ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

初恋の悪魔 考察最新 星砂は3つの人格有り!予期せぬ結末は星砂第3人格が引き起こす!最終回 最終話 感想 黒幕真犯人ネタバレメタ考察!

初恋の悪魔考察最新黒幕真犯人ネタバレ

❉この記事はYouTubeでも観られます↓

www.youtube.com

「初恋の悪魔」最終回の考察として

 

星砂は二重人格ではなく、実は三重人格で、「第3人格」がいるという話と

 

その第3人格が「予期せぬ結末」を引き起こす

という点について話していきたいと思います。

このチャンネルでは、

ドラマ考察のほか、いろんなまとめ動画など、

みんなが「観たい」と思う情報を、効率よく観ていただける動画を投稿しています。

www.youtube.com

他のチャンネルとは違う情報が得られますので、

ぜひチャンネル登録をして次の動画をお待ちください。

ブランド品を買っている星砂は鈴之介といる星砂なのか?

以前はよく言われていたように思うのですが、

最終回を前にやはりそうではないかと思うようになりました。

 

星砂は「二重人格」ではなく「多重人格」

 

「鈴之介と一緒にいる星砂」と

「悠日といる星砂」がいることはみんな理解していると思います。

 

悠日と一緒にいるスカジャンを来ている星砂は通称「虎女」

ジャンパーに赤い虎の絵が書かれていますね。

 

そしてもう一人の方は「蛇女」と言われていますが・・

 

鈴之介と一緒にいる方の星砂は、本当に「ヘビ女」なんでしょうか。

 

「ヘビ女」というのは、トラ星砂が言っていたことだとおもいます。

自宅に帰ったときに

ブランド物のバッグや靴が入った収納をみながら言っていました。

自分が買ったものではないものがたくさん入っているのをみて。

「いいかげんにしてくれよ・・ヘビ女」

これは、今「鈴之介と一緒にいる星砂」が買ったものなんでしょうか?

この鈴之介と一緒にいる星砂は謙虚な感じがして・・

ブランド品を大量購入するイメージがどうしても持てません。

 

そしてトラ星砂も買わないとすると・・

やはり、もう一人、「ブランド品を買い漁る星砂」が存在するのではないか?と思われます。

 

そちらが本当の「ヘビ女」で、

鈴之介と一緒にいる星砂は「ヘビ女ではない」のではないでしょうか。

ヘビ女の星砂とは?

ここでは鈴之介と一緒にいる星砂を一旦、「鈴星砂」と呼びたいと思います。

 

トラ星砂・・悠日と一緒にいた星砂

ヘビ星砂・・ブランド品を買ってくる星砂

鈴星砂・・・鈴之介と一緒にいる星砂

 

です。

 

我々視聴者は、トラ星砂と鈴星砂は認知できていると思いますが

ヘビ星砂のことは、ちゃんとわかっていないと思います。

 

しかし、わかっていないだけで、実はこれまでにもヘビ星砂は何度も現れていたのかもしれません。

 

というのも、星砂の人格同士が「記憶を共有しているのではないか?」と思われるシーンがあるためです。

 

「トラ星砂」と「鈴星砂」は、それぞれ記憶は共有していなさそうな印象です。

もう一方が何をしているのかたぶん知らないと思います。

だから目覚めたとき、今まで何をしていたかがわからない状態になっていると思います。

 

でも、「記憶の共有がありそう」なシーンがあります。

 

そこから、

以前ぼくは、星砂は多重人格ではなく、これは星砂が目的をもって「多重人格」の「演技をしている」と予想していました。

 

ですが、その後、「1人のシーンで急に我にかえるシーン」がありましたので、演技ではない。

 

となると・・考えられるのは、

トラ星砂と鈴星砂の間にもう一つの人格があり、

その第3の人格は、記憶の共有ができている、というパターンです。

 

この第3の人格が「ヘビ星砂」ですね。

ヘビ星砂だけは、トラ星砂の記憶も、鈴星砂の記憶も持っている状態です。

 

「こないだ、ある人から言われたの。根拠のない大丈夫は優しさでできてるんですって」

このセリフ、トラ星砂の時に悠日から言われたセリフだと思いますが

これをトラ星砂ではない星砂が言っています。

 

これは・・「ヘビ星砂」なのではないでしょうか。

 

もしかして、ヘビ星砂は自由に人格の出入りができる、人格の入れ替えができる能力を持っていたりして・・

まあ、ここまでいくとかなりファンタジーになってしまうんですが😅

 

でも、とにかく、

星砂は

「2人」の人格を行ったり来たりしているわけではなく

「3人」の星砂が交代で現れている、そう思われます。

3人目がいるわけではなく、

トラ星砂と鈴星砂の人格が統合されつつある、だから2つの人格で記憶を共有し始めている、という考察もあるのですが

 

ぼくはそうではなく、「全ての記憶をもった第3の人格」が存在していると考えます。

馬淵朝陽のスマホを手に入れたのはヘビ女

星砂が関わっていたと思われる間庭製作所ですが、

ここは、トラ星砂も鈴星砂も、記憶がないようです。

 

ですが、間庭夫妻は星砂のことをよく知っていました。

ということは、この間庭製作所には、3人目の星砂が深く関わっていたと思われます。

 

そして、朝陽のスマホについても

星砂がどうやって手に入れたのか、明確にわかりません。

トラ星砂・鈴星砂どちらの証言からもハッキリとした答えがないので

これは、やはり3人目が関わっていると考えて間違いないでしょう。

3人目の星砂がスマホを入手したんでしょう。

最終回「驚愕の結末」

最終回の予告に「驚愕の結末」という言葉があります。

www.youtube.com

最終話の1回前の放送をみたら、

雪松が息子の罪をかぶっていることは想像がつくため、

雪松弓弦が起こした事件やそれを隠蔽するため雪松署長が活動していたことを「驚愕の結末」とは言わないでしょう。

「予期せぬ結末」とも言われています。

 

 

そうすると考えられるのは

 

驚愕の結末とは

最終回で、星砂の第3の人格が明かされ、

 

その星砂が何らかの事件に関わっている、というものではないでしょうか。

 

関わっている可能性があることとすると

 

●馬淵朝陽のシ

どのように関わっているかはわかりませんが、

スマホを手に入れたのが第3人格の星砂であれば、そのシに関わっている可能性は否定できないと思います。

 

また、明かされていないだけで、もしかすると、朝陽と恋人関係だった、ということもありえそうです。

 

●リサを陥れたのが星砂

リサを救いたいと言っている星砂が実はリサをはめた、ということも考えられます。

リサが、実は、集めた女の子たちを使って「悪い方法」でブランド品の転売等を行っていた、それに恨みを持った、もしくは罰を与えたいと思った星砂が

リサに罪を着せた・・ということもありえるでしょうか。

 

 

そして、一番最悪のパターンとしては、

 

●雪松弓弦がおかしたと思われる罪のうちの1つを、実は星砂がやっていた

 

というパターンですね。

3件の事件が発生していますが、それらは全て弓弦がおかしたものとして

雪松署長が全て隠蔽している可能性が高い。

 

ですが、実はそのうちの1件が模倣犯によるものだった。

そうとは知らずに、雪松署長は息子の犯罪と思い隠蔽してしまった・・

 

それが実は、星砂の第3人格によるものだった・・

これは最も最悪のパターンですね。。

 

 

こうはなってほしくないんですが・・

ただ、最終回の予告で、すごく不穏なシーンがあります。

鈴之介が首をしめられているんですよね。

このシーン、単純に想像すると、鈴之介と雪松弓弦が格闘しているシーンかなとも思えるんですが・・

 

この、首を締めている手が、細くて女性っぽいんですよね・・

もう少し明るくしてみましょう。

ちょっと指の付け根の部分が尖ったような特徴があるんですが・・

 

これが、星砂の手に見えてしまうのは僕だけでしょうか・・?

 

もしかしたら弓弦が逮捕されたあとの取り調べで犯行が否定された事件があり、それを調べていったら星砂が浮上する・・というような流れで暴かれる、ということもあるのかもしれません。

 

もし星砂が何かやっているのだとしたら、

小洗が・・関係してそうなんですよね・・

 

小洗と星砂が一緒に写ってる過去の写真、

トラ星砂の格好ではないんですよね。スーツを着ています。

これは鈴星砂でもないですから・・第3の人格っぽい。

 

また、鈴星砂は小洗と会った時に、知らない感じだったんです。

 

もしかしたら小洗が、ここで関わっているのかもしれないですね。

 

 

星砂は悠日を選ぶのか、鈴之介を選ぶのか

ということが気になりますが・・

第3の人格がいて、それが星砂の主体なのだとしたら、おそらくどちらとも結ばれることはないでしょう。

 

ただ、第3の星砂は、トラ星砂の記憶も、鈴星砂の記憶も持っていると思われるので・・

やっぱり複雑ですね・・

ってなると、どうしても最後にシんでしまうんじゃないか・・と想像してしまいますが・・

 

トラ星砂、鈴星砂にとって救いがあるようなラストだったらいいな

と強く思いますね・・

 

ーーーー

 

ここまで、

なるほど!と思うところがあった方は高評価ボタンを押して、教えてください。

今後の動画作りの参考にします。

最後に、星砂の第3人格が登場すると思いますか?

ぜひコメント欄に、考察・感想をお願いします!

コメントには可能な限り返信します!

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼