ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 スッキリでの西島秀俊の話からメタ考察できる 第11話真相編直前 ストーリー犯人最新予想

真犯人フラグ主演・西島秀俊がスッキリ出演

※この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

1月スタートの「真犯人フラグ 真相編」は、前クールで積み重ねられた「謎・伏線」がどんどん回収されていく展開になる、と言われています。

 

おそらく、毎話、新しい情報が公開されると思うので、考察界隈では、「真犯人はこの人だ」というのが毎回変わる事態になるのではないか、と想像します。

 

あとから「実はこうでした」というのが出てくる、この作りだと・・正直、前半は考察しても真犯人を「当てる」ことはできませんよね(笑)

ただまあ、とにかくワイワイ、真相はこうだ、真犯人はこの人ではないか、と話をするのが楽しいと思いますので、良しとするのがよさそうです。

その時間を楽しむのが大事です。

 

今回も、無粋な「メタ考察」になりますが、お付き合いください。

真相編を前にスッキリに出演した主演・西島秀俊

今回は、朝の情報番組「スッキリ」に出演された真犯人フラグ主演の西島秀俊さんの話からの考察です。

2022年1月7日に出演されました。

今回の考察は西島さんの話からの想像としており、

西島秀俊さんが「嘘を言っていない」ことを前提としています。

 

ですが、西島さんは「スッキリでの会話まで」含めて演技をされている可能性もあり、実は全く違うことを話されている可能性もあると思っています。

それもアリだろうと僕は思います。

 

ドラマの出演者として情報番組に出ているわけで、そのドラマを視聴者に楽しんでもらうための仕掛けとして、ここまで演技する、という可能性もあっていいと思います。

 

ですが、もしそうだとしたら、今回の考察は完全に的外れになりますので、その点はご容赦ください。

 

西島さんは主演ですから、これまでにもたくさんの「真犯人フラグ」の宣伝映像に出演されています。

YouTubeはもちろん、TVer等で公開されたキャスト対談など。

どこで出られたときも、一番初めから今まで「自分が真犯人を知らない」とおっしゃっています。

物語内で「凌介」が真犯人を追う立場だから、それを同じく体験している、とのお話でした。

その話からすると・・嘘はついてなさそうなんですけどね・・(^_^;)

 

凌介の夢オチや二重人格は無い

とハッキリおっしゃっており、逆にもしオチがこのどちらかだった場合は相当炎上してしまうと思われます(笑)

 

もし西島さんが本当に真犯人を知らないとしたら

「スッキリ」に出演して、真犯人を言い当ててしまうこともありえるんですよね。

だから今回、スッキリに出演して話したことは、「情報リークした」「漏らした」とは違うとは思いますが・・

けっこう、「ドラマの裏側?」と思えることを話していたので、暴露的な話をされているな、と思いました。

 

記憶が曖昧なところもあるので誤りや、もっと注目すべきポイントがあったかもしれませんが、ご容赦ください。

桜井ユキさんの怪演

これは考察とは関係ないですが、菱田を演じる桜井ユキさんの演技について西島さんが語っていました。

「笑わせにきている」

桜井さんはそんなことしていない、と言っていましたが、西島さんは嘘です、笑わせにきています、とのことでした。

凌介宅から去り際に、ゆずをお風呂にぶん投げたのはアドリブだったそうです。

「恐怖を感じる」演技ではあるものの、ある一線を超えたらもはや「変な人」で、やっぱり面白いになっちゃいますよね(笑)

菱田は一部の事件に関わってはいると思いますが、本当にヤバいやつではないと思います。

撮影は15話まで進んでいる

1月7日の生放送に出演された時点で「撮影は15話まで行われている」と西島さんはおっしゃっていました。

西島さんは現時点でも「真犯人を知らない」そうです。

演じている凌介の役が、「真犯人を探す」役なので、「犯人を知らずに」凌介と同じ気持ちで演じることにしているのだとか。

 

1月9日(日)放送が第11話なので、4話ぐらいまで先に進んでいてもまだ凌介は真犯人に気づくことはできていない、ということですね。

となると、視聴者にもおそらく15話までは真犯人が提示されない、ということかと思います。

まあ、主役だけが気づいていなくて視聴者には明かされるというパターンもなくはないですが、「真犯人フラグ」は「真犯人は誰か」と言っているドラマなので、主役より先に視聴者が知る、ということはないだろうと思います。

最終回か、最終回の1回前ぐらいで明かされるのではないでしょうか。

 

でも15話まで進んでいたら、真犯人は、「真犯人」としての行動を加速させているはずで、凌介の周りの人ともどんどん接触していそうです。場合によっては真実を知った者をころしていたり。

西島さんは他の出演者のシーンの台本はもらっていないか、読まないようにしているんでしょうね。

西島さんは、スッキリの考察に感心していた

篤斗に対し、阿久津と落合が聞き取りを行っているシーン

落合が横にいて腕を握られているから篤斗が本当のことを言えない、凌介を真犯人だ、と言った、という考察について

西島さんがすごい!と話をされていました。

もしこれで、刑事のどちらかが真犯人だったら・・西島さん、ここでこの話をしたのは失敗だったことになってしまう!とちょっと心配になりました(笑)

芳根京子と佐野勇斗は真犯人を知っている

これはTVerで公開された座談会でも言われていました。

二宮と橘が真犯人を知っているパターンは、「自分が真犯人」なのか、「真犯人と一緒のシーンがある」だと思います。

もし「自分が真犯人」だったら、さすがに「自分は知ってます」とこのタイミングでカミングアウトしないと思います。これまでは「知らない」と言っていましたので。

となると、この二人は犯人候補から外れそうです。

 

ただ、今回のドラマの「犯人」とは何をした人を指すのか、微妙なところがあると思っています。

「事件は1つじゃない」というメッセージが、公式からの動画に隠されていたようです。

www.youtube.com

事件が1つではないとなると、

複数の事件を全て1人がやってることになるのか・・?とも思えますが

起こっている事件はそれぞれ目的が違うと考えられますので、おそらくそれぞれの犯人は別の人なんじゃないかと思います。

 

相良家の失踪が起こったことを利用して事件を起こした者がいる

もしくはたまたまタイミングが重なった

 

公式のいう「真犯人は誰か」については、凌介が一番真相を知りたいと思っている「真帆の失踪」に関するものではないか、と思っています。

その黒幕は1人。

 

だけど、周囲で起こっている事件の犯人はそれぞれいそうなので・・

もしかしたら、二宮や橘がそれらに関わっている、という可能性は、まだ捨てられないなと思います。

西島秀俊は「二宮があやしい」

凌介はもちろん、二宮のことは「とてもいい人」と思っているわけですが

凌介を演じる西島秀俊さんは、当初からずっと二宮のことをあやしいと疑い続けているそうです(笑)

この話を今、西島さんがされるということは

15話時点で、二宮がしんでいることはない、ということだと思います。

しんでいたらさすがに真犯人とは思わないですもんね。

 

「真犯人を知っている」と、真相編が始まる直前の段階で芳根京子さんが公言されたので、もしかしたら佐野勇斗さんとともに、真相編の早い段階で消えてしまう(しんでしまう)のではないかと思っていましたが、それはないようです。

 

西島さんは二宮のことを「生き別れた妹説」で考えているそうです(笑)

さすがに唐突感がありすぎなのでそれはないとは思いますが、それを否定する材料も、15話時点で凌介目線では描かれていないということになりますね。

(二宮が1人のシーンでは過去が描かれているかもしれないですが)

西島秀俊は宮沢りえに会っていない?

ここが今回もっともひっかかった部分だったのですが

スッキリ司会の加藤浩次さんから「宮沢りえさんは真犯人をご存知なんですか?」というような質問をされた際に、西島さんはかなり濁った回答をされていました。

具体的なコメントを忘れてしまったのですが「さあ・・知らないんじゃないですかね」というような言い方。

「聞いていない」という言い方ではなかったので、

これを聞いた瞬間、西島さんは宮沢りえさんとは「会ってない」んじゃないか、と思いました。

15話まで撮影が進んでいて会っていないということは・・

真帆が帰ってくる、というのがこのドラマのクライマックスなんだろうと想像します。

よく考えたらこれまでも、宮沢りえさんは回想シーンでしか登場してないんですよね。

 

宮沢りえさんは12月に舞台に出演されており

その稽古もあったはずなので、真犯人フラグの撮影とこの舞台の仕事はモロかぶりしています。

 

そしてさらにですが、宮沢りえさんは2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも出演されており、「継母」ではありますが、主演・小栗旬さん演じる北条義時の母を演じられています。

主人公の母の役ですので、おそらく前半に登場シーンが多いですよね。

「鎌倉殿の13人」は2022年1月から放送開始ですが、

2021年6月頃から撮影を開始したそうです。

これもやはり、「真犯人フラグ」の撮影とかぶっていそう。

 

・・ということで・・

宮沢りえさんは本当に、最後の最後まで、回想以外のシーンでは登場してこないかもしれませんね(^_^;)

そうすると・・宮沢りえさんが黒幕・・「自分の意思で出ていった」という線もかなり薄くなっていそうな気がしています。

それをやるなら、けっこうガッツリその辺りを描かないと、「真犯人は真帆でした」とは言えませんもんね。

 

なんとなくですが、宮沢りえさんが「真犯人フラグ」へ出演することの条件として、「出演シーンが少ない」ということがあったのではないでしょうか。

他に仕事が入りまくりですもんね・・

 

夫の森田剛さんと新しい事務所を設立したところですので・・

とりあえずたくさん仕事をされている、という状況なのかな・・と想像しました。

これも、「真犯人フラグ」放送中のことなんですよね。

「田中哲司さんは実は真犯人を知っているのではないか」

河村役の田中哲司さんは、先日の座談会では「真犯人を知らない」とおっしゃっていました。

ぼくもこの映像をみたときに思ったのですが、他の人に比べてかなり控えめだったんですよね、河村(田中哲司さん)の「真犯人を知らない」という言い方が。

田中さんは迫田さんが「知らない」というのにかぶせて「知らない」と言っていただけでした。自分から言っている感じではない。

あまりしゃべらないようにしているような感じもありました。

 

西島さんは「哲さんは知らないって言ってるけど知ってそう」と言っていました。

「嘘がつけないタイプ」なんだそうです(笑)

だから西島さんに見破られたのか・・

共演されている方が言うのなら・・その可能性が高そうです。

 

そこから想像すると・・田中さん演じる河村は、凌介より先に真相に近づくのではないでしょうか。

真犯人と対峙する。

その真犯人は、凌介に明かすのを躊躇するような相手なのかもしれません。

 

まあ、河村が真犯人という可能性も否定はできないですが・・

なんとなく、新しいビジュアルに顔写真があるメンバーは、凌介とともに真相に近づいていく人たちなのかな?と想像しています。

河村は1人のシーンでも真剣に、真帆失踪のことを考えているシーンがあったと思います。

河村は最後まで凌介と真実を追う立場なのではないでしょうか。

そして河村が先に真実にたどりつく、と予想します。

その結果、しんでしまう・・ということはあるかもしれないですね・・

「迫田孝也は真犯人を知らなそう」と言っていたが実は最もあやしい

西島さんは、日野を演じる迫田孝也さんについては「真犯人を知らないアピールが強く、おそらく知らないと思う」と言われていましたが・・・

西島さんの話で気になることがあったんですよね。

それは、西島さんが、迫田さんは宮沢りえさんから話を聞いた?と思えるようなことを言っていたことです。

西島さんについては「宮沢さんとはしゃべっていない(会っていないのではないか)」と思えるような話をされていたのですが、その流れで、迫田さんが宮沢さんと話して・・みたいなことを言われていました。

 

これは、ここ最近で、日野と真帆が一緒にいるシーンの撮影があった

という意味かなと思いました。

 

凌介と一緒にいるシーンはないのに、日野と一緒にいるシーンがあるとなると・・

それは真犯人だから・・?という想像ができてしまいますね・・

こうなってくると、極端に「俺は真犯人を知らない!」とアピールされている迫田さんは、あえてそういう作戦に出ている、という可能性もありそうですね。

公式の真犯人投票でも迫田さんは「1位をとりたい」ということを言われていますが・・これもあえての作戦かも。

 

 

このメタ考察から考えられるのは

日野があやしいということ

 

次点で真帆、というところでしょうか。

真犯人フラグの後半の撮影では、宮沢りえさんが本格的に参戦できる可能性もありますしね。

 

 

・・といろいろお話ししましたが、

どれも想像の話で、無粋なメタ考察ですので

話半分に聞いておいてくださいね。

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼