、真犯人フラグの再生リストで「雫石」関連のものをご覧ください。

動画の概要欄にリンクも貼っておきます。

 

凌介を貶めようとしている

まず、真犯人は明らかに、凌介を貶めようとしています。

このドラマ内で明確に凌介を貶めようとしている人は一人しかいません。

 

エリンギサンタ事件のことを聞かれたときは「うかつなこと言えませんよー。ネットで炎上しますもん」と言っていたのに、炊飯器失踪事件では、凌介を疑いまくりでした。

明らかに、凌介を貶めようとしている人間です。

日野にも凌介は聞かれていました。

「おまえさ、こいつになんかうらまれてんの?」

そう思えるほどの口撃を、雫石は凌介に行っているんですよね。

 

凌介は基本的にいい人であり、誰からも恨まれるようなことはしていません。

バタコは凌介を恨んでいるようでしたが・・それも勘違いでした。

誰からも恨まれていないはずの凌介を貶めるようとする人間。

本木を使って、凌介を悪者に仕立て上げようとする人間。

 

そんな人がいるのか・・?と思いますが、

雫石だけは、一環して凌介を悪く言ってるんですよね。

この物語で、ただ一人だと思います。凌介を悪く言っている人。

凌介が第一話で「こういうとき、犯人ぽく見える人が犯人とは限らないんじゃない?」

このときに、凌介が観ているテレビに出ているのが雫石でした。

ここですでに、雫石犯人が示されていたんじゃないでしょうか。

芸名が真帆の好きな植物の名前

真帆は「ハオルチアオブツーサ」が好き、という情報がありますが

それを知った雫石は、自分の芸名を「ハオルチアオブツーサ」の和名である「雫石」にした疑いがあります。

真帆のストーカーであるという疑いありです。

11年前の林と真帆の不倫写真を撮ったのもストーカー雫石の可能性が高い。

日野や河村なら、写真撮るより先に、

林に殴りかかってると思います(笑)

雫石はストーカーだから、写真を撮るだけだった。

メインの相関図にいるのにオープニングにいないのは雫石だけ

まず、そもそも、「テレビの中の人」である雫石がメインの相関図にいること自体がおかしいのですが・・

「真犯人フラグ」のオープニングでは、そのメインの相関図に載っている人が次々紹介されていきますが・・

なぜか、雫石だけはオープニングに出てこないんです。

そして・・これです↓

真帆の横に、意味ありげに、ビリビリに破かれた写真があります。

これが・・雫石の可能性が高いのではないか?と思われます。

ヒント動画に名前あり

「ts」というイニシャルと思われる字が入っています。

これは・・雫石千春っぽい。

千春は「C」では?と言われますが、訓令式のローマ字では「t」になります。

過去動画で詳しく語っていますのでご確認ください。

雫石がこの事件を起こしたのはなぜか

雫石と真帆が会った理由はこの際、割愛しますが・・

もしかしたら、11年前に撮影した林と真帆のホテル写真を見せるためだったのかも。

 

真帆を脅迫しようとしたのか、

なんらかの事情で真帆がしんだ、もしくは誤って真帆をころしてしまったのかなと予想しています。

 

真帆がしんでしまったことを隠すため

真帆が生きているという偽装を行っている。

 

最終的に、真帆は、凌介がころしたことにしたい

という思いから、

凌介を貶める行動を取っていたのではないでしょうか。

 

 

この事件は、篤斗誘拐、光莉誘拐が偶然起こったようにも見えますが

実は真犯人がそれらを全て操っていたそうです。

「真犯人フラグー真相編ー」ついに最終回!すべての謎総復習SP - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

こちらに、このように書かれていました。

「いよいよ、3つの失踪を操ってきた“真犯人”が判明!その行動と犯行動機とは!?」

少なくとも、3つの事件の全てに真犯人は関わっているということ。

もしかしたら発生は偶然だったかもしれないですが、それらをうまく結びつけたってことでしょうね。

 

光莉にも、篤斗にも「お父さんは悪者」と言わせていました。

凌介を悪者にするため、使える駒を全て使って、3つの事件を操っていたのかもしれません。

 

ちなみに、真帆のことは悪く言わせたくなかったみたいです。

菱田家の押入れに「しゃべりすぎだ」と警告していました。

林と真帆の関係については、明らかにしたくなかった。

真帆を悪者にはしたくなかったんでしょう。

林と真帆の関係をしゃべってほしくない理由は・・真帆のため、ということしかない気がします。

「自分だけが知っている」真帆の秘密、を守りたかったのかもしれません。

 

河村や日野が真犯人ではない理由

一応、他の人が真犯人でない理由も、簡単に見ておこうと思います。

 

河村は真帆に告白した、と言っていました。

この時点で、「真帆が好きだから」拉致した、というような動機はなくなったと思います。

そんな理由なら、ここで告白した話をするわけがありません。

河村がこれを言った以上、日野もないでしょう。

このあといきなり、日野が「俺も真帆ちゃんが本気で好きだった!」とか言い出すのはおかしいですよね。

河村がめちゃめちゃ熱く語ったあとですので。

もし日野の思いが熱いなら、やはり河村にこんなことを話させないはずです。

 

「おまえたち家族には幸せでいてもらわなきゃ困る」

と言っている河村が、相良一家をひどい目に遭わせていたら・・これはもはや、サイコパスだと思います(笑)

相良家を再生させるため・・みたいな高尚な思いを河村が持っていたとして

こんな方法でそれを実現しようとする意味がわかりません。

 

あと、文芸サークル時代の凌介の小説批評に恨み・・というのも

もしその恨みがあるようなら

河村も、日野も、自分のことではないにせよ

「凌介に批評されて、泣かされた」なんて話を軽々しくできないと思います。

 

そこから考えると・・

日野や河村には動機がありません。

 

売れてる雑誌の編集長である河村

人生の集大成である店をオープンした日野(しかもワンオペ)

どちらも、今事件を起こす意味がわからないんですよね。

 

ということで、二人はシロでしょう。

二宮と橘

 

二宮は自分の過去に関わり、真帆とのつながりはあったものの

真帆よりも恨むべきは林であり、その林がしんだときにショックを受けていた二宮が事件の真犯人のわけがありません。

また、自ら真犯人と名乗った橘も違うし、橘は二宮へ事件解決の糸口となる小説を託して警察へ行ったので・・二人で協力して真犯人にたどりつこうとしているはずです。

山田が何のためにやるのか

一応、よく言われる山田についても。

山田には・・動機が全くないですよね(笑)

真帆を拉致する意味も、凌介を貶める意味もない。

二宮のように、山田の大事な人が林にもてあそばれたとか・・

でもそれなら、恨むべきは林だし、真帆・凌介・相良家に危害を加える意味がわからないです。

あと、もうこのあとは、「真相に関わる新しい登場人物は出てこない」と公式に言われているので・・

山田本人に動機があるパターンしか考えられないです。

山田真犯人なら、真帆を変態的に好きだったとか?そういう理由しかないと思われますね(笑)

 

やってることがおかしいのでありえないと思います。

真犯人が凌介宅にサッカーボールを蹴り込む、なんてするわけがありません(笑)

バレる可能性が高いので、そんなリスクを犯す必要がない。

 

そもそも、この、「サッカーボールを蹴り込む」は、現実には不可能です(笑)

1階から蹴ったら、4階では、ベランダの柵を超えて山なりに飛んでいくことしかできず、サッカーボールはそんなに固くないので割れることはないです(笑)

サッカーやったことない人が考えたんじゃないでしょうか。

「至上の時」に盗聴器あり

橘は至上の時で、豹変し、酷い悪役をえんじていました。

 

これは、ここにいるメンバーの誰かが真犯人だからではないか、という考察がありましたが、

これは「盗聴」されていることが前提の行動だったのではないか

と思っています。

凌介たちが至上の時で話していることが全て真犯人に筒抜けであることがわかった橘は、真犯人が聞いていることを前提で豹変したんでしょう。

 

 

・・・というふうに、

至上の時に盗聴器があったパターンであれば

最後に、誰が真犯人として登場してくる可能性もまだあると思います。

 

こんな話をしておいてなんですが・・

普通に考えたら、やっぱり真犯人は日野か河村の可能性が高いのかなと僕も思っているのですが・・(^_^;)

 

 

河村も、日野も、事件を起こす動機のようなものは描かれてないですよね。

その意味では凌介を悪く言い続けている雫石の方がよっぽどあやしい。

日野や河村の場合、動機は最後に明かされる!

だとしたら、

雫石なら、これまでの行動が全て最後に明かされる!

ということで、雫石でも、河村でも、日野でも、とくに大差ない気がしていますが、いかがでしょうか。

 

去年の10月から「雫石真犯人」と言っていたので

これをファイナルアンサーにしたいと思います(笑)

ぜひどなたか、コメントをよろしくおねがいします!

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼